CAMP HACK[キャンプハック]


METAL DESIGN WORKS、NOWWELLCAMP、CAMP HILLSのトリプルコラボアイテム「ゴトク」とZEN Camps「SOTO ST-310バーナー専用 分割式 遮熱板」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」

「レギュレーターストーブ 」を200%アップデートせよ!便利かつ男前な“オレ流カスタム”例

1

機能美デザインと強い火力が魅力の不朽の銘品「レギュレーターストーブ ST-310」。今回は、そんなレギュレーターストーブを200%アップデートするオレ流カスタム演出例をどどんとご紹介!100均アイテムによる簡単カスタムから超コアなカスタム例まで、とくとご覧あれ。

TOMOKO YAMADA

制作者

TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。キャンプ歴数十年。3人子連れのファミキャンからデュオ・ソロキャンへと移行中につき、ギアのUL化を絶賛推進中!Clubhouseにて「キャンパーさんよってらっしゃい!」モデレーターやってます。よってらっしゃい〜! Instagram:@tomokoyamada76

...続きを読む
TOMOKO YAMADAのプロフィール

アイキャッチ画像出典:Instagram by@irztecamp

可愛さ余ってカスタム欲は100倍に……?!

SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@koujitusansou_ginza
コンパクトな機能美デザインと強い火力が魅力の「レギュレーターストーブ ST-310」。バーナーが主力のSOTO製品のなかでも、愛用者NO.1クラスのベストセラーアイテムです。

そんな愛すべき不朽の銘品とはいえ、ムダを削ぎ落としたシンプル構造だけに、欲をいえばもう少しこうだったら……という部分も。

足りない部分はカスタムでカバー!みんなどんなカスタムしてる?

CAMPHILLSのオリジナルゴトクを装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@nekmatam
けれどそんな「足りない部分」すら、可愛さ余って100倍のカスタム欲へ昇華してしまうのが、真のレギュレーターストーブ愛用者たち。

今回は、そんなレギュレーターストーブ愛が生んだ「オレ流カスタム演出例」をどどんと23パターン、一挙ご紹介! 100均アイテムを使った簡単アップデート例から超コアなカスタム例まで、余すことなくお見せしちゃいますよ。

不朽の銘品「レギュレーターストーブ ST-310」の4つの魅力

オレ流カスタム演出例をご紹介する前に、まずは、あらためてレギュレーターストーブST-310の魅力についておさらいを。

その1. マイクロレギュレーターで安定の高火力!

すり鉢状のバーナーヘッド 一番の魅力は、やはり外気温の低下に左右されない高火力。寒さにで火力が低下しやすいCB缶の弱点を、独自開発の「マイクロレギュレーター」が制御。常に2,500kcalという高出力を発揮できるシステムなんです。

その2. コンパクトに携行できる機能美デザイン

SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」正面
出典:Instagram by@ig_qurumi
お次はその機能美デザイン。使用時の佇まいはもちろん、収納時も実に計算され尽くされた美しいフォルムに。幅14×奥行7×高さ11cmのコンパクトさで携行性もバッチリ。

その3. 大きめゴトクと低重心で安心調理

鍋を載せて点火したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@yokoyan1014
OD缶用シングルバーナーより大きめのゴトクは、直径19cmまでの鍋に対応。さらに、ゴトクの4本足が直に着地した構造もポイント。重心が低いため重い鍋を載せても安定し、屋内でも愛用する人が多いのも特徴です。

また、ドロップダウンで火力が低下しないため、とろ火調理や長時間の調理もお任せの頼もしさ。

その4. 家庭用のCB缶が使えてコスパも◎

SOTOのCB缶
出典:Instagram by@1.pems
コンビニなどで手軽に入手できるCB缶が使えるのも大きなポイント。自宅のカセットコンロとも兼用できてコスパも◎。バーナー初心者でもトライしやすく、愛用者の裾野が広い理由の1つになっています。

2021年2月発売予定の新作ギアも気になる!

SOTO「ミニマルワークトップ」
そして、2021年発売予定のSOTO新作アイテムに、レギュレーターストーブ愛用者必見の2品が! 1つ目は、レギュレーターストーブと組み合わせれば、手軽にコンパクトなキッチンスペースが作れる「ミニマルワークトップ」。

CB缶を縦にも横にも接続できる設計で、輻射熱にも安心のトッププレート付き。

SOTO「ミニマルクッカー角」
そしてもう1つが「ミニマルクッカー角」。インスタント袋麺が丸っと入るジャストフィットサイズのアルミ製クッカーで、一般的な製品の約2倍の1.6mm厚という頑丈さ。

画像のとおり、レギュレーターストーブがスッキリ収納できるうえ、「ミニマルワークトップ」の天板裏側にはめ込んでセットで携行できるスグレモノ。レギュレーターストーブユーザーは要注目の2アイテムです。


オレならこう使う!200%アップデートカスタム演出例9選

それではいよいよオレ流カスタム演出例をご紹介していきます! まずは、200%便利かつ男前アップデート例9選から。

①100均クッキー型風防&耐熱シリコンチューブ

100均のクッキー型を風防にしたSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@yuria_camp
さすがの高火力もやはり強風では安定しづらく……。そんなときおすすめなのが、100均のクッキー型を風防にするアイデア。

ゴトクと火口の間にちょうどハマるのが、直径6cm×高さ1.8cmサイズのリング型。ダイソーの5個組クッキー型セットか、セリアのクッキー型3個セットのモノがジャストフィット。

ゴトクに耐熱シリコンチューブを装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@blue_anothersky
さらに、ゴトクの4本足に耐熱シリコンチューブをハメれば完璧。点火スイッチがゴトク内側にあるため、使用後に熱くなったゴトクで火傷してしまう人、意外と多いんです。火傷防止だけでなく、滑り止めにもなって一石二鳥! 

AUTOMAX izumi 耐熱シリコンチューブ 4mm×1m 黒

●サイズ:内径4mm×長さ1m
●対応温度:-50度~200度

EnHike 耐熱シリコンチューブ φ4-φ6×125mm カット済み4本

●耐熱温度:-60〜200℃
●対応アイテム:SOTO ST-330、ST-310 アシストグリップ代用


②点火レバー&グリップセットで便利かつカラフルに

SOTO「点火アシストレバー」
出典:Instagram by@yami_black_sun
先ほども触れた点火スイッチ問題。ゴトクの奥まった場所にあるだけでなく、そのままではかなり小さく押しづらいんです。けれど、SOTO純正の別売り点火アシストレバーで大きな押し下げ式に変換できて快適に!

SOTO「カラーアシストセット」
出典:Instagram by@1.pems
単品でも購入できますが、カラフルな3色展開でゴトク用グリップがセットになった「カラーアシストセット」もオススメ。オレンジ・ブルー・イエローがあり、単品の点火アシストレバーとグリップはブラックのみ。

ブラックの点火アシストレバー・グリップ・ポーチの3点セットなら、本体もすべて収納できてさらに便利です。

レギュレーターストーブ専用 カラーアシストセット

●カラー:オレンジ、イエロー、ブルー
【 点火アシストレバー 】
●外径寸法:幅22×奥行40×高さ40mm
●重量:6g
●材質:ワイヤー/ステンレス、本体/樹脂、固定ネジ/スチール
【 アシストグリップ 】
●外形寸法:直径8X奥行40X長さ90mm(1本)
●重量:2g(1本)
●材質:シリコンゴム

SOTO レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー ST-3104

●サイズ:20×40×40mm
●重量:6g

SOTO レギュレーターストーブ専用 アシストセット ST-3104CS

【 アシストポーチ 】
●サイズ:直径150×奥行55mm
●材質:綿(外側)、ポリエチレン(内側)
【 点火アシストレバー 】
●サイズ:幅22×奥行40×高さ40mm
●材質:ワイヤー/ステンレス、本体/樹脂、固定ネジ/スチール
【 アシストグリップ 】
●サイズ:直径8×長さ90mm(1本)
●材質:シリコンゴム
●適合機種:レギュレーターストーブ(ST-310、ST-310MC)


③CAMP HILLSゴトクで4w1hホットサンドメーカーも◎

CAMP HILLS「レギュレーター用ゴトク」を装着してホットサンドメーカーを載せたSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@sks_camp0_0
ソロキャンにピッタリで、レギュレーターストーブとセット使いする人も多い4w1hのホットサンドメーカー。

けれど、接地面が極端に少ない棒状のゴトクゆえ、ホットサンドメーカーの重心が持ち手側に偏ってしまい、手放しで置けないという問題が。そこで便利なのがCAMP HILLSの「レギュレーター用ゴトク」。

METAL DESIGN WORKS、NOWWELLCAMP、CAMP HILLSのトリプルコラボアイテム「レギュレーター用ゴトク」
出典:Instagram by@hang_out.2020
こちら、METAL DESIGN WORKS、NOWWELLCAMP、CAMP HILLSのトリプルコラボアイテム。シンプルなリングながら、レギュレーターストーブのゴトクに安定してハマる設計に。ST-310のほか、330、SOD-330、ストームブレーカーにも装着可能。

Mac Outdoor「マックパン」を載せたSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@mrn___39
調理器具を支える接地面が増えて安定するだけでなく、火口をぐるりと囲む風防の役割も兼ねる秀逸なアイテム。新鋭韓国ブランド「Mac Outdoor(マックアウトドア)」の「マックパン」もこの通り安定。

ただし、輻射熱の影響があるため、ST-310で使う場合はゴトクの下に遮熱板をセットすると安心です。

公式オンラインストアはこちら

④4w1hコンロサポーターでも安定感増し増し

4w1h「コンロサポーター」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@country88jp
ホットサンドメーカーに負けず劣らず大人気の4w1h「コンロサポーター」。こちら、レギュレーターストーブにもこの通りジャストフィット!

4w1h「ホットサンドメーカー」
出典:Instagram by@rinacarnp
当然ホットサンドメーカーが手放しできない問題もスッキリ解決。より大きな調理器具が安定するだけでなく、中心部分の隙間が小さくなるので、直径が小さいシェラカップなども置けて便利です。

公式オンラインストアはこちら

⑤100均一排水口蓋でカンタン自作遮熱板

自作遮熱板を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」 出典:Instagram by@ookazu
そして、先ほど少し触れた輻射熱の問題。ST-310はガス缶分離式ではないので、直径が大きい鍋や蓄熱性の高い鉄製品など使う場合は心配です。

ところが、SOTOの純正品では単品で遮熱板が販売されていないんです。そこで人気のアイデアが、ダイソーやセリアの排水口蓋を使った遮熱板!

自作遮熱板、ヒーターアタッチメントを装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@ookazu
もともと中心の十字型部分がくり抜かれて浮き上がった状態なので、円周側の接着部分を切り離すだけでOK。材料費わずか110円でジャストフィットの遮熱板が手に入ります! 画像のようにヒーターアタッチメントを取り付けても安心ですね。

⑥溶岩石プレート+遮熱板でおいしさ広がる

SOTO「溶岩石プレート」を載せたSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@okkk._.outdoor
SOTO純正オプション品として人気なのが、「溶岩石プレート」。重さ900gもある国産溶岩石で、遠赤外線効果で食材のうまみを逃さず芯からふっくら焼き上げ、微細な孔(気泡)構造が余分な脂も吸収。

いつもとは一味違うレギュレーターストーブ調理が楽しめるアイテムです。

溶岩石プレートとセットの遮熱板に加えてCAMP HILLS「ゴトク」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@south_camp.s
そしてかなり蓄熱性が高いため、遮熱板がセットに。輻射熱が心配な他の調理器具にも使い回せて便利です。画像のようにキャンプヒルズのゴトクと使えばより安定感が増しますね。

SOTO バーナー レギュレーターストーブ専用 溶岩石プレート ST-3102

【 溶岩石プレート 】
●サイズ:幅140×奥行140×高さ20mm
●重量:0.9kg
●材質:国内産溶岩石
【 遮熱板 】
●サイズ:幅162×奥行160×高さ15mm
●重量:77g
●材質:ステンレス


⑦ミニパックグリル+ヨコザワの盾

ハイマウント「ミニパックグリル」とヨコザワテッパン用の遮熱板「ヨコザワの盾」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@shuu3
もっと鉄壁の安定感&安心感を求める人には、ハイマウントの「ミニパックグリル」とヨコザワテッパン用の遮熱板「ヨコザワの盾」がイチオシ!

ゴトク面積も遮熱板も大きいので、一気に載せられる調理器具の幅が広がります。

缶詰を二つ並べて調理する様子
出典:Instagram by@shuu3
画像のように、直径の小さい缶詰を2つ並べた調理なんかも可能に。必要以上に大きすぎず、ソロキャン調理にベストマッチするナイスなカスタム例です。

ハイマウント ミニパックグリル

●使用時サイズ:約255×175×120mm
●収納時サイズ:160×175×30mm
●重量:約465g
●耐荷重:30kg
●材質:グリル部/ステンレススチール、脚部/ステンレススチール
●付属品:収納ケース

ヨコザワテッパン ST-310用遮熱プレート ヨコザワの盾

●サイズ 16×16cm
●材質:ステンレススチール
●板厚:0.5mm
●重量:12g
●仕様:SOTO ST-310専用設計


⑧バーナーパット+ミニパックグリル

ユニフレーム「バーナーパット」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@risa88outdoor
火口が小さく、一点に熱が集中して熱の伝わり方にムラが出てしまうシングルバーナー。そんな弱点をカバーするのが「バーナーパット」。メッシュ全体に熱が均等に伝わり、より細やかな弱火・トロ火調理も可能に。

画像はミニパックグリルと併用していますが、パッドだけでもゴトクより安定感がUP。ただし、下への輻射熱が発生する可能性があるので、遮熱板と併用するかなるべく弱火で使用しましょう。

ユニフレーム バーナーパット S

●サイズ:約120×120mm
●重量:約50g
●材質:枠/ステンレス鋼、メッシュ/特殊耐熱鋼 FCHW2

ユニフレーム バーナーパット M

●サイズ:約150×150mm
●重量:約65g
●材質:枠/ステンレス鋼、メッシュ/特殊耐熱鋼 FCHW2


⑨クッカースタンドで2バーナー化

ユニフレーム「クッカースタンド 450」で2バーナー化したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@buggyman1977
ファミリーやグループでもレギュラーストーブをメインで使いたい人には、ユニフレームの「クッカースタンド 450」での2バーナー化がオススメ! 大きなごはん釜や鍋でも余裕で調理できちゃいます。

ユニフレーム クッカー クッカースタンド 450

●使用時サイズ:約540×165×135mm
●収納時サイズ:約450×165×18mm
●重量:約750g
●耐荷重:20kg
●材質:ステンレス鋼


遮熱板兼用テーブルでオレ流スペース効率化例5選

横置きのガス缶が場所をとってしまうレギュレーターストーブ。ここでは、遮熱板兼用テーブルでスペース効率UPしているカスタム例をご紹介します!

①FUTURE FOX「ST-310専用遮熱テーブル」

FUTURE FOX「ST-310専用 ステンレス遮熱テーブル」
出典:Instagram by@ohoh_lovecamping
マットなテクスチャとシンプルフォルムが男前な遮熱板テーブル。こちらは2020年4月にスタートしたばかりの信州発アウトドアブランド「FUTURE FOX(フューチャーフォックス)」の「ST-310専用 ステンレス遮熱テーブル」。

ブラックのほか、シルバーとサンドベージュの3色展開で、サイズは長さ32cm×幅21.5cm。

FUTURE FOXの「ST-310専用ステンレス遮熱テーブル」と「ST-310専用バーナーパッド」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@futurefox_outdoor
620gとやや重量はあるものの板厚1.8cmで、重い鍋なども安心して置けるタフな作り。脚は折りたたみ式で収納バッグ付きなので携行性も◎。

風防リングがセットになったST-310専用バーナーパッドも販売されており、死角ナシの鉄壁カスタムが一気に叶います。

フューチャーフォックス SOTO ST-310 レギュレーターストーブ 専用 ステンレス遮熱テーブル

●使用時サイズ:長さ32cm×幅21.5cm×高さ8cm
●収納時サイズ:長さ33cm×幅22cm×高さ1.5cm
●板厚:1.8cm
●重量:約630g
●材質:SUS304(ステンレス)
●セット内容:ステンレス遮熱テーブル×1、収納バッグ×1

FUTURE FOX SOTO レギュレーターストーブ ST-310専用 バーナーパット

【 バーナーパット 】
●サイズ:直径13.5×13.5cm
●重さ:25g
【 防風リング 】
●サイズ:直径5.5×5.5cm
●重さ:15g
●セット内容:バーナーパット×1、防風リング×1


②ZEN Camps「ST-310用 遮熱板兼テーブル」

ZEN Camps「ST-310用 遮熱板兼テーブル」
出典:Instagram by@rivecamp
こちらは薄く軽やかなブラックボディがクールな「遮熱板兼テーブル」を使用。2020年広島発のソロキャンパー向けアウトドアブランド「ZEN Camp」のアイテムで、半分に分割してコンパクト収納できるのがポイント。

レギュレーターストーブなしでも自立するので、単体でのテーブル使用もOK。

ZEN Camps「SOTO ST-310バーナー専用 分割式 遮熱板」
出典:Instagram by@irztecamp
また、軽量でステンレスより高い遮熱効果を発揮するアルミ製。ひょうたん型のフォルムが個性的な、分割式のST-310専用遮熱板も人気です。

公式オンラインストアはこちら

ZEN Camps SOTO ST-310バーナー専用 分割式 遮熱板

●サイズ:長さ190×幅148mm
●重量:約103g
●材質:アルミ(板厚2mm・アルマイト処理)


③N-PROJECT「遮熱テーブル」

N-PROJECT「遮熱テーブル」
出典:Instagram by@ponta.tx
こちらはアルミ縞板の無骨なテクスチャが魅力の遮熱テーブルを活用。愛知県名古屋市の金属加工会社「N-PRPJECT」のアイテムで、他にもフルチタン製の超軽量タイプなどバリエーション豊富な遮熱テーブルを展開。

遮熱板や五徳付き風防リングなども揃え、フルカスタムが可能です。

N-PROJECT アルミ縞板 遮熱板 L型 ST-310専用

●材質:アルミ縞板/板厚3.0mm(凸部含む)(無塗装)
●サイズ:幅30×奥行14×高さ8cm
●重量:277g

N-PROJECT アルミ縞板遮熱板 L型 マットブラック ST-310専用

●サイズ:幅30×奥行14×高さ8cm
●重量:277g
●材質:アルミ縞板/板厚3.0mm(凸部含む)

N-PROJECT チタン遮熱テーブル【Square type】

●使用時サイズ:幅33×奥行16.5×高さ7.8cm
●収納時サイズ:幅33×奥行16.5×高さ1cm
●重量:288g
●耐荷重:10kg
●材質:チタン(板厚1.0mm)

N-PROJECT チタン遮熱テーブル【Round type】

●使用時サイズ:幅33×奥行16.5×高さ7.8cm
●収納時サイズ:幅33×奥行16.5×高さ1cm
●重量:280g
●耐荷重:10kg
●材質:チタン(板厚1.0mm)

N-PROJECT ST-310専用 分割式遮熱板【超コンパクトタイプ】

●使用時サイズ:19cm×13cm
●収納時サイズ:10cm×13cm(接続部7mm)
●材質:ステンレス(SUS304)板厚1.0mm

N-PROJECT SHIELD MASTER 1016 五徳付き風防

●サイズ:外径/101.6mm
●重量:108g
●材質:ステンレス(SUS304)


④Space fire「ST310専用アルミ遮熱板堅牢モデル」

Space fire「ST310専用アルミ遮熱板堅牢モデル」
出典:Instagram by@korasampo_camp
厚さ3mmのしっかりとしたアルミ天板が魅力の遮熱テーブル。メスティンに収まるまな板など、ニッチなソロ向けアイテムが人気の「Space fite」のアイテムです。

気軽に携行したいけど、軽量性より堅牢性が欲しいというユーザーの声をリアルに反映して改良されたモデルで、耐荷重2kgでタフに使えます。幅19cmのロングサイズで、半分に折り畳める遮熱板もラインナップ。

Space fire ST310専用アルミ遮熱板堅牢モデル

●使用時サイズ:幅31×奥行16×高さ8.5cm
●収納時サイズ:幅31×奥行16×高1.5cm
●重量:約484g
●材質:天板/アルミ(板厚3cm)、脚部/ステンレス丸棒

Space fire ST-310専用遮熱板 折りたたみ式

●使用時サイズ:19×15cm
●収納時サイズ:9.5×15cm
●重量:約139g
●材質:ステンレスSUS304


⑤キャンピングムーン「ソロキッチン」

キャンピングムーン「ソロキッチン」
出典:Instagram by@s_take14
オールステンレスで直線的なデザインと、ビルトイン型スクエア風防がシステムキッチンを思わせる遮熱テーブル。その名も「ソロキッチン」は、高コスパアイテムが人気のキャンピングムーンのアイテム。

キャンピングムーン「ソロキッチン」とトランギア「アルコールストーブ」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@s_take14
トランギアのアルストも使える設計で、1.1kgと重さはあるものの、分散耐荷重はなんと10kgという頑強さ。

残念ながら現在在庫切れですが、生産が追いつき次第入荷予定とのこと(2020年1月20日時点の情報)。気になる方は公式サイトを要チェックです。

キャンピングムーン公式サイトはこちら

100均一材料で!自作ヒートアタッチメント

レギュラーストーブ用の自作ヒーターアタッチメント
出典:Instagram by@hr41622
お次はなんとレギュラーストーブ用の自作ヒーターアタッチメント! レギュレーターストーブを暖房として活用できるカスタム例です。しかもダイソーのかき揚げリングと排水口用ゴミ受けで作ったというから驚き。

ダイソー「かき揚げリング」と「排水口用ゴミ受け」で作った自作ヒーターアタッチメント
出典:Instagram by@macyan.x1
ダイソー「排水口ゴミ受け」と「ゴミ取りネット」で外枠、中は針金で作ったコイルを入れて作成した自作ヒーターアタッチメント
出典:Instagram by@macyan.x1
こちらもダイソーの排水口ゴミ受けやゴミ取りネットで外枠を、中には針金で作ったコイルを入れて作成した自作ヒーターアタッチメント。このコンパクトさで、石油ヒーターに匹敵するほど暖かいそう!

さらにコア度極まるオレ流カスタム演出例6選

最後は、一部のガレージブランドでしか買えないコア度の高いアイテムによるカスタム演出例をご紹介します! 他と被りたくない人は必見です。

①アシモクラフツ×Forester’sCafe「FU-GO(フーゴ)」

ギア アシモクラフツ×Forester'sCafe「FU-GO(フーゴ)」
出典:Instagram by@s.family.c
キャンプ用の小分け珈琲豆pacやオリジナルギアを販売する「Forester’sCafe(フォレスターズカフェ)」と、アシモクラフツのコラボアイテム。

ギミック感満載の「FU-GO(フーゴ)」は、3枚のパネルと上部に設置する2枚のバーの計5枚のステンレスパーツで構成。風防であり同時に五徳にもなるマルチなギアです。

アシモクラフツ×Forester'sCafe「FU-GO」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@marusaku
パネルの1枚にはガス缶を通す穴が空いていて、ゴトクを兼ねたバーでしっかり固定されるので強風時にも安定。収納時はパネル1枚分のサイズで薄くコンパクトに。おしゃれな専用ケースも付属していて、キャメルとカーキグリーンが選べます。

予約商品のため、欲しい人はフォレスターズカフェオンラインストアにて予約受付を。

フォレスターズカフェ公式オンラインストアはこちら
アシモクラフツ公式オンラインストアはこちら

②BLACK DESIGN「BXプレート」にビルトイン

BLACK DESIGN「BXプレート」
出典:Instagram by@blue_anothersky
BLACK DESIGNは台湾発のウッドギアブランド。日本ではデバイスワークスなどコアなガレージ系ショップが取り扱っており、各種アイアンプレートで拡張できる「ハレテーブル」や「アイアンウッドテーブル 日和」などが大人気。

BLACK DESIGN「BXプレート」 アップ
出典:Instagram by@mlacky_outdoor
こちらの「BXプレート」もそんな拡張オプションの1つ。レギュレーターストーブを超絶クールにビルトインできるアイテムで、「ハレテーブル」「アイアンウッドテーブル日和」「アイアンラック 葉月」などに対応。

応用カスタム例 シェルコンのサイドに引っかけて、グラつかないよう隙間に10mm板を直径20mmのネオジウム磁石2個で固定
出典:Instagram by@tom.masu
さらに注目したいのが、@tom.masuさんによる応用カスタム例。シェルコンのサイドに引っかけて、グラつかないよう隙間に10mm板を直径20mmのネオジウム磁石2個で固定。よりミニマムかつギミック感も倍増する男前カスタムですね!

ただし入荷即完売の人気アイテムのため、マネしたい人は、公式インスタや正規取扱店オンラインストアなどを要チェック。

BLACK DESIGN公式インスタグラムはこちら

【 正規取扱店 】
DEVICE WORKS公式オンラインストアはこちら
OWL OUTDOOR公式オンラインストアはこちら
ONE4公式オンラインストアはこちら
CROSS ORANGE公式オンラインストアはこちら

③アシモクラフツ×デバイスワークス「BXプレート用 BX asi circle」

アシモクラフツ×デバイスワークス「BXプレート用 BX asi circle」
出典:Instagram by@blue_anothersky
そして、拡張オプションであるBXプレートのそのまた拡張オプションがこちら。アシモクラフツとデバイスワークスの強力タッグで実現した「BX asi circle」。

アシモクラフツ×デバイスワークス「BXプレート用 BX asi circle」 アップ
出典:Instagram by@deviseworks
ビルトインしたレギュレーターストーブにジャストフィットのクールな風防には、両ブランドのWネームが。ゴトクとしても拡張されるので、調理器具を乗せたときの安定感もUP。

デヴァイスワークス公式オンラインストアはこちら

④A38grateユーザー必見!これがウワサの“ニコシステム”だ

カスタム例 38exploreとアシモクラフツのコラボアイテム「A38grate」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@nico_wood_1130
CAMP HACKの連載「セルフカスタムの達人」でもおなじみ、ミヤさんが主宰する38exploreとアシモクラフツの大ヒットコラボアイテム「A38grate」。ウッドテーブルとステンレスロストルがセットになったマルチなアイテムです。

画像は、そのA38grateにレギュレーターストーブをうまく取り付けた@nico_wood_1130さんのカスタム例。

カスタム例 38exploreとアシモクラフツのコラボアイテム「A38grate」を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」 上から
出典:Instagram by@nico_wood_1130
元々脚パーツを左右に差し込んで収納できる構造なので、ロストルの中はパイプ状に。6Φの棒材が入るので、100均の棒材を差し込んで拡張。そこへレギュレーターストーブのゴトクを引っ掛けて、ガス缶部分は黒いヒモでぶら下げるだけ。

棒材はダイソーの「ステンレスストロー」がフィットするようです。

カスタム例 カスタム例 38exploreとアシモクラフツのコラボアイテム「A38grate」に三脚を取り付けてSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」に装着
出典:Instagram by@zaki_camper
こちらの画像は三脚に取り付けた状態なので、脚パーツを引き出して利用すれば追加する棒材は2本でOK。

この方法、@nico_wood_1130さんにちなんで「ニコシステム」と名付けられ、すでにアレンジバージョンも出現中。A38grateのテーブル面を有効活用できる画期的なアイデアですね。

⑤A38grate+38gt310ならもはや死角ナシ!

38exploreとDekiTechのコラボアイテム
出典:Instagram by@country88jp
続いては、38exploreと埼玉県東部を中心に金属加工や溶接などの職人・技術者が立ち上げた異業種コラボ集団「DekiTech(デキテク)」のコラボアイテム。

38exploreとDekiTechのコラボアイテム アップ
出典:Instagram by@k1valley
2本のジョイントステーが2又になっていて、上側をA38grateのロストルへ、下側はガス缶カバーのベルトへ差し込むムダのないシステム。レギュレーターストーブを実にスマートに取り付けできるアイテムなんです。

38exploreとDekiTechのコラボアイテム 38exploreとDekiTechのコラボアイテム 付属の遮熱板と風防を装着したSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
出典:Instagram by@river_mountain_2020
しかも、ベルト付きガス缶カバー兼収納ケースに、遮熱板と風防まで付属した至れり尽くせりのセット。さらにこの風防、トランギアのアルスト用五徳なので、アルストも遮熱板の穴にハメて使えるスグレモノ。

ただし、こちら大人気のため現在公式オンラインストアでは完売。欲しい人は公式インスタなどこまめにチェックするべし!

38explore公式インスタグラムはこちら
KOBA TECHオンラインストアはこちら

⑥ST-310がビルトインできるローテーブル

ST-310がビルトインできるローテーブル
出典:Instagram by@nara_no_moyasi
最後は、このうえなくスタイリッシュにレギュレーターストーブをビルトインできるテーブル。ウォールナット無垢材の天板とステンレスパーツの機能美が見事に融合した洗練デザインが一際目を引きます。

ST-310がビルトインできるローテーブル ウォールナット無垢材の天板とステンレスパーツ
出典:Instagram by@bilcoast_resort
ST-310がビルトインできるローテーブル 横から
出典:Instagram by@bilcoast_resort
ビルトインのシステムもとてもシンプルで、天板の台座プレートを外して、天板下のバーナーユニットに置くだけ。下段のラックも収納力抜群で、これ1台でキッチンとリビングテーブルが兼用できる効率的なテーブルです。

こちらは@bilcoast_resortさんが個人で製作・販売しており、欲しい人はインスタDMにて問い合わせを。

@bilcoast_resortさんインスタグラムはこちら

オレ流カスタム演出でレギュレーターストーブ愛極まれり。

38explore×アシモクラフツ「A38grate」に三脚を取り付けたSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」にライスクッカーを載せた様子
出典:Instagram by@anji.222
100均のアイテムをうまく利用したものから、ガレージブランドアイテムとの組み合わせ例、はたまた完全自作のカスタム例まで、どれもレギュレーターストーブ愛の詰まったアイデアばかりでしたね。あなたもオレ流カスタム演出で、とことん“愛”極めてみませんか?

紹介されたアイテム

関連記事