CAMPHACK

車中泊の暑さ対策!夏でも快適に過ごせるおすすめグッズや注意点は?

0

夏の車中泊では、暑さ対策としてUSB充電式の扇風機、車の窓に取りつけるサンシェードや網戸、冷感マットなどのグッズを活用しましょう。本記事ではエンジンを切って車のエアコンを使わない状態でも快適に過ごすための方法や、おすすめの暑さ対策グッズを紹介します!

CAMP HACK 編集部

アイキャッチ画像出典:PIXTA

夏の車中泊で暑さ対策が大切なのはなぜ?

夏の車中泊
出典:PIXTA
車中泊では、屋外でキャンプをするときほどの暑さ対策は必要ないと考えられがちです。しかし、夏の炎天下における車内温度は、外気温より高くなる場合も。

そのため、十分な暑さ対策をしないと、熱中症になってしまうリスクがあります。

車内温度は50度以上になることも

サンシェード
出典:PIXTA
消費者庁のWebサイトで紹介されているJAF(一般社団法人日本自動車連盟)のテスト結果によると、最高気温が約27度と比較的過ごしやすい気候でも、日差しがある状態で車のエンジンを止めてドアや窓を閉め切っていると、車内温度は50度以上に達します。

※参考:Vol.524 真夏でなくても車内での熱中症に注意しましょう! |消費者庁

上記のテストが行われたのは10月なので、さらに気温が高くなる真夏であれば、夜間も油断は禁物といえます。

気温や風通しを意識した場所選びが重要

山での車中泊
出典:PIXTA
夏に車中泊をするうえで重要になるのが場所選びです。一般的には標高が高い場所ほど気温は低くなり、通常は標高が100m上がるごとに0.5~1度ほど下がっていきます(気温の減率)。

※参考:予報用語 気温、湿度|気象庁

また、環境省が発行している「まちなかの暑さ対策ガイドライン」によれば、人が感じる暑さは、気温だけでなく「湿度」「風の強さ」「日射」「高温化した路面などから放出される熱(赤外放射)」などからも大きな影響を受けます。

ビルと木陰
出典:PIXTA
たとえば、日陰と日向の気温がほとんど変わらない場合でも、日射や路面からの放射熱が少ないために、日陰のほうが涼しく感じるケースがあります。

車中泊をする際にも、直射日光が当たらない場所や風通しが良い場所を選んだり、高温になりやすいアスファルトの上を避けたりすることで、より快適に過ごしやすくなるでしょう。

道の駅
出典:PIXTA
そのほか、RVパークの認定を受けた道の駅やオートキャンプ場、日帰り温泉施設であれば、キャンピングカーを駐車できる広々としたスペースがあり、トイレや電源供給設備、入浴施設なども利用できます。


夏の車中泊の注意点

夏の車中泊
出典:PIXTA
夏の車中泊の注意点としては、主に以下の4つが挙げられます。
1. こまめな水分補給で脱水症状を防ぐ
2. 車内の換気をする
3. 夜間の防犯に注意する
4. エンジンはつけっぱなしにしない

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1. こまめな水分補給で脱水症状を防ぐ

水分補給による熱中症予防 夏の車中泊では脱水症状を防ぐために、こまめな水分補給を心がけましょう。暑い日には「のどが渇いた」と感じる前に水分を摂るのが重要です。

環境省が発行した「熱中症環境保健マニュアル2018」によると、日常生活を送るうえで飲料として補給するべき水分量は、1日あたり1.2リットルが目安。

スポーツドリンク
出典:PIXTA
たくさん汗をかいたときには塩分も補給する必要があるため、塩分濃度0.1~0.2%程度のスポーツドリンクや経口補水液を飲むのがおすすめです。

なお、アルコールには体内の水分を排出する利尿作用があるため、ビールやチューハイなどのお酒で水分補給をするのは避けましょう。

2. 車内の換気をする

車内の換気
出典:Amazon
適度に車内の換気をすることで、車内の温度の上昇を抑えることができます。

また、風通しの良さは体感温度に大きく影響し、風速が秒速1mから0.5mになると体感温度は約1℃上昇するとされています。窓を開けて体に風が当たるようにすると効果的です。

3. 夜間の防犯に注意する

自動車の盗難
出典:PIXTA
上記のとおり換気は大切であるものの、車のドアや窓を開けっぱなしにしたまま寝ることは、防犯の面ではリスクになります。窓は全開にしない、ドアのロックはしっかりかけておくといった心がけも大切になるでしょう。

人気のない場所で車中泊をする場合も、いざというときの避難先や避難経路を事前に決めておくと安心です。

4. エンジンはつけっぱなしにしない

車のマフラー
出典:PIXTA
「エンジンをかけてエアコンをつけたままにしておけば、特別な暑さ対策は不要」と考える方もいるかもしれませんが、騒音や排気ガスの問題から、基本的に車中泊でエンジンをつけっぱなしにしておくのはマナー違反とされます。

車内に排気ガスが入り込むと、一酸化炭素中毒になってしまう危険性もあるので注意しましょう。

車のエアコン
出典:PIXTA
また、エアコンの使用はバッテリーにも負担がかかりやすいため、次に紹介するような暑さ対策グッズを用意しておくことが必要になります。

関連記事