CAMP HACK[キャンプハック]


武井バーナー

冬キャンプの相棒!「武井バーナー」の使い方とおすすめのゴトク

0

武井バーナーは、灯油式にこだわり続けるストーブブランド。中でもパープルストーブは、その渋さでプロフェッショナルなキャンパーからの支持を今なお集めています。今回は、そんな魅力あふれる武井バーナーのパープルストーブを余すことなくご紹介です!

nemoto shunsuke


アイキャッチ画像提供:編集部

武井バーナー社の名品「パープルストーブ」

武井バーナー社の名品「パープルストーブ」 提供:編集部
現在、アウトドア用バーナーといえば、手軽に使えるガスカートリッジ式のものが主流ですが、その流れに逆らうように灯油式にこだわり、昭和3年から今も灯油式バーナーを作り続けているメーカーが「武井バーナー」です。

今回はそんな武井バーナー社の名品「パープルストーブ」をご紹介したいと思います。

武井バーナー社のパープルストーブ
撮影:編集部
パープルストーブは、調理バーナー、暖房ヒーターの両用途で使え(ヒーター用発熱器も併せた場合)、1台で2役をこなす優れもの。

四季を通じてキャンプはもちろんハイキング・登山・釣りなど、さまざまなアウトドアのシーンで心強い味方になってくれます! それでは早速、その魅力をチェックしていきましょう!

パープルストーブ3つの魅力

①小さなボディから発せられる高熱量

武井バーナー社のパープルストーブで暖まる人 撮影:編集部
パープルストーブの魅力は、やはりなんと言ってもその高熱量! 暖房ヒーターとしては、他社の野外ストーブなどと比べてコンパクトなサイズにもかかわらず、圧倒的な高熱量を発揮!

肌寒いキャンプの朝や、冬のアウトドアで凍えた身体を芯まで暖めてくれます。また、調理バーナーとしても優秀で、1リットルの水を夏場なら2分で沸騰させてしまうほど強力な火力を持ち、野外でも気兼ねなく調理ができます。

②味わいのあるルックス

武井バーナー社のパープルストーブで暖まる人
撮影:編集部
パープルストーブのもう一つの魅力。それはこのレトロなルックス! 無骨な部品で構成されているメカニックは、精巧でありながらどこか温かみを感じられ、男心をくすぐるデザイン。

真鍮製のタンクは使いこむほどくすみが増し、深い風合いへと年を重ねるごとに変化していきます。さらに各パーツはすべて日本製にこだわり、ひとつひとつを町工場で手作りというこだわりようにも惹かれます。

③灯油が燃料なのでランニングコストは安価

武井バーナー社の名品「パープルストーブ」の魅力 提供:編集部
他の灯油式ストーブと同じですが、ランニングコストが安いというのも魅力の1つ。寒冷地でのパワーについてもガス缶より魅力的です。

少しハードルが高く感じてしまう方もいるかもしれませんが、いざ使ってみると”ギアを使いこなす”という感覚が楽しくなってきますよ! ぜひチャレンジを。

【火入れのやり方】手間が掛かるからこそ、愛おしい作業

パープルストーブの火入れ方法は、一般的な石油ストーブと異なり、少しコツが要りますが慣れてしまえば簡単です。火入れは、大きく分けて3つの工程があります。

関連記事