CAMPHACK

安全なキャンプの基本!正しい「テントの張り方」知ってますか?

0

テントの張り方は、キャンプを楽しく過ごすための基礎。雨や風向きを考えた張り方をして、安全なキャンプを楽しみたいですね!キャンプに慣れてきた中級者も、今一度自分が正しくテントを張れているか確認し、上手な張り方とコツをチェックしてみましょう!

fujii mio

アイキャッチ画像出典:スノーピーク

テント設営がキャンプの成功を左右するワケ

テントの正しい張り方


キャンプにおいて、テントは言わば「家」。キャンプは、いつも穏やかな天候の中でできるとは限りません。屋外でのテント泊、時に強風・時に豪雨なんてことも。さまざまなケースが予想される中、何より重要なのは、あらゆる自然現象に耐えられるタフなテントであること。

いかなる時も確実にシェルターとなりうる頑丈なテントを設営するための基本「どこに・どうやって設置するのか」のコツさえおさえれば、どんなシチュエーションでもきっと快適なキャンプができることでしょう。

どんな場所に設置すれば良い?おさえるべき3つのポイント

POINT①水はけの良い場所

テントを張る場所を選ぶときにまず注意しておきたいのは、水はけの良い場所を選ぶこと。ふだんからジメジメと湿っているような場所やくぼんだ場所があったりと、雨水が流れ込んできそうな場所にテントを張ってしまうと、いざ雨が降った時雨水が溜まってテント浸水する恐れが。

そういった場所しかなかった場合、テントの周辺に溝を掘ったりして水の流れを作って、人工的テントの下に水が流れこまないような工夫をしましょう

川辺など水位が変化する場所は要注意!

天候の変わりやすい夏場に特に注意したいのが、河川敷や砂浜などでバーベキューやキャンプ川の上流で豪雨があった場合急激に川幅が変動します河川の水位上昇は非常に早いため、違和感に気がついてからテントの撤収作業を始めてもおそらく間に合いませんもちろんそれは川辺だけでなく海辺も同じこと。

自然の脅威とも隣り合わせであるということを忘れずに、安全な場所を見極めてテントを張ることが重要です。

関連記事