【実際に使ってみた】まるでランタンのようなフォルムのトヨトミ石油ストーブ

冬キャンパーに人気の石油ストーブ「トヨトミ」。今回は、ワンランク上のデザインが特徴の「フェイバークラス」のランタン調ストーブを徹底レビュー!薪ストーブよりも手軽に、ガスストーブよりもしっかり暖かい石油ストーブの最有力候補はコレ!


アイキャッチ画像撮影:筆者

トヨトミ「フェイバークラス」を購入!

トヨトミフェイバークラス ランタン調のデザインに温かみのある炎がスモークガラスに浮かび上がり、見ているだけでも癒されるトヨトミストーブの新シリーズ「フェイバークラス」。

スタイリッシュかつレトロなデザインに魅了され、冬キャンプに向け購入! 早速キャンプで使ってみたので、レビューしていきます。


ストーブとしての実力

石油ストーブの中でも手頃な価格で扱いやすく、コストパフォーマンスが良いと人気のトヨトミのストーブ。実際に使ってみて気付いた魅力をご紹介します!

外との温度差は10度以上!

トヨトミストーブ
撮影:筆者
11月中旬に使用してみたら、道志の森キャンプ場での外の気温は8度。ストーブを使用した幕内は、19度と10度以上の差がありました! 幕内ではヒートテック+長袖シャツ+ストールという服装でも過ごしやすいほど。

炎も明るすぎず心地の良い明るさなので、身も心もとても暖かくなります。

簡単な調理も可能

トヨトミストーブ
撮影:筆者
天板の幅は約15.5cmあるので、鍋やスキレットなどを置いて調理が可能です。この日は今やキャンプ料理の定番となっている「おでん」をアツアツのまま楽しむことができました。

幕内で使用する際は、ケトルを置いておくとお湯を沸かしながら加湿もしてくれるので一石二鳥。

約20時間燃焼

トヨトミストーブ
撮影:筆者
灯油を満タンに入れて17時頃から着け始めたところ、翌日のお昼頃までずっとついていました。常にお湯ができている状態で大活躍!

お洒落な見た目だけでなく、燃費の良さも大変気に入っています。

点火の方法

ストーブデビューの人もこれなら安心! 誰でも簡単にできる点火作業です。実際に点火した時の写真とともにやり方をご紹介します。

※ご使用の際は必ず「取扱説明書」をよく読み正しく使用してください。

給油口に灯油を入れる

トヨトミストーブ
撮影:筆者
直径約2.5cm程の給油口に、灯油ポンプやファネル(漏斗)などで灯油を入れます。その時、油量系を確認しながら「満」の位置まで給油しますが、「危」の位置まで入れ過ぎてこぼれてしまった場合はよくふき取るよう注意してください。

また、使い始めやしんの手入れ後は、しんに充分灯油がなじむよう、給油してから20分程待ってから点火しましょう。

火元の代わりに単2電池を使用

トヨトミストーブ
撮影:筆者
市販の単二形乾電池(2個)を取り付けることで電池点火が可能! 火元不要で簡単に点火することができます。

万が一電池点火が使えない場合でも、マッチやチャッカマンなどで直接点火することもできます。

点火!

トヨトミストーブ
撮影:筆者
中央のつまみを「燃焼」の方向へゆっくり止まるまで回します。そして右の点火レバーをゆっくりと押し下げると……
トヨトミストーブ
撮影:筆者
着火! はじめは「ポッポッ」という音とともに火がゆらゆらしていますが、1〜2分程で炎が安定し音もなくなります。

正面の扉を開けると1本の外炎筒つまみがあります。これを2〜3回動かし正しくセットされているか確認し扉を閉めればOK。

ちなみに電池点火が使えなかった場合、この外炎筒つまみを持ち上げてしんに直接火をつけます。


積載方法や収納ケースの工夫!

ランタン調の笠部分は取り外しが出来ないため、車の中では少々場所をとります。さらに収納ケースもついていません。そこで我が家の積載方法をご紹介します。

アウターを着せて助手席

トヨトミストーブ
撮影:筆者
最初ストーブが入っていたダンボールに入れて積もうとしたら、大きすぎて他のギアが入らず……。そこでレディースアウター(M)を被せてジッパーを締めると、これがぴったり! 意外とこれ使えます。

我が家ではこのまま助手席にのせ、シートベルトで固定し運んでいます。

その後、収納ケースを発見!

アウター以外の収納方法を探していたところ、100円ショップに売っているランドリーケースがなんとシンデレラフィット!

隙間部分はタオルや衣類でカバーすれば安全に運べて、収納としても使えて便利です。

ITEM
トヨトミ 対流型石油ストーブ フェイバークラス
●暖房出力:2.50kW〜1.25kW
●コンクリート9畳 木造7畳
●油タンク:4.9L
●寸法:高さ485.7×幅388×奥行388(mm)
●質量:約6.2kg
●乾電池:単2(2本)
ITEM
トヨトミ 対流型石油ストーブ レッド
●暖房出力:2.50kW〜1.25kW
●コンクリート9畳 木造7畳
●油タンク:4.9L
●寸法:高さ485×幅388×奥行388(mm)
●質量:約6.4kg
●乾電池:単2(2本)
最後に使用する際の注意点をご紹介します。

使用上、気を付けていること

子供達とキャンプへ行くことが多いため、使用時は特に気を付けています。少しの気のゆるみが大惨事に繋がるので、充分に注意してくださいね。

小さい子供の手が届かないようにする

toyotomi7894
撮影:筆者
ストーブの周りにテーブルを置いて遠ざけたり、テーブルの上にストーブを置いて調理中の鍋やケトルに触れないようにしています。ストーブガードを使うのも有効ですね。

テント内では必ず換気を行う

フロントとバックのウィンドウは常にメッシュ状態に、たまにフロントドアを開けて換気を行うようにしています。

この状態で一酸化炭素警報機がなったことはなく、大人も子どもも気分が悪いと感じたことは今のところありません。

ITEM
一酸化炭素アラーム警報機
●単三乾電池×3(別売り)
●サイズ:10×4cm

家でも外でもお洒落なストーブ

トヨトミストーブの新シリーズ「フェイバークラス」の魅力は伝わりましたでしょうか?

センスの良いマットな色合いとランタンのフォルムが、どんなインテリアにもマッチするお洒落なストーブ。安心で快適な冬キャンプを過ごすならオススメの一台です。

冬キャンプは荷物が増えがちですね。

上手に積載するにはどうしたらいいの? そんな方は他のキャンパーの積載術を参考にしましょう!

Toyotomi stove that is stylish at home and outside
家でも外でもお洒落なトヨトミストーブ

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ayako

幼い頃父とよくキャンプへ。当時のギアを受け継ぎ、現在3歳娘とのファミキャン満喫中。キャンプイベントでは「麻ひもとフェイクグリーンのワークショップ」を展開。Instagram@___a.y.a.k0uchi__

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!