オイルランプをアウトドアで楽しもう!知っておくべき基礎知識まとめ

オイル ランプ(オイルランタン・アルコールランプ・アロマランプ)の種類や使い方を解説します。柔らかな明かりのオイルランプは、インテリアはもちろんキャンプシーンにも最適なアイテム。ぜひ一度試してみてはいかが?


アイキャッチ画像出典:instagram by nghms

オイルランプをキャンプで使う魅力とは?


オイルランプの歴史はとても長く、何百年もの間、私たちの暮らしに深く関わってきました。静かに灯る炎を眺めていると心が落ち着き、気持ちがリフレッシュする。オイルランプには人の心を癒す力があります。

それに、アウトドアの夜にどんなランプを灯すのかで雰囲気がグッと変化します。オイルランプを一つ加えて、普段とは違ったアウトドアのスタイルにしてみませんか。

有名なのはポーランドの「スタガー社」、イギリスの「E.Thomas&Willams社」

スタガー社 オイルランプ
出典:楽天
テーブルランプの代表といえば、ポーランドのスタガー社。本格的なアンティークランプを制作する工房です。職人たちの技術によって、細部までこだわった造りとなっています。とてもクラシックな雰囲気で、オイルを入れるガラスの部分が特徴的。たくさんの形やカラーあり、コレクターがいるほどの人気ぶり。
ランタン
出典:楽天
無骨な雰囲気がお好みなら、イギリスのランプメーカー「E.Thomas&Willams」がおすすめ。イギリスの炭鉱ランプで、その歴史は古く1890年から130年近くも変わらない生産工程を守っています。炭鉱で鍛えられたランプは耐久性にも優れています。

 

オイルランプの燃料について

オイルランプ
ランプに使われるオイルは大きく分けて、「灯油(白灯油)」「アルコール」の2種類があります。オイルランプは、使用できる燃料が決まっていて必ず決められたものを使うことが大切! しっかり説明書の注意事項を読んで安全に使用しましょう。

例えば上の写真のオイルランプでは「レインボーオイル」というメーカー専用のオイルが使用されています。引火点が98℃と高く揮発性が低いので、安全性に優れています。また正しく使用すればススも出にくかったりと安心してオイルランプの世界を楽しめるオイルです。
ITEM
ムラエ レインボーオイル OL-1000 クリア

臭わないのがとてもよい。どうしても灯油だと煤が出たり、臭ったりして用具の保管場所が臭ってしまうのに対し、このレインボーオイルは臭わないのがとても良い。ちょっと価格が高めなので、★★★★!!




オイルランプの燃料その①白灯油

オイルランプ 白灯油 談笑する男性グループ
出典:snow peak
白灯油とは、家庭用のストーブに使われる「灯油」のことです。冬キャンプのストーブにも大活躍! 引火点は40℃と低いため、ポリ容器での保管が可能です。ただし、燃焼すると独特な匂いがしたり、ススが発生するので使う場所には注意が必要!

オイルランプの燃料その②アルコール

41zgvcs9pol
出典:Amazon
アルコールランプに使われるアルコールのことで、エタノールとメタノールの混合品。引火点が11℃前後で揮発性が高いため、オレンジ色の炎の中心部分に青白い炎が見えるのが特徴。燃焼時にススが少ないのも特徴です。

オイルランプの使い方

レインボーオイル
オイルランプの使い方について解説していきます。どんなタイプでも原理は同じですが、デザインの違いで点灯の仕方はさまざま。アイテムごとに使い方をチェックしておきましょう!

小さなオイルランプは、細い注ぎ口のあるボトル、もしくは注入キャップを用意すると、注ぐときに漏れる心配がありませんよ。

オイルランプの使い方 ①ランプオイルのボトルに注入キャップを付け、八分目位を目安にオイルを注入します。
②オイルの注入が終わったら、金具芯をランプに取り付けます。
③芯の上部にオイルが吸い上げられるまで数分待ち、オイルが芯の先端まで来ていることを確認し点火します。
④ガラスホヤ(風防)を付けます。
⑤芯の長さを調節し、炎の大きさを調整します。炎の大きさを20mm程度にセットする場合は、芯が口金の上部に1~1.5mm程度出ている状態にします。

⑥消火は、息を吹きかけます。

オイルランプの扱い方に関する注意点

出典:楽天
アウトドアでオイルランプを使うにあたって注意をしたいのは、持ち運び。ガラス製で割れやすいので、新聞紙やエアーパッキンなどに包んで、しっかり梱包しましょう。カメラのレンズケースやランタンケースなどに入れてもいいですね。

屋内用のランプの場合は、完全に密閉することができないので、移動中に燃料が漏れてしまうことも。燃料を入れるのは使う場所に着いてからにしましょう。

色んなオイルランプが出ています!

 オイルランプ
出典:楽天
オイルランプといっても、デザインや本来の用途によってたくさんの種類があります。デザインから大まかにタイプ分けしたので、チェックしましょう。

壁掛けランプ

壁に掛けられるタイプのオイルランプ。小さな鏡がついていて、光を反射して広げるような構造になっています。

ITEM
ミラー付き壁掛けランプ スタガー社 オイルランプ
●使用できる燃料:レインボーオイル
●サイズ:直径φ85mm・高さ250mm
●素材ガラス・口金=真鍮・コットン芯使用
●産地:ポーランド製
●その他:レインボーオイル300ml 1本付き

アンティークランプ

真鍮のパーツがクラシックな雰囲気。使い込んでいくほどに風合いが増します。真鍮は、変色はしますが鉄のように錆びつくことがありません。

ITEM
アンティークガラス スタガー社 オイルランプ
●使用できる燃料:レインボーオイル
●サイズ:直径φ85mm・高さ250mm
●素材ガラス・口金=真鍮・コットン芯使用
●産地:ポーランド製
●その他:レインボーオイル300ml 1本付き

豆ランプ

高さが15センチほどの超ミニなサイズが特徴。このサイズは、明治時代の日本でもとても人気がありました。現在も骨董品として価値があります。持ち運びが便利で、どこでも使え、燃費もよい、使い勝手の良いランプです。
ITEM
ジャパニーズアンティーク スタガー社 オイルランプ
●使用できる燃料:レインボーオイル
●サイズ:直径φ65mm・高さ155mm
●素材ガラス・口金=真鍮・コットン芯使用

カンテラタイプ

外回りにガラスの囲いがあり、風に強いのが特徴。元々は船舶用のランプとして作られたものなので、とても頑丈です。本来、ハンギングランプとして吊るして使うものですが、テーブルに置いても使えます。
ITEM
カンテラタイプ デンハーロッテルダム 真鍮カーゴオイルランタン
●使用できる燃料:灯油またはリキッドキャンドル (レインボーオイル)
●サイズ:高さ37.5cmx奥行17.5cmx幅17.5cm

2・3人で外で飲む時に使っています。風に強く、光量も十分です。メンテナンスは汚れたら乾拭き程度で使えます。これからの夏の夜を楽しましてくれるでしょう。


不思議なデザイン

炎が宙に浮いているかのような独創的なデザイン。レトロな趣のランプが多い中、スタイリッシュな雰囲気を演出したい人向きです。テーブルに置けば、レストランにいるような気分が味わえます。
ITEM
ガラス クールフローティングボトル
●サイズ:幅約8.6cm×奥行約8.6cm×高さ約20cm
●燃料:レインボーオイル

12月に神戸のホテルのディナーに行った時のテーブルで使っていたのがとても良かったので真似したくて購入。
ホテルではゴールドのリースを置いてその中にこのオイルランプを立ててました。


花ランプ

小さくてかわいい花の形をしたランプは、灯りの花が咲いたよう。テントサイトにちょこんと置いてあると、ロマンティックな雰囲気を演出できちゃいます。
ITEM
クラシックアンティーク スタガー オイルランプ105CL
●サイズ:幅約6.3cm×奥行約6.3cm×高さ約12.7cm
●燃料:レインボーオイル

とても可愛くて大満足でした。使い方も簡単でした。


アウトドアに持っていきたい!オイルランプおすすめ11選

background-2099559_960_720
出典:pixabay
アウトドアに持っていきたいオイルランプをセレクトしました。ディナータイムやテント内で活躍しそうなテーブルランプから、炭鉱や船舶で古くから利用されていたガスランタンの代わりとなるようなものまでありますよ。

使いたいシーンや目指すアウトドアのスタイルに合わせて選んでみて下さいね。

【クリアー スタガー オイルランプ116CL】

立体的なガラスのひだが特徴的なランプ。カラーオイルが映える透明なボトルです。小型のオイルランタンは防風構造ではないのでアウトドアでの使用は風の弱い日を選びましょう。
ITEM
クリアー スタガー オイルランプ116CL
●サイズ:幅約6×奥行約6×高さ約16.2cm
●燃料:レインボーオイル

小ぶりで、可愛いデザインのオイルランプ。クリアカラーなので、カラーオイルが映えて綺麗です。


【エメラルドグリーン スタガー オイルランプ104GR】

レトロムードなかわいいランプ。真鍮製の金口は、操作性に優れていて、柔らかな感触です。
ITEM
エメラルドグリーン スタガー オイルランプ104GR
●サイズ: 幅約6cm×奥行約6cm高さ約15cm
●燃料:レインボーオイル

ソロキャンプで使用したくて購入しました。とってもコンパクトで、ローテーブルに置いても邪魔にならないサイズですし、とっても明るく使いやすかったです。


ルビー スタガー オイルランプ614RD

深みのあるルビーのような輝きのボトルは安定感のある形状。懐かしいレトロ調のダイヤモンドカットになっていて、見る角度により微妙な形状の変化が楽しめます。
ITEM
ルビー スタガー 614RD
●サイズ:幅約6.5×奥行約7.3×高さ約15.5cm
●燃料:レインボーオイル

かっこいいです。
アンティークさが細かく施されており、素晴らしい


【ブラック スタガー オイルランプ616BK】

珍しいブラックの色調、ドレスのドレーブのような愛らしいデザインのボトルに、持ち手がついたかわいいランプです。燃焼時間も17時間と長持ちします。
ITEM
ブラック スタガー オイルランプ616BK
●サイズ:幅約7.7×奥行約8.8×高さ約14cm
●燃料:レインボーオイル

アンバー スタガー オイルランプEIL223

琥珀色の落ち着いた雰囲気のオイルランプ。ボトルの表面には雪の結晶とペイズリー風のデザインが施されています。燃焼時間は20時間、頼りになるランプですね。
ITEM
アンバー スタガー オイルランプEIL223
サイズ:幅約10×奥行約10×高さ約14cm
●燃料:レインボーオイル

ホヤが小さいので、ホヤを取らずに火がつけれます。
芯を短めにしないと、ホヤから火が出ます。
大きさは、小さく感じますが、とても明るく照らしてくれます。
琥珀色のホヤに灯る灯を見ていると、暖かい気持ちになり心が安らぎます。


【E.Thomas & Williams マイナーランプ

圧倒的な高級感で目を引くランプは、9世紀末よりオイルランプを専門に作り続けているイギリス老舗「E.Thomas&Willams」のもの。ずっしりとした重みと、真鍮独特の質感で使うほど落ち着いた色調に変化します。
ITEM
カンテラ E.Thomas & Williamsマイナーランプ真鍮
●サイズ:幅約8.8cm×奥行約8.8cm×高さ約26.4cm
●燃料:灯油、レインボーオイル

キャンプ用にフルブラス製のランタンが欲しくて購入しました、オイルランタン独特の炎の揺らめきが心地よい逸品です。
150年を超えても変わらないその形はそれだけ完成度が高いと言う証拠では無いでしょうか。


【ドイツ製 フュアーハンドランタン ジンク276

定番の形ならどんなスタイルにもフィットします。ドイツ製の頑丈な造りで、風、雨に強く、燃料漏れ対策もバッチリです。優れた伝統の技術が光ります。
ITEM
フュアーハンド ランタン 276 ジンク
●サイズ:幅約15x奥行13x高さ約26cm
●燃料=灯油、レインボーオイル

これ良いですね~。煤も全く出ませんし光量調節も完璧です。また、灯の趣がなんとも言えず良い感じです。


【アメリカンクラシック 中型オイルランプ】

米国製のクラシックスタイル、ナイトランプのレプリカモデルです。柔らかいピンクの表面は、光りを通すので、太陽光でもキラキラと輝きます。スミレの花の浮き彫りのレリーフが可愛いランプ。
ITEM
アメリカン クラシックランプ 中型
●サイズ:幅約10.2×奥行約10.2×高さ約21.5cm
●燃料:灯油、レインボーオイル

オイルランプが大好きで、少しずつ集めています。
このランプは品の良いピンクで、火を灯すととても魅力的になります。出窓に飾っているのですが、特に黄昏時にランプの淡い色がよく似合います。


【ハリケーンランタン デイツ80】

1840年創業のアメリカのデイツ社のオリジナルランタン。大型のホヤで燃焼空間が広く、炎がよりきれいに安定します。古き良きアメリカンクラシックを感じられる一品です。
ITEM
ハリケーンランタン デイツ デイツ80
●サイズ:幅約20.4cm×奥行約19.5cm高さ約38cm
●燃料:灯油
●タンク容量:930ml
●燃焼時間:27時間

不便を楽しみに変えることの出来る方」、「10年20年単位で、この炎の揺らめきを楽しみたいと思う方」には、至高の一品だと思います。
自分は、型番違いを後2個買いたいと思います。


【マリンランプ デンハーロッテルダム 真鍮グローブオイルランプ】

船舶照明マリンハンギングランプ。通常はつるして使うタイプですが、本体が安定しているためテーブルの上に置いてもサマになります。
ITEM
デンハーロッテルダム 真鍮グローブオイルランプ
●サイズ:幅約21.5x奥行21.5x高さ約30.0cm
●燃料:灯油

このオイルランプはやはり実用品を作ってきた蘭メーカー品だけあって、重厚感と気品があり、部屋置くと部屋が落ち着きます。


【 マリンランプ デンハーロッテルダム エンジンルームランタン

船舶の機関室で使われていた大型のリフレクター付きエンジンルームランタン。カンテラ部分の使用ガラスは3mmのガラスを使い上部からスライドさせて挿入するタイプ。
ITEM
デンハーロッテルダム エンジンルームランタン
●サイズ:幅約21.5x奥行14x高さ約35cm
●燃料:灯油

オイルランプでリラックスタイム!

今やアウトドアでは、実用性の高いガスのランタンが主流となっています。そんな中、手間ひまかける楽しさをオイルランプで味わってみませんか。

オイルランプを眺めながらのリラックスタイムは、格別。アウトドアでの夜の楽しみを一つ増やしてくれるはずです。ただし、火やオイルを使うので、取り扱いには要注意ですよ。

Spend the relax time with Lamp!

ランプでリラックスタイム


関連する記事

オイルランプとキャンプ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
西野若菜

2歳と5歳の二児の母。息子は生後6か月からキャンプデビュー。 趣味は、料理すること食べること。いつかはベーコンも作ってみたいな。 キャンピングトレーラーで北海道に行きたい!!ので、コツコツ貯金中。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!