肉一枚でもこんなに違う!みんなのステーキスタイル10連発

でつながるステーキスタイル特集!単純明快な、ステーキの焼き方をただただ紹介するこの企画。シンプルだけど色んな方法でのステーキスタイルを見ていると次第に肉を焼きたくなってくる!ジューっと焼かれた動画は唾涎もの。空腹時には注意が必要です…!


アイキャッチ出典:instagram by koisan_insta

どんな肉焼きスタイルが好みですか?

Koisanさん(@koisan_insta)がシェアした投稿


野を背景に鎮座する分厚いステーキ肉は圧倒的な大正義。

最近キャンプから足が遠のいてしまっている方いませんか? 忙しい、疲れぎみ、寒い……。そんなキャンプ地までの障壁も、分厚いステーキ肉なら軽々吹き飛ばす!

美味しいドラマや美味しい漫画が流行る昨今、キャンプも「美味しいキャンプ」に特化してみてはいかがでしょう。その頂点に君臨するプランこそ野外ステーキ!

いてもたってもいられない! キャンプに行きたくなる破壊力抜群の野外ステーキの世界をお届け!


肉でつながる、ステーキスタイル10連発

キャンプ飯が旨いのと同様に、外で焼く肉を食べれば「ああ、生きている!」という本能をつく興奮と旨さが。さらに演出や調理法にこだわって、いざ究極の野外ステーキの世界を旅へ!

思わず二度見してしまったスタイルはぜひ次回キャンプで挑戦をば!

1.  プリムスバーナー×ターク

Koisanさん(@koisan_insta)がシェアした投稿


野外ステーキのプロの犯行。こだわりのワガママ味を野外で狙い通りに焼き上げ可能なスタイルで、自分好みのジャストステーキをいただく! 超安定の頼れるプリムスのバーナーに歴史あるターナーのフライパンという超質実剛健な組み合わせです。


2.  武井バーナーで超極厚ステーキ

雰囲気抜群の武井バーナーで、超分厚いステーキにじっくり火を通せば、野外ステーキの神が微笑みます。燃費なんて気にしない、ムードも大事な調味料さ! そんなステーキスタイル。

武井バーナーに一目惚れしてしまった方、その魅力をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。


3.  焚き火で豪快チキンステーキ

焚き火でラフに、煙の香りも旨味に、業火で焼き上げるチキンステーキ! 鶏の皮から出た旨味たっぷりの油が内側を温めてパリふわステーキに。焚き火のライブ感が野外ステーキのテンションをさらに高めてくれます。

4.  焚き火で石焼きステーキ

@en_takaがシェアした投稿


@en_takaがシェアした投稿


石をカンカンに熱してその上でジュー! 石から肉の脂がしたたる野趣あふれるビジュアルが食欲を激しく刺激! 実はこの方法、遠火の炭焼きと同じく遠赤外線で肉に美味しい魔法がかかります。河原や環境が整った場所があればぜひ味わっていただきたいおすすめスタイル。

5.  ロードトリップグリルでステーキ

誰でもかんたんにジャストなステーキを焼き上げられるロードトリップグリルで。火起こしの手間なくガスで手軽に着火できて火力調整もツマミで自由自在。

とにかく早くステーキが食べたい! 時や初心者でも失敗したくない場合の頼もしい味方。コールマンのモバイルグリルロードトリップの詳しい情報はこちらからどうぞ。




6.  ヴィンテージのバーナーでステーキ

付き合いの長いヴィンテージバーナーとコミュニケーションを取りながら分厚い肉をゆっくり焼けば、そのムードで味もより格別に。野外ステーキは演出も味つけ、ビンテージギアが美味しくハマります。

7.  IRONCRAFTのアイアンプレートでステーキ

miya_waka_hide_さん(@38explore)がシェアした投稿


鍛造によって一般的なスキレットよりも薄く軽く作られたアイアンプレートで野外ステーキ。高い鉄密度で熱伝導率抜群、ムラなく素早くステーキを美味しく焼きあげてくれちゃいます。ハイトが低いのでそのまま皿として熱々のうちに食べるのがこのプレートのだいご味!

IRONCRAFTのユニークなギア情報はこちらでたっぷりチェックできます。


8.  ソロストーブで三連ハンバーグ

燃焼効率の高いソロストーブで、禁断の遠火の強火でハンバーグステーキ! 分厚いハンバーグでもしっかり熱が通って外はパリっと中はふんわりジューシーに! ステーキ屋さんのハンバーグを野外で味わえる贅沢スタイル。じわじわ来てるソロストーブについてはこちら。


9.  炉ばた大将でステーキ

square_rootさん(@route.106)がシェアした投稿


コンパクトな炉ばた大将は、グリルプレートを使えばどこでも手軽に本格ステーキを味わえる神機。カセットコンロと侮るなかれ、肉厚の鉄板が味も見た目も本格ステーキに焼き上げてくれます。

イワタニの炉ばた大将は使い道いろいろ。詳しいメソッドはこちら。




10.  ヨコザワテッパン×B-6君

撮影:編集部
ワンパッキングでもやっぱり鉄板でステーキ焼きたいの! そんな願いがこめられたスタイル。

歴の長いバスマンなら知っているあのバスフィッシングライター鉄平ちゃん考案のモバイル鉄板。野外ステーキ愛とノウハウがぞんぶんに注入された肉焼き愛の結晶! モバイル機として不動の地位をきずいた笑’Sとあわせて使えばもうそこは野外ステーキハウス……。

ああ、素晴らしき野外ステーキの世界!

お腹、空きました? キャンプ、行きたくなりました? もうたまらん! という方は、どうか今週末に野外ステーキを焼いてインスタから破壊力抜群のおすそ分けをお願いします。

野外ステーキは飯テロを超えて、人を活かし駆り立てる飯神という崇高な存在にさえ思えてなりません。さあ焼きましょう!

ただ「焼く」のと「計算して焼く」では全然違う

もし官能的な赤身肉を焼いてみたいなら、やり方を覚えておくと盛り上がりますよ!

Let’s enjoy an outdoor steak with various styles!

いろいろなスタイルで野外ステーキを楽しもう!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
夏野 栄

作家でクリエイター、アウトドアライターでファッションエディター。アウトドア誌やファッション誌で連載するほか、ノベル執筆やプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。Tw@nhaeru

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!