CAMPHACK

【費用は0円】ただの新聞紙でつくれる「紙薪」がまさに神アイテムだった

0

【警視庁警備部災害対策課】ツイッターの指南ワザ第3弾は、新聞紙で作る「紙薪」!紙なのに火持ちバツグン、高火力、しかもタダ!粘土細工感覚でカンタンに作れます。もう高価な着火グッズは不要かも……?!

関美奈子

アイキャッチ画像・記事中画像提供:デザインスタジオ アトリエばく

実証・これは使える!ハイスペックな新聞紙の薪

焚火台の上の新聞薪5個
非常時に使えるアイデアが満載の「警視庁警備部災害対策課のツイッター」。数々の指南の中から、今回は新聞紙が材料の「紙薪」を作ってみた実証実験をレポート!

新聞紙って、焚きつけに使うとすぐ燃え尽きるイメージですが、それが薪になるってどういうこと?

警視庁警備部災害対策課ツイッターのやり方に従って、新聞紙で薪を作り、実際にキャンプの火熾しに使ってみることにしました。

火持ちの良さと高火力にビックリ

新聞薪、焚火台、飯盒、火吹き竹を吹く人
結論から言ってしまいますが、この紙薪は素晴らしい実力を持っているということを、まず読者の皆さんにお伝えしておきます!!

さて、作る工程は水に濡らしてギュッと形作ったあと、カラカラに乾かすというシンプルなもの。それだけで優秀な着火剤に変身してくれるんです。

材料は1日分の新聞紙

新聞薪の材料、新聞、バケツ、水、丸棒、ラップ
用意するものは、新聞紙1日分、水、丸棒、ラップ。糊もハサミも不要!

作り方はとても簡単、粘土細工感覚でできちゃいます。

関連記事