CAMP HACK[キャンプハック]


シュラフ

まずは試してみて!寝袋/シュラフの体感温度を少し上げるテクニック集

1

気温が急激に下がるこの時季、天気やエリアによっては3シーズン対応のシュラフでも寒くて寝られないことも。寒い季節もいつものシュラフで暖かく眠るために、体感温度をアップさせるテクニックをご紹介します。おすすめアイテムも要チェック!

fujii mio

制作者

fujii mio

男の子2人と夫との7年のファミリーキャンプを経て、現在はママ友との“おばキャン”に向けて新しいギアを物色中。時短料理のノウハウや100均・ホームセンターなどコスパの良好なギアなど、快適&お得にキャンプを楽しむ情報を日々収集しています。

...続きを読む
fujii mioのプロフィール

アイキャッチ画像出典:HCS

「いつものシュラフ」で秋冬も暖かく眠る方法って?

シュラフでテント内で寝る人 冷え込みの予測が難しい秋冬のキャンプ、3シーズン対応のシュラフでも物によっては寒すぎることもあります。

しかし、万が一の寒さに備えて冬用シュラフを買うのもあまり現実的ではありません。その前に、+αの工夫を試してみましょう。

ポイントは「空気の層」

シュラフの内部
出典:HCS
保温のコツはいかにシュラフの内外に「空気の層」を多く作れるか、ということ。空気の層を作ることで熱を逃さず暖かく眠れます。

そのため、くしゃくしゃにした新聞紙を何枚か入れて隙間を埋めつつ空気の層を作るだけでもかなり保温効果は上がります。しかしさすがに寝心地はイマイチ。今回は快適さも追求した+αテクをご紹介しますよ!


あったかシュラフを作る!「8つの+αテク」

①シュラフの中に毛布

まず手っ取り早い方法は、毛布やブランケットの併用。素材がマイクロファイバーやフリースのものは、特に暖かいのでおすすめです。

②専用のインナーシュラフがあると便利

シュラフインナー
出典:Amazon
シュラフの内側に敷くインナーシュラフは、シーツと薄い肌掛けが一体化したようなもの。寝心地を快適化してくれるほか、足元もすっぽり包み暖かくしてくれます。

こちらもフリース素材が暖かい!

キングキャンプ シュラフインナー

●最長展開サイズ:180×150cm
●収納サイズ:17×28cm
●素材:ポーラーフリース




③出番のないシュラフを「敷布団」に

テント内部に設置したシュラフ 何となく買ったけど結局使っていないという夏用シュラフ、眠っていませんか?

あれば、寒い季節にマットに巻いて敷布団的に使うのもおすすめ。下からの冷気を遮断してくれます。

④寝袋+寝袋の「二枚使い」

ダウンシュラフの場合、水に濡れると保温力が一気に低下してしまいます。そこで、もし夏用や緊急時用の薄手の化繊シュラフがあれば、かぶせて二枚重ねで使うのも効果的。

カバーすることで、ダウン本来のスペックをキープできます。

⑤シュフフカバーで保温機能キープ

シュラフカバー とは言え、シュラフを何種類も持っている人は少ないでしょう。そこで、シュラフカバーです。シュラフを結露から守り、保温効果が下がるのを防いでくれます。

特に秋冬シーズンでは結露が発生しやすく大問題。シュラフカバーがあれば安心感が違うのでおすすめです。また、シュラフの表面が防水加工されているものもあるので、そちらも併せて検討するのもいいですね。


⑥エマージェンシーシートを活用する

シュラフカバー エマージェンシーシートを+αする方法も。軽くて専用のシュラフカバーやシーツよりリーズナブルなのは魅力的ですが、やはり一時使用目的なのでスペック面はソコソコ。

ただ、シートと寝袋の間に結露ができやすく、そこが気になるという声もあり、総合的なコスパとしては微妙かもしれません。

ソル ヒートシート エマージェンシーヴィヴィ

●サイズ:91×213cm
●収納時サイズ:直径6.5×9cm
●重量:108g
●素材:ポリエチレン


⑦機能的なマットを併用する

クライミット イナーシャ オゾン 複数個所に穴が開いているKLYMITのマットのようなものは、背面の綿の潰れを少なくしシュラフの保温機能を無駄にしません。発砲ウレタン系のマットをその下に敷けば、冷気をさらにシャットアウト。

クライミット イナーシャ オゾン

●サイズ:183×54.6×4.4cm
●収納時サイズ:8.9×15.2cm
●重量:346g



⑧湯たんぽを入れる

スノーピークの湯たんぽ 代表的な冬の保温テクニックのひとつ「湯たんぽ」は、アウトドアでももちろん効果的。タオルやカバーをきちんと装着し、低温火傷には注意が必要です。

尾上製作所 萬年 トタン湯たんぽ 1号

●サイズ:29×22×8cm
●重量:740g
●容量:2.4L
●材質:亜鉛鉄板


シュラフ内で寝る時の服装にも工夫を

ダウンシューズを履く

ダウンシューズ
出典:ヤマケイ
シュラフ内で寝る時、あまりの足の冷たさに寝付けなかった方もいるのでは? 冷えは、足元から。ダウンシューズで足を守ると、体感的に全然違います!

ノースフェイス ヌプシブーティー nf51874


シュラフのお手入れも大事!

ウッドテーブルに置いたシュラフ
出典:Sweetgrass
「ダウン」シュラフは特にですが、劣化よって保温機能は低下します。「化繊」シュラフも、中綿が湿気を含んでいると暖かさが感じられなくなってしまうので、洗って干すなど定期的にメンテナンスをするのも大事ですね。

シュラフにひと工夫で秋冬も快適キャンプ

テント内部でシュラフに入ってる人たち
出典:coleman
寒い季節のアウトドア、夜にテントで快適に眠れるかどうかはかなりの重要課題です。これをクリアするためにかしこい工夫を身につけて、通年快適なキャンプへ出かけましょう!

防寒グッズまとめ

グローブにヒーターなど、この秋冬のキャンプはもちろん、家でも使えるお役立ち防寒グッズ25選!

Sleep Well In Your Sleeping Bag!

シュラフでぐっすり眠ろう!

関連記事