編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE
【2024年最新】車中泊用のマットおすすめ人気ランキング26選!ニトリやホームセンターの商品も

【2024年最新】車中泊用のマットおすすめ人気ランキング26選!ニトリやホームセンターの商品も

車中泊をやってみたくても、マットによって空気の注入方法や厚みなどに違いがあり、どれを選ぶべきか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

この記事では、車中泊におすすめのマットをタイプ別ランキングでご紹介します!

さらに、セレナや軽自動車のN-BOXなどの室内寸法も紹介しているので、マットとサイズを合わせて比較してみてください。

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

目次

アイキャッチ画像出典:ベアーズロック

車中泊用マットとは?

車中泊で寝袋とマットをセットしている様子

出典:PIXTA

車中泊用マット とは、車の中で睡眠をとるとき、布団のようにシートの上に敷くためのマットを指します。シートの隙間や段差を埋め、睡眠の快適性をアップしてくれるアイテムです。

マットを敷いて車中泊をすれば、テントで寝るよりも安心感があり、まるでカプセルホテルのような快適に過ごせるプライベート空間を確保できます。

基本的に使用しないときは、コンパクトに収納できるものが多く、旅行・キャンプ・釣り・ドライブ中の休憩など、さまざまなシーンで活躍する優れものです。

車中泊用マットを用意するメリット

車中泊用マットを用意する具体的なメリットとしては、主に以下の3点があげられます。

車中泊用マットを用意するメリット

1. シートの段差を解消してくれる

2. 蒸れや冷気を防ぎ睡眠の質を上げてくれる
3. ギアの購入費や宿泊費の節約につながる

1. シートの段差を解消してくれる

車のシートの段差

出典:PIXTA

車のシートは基本的に座ることを想定して作られているため、倒して寝ると段差や凹凸が気になりがちです。寝返りが打ちづらい状態のまま長時間過ごすと、エコノミークラス症候群のリスクも高くなってしまいます。

※参考:厚生労働省「エコノミークラス症候群の予防のために

車種によってはシートアレンジでフルフラット仕様にできるタイプもありますが、細かな凹凸が快適性を下げることが多いでしょう。

車中泊用のマットを使えば、シートの段差が解消され、家で寝るときのように快適な状態を作れるのがメリット。特に腰痛や肩こりが気になる方は、体圧を分散させて身体をリラックスさせてくれる高性能なマットをおすすめします。

2. 蒸れや冷気を防ぎ睡眠の質を上げてくれる

冬に車中泊をする親子

出典:PIXTA

車中泊をするときはエンジンをかけっぱなしにすることができないため、夏や冬には暑さ対策・寒さ対策が不可欠です。

夏に通気性の高いマットを使用すれば、身体とシートが密着して蒸れるのを防ぎ、暑苦しさを軽減してくれます。

また、冬にはシートの隙間から入り込む冷気をマットがガードしてくれるので、寒さを和らげる効果が期待できます。

3. ギアの購入費や宿泊費の節約につながる

たくさんのキャンプ道具

出典:PIXTA

「わざわざ車中泊用のマットを買うのは……」とためらっている方もいるかもしれませんが、マットを用意して車中泊がしやすい環境を整えれば、そのほかの費用の節約につながる面も。

食事代やガソリン代、入浴料などはかかるとしても、車中泊の場合、テント泊のために必要なキャンプギアの購入費用や、旅行のたびに発生する宿泊費は抑えることができます

最終的には車中泊用のマットを買ったほうがお得になるケースも多いと考えられるので、ぜひ前向きに購入を検討してみてください!

車中泊用マットの選び方

車中泊で寝る前の女性

出典:PIXTA

車中泊マットを「なんとなく」で選んでしまうのは失敗のもと!

以下にあげる4つのポイントをチェックして、自分の使い方にマッチした車中泊マットを手に入れましょう。

車中泊用マットの選び方のポイント

1. 展開時と収納時のサイズが車内に合うかチェックしよう!

2. マットの厚さは10cm以上が快適に過ごせておすすめ
3. マットのタイプを選ぼう!
4. 自分に合った機能を確認しよう

展開時と収納時のサイズが車内に合うかチェックしよう!

車中泊マットの上に寝て読書をしている女性

なんといっても、車内のスペースをオーバーしないことが大前提です。逆にマットが小さすぎて大きな隙間ができてしまっても、快適性が損なわれます。

まずは自分の車のシートを倒したりスライドさせたりして就寝するためのスペースを作り、メジャーで幅・奥行き・高さなどの寸法を測りましょう。

また、車中泊マットを収納した状態で、無理なく運搬や積み込みができることも重要です。軽自動車やコンパクトカーを所有している方は注意しましょう。

車中泊に人気な車の室内寸法

車種ホンダ

N-BOX

ホンダ

フィット

スズキ

ハスラー

スズキ

スペーシア

日産

セレナ

トヨタ

ハイエースワゴン GL

外観ホンダ・N-BOXの外観ホンダ・フィットの外観スズキ・ハスラーの外観スズキ・スペーシアの外観日産・セレナの外観トヨタ・ハイエースの外観
室内寸法

(mm)

長さ:2,180

幅 :1,350

高さ:1,400

長さ:1,935

幅 :1,450

高さ:1,280

長さ:2,215

幅 :1,330

高さ:1,270

長さ:2,155

幅 :1,345

高さ:1,410

長さ:3,145

幅 :1,545

高さ:1,400

長さ:3,715

幅 :1,695

高さ:1,390

※記載の室内寸法は前室(運転席・助手席)を含めた数値です。

車中泊にはさまざまな車が用いられています。そのなかでも比較的人気がある車種の一部をピックアップし、室内寸法をまとめました。

ただし、これらの室内寸法はあくまで参考です。販売された時期や仕様などにより、記載内容と異なる場合があります。

車中泊におすすめの車を詳しく紹介した記事はこちら!

マットの厚さは10cm以上が快適に過ごせておすすめ

厚い車中泊マットに男性がうつ伏せの状態で寝ている

出典:DOD

どうしてもシートの段差や隙間が気になってしまう車中泊においては、それらを解消できる厚めの車中泊マットが適しています。

おすすめしたいのは、厚さ10cm以上の車中泊マットです。厚さが10cmもあれば、段差による不快感を大幅に軽減しつつ、優れたクッション性で快適な寝心地を実現してくれます。

一方で、マットは厚いほど収納時のサイズが大きくなる側面もあります。積載スペースに余裕がない場合は、厚さ8cm程度の車中泊マットがおすすめです。

マットのタイプを選ぼう!

車中泊に用いられるマットのタイプには、大きく分けて「自動膨張式」「手動式」の2つがあります。

それぞれの特性を把握し、使いやすそうなタイプの車中泊マットを購入しましょう。

タイプ自動膨張式手動式
外観自動膨張式の車中泊マット手動式の車中泊マット
快適性
断熱性
準備の簡単さ
収納のしやすさ
収納時のコンパクトさ

出典:コールマン/コールマン

なお、商品によっても特徴は異なるので、上記の表はあくまで目安とお考えください。

準備に手間がかからない自動膨張・電動ポンプ式

自動膨張式のマットのイメージ

バルブを開けると、内部のクッションの復元力により自動的に膨らむのが自動膨張式です。「インフレーターマット(インフレータブルマット)」などとも呼ばれます。

また、電動ポンプが内蔵されたマットもあり、こちらも自動的に空気が注入されるため便利です。

一方で、自動膨張式も電動ポンプ式も、手動式の車中泊マットより収納時のサイズが大きいデメリットが存在します。

そのデメリットよりも、膨らませる手間が省けるメリットのほうが勝ると感じる場合は、自動膨張式・電動ポンプ式が向いているといえるでしょう。

厚さを調整しやすい!吹き込み、足踏みなどの手動式

マットに空気を入れている

手動式は吹き込み、あるいは足踏み式のポンプなどで空気を入れるタイプです。

自動膨張式の車中泊マットより準備に手間がかかる反面、マット自体の厚さや固さを調節しやすいなどの利点があります。

さらに収納時のサイズも、手動式の車中泊マットのほうがコンパクトです。基本的にクッション材が内蔵されていない分、小さく丸めることができます。

ただし寝心地においては、クッション材入りの自動膨張式に劣る場合が多い点に注意しましょう。

アウトドア用マットや折りたたみマットレスで代用するのもアリ!

アウトドア用のマットが地面に置かれている

出典:WAQ

車内のシートを倒してフラットなスペースを確保できるなら、普通のアウトドア用マットや、家庭用のマットレスでも問題ありません。

アウトドア用マットはコンパクトに収納できるうえ、水濡れや汚れに強く、家庭用のマットレスは自宅での使用と兼用できます。

のちほどおすすめアイテムとしてご紹介する「ニトリ」や「カインズ」などのマットレスも、車中泊用のマットとして便利ですよ!

自分に合った機能を確認しよう

車中泊マットは製品により、独自の機能が取り入れられているものもあります。

自分の車で使う場合に必要な機能を考え、理想的な車中泊をサポートしてくれそうな車中泊マットを選びましょう。

段差が気になる方は専用のマットもおすすめ

段差解消マットレス

出典:楽天市場

厚いマットは段差や凹凸が気になりにくい反面、収納サイズが大きくて重いほか、天井までの距離が近くなる懸念点もあります。

そのため段差を埋めたり、傾斜を解消したりといった目的に特化したマットもおすすめです。

車中泊で人気の車種ほど、専用設計の車中泊マットが数多く販売されています。自分の車に適合する車中泊マットがないか、調べてみるのもいいでしょう。

マットの裏に滑り止め加工があるとずれにくく快適

車中泊マットの裏にほどこされた滑り止め

寝返りを打つ際などにマットがずれると、想像以上に不快感を覚えるものです。特に就寝スペースに傾斜があると、それが顕著にあらわれます。

そのため車中泊マットを選ぶ際は、マットの裏側に滑り止め加工が施されているかどうかもチェックしましょう。

「滑り止め加工がないものはダメ」というわけではありませんが、快適性を左右する重要なポイントです。

横方向に連結できるマットも便利

マット同士をボタンで連結している

マットの左右両側にボタンやファスナーを備えており、同じ製品を連結できる車中泊マットもあります。

普段はシングルサイズのマット1枚を使い、必要に応じて2枚のマットを連結してダブルサイズにするなど、状況に合わせてスタイルを変更できるのが大きなメリットです。

2人以上で車中泊をする機会がある方、またはマットのサイズを決めかねている方には、連結できる車中泊マットもおすすめです。

秋冬用なら断熱性があると暖かくて快適

車中泊マットの上でくつろぐ女性

秋冬など寒い時期での車中泊において、冷たさをブロックして快適な睡眠を得るためには、断熱性に優れたマットが求められます。

断熱性はウレタンなどを内蔵した厚いマットほど優れる傾向がありますが、それだけでは実際の性能は判断できません。

そこでひとつの指標となるのが「R値」です。R値はアウトドア用マットのスペックに記載されていることがあります。

以下は、季節ごとにマットを選ぶ際のR値の目安です。

春・秋晩秋・初冬真冬
暑がりな方0.5〜11〜2.52.5〜3.53.5〜4.5
寒がりな方0.5〜22〜3.53.5〜4.54.5以上

これはあくまで屋外での使用を想定したものですが、車中泊においても参考にはなるでしょう。

たとえR値が記載されていないとしても、内部構造の工夫や独自技術の導入により、優れた断熱性を有しているマットもあります。

車中泊用マットのおすすめ26選!

ここでは、楽天市場やAmazonの売れ筋を参考に、タイプごとに分けた車中泊用マットのランキングを紹介します。

前半で解説したポイントをもとに、理想の車中泊を実現できそうなアイテムを見つけましょう!

以下のリンクからタイプ別のアイテムに移動することができます。

自動、電動式の車中泊マットランキング

手動式の車中泊マットランキング
車中泊向きマットランキング

【自動膨張、電動ポンプなどの自動式】車中泊用のおすすめマット7選

まずは、自動的に膨らみ、簡単に寝床を確保できる自動膨張式・電動ポンプ式の車中泊マットをご紹介!

準備の簡単さを求める方におすすめのアイテムを紹介しています。

1位

フィールドア 車中泊マット Sサイズ 10cm厚

使用時サイズ188×60×10cm
収納時サイズ68×28cm
膨らませる方法自動膨張式
重量2.7kg
厚さ10cm
素材ポリエステル、高密度ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●車中泊・テントでの宿泊のどちらにも使いやすいシングルサイズ
●内蔵された高密度ウレタンフォームが適度な弾力を生む
●同じマットを横に連結できる
2位

モダンデコ 幅132cm エアピロー付き車中泊マット D

使用時サイズ192×132×5cm
収納時サイズ68×20cm
膨らませる方法自動膨張式
重量3.5kg
厚さ5cm
素材ポリエステル、高密度ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工
リバーシブル機能-
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●車の横幅いっぱいに広がるダブルサイズ
●しっとりとした、心地良い肌触りのスエード調生地を使用
●不快なズレを防止する滑り止め加工
3位

オンリースタイル 車中泊専用マット 標準サイズ

使用時サイズ198×66×10cm
収納時サイズ73×20cm
膨らませる方法自動膨張式
重量3.2kg
厚さ10cm
素材ポリエステル、ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工
リバーシブル機能
連結ボタン付き-(マジックテープ)
おすすめポイント!
●表面・裏面で肌触りが異なる生地を採用したリバーシブル仕様
●マジックテープで複数のマットを簡単に連結できる
●2か所に設けられた空気バルブによりスピーディーに展開する
4位

ベアーズロック マット10cm

使用時サイズ190×65×10cm
収納時サイズ65×24cm
膨らませる方法自動膨張式
重量2.9kg
厚さ10cm
素材-
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●コストパフォーマンスの高さで人気の車中泊向けマット
●高反発のクッションで体圧を分散する「Fit Keeper」機能
●連結したマットとの隙間ができにくい形状
5位

クイックキャンプ 車中泊マット 8cm

使用時サイズ201×70×8cm
収納時サイズ65×20cm
膨らませる方法自動膨張式
重量2.5kg
厚さ8cm
素材75Dポリエステル、ポリウレタン、ABS樹脂
R値-
裏面滑り止め加工
リバーシブル機能-
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●快適性と持ち運びのしやすさをバランス良く備える、厚さ8cmのモデル
●一般的なワンボックスカーにちょうど2枚並べられるサイズ
●落ち着きのあるカラーリングで、幅広い車の内装とマッチ
6位

フィールドア 枕付き車中泊マット Sサイズ

使用時サイズ190×60×5cm
収納時サイズ62×20cm
膨らませる方法自動膨張式
重量1.6kg
厚さ5cm
素材ポリエステル、高密度ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●人気の車中泊マットに便利な枕を追加
●マット本体と枕を、それぞれ好きな高さに調節できる
●空気の出し入れを効率的におこなえる大型二重バルブを搭載
7位

PGMARO 車中泊用エアベッド

使用時サイズ175×130cm
収納時サイズ-
膨らませる方法電動ポンプ
重量4kg
厚さ23cm
素材-
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●車のシガーソケットから給電できる電動ポンプが付属
●起毛したベロア調の素材により、快適な睡眠をサポート
●特殊な形状によりデッドスペースができにくい

 

自動膨張マットのおすすめを詳しく紹介した記事はこちら!

【吹き込み、足踏みなどの手動式】車中泊用のおすすめマット5選

空気を入れるのに少しだけ手間がかかるものの、コンパクトに収納できる手動式の車中泊マットをご紹介。

自動膨張式より低価格なものが多く、気軽に導入できるのも強みです!

1位

コールマン アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド 

使用時サイズ185×135×20cm
収納時サイズ36×30×9cm
膨らませる方法手動、電動ポンプ(別売り)
重量2.5kg
厚さ20cm
素材70Dポリエステル、PVC
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●20cmの厚さで、大きめの段差もしっかりカバー
●ミニバンなどの後部スペースにフィットする大きめサイズ
●伸びにくくパンクしにくい、特殊な生地を採用
2位

iimat シングルマット

使用時サイズ190×75×8cm
収納時サイズ-
膨らませる方法手動
重量3.4kg
厚さ8cm
素材PVC、ポリエステル繊維
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●「ドロップステッチ構造」により、段差の上でもフラットな状態をキープ
●寝返りの打ちやすさを追求したL字型のフォルム
●専用の空気入れや補修用品などを含む、充実のセット内容
3位

キャンパーズコレクション フットポンプ式エアベッド

使用時サイズ198×97×22cm
収納時サイズ-
膨らませる方法フットポンプ、電動ポンプ(別売り)
重量2.2kg
厚さ22cm
素材塩化ビニル樹脂、レーヨン、ポリウレタン
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●力を必要としない足踏み式のポンプを採用
●内蔵されたクリアコイルにより、安定した寝心地を実現
●優しい肌触りと温かみを感じられるベロア調仕上げ
4位

モダンデコ 幅100cm 車中泊エアーマット S

使用時サイズ190×100×22cm
収納時サイズ-
膨らませる方法手動式、電動ポンプ(別売り)
重量2.2kg
厚さ22cm
素材PVC
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●気分が明るくなる、魅力的なカラーリング
●幅が100cmあり、大人ひとりがゆったりとくつろげる
●耐荷重200kgとタフで、身体が大きめの人でも安心
5位

マルビーレ かんたん車中泊ベッドキット

使用時サイズ209×130.5cm
収納時サイズ-
膨らませる方法手動式
重量-
厚さ-
素材PVCターポリン
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●ノア・ヴォクシーなどの中型ミニバンに最適な車中泊マット
●オリジナリティーあふれ、美しい空間を演出する木目調カラー
●空気圧メーター付きの空気入れが付属

アウトドアマットやマットレスで代用!車中泊向きアイテム14選

アウトドア用のマットや室内で使うマットレスも、ものによっては車中泊に向いています。

キャンプ用や自宅用のマットと車中泊用のマットを兼用したい方には、特におすすめです!

1位

WAQ(ワック) インフレータブル式マット 8cm

使用時サイズ190×65×8cm
収納時サイズ65×20cm
膨らませる方法自動膨張式
重量2.5kg
厚さ8cm
素材PVC75D、ひし形打ち抜きウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工
リバーシブル機能-
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●適度な弾力で身体をしっかり支える「ひし形ウレタンフォーム」を内蔵
●オリーブやタンなど、アウトドアテイストあふれるカラーリング
●2枚連結すると、ミニバンの後部スペースにピッタリおさまる
2位

アイリスオーヤマ エアベッド ダブルサイズ

使用時サイズ191×150×22cm
収納時サイズ-
膨らませる方法手動式
重量-
厚さ22cm
素材PVC
ポンプ:ポリプロピレン、ポリエチレン
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●人気商品のエアーベッドを2個連結したモデル
●空気をスピーディーに注入できる、ダブルアクションの空気入れ付き
●隣で寝ている人の寝返りに影響されにくい構造
3位

ニトリ 3つ折り高反発マットレス 厚さ10cm(日本製)シングル

使用時サイズ195×98×10cm
収納時サイズ-
膨らませる方法-(折りたたみ)
重量4.6kg
厚さ10cm
素材ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●膨らませる必要のない、厚さ10cmの高反発マットレス
●安心のクオリティーを提供する日本製
●好みのシーツ・敷きパッドとの組み合わせが可能
4位

DOD ソトネノキワミS

使用時サイズ208×80×10cm
収納時サイズ91×23×23cm
膨らませる方法自動膨張式
重量4.6kg
厚さ10cm
素材ポリエステル(TPUコーティング)、ポリウレタンフォーム、ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●マット・枕のそれぞれに、洗濯機で洗えるカバーが付属
●ウェーブ型の枕が頭を安定した状態でサポート
●肉抜きウレタンにより、快適な寝心地と収納時のコンパクトさを両立
5位

カインズ 腰をサポートするマットレス シングル 91×195×5cm

使用時サイズ195×91×5cm
収納時サイズ-
膨らませる方法-(折りたたみ)
重量-
厚さ5cm
素材ポリエステル、ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●3,000円ほどで買える、店舗限定のお買い得商品
●中心部に固めのウレタンを使い、腰の負担を軽減
●ほどほどの厚みで、折りたたんだ状態がコンパクト
6位

モンベル キャンプパッド 100

使用時サイズ200×70×10cm
収納時サイズ70×24cm
膨らませる方法自動膨張式
重量2.36kg
厚さ10cm
素材50デニール・ポリエステル・トリコット[TPUラミネート]、75デニール・ポリエステル・タフタ[TPUラミネート]、ウレタンフォーム
R値8.1
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●R値8.1を誇り、真冬の使用にも十分に対応できるキャンプ用マット
●ウレタンフォームに肉抜き加工を施し、立ち上がりを高速化
●同じマットを連結させる、独自のジョイントシステムを導入
7位

コールマン キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル

使用時サイズ198×68×10cm
収納時サイズ72×21cm
膨らませる方法自動膨張式
重量2.7kg
厚さ10cm
素材ポリエステル、ポリウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●自宅のベッドで寝るような快適さをもたらす極厚マット
●優れた断熱性で、下からの冷えをしっかりブロック
●付属の収納袋を空気入れとして使える
8位

ラグラス リンクスペース

使用時サイズ189×63×10cm(長方形マット), 63×50×10cm(小型マット)
収納時サイズ-
膨らませる方法自動膨張式
重量5kg
厚さ10cm
素材-
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●長方形の大きなマット1枚+小さなマット6枚のセット
●パズルのように、好きなレイアウトに組み替えて使える
●すべてのマットに収納袋が付き、座布団としても持ち出せる
9位

ピエタス インフレーターマット

使用時サイズ185×65×8cm
収納時サイズ59×14cm
膨らませる方法自動膨張式
重量-
厚さ8cm
素材-
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●表地に撥水性があり、水に濡れても問題なく使える
●空気バルブを2つ備え、展開・収納がスピーディー
●およそ5分放置するだけで準備完了
10位

ダバダ キャンピングマット 極厚10cm

使用時サイズ190×62×10cm
収納時サイズ60×25cm
膨らませる方法自動膨張式
重量3kg
厚さ10kg
素材75Dポリエステル、スエード調生地、高密度ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能
連結ボタン付き
おすすめポイント!
●肌触りの異なる生地を使い分けた、リバーシブルのキャンプ用マット
●価格が手頃なため、マットが2枚欲しい方にもおすすめ
●肩がけできる収納袋が使い勝手の良さに貢献
11位

サーマレスト モンドキング3D L

使用時サイズ196×64×11cm
収納時サイズ66×26cm
膨らませる方法自動膨張式
重量1.99kg
厚さ11cm
素材50Dポリエステルストレッチニット、75Dポリエステル
R値7
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●サーマレストのマットでもっとも断熱性が高いモデル
●表面のくぼみに身体から出る熱を蓄え、優れた保温性を発揮
●ビロードのような心地良さを実現するストレッチニット採用
12位

ボックリー インフレーターマット

使用時サイズ185×65×8cm
収納時サイズ60×28cm
膨らませる方法自動膨張式
重量-
厚さ8cm
素材190Tポリエステル、ポリウレタン
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●松ぼっくりをモチーフとしたロゴが特徴的な国内ブランド
●耐久性に優れる190Tポリエステルを表地に使用
●マットを丸めたまま固定できるバンドがあり、収納しやすい
13位

Underwood Aggregator インフレーターマット ダブル

使用時サイズ190×140×5cm
収納時サイズ71×16cm
膨らませる方法自動膨張式
重量3.4kg
厚さ5cm
素材ポリエステル、ポリウレタン
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●2枚のマットがあらかじめ連結されたダブルサイズ
●厚みが5cmとほどほどで、コンパクトに丸められる
●わずか3分ほどで使用可能な状態に
14位

モビガーデン 足踏み式エアーマット ダブル

使用時サイズ195×135×9cm
収納時サイズ36×19cm
膨らませる方法足踏み式
重量3.5kg
厚さ9cm
素材240Tポリポンジー
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●体圧を効果的に分散する「3Dエアチューブデザイン」
●裏面にPVCコーティングを施し、防水性をアップ
●足踏み式のため楽にセットアップできる

 

アウトドアマットのおすすめを詳しく紹介した記事はこちら!

車中泊マットで寝るときの段差を解消するグッズ6選

最後にご紹介するのが、段差を解消したり、隙間を埋めたりといった用途に特化したアイテムです。

後部座席を倒しただけでは十分なスペースが確保できない方は、ぜひ導入を検討してみましょう!

吹き込みなどの手動式タイプ

まずは手動で空気を注入するタイプをピックアップ! 使用しないときは、コンパクトにまとめた状態で収納できます。

クレトム 普通車用スペースクッション

使用時サイズ120×26×32cm(2個使用時)
収納時サイズ-
膨らませる方法手動式
重量-
厚さ32cm
素材-
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●後部座席の足元スペースを埋めるクッション
●大きな荷物やペットを乗せるときにも活用できる
●空気を簡単に入れられるハンディポンプが付属

V2king 後部座席エアーベッド

使用時サイズ123×24×33cm
収納時サイズ30×25cm
膨らませる方法手動式
重量-
厚さ33cm
素材ポリエチレン、PVC
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●普通車にちょうど良いサイズのアイテム
●ドライブ中や仕事中に、後部座席で仮眠をとるのにも便利
●上面に滑らかな感触の素材を採用し、快適性を向上

設置するだけのクッションタイプ

膨らませる必要がなく、段差や隙間に設置するだけで、快適な空間を作り出せるアイテムをご紹介。

ハイエース・ジムニー・アルファードなどの人気車種に適合するマットもありますよ!

レヴォルヴァ シートフラットクッション60

使用時サイズ57×43×2/6cm
収納時サイズ60×40×15cm
膨らませる方法-
重量1.5kg
厚さ【厚い部分】6cm
【薄い部分】2cm
素材高級難燃PVCレザー、硬質ウレタン
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●シートの段差を埋める、三角形のウレタン製クッション
●PVCレザーが用いられた高級感のある仕上がり
●適度な固さがあり、長時間寝ても疲れを感じにくい

ATMYS くるマット アルファード・ヴェルファイア 30系(8人乗り)

使用時サイズ-
収納時サイズ-
膨らませる方法-
重量-
厚さ-
素材ポリエステル、硬質ウレタン
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●8人乗りの30系アルファード・ヴェルファイアに適合
●車内全体を快適スペースに変えるフルセット
●通気性の良い素材による、蒸れにくく快適な使用感

ATMYS くるマット ハイエース 200系

使用時サイズ-
収納時サイズ-
膨らませる方法-
重量-
厚さ-
素材ウレタンフォーム
R値-
裏面滑り止め加工-
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●車中泊に大人気の200系ハイエースに適合
●クッションのカバーを取り外して丸洗いできる
●ハイエースの広いスペースを効率的に使えるレイアウト

レヴォルヴァ JB64Wジムニー / JB74Wジムニーシエラ専用車中泊マットDX

使用時サイズ-
収納時サイズ-
膨らませる方法-
重量-
厚さ-
素材高級難燃PVCレザー、難燃フェルト生地、硬質ウレタン、ベニヤ板
R値-
裏面滑り止め加工
リバーシブル機能-
連結ボタン付き-
おすすめポイント!
●JB64W型ジムニー・JB74W型ジムニーシエラに適合
●助手席側のみ、または車内全体を綺麗なフルフラットにする
●内蔵されたベニヤ板で運転席・助手席の段差をカバー

これで段差を完璧に解消!車中泊ベッドの自作方法

車の荷室にDIY用の木材を並べている

出典:PIXTA

シートを倒しただけではスペースが足りない!
傾斜がきつくて、寝られたもんじゃない!
少しの段差も残したくない!

そのような不都合を徹底的に解消し、最高の寝心地を実現したい方は、ぜひ車中泊ベッドの自作に挑戦してみましょう。

脚を伸ばして寝られるほどの広さと、段差や傾斜のないフラットなスペースを確保できれば、このうえなく快適な車中泊を楽しめます。

ベッドを作るための資材や工具が必要ですが、作り方はそれほど難しくありません。

車中泊ベッドの作り方の例
1. 厚手のベニヤ板を車内のサイズに合わせてカットし、ヤスリがけしてバリを取る
2. 必要に応じて丈夫なコンテナや木材などを置き、前席との隙間を埋める
3. シートの上に板を置き、さらにその上に車中泊用マットを敷いて寝床を作る

 

シートの上に置く板は折りたたみ収納ができるようにしておくと、使用しないときも車に積載しやすいので便利です。

詳しい方法は下記の記事からチェックしてみましょう!

車中泊ベッドの自作方法を詳しく紹介した記事はこちら!

凸凹克服は厚みがカギ!車中泊マットで快適な睡眠を

車の中に白いマットを敷いている

出典:PIXTA

車内の段差・隙間・凹凸を解消できるマットを選ぶのが、快適な車中泊を実現するための秘訣です。

もちろん厚みだけでなく、サイズや機能性、コストパフォーマンスなどのチェックも忘れずに!

車種や使用シーンに合うマットを見つけ、素晴らしい車中泊ライフを楽しみましょう!

こちらの記事もおすすめ

▼車中泊用の便利グッズを詳しく紹介した記事はこちら!

▼車中泊におすすめのフルフラットになる軽自動車を詳しく紹介した記事はこちら!

▼車中泊の暑さ対策グッズについて詳しく紹介した記事はこちら!

▼車中泊の寒さ対策グッズについて詳しく紹介した記事はこちら!

▼おすすめのエアーマットについて紹介した記事はこちら!

▼ローコットのおすすめを紹介している記事はこちら!

▼ランドクルーザープラドを使った車中泊マットの比較検証動画はこちら!