バーナー徹底比較!初心者に嬉しいタイプ別おすすめ10選

バーナー性能比較の調査まとめ!燃料の違いから各ブランドでのスペックの差など、初心者のための徹底ガイド!OD缶用、CB缶用ガスバーナーの違いが分かれば、自分の キャンプスタイルに合ったものが見えてくる!新しく買い換える方も参考にご覧ください。


アイキャッチ画像出典:Instagram by @maximumthetakami

定番だからこそ選ぶのが難しい「バーナー」

バーナー ギガパワーマイクロマックス スノーピーク 出典:snowpeak
キャンプや登山など、アウトドアに欠かせないギアのひとつが「バーナー」。定番ギアだからこそ形も燃料も様々な種類があり、選ぶのも大変…。
バーナー バーナーと鍋
出典:UNIFLAME
今回は、そんな数あるバーナーから初心者でも扱いやすく性能のいいおすすめアイテムを厳選ガイド!まずは基礎知識として、代表的な燃料「LPガス」と「ホワイトガソリン」の違いを説明します。

「LPガス」と「ホワイトガソリン」燃料の違い

バーナー LPガスとホワイトガソリン
出典:Coleman
《LPガス》
液体化したガスのことで、カートリッジに充填した状態で販売されています。家庭用コンロの様にとても簡単な操作で着火が行えるのが魅力。ガス燃料は外気温度の低下と共に火力が落ちる場合があり、冬キャンプでの使用では物足りなくなる場合があるかもしれません。しかし、そのデメリットを差し引いてもあまり余るほどの魅力が「手軽さ、便利さ」です。扱いやすさで選ぶのであればガス燃料が間違いないでしょう。

《ホワイトガソリン》
ガソリンを精製したもので揮発性が高く、強い火力を得られるので、古くからキャンプ用品の燃料として使われてきました。ホワイトガソリン式のバーナーは、タンク内をポンピングによって圧力をかけ、ガソリンを気化させます。これによって外気温に左右されず厳寒の野外でも火力を維持することが可能。燃料も安価なため、コスパが高いのが魅力です。しかし問題は「ポンピング」、この作業は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

今回ご紹介するのは、初心者でも扱いやすい「LPガス」を使った、バーナーの基本「シングルバーナー」にフォーカス!そしてガス燃料の種類の大きな2つ「OD缶編」と「CB缶編」で、おすすめアイテムを各5選に絞り、スペックを徹底比較します!

ガス缶2種類「OD缶」と「CB缶」のメリット&デメリット

OD缶(OutDoor缶)
バーナー OD缶 OutDoor缶 アウトドア缶
出典:Amazon
【メリット】
・アウトドア専用で火力が強く、ガス燃料でも寒冷地での使用に耐えられる構造。
・OD缶専用のギアが豊富、ランタンとバーナーで燃料が共有しやすい。

【デメリット】
・アウトドアショップや取扱扱い店に限られた専用商品のためコスト高。

CB缶(Cassette Bombe缶)
バーナー CB缶 Cassette Bombe缶 カセットボンベ缶
出典:Amazon
【メリット】
・コンビニや量販店で扱いがあるので手に入りやすく、コスト低。
・CB缶のモデルは、ゴトクの位置が低いので安定感がある。

【デメリット】
・外気温が低いとパフォーマンスが落ちる。
・CB缶が使用できるランタン製品が少なく、バーナーと燃料を共有しづらい。

※よく格安のCB缶を使用しているキャンパーさんを見受けられますが、CB缶仕様のバーナーを販売しているメーカーは、各社の専用CB缶の使用を推奨しています。

まずはOD缶編 シングルバーナー人気5種比較!

バーナー シングルバーナー比較図
寒冷地にも強いOD缶は、登山や寒い場所でのキャンプにも使えます。軽量キャンプ・登山・トレッキング・ツーリングにおすすめです。OD缶用シングルバーナーは、上の比較表から分かるように重さ50~120gという非常に軽量コンパクトなものが多いのが特徴です。クッカーでの簡易的な料理ならお手のもの!

それでは比較した5つのアイテムを、特徴やレビューも含めてご紹介!
ITEM
プリムス ウルトラバーナー
●出力:3600kcal/h
●重量:116g
●サイズ:75×88×30mm
●材質:ステンレス
●点火方式:圧電点火方式

垂直に配置したトリガー式の点火装置で、操作性は簡単です。ハイパワー、コンパクト、軽量と三拍子揃ったウルトラバナーは、ハイキングから高所登山まで幅広く活躍します。

使いたい時に直ぐに使える。女性や年配でも簡単に着火できる。マス向けかもしれませんが、幅広く対応できる事がメリットだと思います。これからストーブを買われる方には、オススメしたい1台です。出典:Amazon

ITEM
ソト マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター
●出力:2800kcal/h
●重量:67g
●サイズ:47×90×88mm
●材質:バーナー・ゴトク・器具栓つまみ=ステンレス、点火スイッチ=樹脂
●点火方式:圧電点火方式

フチが高く迫り上がった「すり鉢状」の独自のバーナーヘッド構造が、横風に強い耐風性を獲得!マイクロレギュレーターが搭載され外気にも左右されにくい安定した火力を発揮。風にも寒さにも耐えるバーナーです。

発熱量が2800kcal/hと若干低いと感じるかも知れませんが風の影響を受け難くく安定した熱量を発揮するので、たとえ熱量が高くても不安定なものと比べるとお湯が沸くのが早いです。これは良いです!!おすすめします。出典:Amazon



ITEM
スノーピーク ギガパワーマイクロマックスウルトラライト
●出力:2800kcal/h
●重量:56g
●サイズ:67×34×80mm
●材質:チタン・ステンレス・アルミ・ブラス
●点火方式:着火装置はついていません

徹底的に軽量化したモデル。ギリギリまでギアの重量の軽量化を図りたいUL(ウルトラライト)ハイキングに最適。軽量化のため着火装置が無いのでライターやチャッカマンを使った点火となります。

トレッキングの際にコンパクトにパッキング出来るのでバッグの中がスッキリです。持っているのを忘れるくらい軽量ですし。出典:Amazon

ITEM
コールマン F-1パワーストーブ
●出力:3700kcal/h
●重量:146g
●サイズ:70×110×90mm
●点火方式:圧電点火方式

安心安定のコールマンのシングルガスバーナー。なんと言っても火力が強く、3700kcal/hという数値はコールマンシングルストーブの中で最高数値。水1Lを、2分30秒で沸かす事が出来る優れもの。携帯性も良く、しかも超軽量でゴトクも大きく、一つあると重宝すること間違いなし。

とても小さくコンパクトに収納できます。 火力も強く十分メインで使えますが、火力が強い分大飯食らいなので、やはりサブバーナーとしての使い方になりそうです。 メインが古いホワイトガソリンのバーナーなので、いつ不調になるかわからない為、一つ持っておくと安心できますね!出典:Amazon

ITEM
イーピーアイREVO-3700ストーブ
●出力:3700kcal/h
●重量:111g
●サイズ:52×52×89mm
●点火方式:圧電点火装置

EPIgas人気No.1モデルです。コンパクトながらも3700kcalの高出力。バーナーヘッドの表面燃焼により、高い耐風性を備え、極小のとろ火まで可能です。火力、耐風性、ゴトクのバランス、コンパクト性、全方位でバランスのとれた逸品です。

風の強い日に使っても火が消えにくく、ゴトクの面がフラットでシェラカップやメスティンなども問題なく置けています。使用時の接地の安定感をさらに増すために、スタビライザーの併用をお勧めします。ケースが布のものとプラスチックのものと2タイプ付いてくる点も親切で良いです。出典:Amazon

CB缶編 シングルバーナー人気5種比較!

バーナー シングルバーナー比較図
コンビニなど比較的手に入りやすく、ランニングコストの安さが魅力のCB缶用シングルバーナー。ガス缶と距離をとる分離型が多く、大きな鍋を乗せても安定させられるバランス能力の高いバーナーが多くあります。春夏のキャンプ、料理を楽しみたいファミリーキャンプ、ツーリング等におすすめです。

それでは比較した5つのアイテム詳細をご紹介!
ITEM
ソト G’Z シングルバーナー
●出力:3200kcal/h
●重量:640g
●サイズ:160×90×90mm
●材質:ステンレス、スチール、樹脂、耐熱ガラス
●点火方式:圧電点火装置

テーブルトップで大鍋料理ができます。大きなゴトクと低重心設計で、直径25cmまでの大きな鍋でも調理可能。

安価な家庭用カセットボンベが使えるのが最大の魅力。でも本当の魅力は3200Kcalという強力な火力です。野外で1リットルの水も、ちょっと仲間と会話している間に湧いてしまいます。出典:Amazon

ITEM
ソト レギュレーターストーブ
●出力:2500kcal/h
●重量:350g
●サイズ:140×70×110mm
●材質:ステンレス、樹脂
●点火方式:圧電点火装置

低温の外気により、火力低下を起こしやすいCB缶の弱点をマイクロレギュレーターが解消。外気温25℃?5℃の環境下でも常に一定の火力を発揮。

すばらしくコンパクトで折畳むとラージメスティンに余裕で入ってしまうほどです。火力も問題なく、ツーリングが主な自分はオールシーズン使っています。またCB缶を使用するシングルバーナーに共通していますが、重心が低いため安定性が非常にいいです。出典:Amazon

ITEM
ユニフレーム テーブルトップバーナー
●出力:3900kcal/h
●重量:900g
●サイズ:200×200×900mm
●材質:ステンレス
●点火方式:圧電点火装置

総重量10kg以上のダッチオーブンを載せてもビクともしないゴトクスタンドと、抜群の遮熱性と熱反射効果を発揮する直径20cmのステンレス製汁受けを装備したヘビーデューティー・シングルバーナー。

五徳が丈夫でダッジオーブンをそのまま置けるのと、ホームセンター等で売っているカセットボンベが使用出来るので購入しました。キャンプ場のチェックアウト当日の朝食作りや、昼間に遊びすぎて炭を熾す気力が無い時など、何かと出番が多く、大変重宝しております。出典:Amazon



ITEM
ユニフレーム ミニバーナー
●出力:3000kcal/h
●重量:320g
●サイズ:93×77×115mm
●材質:ステンレス鋼
●点火方式:圧電点火装置

カセットガス横置きのダイレクト接続型ミニバーナー。シンプルで扱いやすく、三角形のデザインが安定性を高めています。

まずこの三角形というより正式には六角形のヘキサゴンデザインに惹かれバーナー本体は可動部がないので片手でバーナーを持って片手にボンベを持ち接続するという扱いやすさが特に気に入ってます。火もムラがなく均一に燃焼してとろ火も安定性があるので実によく考えて作られています。出典:Amazon

ITEM
イワタニ ジュニアコンパクトバーナー
●出力:2300kcal/h
●重量:274g
●サイズ:82×68×127mm
●材質:本体/アルミニウム、バーナーヘッド・ごとく・脚・風防/ステンレス、つまみ/ナイロン66
●点火方式:圧電点火装置

ガスコンロで有名なイワタニの定番バーナー。各スペックは申し分ないですが注目すべきはその価格。今回エントリーしたバーナーの中でもダントツで低価格。コスパという魅力も見逃せません。

五徳も使う道具に合わせ易いように段差があり、小さいながらも安定して使えます。広がる炎ではなく上への直進性が強いタイプですが、ガスの出力調整で対応可能です。前モデルと違い「日本製」という事も重要。出典:Amazon

自分好みのバーナーでアウトドアに火力を!

OD缶専用シングルバーナーは、なんといっても軽量でコンパクト。CB缶専用の分離タイプは、リッチなクッキングを楽しめます。どんな用途で使用するかを考えて、お気に入りのバーナーを見つけてください!

もし風の強い場所での使用を想定しているなら、ウインドスクリーンと呼ばれる風除けも一緒に購入することをおすすめします。バーナーの性能を引き出してくれる良き相棒です!あるとないとでは熱効率が全然違いますよ。

 

How about coffee by my burner
どこでも淹れられますよ!マイバーナーでコーヒーでもいかがですか?

紹介されたアイテム

プリムス ウルトラバーナー
ソト マイクロレギュレーターストーブ ウ…
スノーピーク ギガパワーマイクロマックス…
コールマン F-1パワーストーブ
イーピーアイREVO-3700ストーブ
ソト G’Z シングルバーナー
ソト レギュレーターストーブ
ユニフレーム テーブルトップバーナー
ユニフレーム ミニバーナー
イワタニ ジュニアコンパクトバーナー

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
naomingoo

心はずっと20代。なのに40代半ばの5歳娘を持つママです。 学生時代はルアー釣り・山登り・キャンプ・貧乏旅行。40過ぎてからアウトドアやり直しています。今年は、地元の湘南でシーカヤックにチャレンジしたいです。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!