光を自在に操ろう!ガスランタン・LEDランタン徹底比較!

2019/03/05 更新

ランタンは夜のテントサイトを明るく照らしてくれて、夜を楽しむためには不可欠な道具。そんなランタンの中でも、取り扱いが簡単・便利なガスランタンとLEDランタンについて比較してみました。おすすめも紹介も必見です!


アイキャッチ画像出典:Coleman Facebook

ランタンは家族や仲間をやさしく照らしてくれる夜の太陽だ

9382141284_e2349c795e_k出典:MIKI Yoshihito By Flickr
夕日が地平線に消えかけるころ、街灯のないキャンプ場では太陽の光に変わる明かりが必要になってきます。そこで役立つのがランタン。あなたの家族や仲間の顔を夜でもやさしく、そして暖かく照らしてくれます。

そんなキャンプに必須とも言えるランタン。ひとことで言っても種類は、現在メジャーなガス製、トラディショナルなガソリン製、そして最近ではLED製も出てきました。今回は、現在メジャーなガス製と新興的なLED製とを比較し、メリット・デメリットとをはっきりさせていきます!うまく使い分けして、よりよいキャンプライフを送りましょう!

 ガスランタンのメリット&デメリット

メリット:取り扱いが簡単、そしてフォルムのかっこよさ

ガスランタンは専用のガスカートリッジを装着するだけ。モノの数秒で燃料準備完了ですので、初心者にも使いやすいランタンです。点火もボタンひとつで安全。

そして、そのメタルの輝きや、ブランドが歳月をかけて作り上げてきた渋いフォルムに心躍ります。

デメリット:コストが高く、場所によっては不安定

高地や寒冷地などでは火力や着火が不安定になりがちです。またガスカートリッジの価格も高く、燃焼時間もホワイトガソリンよりも短めなのでランニングコストが高くなります。

LEDランタンのメリット&デメリット

メリット:お手軽で安全!

電池を入れるだけで使えるので操作はいたって簡単。安全性でも、横向き、逆さにしても問題ありません。テントの中に持ち運んでも安心ですね!

デメリット:コストが高い!そして、フォルムも気になる

こちらもガスランタンと同じく費用がかかります。しかし、充電式の電池を購入して使いまわせば費用はぐんと抑えられるでしょう。

フォルムは、こだわり強いキャンパーの方からすると、プラスチックのフォルムは少し気になるところ。やはり、どことなくくすんだゴールドやシルバーの輝きを1度見てしますと、忘れられません。


おすすめガスランタン5選

ITEM
コールマン ランタン 2500 ノーススターLPガスランタン
キャンプサイトを照らす320キャンドルパワーの大光量。イグナイター先端の形状を変更により確実に火花を飛ばすことが可能。200W相当の明るさ。マントルはワイヤークリップでワンタッチで簡単取付。

イソブタンガスを買えば、ほぼ一年中使えます。
缶ビールを使って水平方向にリフレクターを作ったので、近所迷惑も防げました。



ITEM
スノーピーク ギガパワーBFランタン
上下本体に接合する細長いマントルから放たれる光はハイパワー170W。メンテナンスやマントル交換をスムーズに行うためにグローブは2分割できるようデザインされています。光量調節のハンドルはワイヤータイプを採用。保管、携行用に専用のソフトタイプの収納ケースが付属します。キャンプの夜を演出するBFランタンです。

見た目もかっこ良く、光量も良い。満足しております。



ITEM
ユニフレーム フォールディングガスランタンUL-X
新設計燃焼効率でご好評頂いている【UL-X】にクリアホヤを装着した、プレミアムショップ限定モデルを発売します。より遠くまで照らすだけでなく、足元への明るさも両立するクリアホヤ。

デザイン、携行性、その他もろもろの造りの良さは流石。
ユニフレーム好きな人も、そうでない人も買って後悔のない逸品です。



ITEM
ソト 虫の寄りにくいランタン
テントサイトを明るくすると起こる虫問題に対する提案が、虫の寄りにくいランタンST-233。虫の寄りにくい3つの効果で対策は万全。パワーブースター標準装備でドロップダウンを防ぎ、安定した光量を持続します。

いままで使っていたガスランタンが小型だっただけに、私には申し分ない明るさです。使い勝手もよく満足です。



ITEM
イワタニプリムス 2245ランタン
マイナーチェンジを重ねながら長年愛され続けているプリムスを代表するランタンです。吊り下げが簡単に行えるワイヤーサスペンダーを採用し、機能性を向上させています。

昔から変わらないデザインと雰囲気はとても気に入ってます。
使い勝手もよく一つは持っておきたいですね。


おすすめLEDランタン5選

ITEM
コールマン ランタン CPX6 レトロLEDランタン
明るい白い光と暖かみのある優しい光、ディマースイッチで最適な明るさに調節可能
無段階調節。シーンにあった光を自由に選べるLEDランタン。明かりを抑えてナイトライトとして。

直径1m程度のテーブルの上において最大点灯すれば、すべてのお皿が照らされ食事をとることが出来ました。



ITEM
コールマン ランタン CPX6 クアッドLEDランタン
乾電池、CPX6システムに対応の充電式ランタンです。ライトは4つに分かれ複数同時に使用可能です。明るさ抜群の光量調節付LEDランタン。24個のLEDで大光量。まぶしさ軽減アンバーレンズを採用。分割式エリアライトを本体に戻せば充電が開始します。

4つそれぞれ外れるのでばらして4つ角に置いています。トイレに行くときは一つ持っていくといった感じでとても重宝しています。



ITEM
ジェントス LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル
目に優しい暖色LED搭載モデルにシリーズ最高280ルーメンモデル登場

商品としては非常に良く出来た製品です。
充分な明るさは下手なガスランタンを凌ぎます。点灯時間も長く数日の使用に充分耐えうるものです。



ITEM
キャプテンスタッグ アンティーク暖色LEDランタン
暖かいオレンジ色の光です。

LEDのランタンのほとんどは真っ白な光。
暖色な光は雰囲気が良く気に入っています。
しかも無段階調光機能で、ピッタリな光を実現。
電池も単三x4本で、至れり尽くせり。



ITEM
スノーピーク ソリッドステートランタン たねほおずき
アウトドア用LEDランタンとしては希有な温かみのある電球色と、ろうそくの様に揺れるゆらぎモードも継承し、雰囲気を大事にしたいキャンプシーンでのアイテムとしてももちろん! アウ トドア用ライトに求められるHI/LOW/フラッシュの点灯モードももちろん標準装備して、遊べる、使える、LEDライトのニュースタンダードの登場です。

商品は非常に良いです!
皆さんが言う「思っていたよりも明るい」が納得です^^b
ソロキャンプで外にはガスランタン、テントの中にはたねほおずきでOKだと思います☆



さいごに

ガスランタン、LEDランタンそれぞれのメリット・デメリットを考慮して上手に使い分けることでよりよいキャンプライフを送れそうです。サイト全体は、光量が大きなガスランタン、テーブルやキッチン、テント内などはLEDランタンという風に、明かりをコントロール出来るようになると夜の演出もよりスマートになることでしょう。

 
アイキャッチ画像出典:Coleman Japan
 

Which Is Better?

適材適所でサイコーキャンプ

紹介されたアイテム

コールマン ランタン 2500 ノースス…
サイトを見る
スノーピーク ギガパワーBFランタン
サイトを見る
ユニフレーム フォールディングガスランタ…
サイトを見る
ソト 虫の寄りにくいランタン
サイトを見る
イワタニプリムス 2245ランタン
サイトを見る
コールマン ランタン CPX6 レトロL…
サイトを見る
コールマン ランタン CPX6 クアッド…
サイトを見る
ジェントス LEDランタン エクスプロー…
サイトを見る
キャプテンスタッグ アンティーク暖色LE…
サイトを見る
スノーピーク ソリッドステートランタン…
サイトを見る

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

» プリムスの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
shimooka takaharu

九州在住のライター。キャンプや登山を楽しみながら、100kmを超えるウルトラマラソンまで挑戦の幅を広げている。徒歩で旅をしながらキャンプをしてみたいと思う今日この頃。将来は、自然豊かな場所でログハウスに住むのが夢。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!