バーベキューは火おこしが勝負!簡単・早ワザの火おこしテク5選

2021/03/30 更新

バーベキューの火おこしは、食材を美味しくグリルするのに必須なテクニックです。簡単で効率的な火起こし技5選をご紹介!今年こそバーベキューで手間なく火おこしを成功させたい方、このテクニックがわかれば、いつでも火おこし名人になれます!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

火おこしを効率的に行うためのポイント

出典:PIXTA
仲間とワイワイ盛り上がる楽しいバーベキュー。ただバーベキューをするために乗り越えなければいけない苦労が「火おこし」です。

「火おこしでかなりの時間を要してしまった」「うちわで扇いで汗だくになってしまった」など、火おこしが苦い思い出となっている方も多いのでは?

基本的なポイントは「煙突状に積み上げること」

出典:PIXTA
そんな方に覚えておいて欲しい共通のポイントが「炭を煙突状に組み上げる」こと。煙突状の筒の中で上昇気流が起こり常に筒の中に空気が入り込むため、炭に火が行き渡りやすくなるのです。

このポイントを踏まえて、実際にどんな方法があるのか、多様な火おこしテクをご紹介します!

火おこしにはどんな方法がある?

出典:photoAC
まずは、どんな方法や特徴があるのかチェックしておきましょう。

初心者でも簡単なのはどんな方法?

出典:Instagram by@youhei1005
火おこし初心者なら、まずはより難易度が低く、確実に火おこしできる方法がおすすめ。火おこし器を使う方法やバーナーで炙る方法がテクニック要らずで比較的簡単です。
・火おこし器を使う方法:誰でも安全&確実な方法。固形燃料に火をつけて炭をセットしたら後はほったらかしでOK

・バーナーで炙る方法:とにかく炙るだけの力技。着火剤をプラスすればさらに時間も短縮可能。

スピーディーに火が着くのはどんな方法?

出典:photoAC
もう少し火おこしに慣れてきた人なら、よりスピーディーに火おこししたいですよね。単純に炭に着火するまでの時間でみると、新聞紙で火おこしする方法や着火剤を使う方法、牛乳パックで火おこしする方法がおすすめ。
・新聞を使う方法:着火まで約2分ほど。セッティングの際コツが必要。

・着火剤を使う方法:着火まで約5分ほど。全体に火が回るまで団扇であおぐなどケアが必要。

・牛乳パックを使う方法:着火まで約5分ほど。セッティングの際コツが必要。

コスパが高いのはどんな方法?

出典:photoAC
着火剤や固形燃料を使う方法は手軽で簡単ですが、火おこしの度に使えばそれなりの出費に。コスパ面にフォーカスすると、新聞紙や牛乳パックを使う方法が最もおトクと言えます。

どの方法もメリット・デメリットがあるので、それぞれの特徴を踏まえ、シーンやスタイルに合った火おこし方法を選べるといいですね。それでは、いよいよ具体的な火おこしテクニックをご紹介していきます!

新聞紙で火おこし

バーベキュー 新聞紙で火おこし 特別な道具は不要。コスパも良いので、おそらく誰もが初めに思いつく方法でしょう。失敗すると時間がかかってしまうのが難点ですが、少しのコツさえつかめばあっという間に火おこしができます。

知っておきたいポイント

火おこしをする場所:コンロ、焚き火台、網の上火おこしにかかる時間:うまくいけば2分で着火完了! その後火が全体に回るまでは30分ほど要します。

準備するもの

・新聞紙
・木炭
・炭ばさみ
・軍手
・ライター

火おこし手順

①新聞紙を井桁に組む
バーベキュー火おこし 新聞紙を井桁に組む あらかじめ棒状にひねった新聞紙を10本作っておきます。
コンロに炭のかけらを置き、棒状の新聞紙をその上に井桁に組んで置きましょう。
②炭を並べる
バーベキュー火おこし 炭を並べる 新聞紙の周りを囲むように炭を立てて並べ、煙突状の筒を作ります。

【ポイント】
この時に欲張らずに小さめの炭を使うと火が回りやすいです。
③火をつける
バーベキュー火おこし 火をつける 中央の新聞紙の上に炭を1~2個置き、火種を井桁の新聞紙の中央に落とします。
2分後には新聞紙の上に置いた炭に着火!

【ポイント】
この方法では団扇などで扇いだり炭を動かしたりないことが大切です!せっかく作った煙突を崩さないようにしましょう。

おすすめの炭

ITEM
【ポイント10倍!】CAPTAIN STAG M-6751 キャプテンスタッグ バーベキュー木炭 3kg入
■箱サイズ(約):幅270×奥行180×高さ180mm
■材質:原材料:天然木
■原産国:インドネシア

炭についてもっとよく知りたいという方はこちらの記事がおすすめ


焚き火台の売れ筋人気ランキングはこちら

着火剤で火おこし

火おこし着火剤 着火剤はアルコールなどの可燃性の高い成分が使用されているため非常に燃えやすく、炭など火がつきにくいものを燃焼させやすくするお助けアイテム。時間がかかる火おこしをより簡単に、確実に、スピーディに済ませることが出来ます!

知っておきたいポイント

火おこしをする場所:コンロ、網の上、炉内
火おこしにかかる時間:25分程度
着火剤にはアルコール等の可燃性の高い成分を使用しているため、臭いが気になる方は注意が必要です。

準備するもの

・着火剤
・木炭
・炭ばさみ
・軍手
・うちわ
・柄の長いライター

火おこし手順

①着火剤をつける
火おこし着火剤1 バーベキューコンロの中央に大きめの炭を置き、炭に着火剤をチューブから直接塗りつけます。固形の着火剤の場合は、着火剤を井桁に組みその上に炭を重ねて置きます。
②着火剤に火をつける
火おこし着火剤2 着火剤に火をつけ、炭を井桁に組んで煙突状に置きます。
【ポイント】
燃焼中は飛散の恐れがあるので、絶対に着火剤を継ぎ足さないこと!
③風を送る
火おこし着火剤3

炭に火が回りにくいときは、うちわや送風機などで風を送ります。
④炭を追加する
火おこし着火剤4 火力が安定したら火が回っている炭の周りに新たな炭を追加していきましょう。

おすすめの着火剤

ITEM
ニチネン チャッカネン
■重量(g):240
■製造国:中国
■材質:メチルアルコール/増粘剤
■商品サイズ(cm):幅8×奥行4.8×高さ21

着火剤についてもっとよく知りたいという方はこちらの記事がおすすめ


バーナーで火おこし

バーナーで火おこし バーナーで炙って木炭に直接火をつけるいわば「力技」です。火がつくまで炙ることが出来るので、火がつかないという心配はまずありません。

知っておきたいポイント

火おこしをする場所:焚き火台やバーベキューコンロ、炉内
火おこしにかかる時間:15分程度

準備するもの

・トーチバーナー
・木炭
・炭ばさみ
・軍手
・団扇

火おこし手順

①炭を組み上げる

中心部は空洞にし、小さめの炭を空気が通るように組み上げます。
②バーナーで炭に火をつける
バーベキュー火おこし バーナーで炭に火をつける バーナーの炎を炭の中心部に向け着火し、炭を燃焼させます。

③風を送る

 

炭の中心部から燃焼し始めたら団扇で扇ぎ、炎が上がったら扇ぐのをやめを繰り返して、炭全体に火がついたら、コンロ全体に炭を広げましょう。

おすすめバーナー

ITEM
【ポイント10倍!】イワタニ CB-TC-OD カセットガス トーチバーナー ボンベ1本付
■本体サイズ173(長さ)×39(幅)×77(高さ)mm
■重量約160g
■カラー本体:グリーン 器具せんつまみ:グレー
■材質本体:ナイロン66
■バーナー火口:ステンレス 器具せんつまみ:PC樹脂
■ガス消費量約135g/h

バーナー(トーチ)をもっとよく知りたい方にはこちらの記事がおすすめ


トーチ・火起こしの売れ筋人気ランキングはこちら

火おこし器で火おこし

バーベキュー火おこし器で火おこし 固形の着火剤に火を着けて、その上から炭を入れた火おこし器をかぶせ、内部に上昇気流を作り出す仕組みです。放っておくだけで炭に火が回る画期的なアイテム!最も効率的かつ安全な火おこし法と言えるでしょう。

知っておきたいポイント

火おこしをする場所:コンロ、焚き火台、網の上、ダッチオーブンの上火としてもそのまま使用可能。
火おこしにかかる時間:10分~15分程度

準備するもの

・火おこし器
・固形着火剤
・木炭
・炭ばさみ
・軍手
・柄の長いライター

火おこし手順

①着火剤に火をつける
バーベキュー 火おこし器 着火剤に火をつける 着火剤を井桁に組み、火を着けます。
②チャコスタを載せる
バーベキュー 火おこし器 チャコスタを載せる

【ポイント】
チャコスタに入れる炭は、チャコスタの70%位に抑えましょう。入れすぎると空気の流れが悪くなり、火が付きにくくなる原因となります。
③そのまま待つ
バーベキュー 火おこし器 チャコスタを載せる 10分~15分程度放っておくだけで炭に着火!

おすすめ火おこし器

ITEM
キャプテンスタッグ M-6639 炭焼名人 FD火起し器(大) 【BBQ/バーベキュー】
■組立サイズ(約):幅230×奥行250×高さ280mm(本体のみ)
■重量(約):1.7kg
■材質:本体:亜鉛めっき鋼板、目皿・ハンドル:鉄(クロムめっき)
■その他:収納サイズ(約):150×205×厚さ55mm


牛乳パックで火おこし

バーベキュー 牛乳パックで火おこし 出典:Dr.Walletナビ
どの家庭にもある牛乳パックは、実は火おこしに大変役立つアイテム!牛乳パックはワックスでコーティングされているので、新聞紙よりも強く長く燃え、また燃えもカス少ない優れものです。

知っておきたいポイント

火おこしをする場所:コンロ、焚き火台、網の上

火おこしにかかる時間:5分程度。全体に火がいきわたるには30分程度かかります。

準備するもの

・牛乳パック
・木炭
・炭ばさみ
・軍手
・柄の長いライター

火おこし手順

①牛乳パックをコンロに載せる
バーベキュー 牛乳パックをコンロに載せる コンロの中央に小さく切った牛乳パックを載せます。

【ポイント】
広げて置くのではなく、なるべく中央にまとめて重ねて置くこと。

②火を着ける
バーベキュー 牛乳パックに火を着ける コンロの上に網を被せ、その上に中央が空洞になるように炭を組み上げたら、牛乳パックに着火しましょう。
【ポイント】
小さめの炭を選びましょう。

おすすめコンロ

ITEM
コールマン クールスパイダーステンレスグリルレッド

コンロについてもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめ


    キャンプでよく使う「牛乳パック」について


    バーベキューでは効率よく火おこしをしよう!

    バーベキュー効率良い火おこし 様々な方法がある火おこし。着火剤も市販の物だけでなく、乾燥したまつぼっくりやミカンの皮などすぐに手に入るもので代用が可能です。あれこれ試して自分に合った方法を見つけて、効率よくバーベキューを満喫しましょう!

      紹介されたアイテム

      【ポイント10倍!】CAPTAIN ST…
      ニチネン チャッカネン
      【ポイント10倍!】イワタニ CB-TC…
      キャプテンスタッグ M-6639 炭焼名…
      コールマン クールスパイダーステンレスグ…
      \ この記事の感想を教えてください /
      GOOD! BAD

      関連する記事

      この記事が気に入ったら
      「いいね!」をしよう

      四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、高1次男、中1長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。 Instagram:@tomo.koyamada

      アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

      150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
      アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
      お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!