編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE
【2024】LEDランタン最強格5モデル・おすすめランキング30選

【2024年】LEDランタン最強格5モデル・おすすめランキング30選

LEDランタンの最強格としておすすめしたい5つのモデルと、30個のLEDランタンをランキングでご紹介!

信頼性抜群の「ジェントス」、定番の「コールマン」、コスパに優れる「フィールドア」など、数多くの人気ブランドから厳選しています。

「とにかく明るい製品を探している」「ソロキャンプ用のコンパクトなモデルが欲しい」という方はもちろん、おしゃれなランタンを求めている方もぜひご覧ください。

最後まで読めば、きっと理想的なLEDランタンが見つかりますよ!

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

“最強”のLEDランタンに求められる要素とは?

プリズム「クレイモアランプ キャビン」を抱えている女性

出典:クレイモア

ひと口に最強のLEDランタン といっても、どのモデルがもっとも良いと考えるかは人それぞれ。明るさや耐久性など、人によって求める要素が異なります。

自分にとって最強のランタンを見つけるためには、重視したい要素を明確にしておくことが大切。そのためにも、LEDランタンならではの魅力やメリットをここで再確認しましょう!

LEDランタンが持つメリットを再確認!

ガスランタン・ガソリンランタン・灯油ランタンに対して、LEDランタンがどのような点で優れているのかを簡単におさらいします。

ガスランタンなどより安全で、テント内でも使用可能

LEDランタンを手でつかんでいる

出典:PIXTA

LEDランタンはガスランタン などと違って火を使わないので、火災や一酸化炭素中毒などの心配がありません。

そのためテント内で使用できるほか、普段から自宅でも活用できます。お気に入りのランタンが普段から身近にある生活も、なかなか良いものですよ!

簡単に点灯できて明るさも十分!

LEDランタンが切り株の上で発光している

出典:ジェントス

LEDランタンは点灯させるための準備が必要なく、スイッチを押すだけですぐに十分な明かりを確保できます。また、子供が扱えるのもLEDランタンの良いところ。

ただし、乾電池などを飲み込む可能性がある乳幼児が遊んだり、光源を直接覗き込んだりすることのないように配慮する必要はあります。

モバイル充電などを備えた多機能なモデルもある

フィールドア「LEDミニランタン」でスマートフォンを充電している

出典:フィールドア

今やキャンプにおいてもスマートフォンは必需品! モバイルバッテリーのように使用できるモデルは、インターネットや電話が使えなくなるトラブルの防止に貢献します。

その他にも、懐中電灯に切り替えられる機能、非常時にSOS信号を出し続ける機能など、独自の機能を備えた多機能なモデルがあるのもLEDランタンならではの魅力です。

燃料を必要としないからランニングコストが安い

キャプテンスタッグ「アンティーク暖色LEDランタン」が並んでいる

出典:楽天市場

ガスランタンやガソリンランタン を使用する場合、1回のキャンプで数百円分、あるいは1,000円分を超える燃料を消費することもあります。一方でLEDランタンは、乾電池なら100均でも購入でき、充電式であればさらに低コストで運用できます。

もちろん製品によって事情が異なるものの、ランニングコストの差は明白です。それに加え、燃料をこぼしてしまうようなトラブルもありません。

携帯性に優れるコンパクトなモデルも多い

レッドレンザー「ML4」を手に持っている

出典:レッドレンザー

携帯性を求める場合もLEDランタンが最適で、ズボンのポケットに入るほどコンパクトなモデルもたくさんあります。

ソロキャンプを楽しんでいる方や、車中泊をする機会がある方、徒歩や自転車でキャンプ場まで向かう方などにとっては特に魅力的なポイントです。

壊れにくく、災害時への備えとしても最適

ストリームライト「シージ LEDランタン」をテントから吊り下げている

出典:Instagram by @streamlightinc

LEDランタンは耐水性・耐塵性・耐衝撃性に優れるものが多い特徴もあり、そういったモデルは外的要因によるトラブルが起きにくく、災害への備えとしても信頼できます。

キャンプにおいても、風が強い日や雨が降っている日も安心! 勝手に消えることがなく、常に最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

虫が寄りにくく快適に過ごせる

電球に虫が集まっている

出典:PIXTA

蛾などの虫はキャンプの快適性を大きく損なう要因であり、紫外線を放つ光源に集まりやすい性質があります。

その点、LEDは紫外線をほとんど発生させないので、虫があまり集まりません。虫が嫌いな人にとっては、この点が非常に大きなメリットとなります。

最強のLEDランタンを手に入れるための選び方

ジェントス「エクスプローラー EX-V777D」が点灯している

出典:ジェントス

より良いLEDランタンを手に入れるために、以下に挙げる5つのポイントをチェックして選びましょう!

それぞれのポイントについて、わかりやすく解説します!

① 明るさは1,000ルーメン以上あると十分

ジェントス「エクスプローラー EX-1300D」に明かりが灯っている

出典:ジェントス

ランタン選びで特に大切なのが明るさです。それを知るために、明るさを示す単位「ルーメン」をチェックしましょう。

目的ごとに必要な明るさの目安
目的明るさの目安
●広い範囲を明るく照らしたい
●ファミリーキャンプで使いたい
1,000ルーメン
●自分の周りだけ照らしたい
●ソロキャンプで使いたい
300ルーメン
●テント内の照明にしたい
●テーブルの上だけ照らしたい
200ルーメン

1,000ルーメン以上あれば、複数人でのキャンプにおいても不便を感じずに過ごせるでしょう。

ただし、明るいLEDランタンほど本体が大きくなりがちなので、携帯性とのバランスを考慮しなくてはなりません。

ひとつのLEDランタンで幅広いシチュエーションに対応させたい場合は、明るさを細かく調節できるモデルが適しています。

② 光の色は実用性重視なら白色、雰囲気重視なら暖色

明かりの色には昼光色・白色・暖色などがあり、製品によって使用できる色が異なります。

光の色とそれぞれの特徴
昼光色
昼白色の点灯やや青みがかった色で、脳を覚醒させる効果があるといわれている。読書や勉強をするときなどの、集中力を高めたいときに効果的。

一方で目が疲れやすいデメリットがあるほか、就寝前に使うと睡眠の質を低下させる可能性がある。
白色(昼白色・温白色)
太陽光に近い自然な明かりで、物体の色を正確に認識できる。そのため、さまざまなシーンで使いやすい。

暖色より眩しく感じやすい面もあるが、何らかの作業をするときや、探し物をするときなどには特に適している。
暖色(電球色)
暖色の点灯オレンジに近い色で、リラックスしたい時間帯に最適。目が疲れにくいのも長所。

しかし物体の見え方が太陽光とまったく異なるため、料理のときに食材の焼け具合がわかりにくいなどのデメリットがある。

出典:ロゴス

これらのうち、キャンプにおいて実用性が高いのが白色、雰囲気が良いのは暖色です。どの色が良いか迷う場合は、複数の色を切り替えられるモデルをおすすめします。

料理をするときは食材の焼け具合がわかりやすい白色に設定し、そのあとは穏やかな暖色に設定するといった活用ができて便利です。

③ 給電方式により使い勝手やコストが異なる

LEDランタンの給電方式には、乾電池式・充電式・ソーラー充電式があり、それぞれ使用感やランニングコストなどで違いがあります。

LEDランタンの給電方式
乾電池式
乾電池式のLEDランタン【特徴】
市販の乾電池を入れて使用する

【メリット】
●安い製品が多い
●電池切れの際も、交換すればすぐに使える

【デメリット】
●乾電池を購入する費用がかかる
●乾電池の本数が多いほど重くなる
充電式
充電式のLEDランタン【特徴】
内蔵バッテリーにUSBケーブルなどで充電する

【メリット】
●ランニングコストが安い
●コンパクトながらハイパワーなモデルも多い

【デメリット】
●再充電に時間を要する
●乾電池式より価格が高い
ソーラー充電式
ソーラー充電式のLEDランタン【特徴】
ソーラーパネルを太陽光に当てて充電する

【メリット】
●電源がない場所でも充電できる
●災害への備えとしても心強い

【デメリット】
●再充電にかなりの時間を要する
●採用されている製品が少ない

出典:PIXTA/ROOT CO.

④ 連続点灯時間に不足がないかチェック

ベアボーンズ「ビーコンライトLED」を点灯させている

出典:PIXTA

乾電池や内蔵バッテリーの容量がMAXの状態で、何時間使用できるかを示すのが連続点灯時間です。連続点灯時間が長いほどバッテリー切れの心配がなく、電池交換や充電の手間がかかりません。理想的な明るさで、必要な時間をカバーできるLEDランタンを選びましょう。

必要に応じて、予備の乾電池やモバイルバッテリー、ポータブル電源を用意するとさらに安心できます。

⑤ 保護等級「IP○○」で信頼性をチェック!

キャリー・ザ・サン「ミディアム ウォームライト」を浴室で使っている

出典:Instagram by @carrythesun.jp

LEDランタンのスペックに「IP54」などと記載されていることがあります。これは防塵性能・防水性能の高さを示す保護等級です。防塵性能の最高がIP6X、防水性能の最高がIPX8、それら両方を備えているとIP68と表記されます。

環境を問わず使えるLEDランタンが欲しい場合は、この保護等級にもこだわりましょう。

LEDランタン最強格のTOP5モデルがこちら!

それぞれのニーズにおける最強モデルとしておすすめしたい、5つのLEDランタンをピックアップ! 「どれが良いか迷って決められない」という場合には、ぜひこれらのなかから選んでみてください。

【明るさ最強】プリズム「クレイモア 3FACE+(スリーフェイス プラス)L」

プリズム「クレイモア 3FACE+ L」が発光している

出典:Instagram by @claymore_jp

3つの発光パネルからおよそ200°の照射範囲にわたり、最大4,000ルーメンもの圧倒的な光を放つLEDランタン。バッテリー容量30,150mAhを誇る充電式であり、大容量のモバイルバッテリーとしても活用できます。

さらに、手持ちでの使用や吊り下げての設置のほか、カメラの三脚への装着も可能! ファミリーキャンプでのメイン照明としてはもちろん、自動車整備などの夜間作業用のワークライトとしても役立つ最強モデルです。

プリズム クレイモア 3FACE+(スリーフェイス プラス)L

明るさ最大4,000ルーメン
給電方式充電式
充電時間4.5時間
連続点灯時間8.5〜86時間
保護等級IP54
サイズ29.6×10×3.6cm
重量825g

【コスパ最強】Lepro「USB充電式超高輝度調光調色LEDランタン」

Lepro「USB充電式超高輝度調光調色LEDランタン」が雨の中で点灯している

出典:楽天市場

Amazonのレビューが2万件を超える充電式LEDランタンであり、価格は3,000円程度とかなりお手頃。それでいて1,000ルーメンの大光量を放つほか、点灯パターンを4つから選択でき、さらに無段階の調光にも対応!

そしてスマートフォンへの給電が可能なパワーバンク機能も搭載した、便利な機能満載の高コスパモデルです。上部のカバーを外すと、逆向きに吊り下げたときに影ができず、広い範囲をムラなく照らしてくれます。

Lepro USB充電式超高輝度調光調色LEDランタン

明るさ最大1,000ルーメン
給電方式充電式
充電時間8時間
連続点灯時間5〜9時間
保護等級IPX4
サイズ9.7×8.8×19.8cm
重量550g

【携帯性最強】ゴールゼロ「ライトハウス マイクロ フラッシュ」

ゴールゼロ「ライトハウス マイクロ フラッシュ」を手に持って点灯させている

出典:Instagram by @goalzero

手に収まるほどコンパクトなモデル! 小型テントの中でも使いやすく、登山でのテント泊でも便利です。

ソロでの使用に必要十分な150ルーメンの明かりを放つほか、モード切り替えによりハンディライトにもなります。照度を下げると最長170時間も点灯可能です。

USBコネクタを本体に内蔵しているので、モバイルバッテリーなどからの充電もスピーディー! 先進的かつスタイリッシュ、そして特別感のあるデザインも人気の理由です。

ゴールゼロ ライトハウス マイクロ フラッシュ

明るさ最大150ルーメン
給電方式充電式
充電時間3.5時間
連続点灯時間7〜170時間
保護等級IPX6
サイズ3.7.×9.3cm
重量68g

【耐久性最強】ジェントス「エクスプローラー EX-300H」

ジェントス「エクスプローラー EX-300H」が箱の上に置かれている

出典:Instagram by @gentos_official_jp

保護等級として最高のIP68を誇り、さらに10mの落下に耐える耐衝撃性を持つLEDランタン。厳格な品質基準を設けているジェントスの製品ということもあり、信頼性の高さは折り紙つきです。

専用の充電式バッテリーのほか、乾電池に対応する点も素晴らしい魅力。スマートフォンなどへの給電も可能で、災害への備えとしても役立つでしょう。

圧倒的なタフネスを象徴するようなデザインが印象的なほか、キャンプに無理なく持っていけるサイズである点も助かります。

ジェントス エクスプローラー EX-300H

明るさ最大1,300ルーメン
給電方式乾電池式(単1形アルカリ乾電池×3本)・充電式
充電時間6時間
連続点灯時間6〜270時間
保護等級IP68
サイズ10.2×18.9cm
重量680g(電池含む)

【おしゃれさ最強】ベアボーンズ「レイルロードランタンLED」

ベアボーンズ「レイルロードランタンLED」が芝生の上に置かれている

出典:Instagram by @barebonesliving

美しく塗装されたスチール製の外装と、気泡が入ったガラス製のホヤによる、レトロな佇まいがなんとも素敵! 夜の雰囲気がいっそう華やかになるだけでなく、普段から自宅に飾っておきたくなるデザインです。

LEDランタンとしては本体が大きいので、点灯していないときも存在感があります。「ヴィンテージホワイト」「オーシャンブルー」などの個性的なカラーがそろっており、自分の好みに合ったモデルが見つかれば、何年も愛用できるお気に入りになるはずです!

ベアボーンズ レイルロードランタンLED

明るさ最大200ルーメン
給電方式充電式
充電時間-
連続点灯時間3.5〜100時間
保護等級-
サイズ14.6×32.5cm
重量960g

LEDランタンおすすめランキング30選

ジェントス「エクスプローラー EX-1300D」が車の上に乗っている

出典:Instagram by @gentos_official_jp

ここからは、まだまだあるLEDランタンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介! 5つのニーズに分けて、絶対に見逃したくない優秀なLEDランタンを厳選しました。

1,000ルーメン以上のLEDランタンおすすめTOP10

プリズム「クレイモア ウルトラ 3.0 Mサイズ」がボックスの上で点灯している

出典:Instagram by @claymore_jp

明るさを重視したい方に最適な、1,000ルーメン以上のモデルをご紹介! 遠くから視認できるほど明るいので、テントの場所を示す目印としても活用できます。

1位

ジェントス エクスプローラー EX-109D

明るさ最大1,000ルーメン
給電方式乾電池式(単3形アルカリ乾電池×3本)
充電時間-
連続点灯時間240時間(最大)
保護等級IP64
サイズ9.36×18.5cm
重量816g

おすすめポイント

●白色・昼白色・暖色に加えて「キャンドルモード」を搭載
●最大照度で11時間、最小照度で240時間使用可能
●IP64の優れた防塵・防水性能

2位

WAQ LEDランタン2

明るさ最大1,650ルーメン
給電方式充電式
充電時間3時間
連続点灯時間8.5〜60時間
保護等級IP67
サイズ11.5×8×3.5cm
重量700g

おすすめポイント

●テント内など場所を選ばず使える手のひらサイズ
●急速充電に対応し、3時間でフルチャージ可能
●カモフラージュ柄なども選べる魅力的なカラー展開

3位

ジェントス エクスプローラー EX-1300D

明るさ最大1,300ルーメン
給電方式乾電池式(単1形アルカリ乾電池×4本)
充電時間-
連続点灯時間7〜350時間
保護等級IPX4
サイズ12.9×24.6cm
重量1,220g

おすすめポイント

●弱運転で最大350時間使用できる安心感
●明るさを直感的に調節できるダイヤルスイッチ
●電池切れを事前に知らせるインジケーター搭載

4位

コールマン バッテリーガードLEDランタン/1000

明るさ最大1,000ルーメン
給電方式乾電池式(単1形アルカリ乾電池×4本)
充電時間-
連続点灯時間14〜400時間
保護等級IPX4
サイズ11×21.5cm
重量570g

おすすめポイント

●消灯中の過放電による消耗を防ぐ機能「バッテリーガード」
●明るさは1,000・250・75ルーメンの3段階
●非常時の合図などに便利な点滅機能を搭載

5位

ルーメナー ルーメナー2

明るさ最大1,500ルーメン
給電方式充電式
充電時間5時間
連続点灯時間8〜100時間
保護等級IP67
サイズ7.5×12.9×2.3cm
重量280g

おすすめポイント

●明るさ・機能性・耐久性ともにハイレベル
●テントの生地などに挟んで設置できるマグネットフック
●容量10,000mAhのモバイルバッテリーとしても使える

6位

プリズム クレイモア ウルトラ 3.0 Mサイズ

明るさ最大2,200ルーメン
給電方式充電式
充電時間7時間
連続点灯時間9〜90時間
保護等級IP54
サイズ16×9×3.4cm
重量405g

おすすめポイント

●13,400mAhの大容量を誇る充電式LEDランタン
●卓上での使用も、吊り下げての使用もできる設計
●スマートフォンの充電もでき、万が一のときも安心

7位

ジェントス PL-400R

明るさ最大1,300ルーメン
給電方式充電式
充電時間6時間
連続点灯時間2.5〜189時間
保護等級IP66およびIP67
サイズ15.2×11.1×3.3cm
重量298g

おすすめポイント

●カメラの三脚にも接続でき、幅広い使い方が可能
●280ルーメンの暖色モードで10時間持続
●常夜灯として活用できるナイトモード

8位

ROOT CO. HEX-SoLa ver.2

明るさ最大1,500ルーメン
給電方式ソーラー充電式
充電時間7〜8時間
連続点灯時間7〜416時間
保護等級IP65
サイズ11.5×5×6cm
重量300g

おすすめポイント

●ソーラー充電とUSBケーブルでの充電に対応
●六角形のフォルムを採用した個性的デザイン
●ハンディライトとしても使える便利な仕様

9位

フィールドア LEDランタン サークルタイプ

明るさ最大1,000ルーメン
給電方式充電式
充電時間5時間
連続点灯時間8〜30時間
保護等級IPX4
サイズ10.5×4cm
重量295g

おすすめポイント

●テント内に吊り下げても邪魔にならない薄型デザイン
●1泊のキャンプで不足のない連続点灯時間
●10,000mAhの大容量でスマートフォンの充電にも対応

10位

ロゴス 野電 パワーストックランタン1300・フルコンプリート

明るさ最大1,300ルーメン
給電方式充電式
充電時間4.5時間
連続点灯時間5〜80時間
保護等級-
サイズ12.5×12×5.3cm
重量830g

おすすめポイント

●野外で使える電化製品「野電」シリーズの新製品
●点灯しながらスマートフォンを2台同時に充電できる
●ランタン本体用とアダプタ用の2つの収納ポーチが付属

3,000円以下の高コスパなLEDランタンおすすめTOP5

数ある製品のなかで、特にコストパフォーマンスに優れるLEDランタンをピックアップ! 「安くて実用的なものが欲しい!」という方や、これからキャンプを始める方は要チェックです!

1位

Beszing LEDランタン

明るさ最大-
給電方式充電式
充電時間-
連続点灯時間255時間(最大)
保護等級-
サイズ8.4×8.4×7cm
重量194g

おすすめポイント

●ソロキャンプに必要十分な明るさの低価格モデル
●4種類の点灯モードと無段階調光に対応
●消灯前の色と明るさを記憶してくれる

2位

Lepro 電池式超高輝度調光調色LEDランタン

明るさ最大1,000ルーメン
給電方式乾電池式(単1形アルカリ乾電池×3本)
充電時間-
連続点灯時間12〜240時間
保護等級IPX4
サイズ9.5×8.8×18.4cm
重量408g

おすすめポイント

●手軽に使用できる乾電池式の大光量LEDランタン
●手持ち・吊り下げに便利な大きめのアームを装備
●土台のラバー加工によりテーブルの上で滑りにくい

3位

ジェントス エクスプローラー SOL-036C

明るさ最大380ルーメン
給電方式乾電池式(単3形アルカリ乾電池×6本)
充電時間-
連続点灯時間14〜150時間
保護等級IPX4
サイズ7.3×15.8cm
重量400g

おすすめポイント

●省コストを実現できるエネループ対応モデル
●照度100%で14時間使用できるロングライフ
●ゆっくりと点灯・消灯するシステム

4位

KEWISI LEDランタン

明るさ最大-
給電方式乾電池式(単4形アルカリ乾電池×3本)・充電式
充電時間1〜2時間
連続点灯時間8〜150時間
保護等級IPX5
サイズ6.6×4cm
重量90g

おすすめポイント

●市販の乾電池にも対応する充電式LEDランタン
●充電はUSB Type-Cケーブルを使用
●遠くまで照らすLEDチップを中心部に搭載

5位

キャプテンスタッグ アンティーク暖色LEDランタン

明るさ最大-
給電方式乾電池式(単3形アルカリ乾電池×4本)
充電時間-
連続点灯時間8〜24時間
保護等級-
サイズ12×22cm
重量230g

おすすめポイント

●レトロなデザインと鉄の質感を楽しめる
●1泊のキャンプには十分な連続点灯時間
●グリーンやピンクなども選べる豊富なカラー展開

ソロキャンプに最適なコンパクトLEDランタンおすすめTOP5

手のひらサイズのコンパクトなLEDランタンを厳選! ソロキャンプ用のランタンが欲しい方や、サブの照明が欲しい方にとって、今注目すべきモデルがそろっています。

1位

レッドレンザー ML4 Warm Light

明るさ最大300ルーメン
給電方式乾電池式(単3形アルカリ乾電池×1本)・充電式
充電時間2.5時間
連続点灯時間2.2〜40時間
保護等級IP66
サイズ2.9×9.7cm
重量71g

おすすめポイント

●最大300ルーメンの超コンパクトLEDランタン
●単3形乾電池・充電式バッテリーの両方に対応
●そのままリュックなどに吊り下げられる設計

2位

コールマン ハンギングEライト

明るさ最大250ルーメン
給電方式充電式
充電時間-
連続点灯時間10〜40時間
保護等級IPX4
サイズ7×5cm
重量130g

おすすめポイント

●暖色系の優しい明かりが癒やしの空間を作る
●250ルーメンのハイモードで10時間使用可能
●スマートフォンなどを充電できる

3位

キャリー・ザ・サン ミディアム ウォームライト

明るさ最大100ルーメン
給電方式ソーラー充電式
充電時間7〜9時間
連続点灯時間10〜72時間
保護等級IP67
サイズ21×11×1.2cm
重量86g

おすすめポイント

●わずか1cmほどに折りたためる画期的アイテム
●糸を張り巡らせた丈夫な「ヨットセイル生地」を採用
●登山でも使えるほど優れた携帯性

4位

ベアボーンズ ビーコンライトLED 2.0

明るさ最大220ルーメン
給電方式充電式
充電時間4〜5時間
連続点灯時間3〜200時間
保護等級IPX4
サイズ7.6×15.2cm
重量127g

おすすめポイント

●レトロモダンなデザインで人気の充電式ランタン
●置いても吊り下げても使用できる設計
●波打ったカバーが美しい光を生む

5位

5050ワークショップ ミニマライト

明るさ最大250ルーメン
給電方式充電式
充電時間5時間
連続点灯時間6〜10時間
保護等級IP44
サイズ2.65×2.65×12.3cm
重量107g

おすすめポイント

●ハンディライト・ランタンの2通りの用途に対応
●明かりの色を3種類から、明るさは2段階から選べる
●アルミ素材を用いたスタイリッシュなデザイン

耐久性に優れるLEDランタンおすすめTOP5

ハードコンディションでも安心して使える、耐久性に優れたLEDランタンをご紹介! 信頼性が高く、防災用のアイテムとしても活用できます。

1位

ジェントス エクスプローラー EX-V777D

明るさ最大360ルーメン
給電方式乾電池式(単1形アルカリ乾電池×3本)
充電時間-
連続点灯時間27〜78時間
保護等級IP64
サイズ10.2×8.7×18.4×8.7cm
重量802g

おすすめポイント

●2mの落下耐久を誇るタフなLEDランタン
●コストパフォーマンスに優れ、初めてのランタンにも最適
●ほどほどのサイズでソロキャンプにもおすすめ

2位

ストリームライト シージ LEDランタン

明るさ最大540ルーメン
給電方式乾電池式(単1形アルカリ乾電池×3本)
充電時間-
連続点灯時間30〜430時間
保護等級IPX7
サイズ9.5×18.5cm
重量878g

おすすめポイント

●水に浮く設計とIPX7の防水性により水辺での使用も安心
●耐衝撃ポリカーボネートを採用したタフなボディー
●SOSのモールス信号を最大12日間出し続ける機能

3位

ジェントス エクスプローラー EX-236D

明るさ最大430ルーメン
給電方式乾電池式(単3形アルカリ乾電池×6本)
充電時間-
連続点灯時間10〜142時間
保護等級IP68
サイズ7.8×14.1cm
重量355g

おすすめポイント

●IP68・2m落下耐久を誇るハイレベルな保護性能
●水に浮くフローティング機能により夜釣りにも便利
●携帯や収納がしやすいスリムな形状

4位

ジェントス エクスプローラー EX-200PB

明るさ最大580ルーメン
給電方式充電式
充電時間3.5時間
連続点灯時間10〜111時間
保護等級IP66およびIP68
サイズ7.8×14.1cm
重量277g

おすすめポイント

●3.5時間の充電で10時間以上使用できる
●吊り下げて使うためのカラビナを装備
●全体が発光し、影ができにくい「シャドーレストップカバー」

5位

フィールドア LEDミニランタン

明るさ最大410ルーメン
給電方式充電式
充電時間4時間
連続点灯時間5.5〜16時間
保護等級IP65
サイズ7×12cm
重量250g

おすすめポイント

●ランタンと懐中電灯の1台2役をこなすアイテム
●白色と暖色の切り替えと明るさの調節が可能
●赤点滅で存在を知らせる「SOSモード」搭載

デザインがおしゃれなLEDランタンおすすめTOP5

キャンプの時間を華やかに彩る、おしゃれなLEDランタンをピックアップ! どれも普段から家に飾っておきたくなるアイテムばかりです。

1位

モザンビーク クラシカルバンブーランタン

明るさ最大370ルーメン
給電方式充電式
充電時間7時間
連続点灯時間8〜75時間
保護等級IPX4
サイズ12.6×23cm
重量500g

おすすめポイント

●天然素材の竹や麻を用いた温もりのあるデザイン
●ダイヤルで明るさを変えられる直感的なシステム
●半透明のカバーが目に優しい穏やかな明かりを作る

2位

コールマン クアッド マルチパネルランタン

明るさ最大800ルーメン
給電方式乾電池式(単1形アルカリ乾電池×4本または8本)
充電時間-
連続点灯時間13〜400時間
保護等級IPX4
サイズ14.5×23.5cm
重量1,200g

おすすめポイント

●取り外して使用できる発光パネルを4面に搭載
●スペックの高さを感じさせる先進的な外観
●発光パネル単体で最長14時間ほど使用できる

3位

バルミューダ BALMUDA The Lantern

明るさ最大195ルーメン
給電方式充電式
充電時間6時間
連続点灯時間3〜50時間
保護等級IP54
サイズ11×10.3×24.8cm
重量630g

おすすめポイント

●優雅なモダンデザインをきわめた逸品
●余計な装備を廃した設計で普段使いしやすい
●プレゼントにすると喜ばれること間違いなし

4位

コールマン リチャージャブルマルチランタン

明るさ最大800ルーメン
給電方式充電式
充電時間3時間
連続点灯時間5〜65時間
保護等級IPX4
サイズ14×28cm
重量830g

おすすめポイント

●伝統的なガソリンランタンのデザインを採用
●本体が大きめで存在感があり、華やかな雰囲気を演出
●さまざまな場所に吊り下げられるフック状のアーム

5位

プリズム クレイモアランプ キャビン

明るさ最大640ルーメン
給電方式充電式
充電時間5.5時間
連続点灯時間6〜55時間
保護等級-
サイズ14.1×10.8×23.2cm
重量556g

おすすめポイント

●どの角度から見ても美しい芸術的なLEDランタン
●夕焼けや満月などを連想させるエモーショナルな光
●外観が良いだけでなく、明るさや機能性も十分に実用的

▼おしゃれなランタンを紹介している記事はこちら!

LEDランタンでよくある質問・疑問

LEDランタンに関して、よくある質問や疑問について解説します。LEDランタンを購入する際の参考にしてください。

LEDランタンとガスランタンはどっちがいいの?

ガソリンランタンが灯っている

出典:PIXTA

実用性や手軽さを重視したいならLEDランタンを、雰囲気や明るさを重視したいならガスランタンをおすすめします。

特に、携帯のしやすさにこだわりたいならLEDランタン一択といって良いでしょう。ですがガスランタンもまた魅力的なキャンプ用品です。

ガスランタンについては別の記事で詳しく解説しているので、気になる場合はそちらを参考にしてください。

▼ガスランタンについて詳細の記事はこちら!

LEDランタンは夜釣りでも役に立つ?

夜釣りをする人たち

出典:PIXTA

頻繁にポイントを移動するのでなければ役に立ちます。一方で、ポイントを移動しながらおこなう釣りでは、いちいち持って運ぶのが面倒に感じられるかもしれません。

夜釣りで使うための明かりが欲しいなら、LEDランタンを買うよりも、頭に装着するヘッドライトを買うのが先です。釣り用の製品でなくても十分に役立ちます。

ヘッドライトについて詳しく解説している記事もあるので、まだ夜釣り用のヘッドライトを持っていない場合はそちらもチェックしましょう。

▼ヘッドライトについて詳細の記事はこちら!

乾電池式のLEDランタンには、エネループや充電式エボルタは使える?

充電池を手に持っている

出典:PIXTA

エネループや充電式エボルタに対応するモデルと、対応しないモデルがあります。そのため、それらが使用できるかどうかをしっかり確認してから購入しましょう。

指定の電池以外のものを使用した場合は、正常に動作しない可能性や、故障した際に保証を受けられなくなる可能性があります。

LEDランタンのおすすめモデルを動画でチェック!

YouTubeの「CAMP HACK」公式チャンネルでは、キャンプに役立つコンテンツを配信しています。

LEDランタンに関する動画もあるのでぜひご覧ください。動画で見ると、キャンプで使っている様子が具体的にイメージできますよ!

【打倒ゴールゼロ】次世代を担う小型LEDランタンおすすめ7選
ソロキャンプにおすすめLEDランタン5選、明るさ実験してみました【キャンプギア】
【2023最新版】Amazonで買える!おすすめLEDランタン厳選7種

自分にとって最強のLEDランタンを見つけよう!

LEDランタンを手に持って見ている

出典:Instagram by @gentos_official_jp

LEDランタンには、安全性・機能性・手軽さ・コストなどの面で多くのメリットがあります。ですが、もっとも大切なのは、適材適所でアイテムを選ぶことです。

自分のキャンプスタイルに合ったタイプの製品から、理想的なLEDランタンを手に入れましょう。その際にはぜひ、前半で解説した選び方のポイントや「CAMP HACK」公式チャンネルの動画も参考にしてください!

LEDランタンの人気売れ筋ランキング

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングにおけるLEDランタンの人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認できます!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がCAMP HACKに還元されることがあります。
※各商品の紹介文は、実際に商品を使用した上での見解に加えて、メーカー・ECサイト等の内容を参照して記載をしております。
※掲載されている情報は、CAMP HACKが独自にリサーチした時点の情報、または各商品のJANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し自動で生成しています。  掲載価格に変動がある場合や、登録ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

LEDランタンに関するこちらの記事もおすすめ!

▼ランタンのおすすめを紹介している記事はこちら!

▼LEDランタンのおすすめを紹介している記事はこちら!

▼オイルランタンのおすすめを紹介している記事はこちら!

▼キャンドルランタンのおすすめを紹介している記事はこちら!