CAMPHACK

ソロストーブ3つの魅力&みんなの活用例6選!

0

ソロストーブは、安定した火力と自然素材を燃料にできるエコで人気な ストーブです。ソロストーブの4つの魅力と使用例を紹介!愛用者それぞれのキャンプスタイルにソロストーブがどのように取り入れられているかを徹底チェックします!

fujii mio

アイキャッチ画像出典:Solo Stove

多くのキャンパーがソロストーブに魅了されるその理由とは?

コッヘルを温めているソロストーブ 出典:Solo Stove

ソロストーブとは、アメリカはテキサス発の小型ストーブ。誕生のきっかけは、ひとりのアウトドア愛好家の発案でした。

軽量かつ環境に優しく丈夫なストーブを探したものの納得のいくものが見つからず、結局自らの手で作り出したというアイディア商品が原型となっているそうです。それが今ではビギナーからベテランのバックパッカーまで誰でも簡単に扱えることと、燃焼効率の高い独自の構造でアメリカのみならず日本のキャンパーからも高い評価を得ています。

そんなソロストーブの人気の理由は、以下の4つ。

1.必要なお湯がすばやく沸かせる

コッヘルをのせたソロストーブ 出典:Solo Stove

ストーブの基本ともいうべく湯沸しがスムーズに行えます。五徳部分が安定しているため、写真のようにカップだけでなくケトルや鍋を置くことも可能です!

2.焚き火も楽しめる

ソロストーブと4人の男女 出典:Solo Stove

小型でありながら調理や暖をとる焚き火として使うのに充分な火力を提供してくれるソロストーブ。肌寒い日のキャンプや自宅の庭など、手軽に使ってアウトドア気分を堪能できるもの魅力のひとつです!

3.特許取得の独自構造による燃焼効率の高さ

ソロストーブの燃焼構造 出典:Solo Stove

ソロストーブがコンパクトながらパワフルな火力である秘密は、独自の2次燃焼式構造によるもの。

それは、底の通気口から取り込まれた空気が一次燃焼を起こし、そこで暖められた空気が二重壁の間を上昇して二次燃焼を起こすという極めて燃焼効率の高い構造。特許も取得したこの構造により、少ない燃料で十分な火力を生み出す事ができる上、丈夫で軽いステンレス構造のため耐久性も高く、コンパクトで持ち運びにも非常に便利です。

関連記事