CAMP HACK[キャンプハック]


SOTO レギュレーターストーブ ST-310

迷ったらSOTO「レギュレーターストーブ」!バーナー類のベストセラーが大正解

0

SOTOレギュレーターストーブは、コンパクトながら強力な炎を生むパワフルなバーナー。ビギナー向けの扱いやすとベテランの求める機能性が両立され、不朽の名品として愛用者多数!その魅力と気の利いたオプションパーツ、限定品をまとめてみました。

fujii mio


アイキャッチ画像出典:編集部

SOTO レギュレーターストーブ ST-310が優秀すぎる!

SOTO レギュレーターストーブ ST-310
撮影:編集部
重さわずか350gながら、強力なパワーを発揮する「SOTO レギュレーターストーブ」。バーナーが主力のSOTO製品の中でも特に愛用者が多い一台です。

その携行性からサブギアと思われがちですが、実力は予想以上!驚きの高性能と充実のオプションパーツを、ユーザーボイスとともにチェックしていきましょう。

ソト レギュレーターストーブ ST-310

●サイズ:170×150×110mm(本体)
●収納時サイズ:110mm
●重量:350g
●発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)/ST-760使用時


レギュレーターストーブ「3つの優秀ポイント」

1.高出力・高火力

SOTO レギュレーターストーブ ST-310 五徳
撮影:編集部
人気の一番の理由は、環境に左右されない強い火力。これは、あらかじめ低温時に高火力を発揮するよう設定された″マイクロレギュレーター″によるもので、外気温が低くても火力が安定。CB缶の「寒さに弱い」という燃料としての弱点を、レギュレーターが制御してくれるというわけです。

2.調理面をタフにサポート

SOTO レギュレーターストーブ ST-310 ドロップダウンにより火力が低下することもないため、初動出力だけでなく高火力が持続! 携行性抜群のコンパクトバーナーでありながら、長時間の調理にも耐えうる実力派です。

また、ゴトクの両端サイズは約20cm。OD缶を燃料とするシングルバーナーに比べて広く、重い鍋を乗せても安定します。

3.家庭用CB缶が使える

SOTO レギュレーターストーブ ST-310 ガスボンベ このバーナーのメリットとして火力や携行性と同じ、もしくはそれ以上に挙げられるのが「CB缶が使える」という点。燃料が切れてしまってもCB缶ならコンビニでも調達できるので、いざという時に大助かり。この利便性は、災害時の備品としても注目されています。



関連記事