CAMP HACK[キャンプハック]


Bush Craft Inc. 焚き火フライパンとグローブ

焚き火フライパンの実力は?柄の仕組みとカッコよさを徹底解剖!

0

焚き火フライパンの実力を徹底紹介!キャンプの焚き火や料理をもっと楽しませてくれる今注目の調理アイテム「焚き火フライパン」!その独創的な使い方や特徴、そして実際のキャンパーたちがどういうスタイルで使っているのか実例集やレビューをご紹介します!

fujii mio


アイキャッチ画像出典:Instagram by @tsrs_slowlife

今大人気の「焚き火フライパン」って?

焚き火フライパンでホットケーキを焼く
出典:SURVIVAL JP
肌寒くなってきたキャンプの楽しみといえば、やっぱり焚き火!今人気沸騰中の焚き火アイテムを知っていますか?それは「焚き火フライパン」と呼ばれる、ハンドルが付いていないちょっと変わったフライパンです。

日本初にして唯一のブッシュクラフト専門ブランド「Bush Craft Inc.」から発売されている焚き火フライパン。その最大の特徴は、ハンドルを『現地調達』で自由な長さに自作するということ。まさにブッシュクラフトの考え方から生まれた製品ですね。

その独創的なアイディアと「自分だけの作品」になることから、ブッシュクラフターと呼ばれる生粋の野営家はもちろん、焚き火好きのキャンパーにも現在大人気のアイテム!

「焚き火フライパン」3つの魅力をチェック!

1. 長い柄がない分、収納がコンパクト!

家庭で使っているフライパンをキャンプへ持っていく場合、持ち手の柄が邪魔に感じたことはありませんか?その点この焚き火フライパンは、柄は現地で自作するのでついていません!

長い持ち手が他の荷物につかえるということがないので、ストレスなく持ち運べます。

2. 『自分だけの作品』が出来上がる!

焚き火フライパンでステーキ肉を焼く
出典:PEACE CAMP
こちらはMUURIKKA(ムーリッカ)というメーカーの焚き火フライパン。

持ち手を自作できるので、火力の強い焚き火での調理には長い枝を使ったりとハンドルセッティングの自由度がきく点も魅力です。

何より、木を削って取っ手に差し込めば自分だけのオリジナルギアが出来上がるという、このロマンはキャンプの醍醐味にも通じるところがありますね。

関連記事