CAMPHACK

バーナー類のベストセラー!迷ったらSOTO「レギュレーターストーブ」を選ぼう

0

SOTOレギュレーターストーブは、コンパクトながら強力な炎を生むパワフルなバーナー。ビギナー向けの扱いやすとベテランの求める機能性が両立され、不朽の名品として愛用者多数!その魅力と気の利いたオプションパーツ、限定品をまとめてみました。

fujii mio

アイキャッチ画像出典:編集部

SOTO レギュレーターストーブ ST-310が優秀すぎる!

matome
撮影:編集部
重さわずか350gながら、強力なパワーを発揮する「SOTO レギュレーターストーブ」。バーナーが主力のSOTO製品の中でも特に愛用者が多い一台です。

その携行性からサブギアと思われがちですが、実力は予想以上!驚きの高性能と充実のオプションパーツを、ユーザーボイスとともにチェックしていきましょう。

ソト レギュレーターストーブ ST-310

●サイズ:170×150×110mm(本体)
●収納時サイズ:110mm
●重量:350g
●発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)/ST-760使用時


レギュレーターストーブ「3つの優秀ポイント」

1.高出力・高火力

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:編集部

火力も微調整でき、私が使用する気温(0-30℃)では安定しています。ゴトクもしっかりしていて、置く場所を間違わなければ多少の傾斜があっても乗せたものが滑り落ちることもありません。先日8インチスキレットを購入し、少し重くて大きいかなと思っていましたが、何の問題もなく使用できました。(出典:Amazon

人気の一番の理由は、環境に左右されない強い火力。これは、あらかじめ低温時に高火力を発揮するよう設定された″マイクロレギュレーター″によるもので、外気温が低くても火力が安定。CB缶の「寒さに弱い」という燃料としての弱点を、レギュレーターが制御してくれるというわけです。

関連記事