最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
最強LEDランタンのラインナップ

LEDランタンで最強はどれ?ルーメン・暖色・機能別おすすめ紹介

最強のLEDランタン特集! 様々なランタンがある中、時代の主流はLEDですよね。その理由は使いやすく安全という他にも”最強”な特徴が!この記事では買って後悔しないLEDランタンの選び方をレクチャー。おすすめもタイプ別に紹介していますよ。

目次

アイキャッチ画像作成:ヨシダコウキ

最強のランタンはLED!その理由は……

LEDランタンでテーブルを照らす

出典:Instagram by @sachigreengreen

ランタンには「ガスランタン」「オイルランタン」「ガソリンランタン」「LEDランタン」の4種類がありますが、中でも特に注目を集めているのがLEDランタン

前者の3種類とLEDランタンの最も異なる点は、火を使うか使わないか。ガス・オイル・ガソリンを燃料とするランタンは火を灯して周囲を明るくしますが、LEDランタンは電力でライトを点灯させます。

あらゆる角度から考えると、最強なのがLED!

LEDランタンでサイトを照らしている

出典:Instagram by @steppy88camp

キャンプに欠かせないライトにLEDを選ぶ方も多いですが、その理由は安全で簡単に使うことができるうえコストパフォーマンスも良いという点。それこそがLEDランタンが最強と言える理由ですが、具体的にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

この記事ではそのあたりを含め、ランタンを選ぶ際にチェックしておきたい情報をピックアップしました!

LEDランタンのメリット

1:火を使わないので安全

LEDランタンでテーブルを照らす

出典:Instagram by @bobos_cafe358

LEDランタンの電力方式は主に「電池交換式」と「USB充電式」。いずれも火を使わないため火災や一酸化中毒の心配が無く、室内でも安全に使用できます。またアウトドアシーンにおいても、風の影響で明かりが消えることがないのも快適です。

2:簡単に点灯できるのに明るい!

明るいLEDランタン

出典:Instagram by @ryo_camp365

LEDランタンの点火・消灯はスイッチをON/OFFにするだけととても簡単。ガス・オイル・ガソリンランタンに比べると圧倒的に操作に手間がかからないため、初心者やある程度大きくなった子供にも簡単に扱える点も大きな魅力です。

3:モバイル充電など多機能なモデルもある

LEDランタンでスマホを充電している

LEDランタンには自らのエネルギーである電気をモバイル機器に供給できる、便利な機能を備えたモデルもたくさんあります。スマホやタブレットなどの充電が不足したとき、周囲にコンセントが無くてもLEDランタンで充電できるのはかなり便利!

また充電方法もUSB式の他ソーラー式があり、屋外でも使いやすいモデルも増えています。さらに懐中電灯に切り替えられるモデルもあるなど、照らすだけにとどまらず一本で色々な役割を果たしてくれるのもLEDならではですね。

4:コストが安く済む

USB充電しているLEDランタン

出典:PIXTA

LEDランタンはガス・オイル・ガソリンなどの燃料を使用せずに周囲を照らせるため、低コストで経済的。充電も基本的には家庭用コンセントからですが、中にはハンドルを回して電力を発生させることで充電できるモデルもあります。

このようにランニングコスト含め様々な魅力がある一方でLEDならではのデメリットもチェックしておきましょう。

LEDランタンのデメリット

1:電池式だとあまりコスパが良くない

電池とLEDランタン

LEDランタンは充電式と乾電池式を選べますが、コスパに優れているのは充電式。乾電池式の場合は都度購入しなくてはならず、電池切れに対応するため予備の乾電池も必要です。

コンビニやスーパーなどで手軽に購入はできるものの長い目で考えると経済的な負担がかかるため、コスパは充電式ほど良くはありません。

2:光に趣を感じられない場合も

バルミューダLEDランタン

出典:PIXTA

LEDランタンの明かりの色味は主に明るい白色とやさしい暖色の2色で、炎のゆらぎを再現するインテリア色の強いモデルもあります。

しかし擬似的にゆらぎを再現しても、やはり本物の炎に比べると色味や趣はやや劣るもの。そのあたりは割り切って使う必要がありそうです。

というようにデメリットはありますが、それでもコスパも使い勝手も良いLEDランタンは魅力的! ここからはもう一歩踏み込んで、最強のLEDランタンを手に入れるために見落とせない2つのポイントをご紹介します。

最強のLEDランタンを手に入れるために!2つのチェックポイント

① 使う場所に適した明るさがあるか?

テント内を照らすLEDランタン

出典:Instagram by@pos.camp

まず、使う場所など目的に合った明るさのモデルを選ぶことが第一。照らす場所が広範囲なのか手元なのかによって、必要な明るさは違いますよね。

このとき注目すべきなのが、スペックに記載されている「ルーメン」。これはLED照明がどのくらいの明るさかを表す指標ですが、この数値が大きいほど光量も大きくなります。下記に場所ごとに必要な光量の目安をまとめてみると……

周囲を照らすメインのランタン:810~1,520ルーメン
食事のときに使用するテーブルライト:485~1,520ルーメン
テント内で使用する常夜灯:170~485ルーメン
夜間の移動用:170~325ルーメン

キャンプサイト全体を照らすメインランタンも手軽なLEDを使いたいなら、最低でも1,000ルーメンは必要。1,000ルーメンは電球相当で表すと80Wの電球くらいの明るさになります。

② 連続点灯時間はどれくらい?

充電しているLEDランタン滞在中の充電切れや電池切れを抑えるため、使用する期間に合わせて連続点灯時間も要チェック。連続使用時間は30時間~180時間などモデルによって大きく異なり、さらにどれくらいの光量で使い続けるかによっても変わります。

連泊であれば使用可能時間が長いものを選ぶと快適ですが、短いモデルの場合はモバイルバッテリーやポータブル電源があると安心ですね。

さて、ここからはおすすめのLEDランタンをタイプ別にご紹介。

① 明るさ最強!高ルーメンタイプ
② 暖色白色(切り替え)タイプ
③ 防塵・防水タイプ
④ ライト+αの多機能タイプ

どんなLEDランタンが欲しいかを想定しながら、選んでみてくださいね!

明るさ最強!メインにも使える高ルーメンタイプ

ロゴス パワーストックランタン2300

出典:ロゴス

まずはメインランタンとして選びたい、明るさ1,000ルーメン以上のモデルをご紹介。明るさ調節機能や防水・防塵機能などと併せてチェックしてみてください。

ジェントス パワーバンクランタンEX-000R

●サイズ:φ102.2×189.0mm
●重量:約680g
●給電方法:USB充電式,専用充電池または単1形アルカリ電池×3本
●明るさ:1,000ルーメン
●連続動作時間:白色強/6時間,白色弱/174時間
●キャンプサイトのメインランタンとしても使える明るさ1,000ルーメン
●IP68に準拠した2m防水に加え、耐塵性能と10mの落下耐久を備えたタフな設計
●充電式と単1型アルカリ乾電池式の両方に対応する、充実した給電方式を採用
●USBケーブルを介し、モバイルバッテリーからの充電やモバイル機器への給電が可能

ジェントス エクスプローラーEX-1300D

●サイズ:φ129×246mm
●重量:1,220g
●給電方法:単1形アルカリ電池×4本
●明るさ:1,300ルーメン
●連続動作時間:白色】7時間(強)/260時間(弱)
●1,300ルーメンとLEDランタンの中でも最大級の光量!
●ダイヤルスイッチを回して、明るさ調節が可能
●ろうそくの炎のようなゆれを再現する、キャンドルモードを搭載
●弱運転なら最大で約350時間の点灯が可能

WAQ LEDランタン2

●サイズ:11×8.5×3cm
●重量:220g
●給電方法:USB充電
●明るさ:1,650ルーメン
●モバイルバッテリー機能で、スマホやゲーム機の充電が可能
●昼光色・昼白色・暖色の切り替えが可能
●最大輝度1,650ルーメンは、メインランタンとして使いやすい明るさ
●4段階の明るさ調節が可能で、夜間の移動や室内灯としても使いやすい

ロゴス パワーストックランタン2300

●サイズ:12.5×12×5.7cm
●重量:1,020g
●給電方法:USB充電
●明るさ:1,300ルーメン
●連続動作時間:強/9時間,弱/140時間
●大容量パワーバンクで同時に2台のスマホを充電し、1台なら約9回の充電が可能
●充電中でもランタンを使用できる
●コンパクトながら1,300ルーメンというパワフルな光量
●10段階の明るさ調節が可能

コールマン ランタンバッテリーガード1000

●サイズ:11.0×21.5cm
●重量:約570g
●給電方法:アルカリ単1形乾電池×4本
●明るさ:1,000ルーメン
●連続動作時間:約14時間
●消灯中の過放電を防いで電池を長持ちさせる、バッテリーガードを搭載
●IPX4に準拠した防水設計で、あらゆる方向からの水の飛沫による悪影響を受けない
●明るさは75・250・1,000ルーメンの3段階調節が可能
●搭載しているライトの点滅機能は、非常時の合図に便利

ハイランダー 1100ルーメン 2個

●個数:2個
●サイズ:8.5×8.5×19cm
●重量:500g
●給電方法:単1形乾電池3本
●明るさ:1,100ルーメン
●連続動作時間:約12時間
●カバーを外して逆さに吊るせばテントライトとして使いやすい!
●白色で約100時間の連続点灯が可能
●白色のみ300ルーメン・暖色のみ700ルーメン・白色と暖色併用で1,100ルーメンの明るさを確保
●スイッチの長押しで、弱~強の光量切り替えが可能な調光機能を搭載

ルーメナー ルーメナー2

●サイズ:7.5×12.9×2.3cm
●重量:280g
●給電方法:USB充電
●明るさ:100~1,500ルーメン
●連続動作時間:8~100時間
●最大光束は1,500ルーメン! 4段階調節ができるため、幅広いシーンで使える
●緊急時にはモバイルバッテリーとして利用が可能
●5時間の充電時間で、8~100時間の連続点灯が可能
●吊り下げて使えるフック付き

暖色・白色・切り替え可能タイプ

ジェントスEX-236D

白色と暖色から選べるのもLEDならでは。手元をしっかりと照らしたい場合は白色、テント内でリラックスして眠りにつきたいときの常夜灯や寝室のテーブルライトには暖色がおすすめです。

バルミューダLEDランタン

白色と暖色それぞれ調光ができたりスイッチで切り替えられる“良いところ取り”のタイプもありますよ。白色と暖色を選び難いという人や、シーンに合わせて使い分けたい人にはミックスがおすすめです!

ジェントス EX-777XP

●サイズ:φ84×185mm
●重量:817g
●給電方法:単1形アルカリ電池×3本
●明るさ:280ルーメン
●連続動作時間:約72時間
●暖色LEDながら280ルーメンの明るさで、夜間の移動用やテント内の常夜灯に使いやすい
●ハイモードで約72時間・エコモードで約240時間・点滅モードで約240時間の点灯が可能
●IPX4に準拠した防水仕様で、全方向からの水の飛沫による悪影響を受けない
●本体認識表示灯が数秒間に一度光が点灯し、暗い場所でもランタンの位置を確認できる

ジェントス SOL-036C

●サイズ:φ73×158mm
●重量:400g
●給電方法:単3形アルカリ電池×6本
●明るさ:380ルーメン
●連続動作時間:約14時間
●3色調色機能により、白色・昼白色・暖色の切り替えが可能
●白色で380ルーメンの明るさは、テント内の常夜灯にちょうど良い
●ろうそくの炎のゆらぎを再現するキャンドルモードは、雰囲気を重視したい人におすすめ
●白色の100%点灯で約14時間・暖色の100%点灯で約28時間・キャンドルモードでは約90時間の点灯が可能

▼ジェントスのLEDランタンについて詳しくはこちら!


バルミューダ LEDランタン

●サイズ:11×10.3×24.8cm
●重量:約630g
●給電方法:USB充電
●明るさ:195ルーメン
●連続動作時間:3時間

●約6時間の充電で、3~50時間の連続灯火が可能
●IP54に準拠した生活防水仕様により、水の飛沫による故障を回避する
●暖色と温白色の調光が可能
●195ルーメンまでの無段階調光が可能

プリズム クレイモア3フェイス+X

●サイズ:363×100×36mm
●重量:960g
●給電方法:USB充電
●明るさ:70~5,000ルーメン
●連続動作時間:7.5~78時間
●明かりの色味は、電球色・昼白色・昼光色の3段階調節が可能
●IP54に準拠した防水防塵仕様で、少々の塵や水の飛沫による機器のトラブルを抑制
●バッテリー残量表示とSOS信号点滅を標準装備
●3つの発光面が最大約200度の照射範囲で光を照射

▼プリズム クレイモア3フェイス+Xについて詳しくはこちら!

屋外でも安心!防水・防塵タイプ

防水・防塵効果が高いレッドレンザーのML6worm

ここでは防水性と防塵性が特に高いモデルをピックアップ。悪天候に見舞われやすい高山や標高の高いキャンプ場を好む方は、防水性や防塵性が高いモデルを選んでおくと安心です。

コールマン バッテリーロックLEDノスタルジアランタン

●サイズ:φ18×35cm
●重量:約1.8kg
●給電方法:単一形乾電池×6,ACアダプター
●明るさ:約700ルーメン
●連続動作時間:High/約15時間,Low/約250時間
●バッテリーロック機能が、過放電による電池の液漏れを防ぐ
●アウトドアでは乾電池で、建物内ではコンセントから給電が可能
●専用のアダプターを使用すると、スマホを充電できる
●IPX4に準拠した防水仕様で、水の飛沫によるトラブルを回避する

レッドレンザー ML6 Warm

●サイズ:29×29×97mm
●重量:約71g
●給電方法:USB充電
●明るさ:300ルーメン
●連続動作時間:
●IP66準拠の強力な防水・防塵性を発揮し、厳しい環境下における故障を軽減する
●明るさは、5・550・750ルーメンの3段階調節が可能
●本体を充電しながら、スマホへの給電が可能
●明るさの強弱調整の他に、点滅モードやゆらぎモードなど7種類の発光モードを搭載

▼レッドレンザーのおすすめについて詳しくはこちら!

照らすだけじゃない!「多機能搭載タイプ」

太陽光充電をしているPLAY HEX-SoLa Ver.2

出典:ROOT.CO

最後はユニークな機能を搭載したLEDランタンをご紹介。蚊を退治する効果や音楽を再生するスピーカーなど、ライト+αの用途を賄う進化系LEDライトも多数登場いしています。

スマホを充電するクレイモア 3FACE+

ただ、必ずしも多機能が良いわけではないというのも注意点。中には機能が多すぎて使いこなせず無駄になるケースもあります。低価格で多機能なLEDランタンの場合は“器用貧乏”となってしまうこともあるので、本当に必要なスペックの見極めも大切です。

ROOT CO.PLAY HEX-SoLa Ver.2

●サイズ:6×11×5cm
●重量:300g
●給電方法:USB充電
●明るさ:1,500ルーメン

●搭載しているソーラーパネルにより、太陽光からの充電が可能
●容量8400mAhのモバイルバッテリー付き
●ハンドライト機能が夜間の移動をサポート
●5段階の明るさ調節機能を備え、最大で1,500ルーメンの強力な明るさを確保

コールマン 360°サウンド&ライト

●サイズ:約φ13.0×25.1cm
●重量:約1.0kg
●給電方法:USB充電
●明るさ:High400ルーメン/Medium175ルーメン/Low80ルーメン
●連続動作時間:High約7時間/Medium約16時間/Low約40時間
●Bluetoothに対応し、音楽の再生が可能
●点灯のみで最大40時間・内蔵スピーカーのみの使用で20時間の連続音楽再生が可能
●明るさは80・175・400ルーメンの3弾以下調節が可能
●IPX4の生活防水仕様

ゴールゼロ ライトハウスマイクロフラッシュ

●:サイズ:‎3.81×3.81×8.89cm
●重量:72.57g
●給電方法:USB充電
●明るさ:150ルーメン
●フラッシュモードでは、懐中電灯として利用可能
●ランタンモードでは8.5~170時間の連続点灯が可能
●手のひらに乗るほどのコンパクトなサイズ感
●充電時間はわずか3.5時間

▼ゴールゼロのおすすめについて詳しくはこちら!


ホワイトナッツ モスキートキラーランタン

●サイズ:φ94×52mm
●給電方法:バッテリー式

●周囲を照らしながら蚊や虫を電撃殺虫するので、虫刺されが気になる人におすすめ
●2~4時間の充電で、LEDライトは最大14時間の灯火が可能
●ワンキーの簡単操作で手軽に使える
●太陽光のような自然な昼光色で、手元を照らすのにぴったり

MAGNA LEDライト ランタン

●サイズ:8.8×8.8×13cm
●重量:204g
●給電方法:USB充電
●明るさ:165ルーメン
●薬品や薬剤を使わずに蚊を退治する
●ナイトライトとして利用可能なやさしい光を放つ
●モバイルバッテリーのUSBで充電が可能
●蚊を退治するのが目的なら、自宅での普段使いにも便利

最強のLEDランタンで快適なキャンプを実現

テーブルの上のバルミューダLEDランタン

様々な種類があるLEDランタン。手軽に扱えてランニングコストもかからないなどメリットもたくさんありますが、一番は適材適所のアイテムを選ぶこと。

場所や用途に合った光量のモデルをチョイスし、充電方法や点灯時間にも注意して快適なランタンを見つけてくださいね!

こちらの記事もおすすめ!