【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【冬キャン10のチェックリスト】安全で快適な冬キャンプにするための注意点って?

0

冬キャンプの注意点まとめ!体感的な寒さだけでなく、時季や場所によっては凍結による様々なトラブルが起こりやすい冬キャンプ。せっかくのキャンプを安全に楽しむために、火気や車・設営にまつわる冬ならではの「10の注意点」を覚えておきましょう。

fujii mio


アイキャッチ画像出典:Instagram by @ bbksk

しっかり気を付けたい冬キャンプ

gaiyou 冬キャンプは、朝晩の氷点下を予想した充分な装備と対策が必要です。特に1~2月の雪中キャンプは、準備不足だと体感的な寒さが辛いだけでなく、命の危険に関わる事態を招きかねません。

img_7326
安全に楽しめるよう早い段階から冬キャンプの注意点を心得て、しっかりと備えておきましょう。

冬キャンプで気をつけるべき「10の注意点」

1.一酸化炭素中毒

From PIXTA
出典:PIXTA
冬キャンプに欠かせない暖房。その暖かさと見た目の雰囲気から石油ストーブなどを持ち込むキャンパーも多いですが、誤った使い方による事故は毎年のように起きています。

一酸化炭素警報器

●サイズ:10×4cm
●材質:プラスチック
●重量:90g
●電源:単三電池×2本(別売り)
●動作環境:4~38度
●湿度:25~85%


幕内ではそもそも火器使用厳禁ですが、持ち込まなければならない状況のときは換気を心がける・警報機を併用するなど、一酸化炭素中毒に充分注意しましょう。一酸化炭素中毒対策について詳しく知りたい方はこちら。

2.火の扱い

出典:Instagram by @sasayuki.cha
熱源の置き方も要注意です。直火OKのサイトでない限り、薪ストーブは地面へのダメージを考慮して脚の長いタイプを選んだり、ブロックなどをかませて直置きはしないこと。また石油ストーブも、雪の上に置くのはNG。熱で徐々に溶けて傾くと、倒れてしまう危険があります。
寒さのあまり焚き火にかじりつきたくなりますが、火の粉がテントや衣服に燃えうつらないようにという基本事項は忘れずに!

関連記事