最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
車中泊ベッドルームでくつろぐ女性キャンパー

みんなの車中泊のベッドルームを拝見!快適な”寝床”はどう作る?

車中泊に挑戦してみたいけど、寝心地が悪いと寝不足決定…という方。そんな懸念を払拭して快適な車中泊をするために「寝床」の作り方を知っておきませんか?デビューする前に参考にしたい、車中泊キャンパーのベッドメイキングと快適化アイディアをチェック!

目次

アイキャッチ画像提供:Instagram by @kinoayuka

車中泊をしたいけど「寝心地」が気になる人へ

撮影:大森弘恵

設営の手間がなく身軽にキャンプや旅を楽しめる車中泊。「泊」というからには、当然車内で寝ることになります。

車中泊に興味はあっても「快適に眠れるのか」が心配で、いまだトライできていないという方もいるのではないでしょうか。

出典:メティオ

安眠を左右するのは、やはり「寝心地」。快適な寝床を確保するためにはどうすれば良いのか、そのあたりを知るべく車中泊キャンパーのベッドルームを拝見!

就寝スペースを極力フラットにする方法や、寝床の作り方以外でも参考になるアイディアが盛りだくさん。

まずは、通常のテント泊で使う″あのアイテム″を活用するアイディアから見ていきましょう!

車中泊キャンパーが作る「快適ベッドルーム」のアイディア

アイディア① キャンプ用エアマットを活用

出典:Instagram by @sasezi2525

手っ取り早くおすすめなのが、リアシートを倒してエアマットを置くという方法。こちらはランクル・プラドに、コールマンのエアマットを敷かれています。

マットの上に毛布を敷けば、ベッドの完成! 空気を抜けばペッタンコになるので、荷物を少なくしたい車中泊でも大活躍です。

出典:Instagram by @eshop_happy_bazaar

足で踏んで膨らませる、ポンプ内蔵型のエアベッドもあります。別途エアポンプを購入するのが面倒な人は見習いたい手ですね。

マット活用のアイディアは、キャンプギアをそのまま使える手軽さが最大のメリットです。

アイディア② フラットな寝床を自作する

出典:Instagram by @masakogram

理想の寝床を、ベニヤ板などで自作している方もいます。こちらはカングーでの車中泊。木材で作られた段差キットに、コットを載せているのだとか。

カーテンにソーラーパフの常夜灯と、グッズリ眠れそうな環境が整っていますね!

出典:Instagram by @biwa_yuki

具体的な作り方の参考になるのが、こちら。まずジョイント式のイレクターパイプで、ベッドのフレームを作ります。

出典:Instagram by @biwa_yuki

そこに、断熱材とカーペットを貼り付けたコンクリートパネルを配置すれば、ベースが完成。車体はデリカとのことなので、かなりゆったりした就寝スペースではないでしょうか。

出典:Instagram by @fumiakitakeuchi

こちらの方も、イレクターパイプを活用されています。フレームを分解撤収せずとも通常のシートに戻せるよう計算された設計がお見事!

出典:Instagram by @_shunsakurai

同じくイレクターパイプのベースに、コンパネ+パネルマット+マットレス+クローズドセルマット+寝袋というフル装備! もはや家以上の寝心地が期待できそうです。

テント泊より車中泊がメインであれば、思い切って大掛かりな自作にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

アイディア③ ベッドキットを活用する

出典:Instagram by @outdoor_photo_toshi

ベッドキットには市販品もあります。フレームやマットがセットになっていて、簡単な組み立てだけで寝床のベースが完成します。こちらはランクル70にベッドキットを設置。完全なフラット状態になっています!

出典:Instagram by @shinkelove

床下収納ができない旧型モデルでも大丈夫。ほとんどが二・三列目のシートを取り外さずに設置することができます。

ハイエース専用のベッドキットには頭と足先のダブルリクライニング機能がついていたりと、車内でくつろぐための工夫もありますよ。

ヴォクシー 80系 ベッドキット

●サイズ:ベースフレーム/25×25mm t1.5mm、ベースフレーム土台/35×35mm t1.5mm
●材質:マット部表皮/オリジナル PVCレザー、ベースフレーム/スチール

DA17系 エブリイワゴン ベッドキット

●セット内容:前列ベッドマット/4枚、後列ベッドマット/1枚、ベッド脚部/1セット、 脚部用カーテン/1枚、段差調整用パーツ/2本

ハイエース200系 ベッドキット

ここまでは寝床作りの3つのアイディアをお伝えしましたが、車中泊ベッドを作るにあたりみなさん他にも工夫やチャレンジをされているようです。そのあたりもお届けしましょう!

車中泊のベッドメイキング、他にこんな工夫も

二段ベッド

広々ハイエースなら、ベッドを二段にすることもできます。子供が数人、それも小さくて設営にあまり時間をかけられない方こそ、車中泊が快適ですよ。

コット寝も可能!?

車内を本格的な車中泊仕様にする前に”コットを積んで車中泊の感覚を掴んでみる”というアイディアも参考になります。ゆったり寝るにはどれくらいのスペースが欲しいかなど、マイカーで検証してみましょう!

見た目もこだわりたい

出典:Instagram by @col.villa

自作にしろキットにしろ、飾り気のない雰囲気がちょっと物足りないという方は、こんな風にレイアウトにこだわってみては?

快適な車中泊は、快適なベッド作りから!

出典:Instagram by @takudoor0520

テント泊もそうですが、キャンプにおいて「眠り」はその後も継続して出かけられるかを左右する重要なポイントです。

「また旅に出たいな~」と思える最高の時間を過ごせるよう、快適な車中泊ベッドを目指しましょう!

ゆったり快適車中泊レポ

トヨタの「キャンパー アルトピアーノ」で一泊二日の車中泊体験。予想以上の快適さを、ご覧ください!

こちらの記事もおすすめ