CAMPHACK

小雀陣二の”このアイテム使ってみたい”#08:笑’s B-6君

0

ダッチオーブン料理や焚き火料理を中心にアウトドアコーディネーターとして活動している小雀陣二さんの連載がスタート!今回は、笑’sから発売している「B-6君」を紹介します!

小雀  陣二

笑’sのB-6君はツーリングにこそ真価を発揮する

img_3964 山での使用は制限があるけれど、自転車やカヤック、モーターサイクルなどのツーリングでは威力を発揮する小型のグリル。今回は笑’sロゴでお馴染みの焚き火グリル「B-6君」を紹介します。

笑’s B-6君の組み立て方

img_3966 組み立て前のパーツは7つ。脚と灰受けになる台座、ロストル2つ、背面パネル、炭の継ぎ足しなどができる開口部、五徳2つ。シンプルな構成で組み立てもバラシも単純だ。

img_3967
台座に他の6つのパーツを説明書通りに収めると灰受け部に収まる。この順番は単純だからすぐに覚えやすい。

img_3968 6つのパーツを収納し、左右のパネルを内側に倒せばコンパクトに収納できる。画像にはないが今回使った焼き網もスライドして台座にカバーされるようになる。こういったところがよく考えられているのも笑’sの人気の1つだろう。

関連記事