CAMPHACK

【650g以下限定】あなたはどっち派?スリーピングマット軽量順おすすめ10選

0

軽量で持ち運びに優れているスリーピングマットを種類別・軽量順にご紹介。ツーリングやフェスはもちろん、車の積載量を減したい方必見!かさばりがちなスリーピングマットは軽量でコンパクトなものだと嬉しい。厚みや構造を見てベストなマットを見つけよう!

keiichiro kaneko

アイキャッチ画像撮影:編集部

重量に注目してスリーピングマットを見てみよう!

ドッぺルギャンガーのテント画像 スリーピングマットとは、キャンプでシュラフの下に敷いて使うもの。スリーピングマットを敷くことで地面の凹凸や小石などの突起物の身体へのダメージを和らげてくれるほか、断熱効果で地面からの冷えを緩和してくれるので快適なテント泊を実現するアイテムです。

ただスリーピングマットは、種類も豊富で自分に合ったものを探すのにも一苦労! そこで今回は重量に注目して、セルフインフレータブルマットと発砲マットのおすすめを軽量順にご紹介します。それぞれのマットによってメリット・デメリットもあるので、特徴を理解して自分にあったマットを見つけよう!

軽量でコンパクトなセルフインフレータブルマット【軽量順】

コールマンのインフレータブル画像
出典:Amazon
セルフインフレータブルマットの内部にはクッション性素材が入っていて、バルブを開放することで空気が吸入され自動的に膨らむタイプのスリーピングマットです。荷物が嵩張らないようにしたい! でも、快適な寝心地も捨てがたいといった要望にも応えてくれます。

メリット
メリットは、使用する際のクッション性からは想像できないその軽さ! コンパクトに収納することもできるので荷物を増やしたくない方や軽量化を目指す方に最適です。

デメリット
セルフインフレータブルマットのクッション性は、発泡マットには及ばない点が最大のデメリット。その反面、軽さや携帯性を実現しているのでどちらを選択するかはユーザーそれぞれの使い方次第!

関連記事