コスパ最強と名高い「GOAL ZERO(ゴールゼロ)」のこのLEDライト知ってる?

3,000円で買えるコンパクト LEDライトGOAL ZERO「LIGHTHOUSE micro」シリーズをご存知ですか?安価ながらも、そのコンパクトボディから想像以上の明るさを発揮。実力を実感し「もう1つ…」と買い足すキャンパー続出しているアイテムなんです。その魅惑のスペックとラインナップをご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:編集部

リピーター続出!GOAL ZERO(ゴールゼロ)って一体何者?

撮影:編集部
みなさん今、一つのコンパクトで優秀すぎるLEDライトが話題なのをご存知でしょうか? その名もGOAL ZERO(ゴール ゼロ)の「Lighthouse Micro(ライトハウス マイクロ)」シリーズです。
2008年にアメリカユタ州で誕生したGOAL ZEROの「Lighthouse Micro」シリーズは、キャンプユーザーはもとより災害時にも活躍できるスペック!

コンパクトながらもその明るさと使い勝手の良さは、既に使用しているキャンパーのお墨付き。その魅力に迫ってみましょう。

約3,000円で買える!ゴールゼロの人気モノ「Lighthouse Micro」の特徴

まずはスタンダードモデル「Lighthouse Micro」の特徴をご紹介。「一つは持っていてもいいかな!?」と思わせるその魅力はいったいどの部分なのかご紹介していきます。

手のひらサイズのコンパクトさ!

撮影:編集部
本体サイズは約93×37.75mmと小さくてコンパクト! 手に持て余すほどのミニマムさは、画像からも一目瞭然ですね。

さらに重量は68gと軽量。UL化を目指しているキャンプやツーリングキャンプでも大活躍のサイズですね。

最大150ルーメンの明るさ!

最大で150ルーメンの明るさが確保できます。「150ルーメン」は、サイト全体を照らすメインライトとしては力不足なのですが、ソロテント内であれば全体を照らせる明るさです。

また2台持ちすると、4人用のリビングスペースを全て照らせるほどの明るさがあります。

最大170時間点灯できる!

GOAL ZERO Lighthouse Micro 点灯している画像1
出典:GOAL ZERO
内蔵バッテリーに9.62Whリチウムイオン電池を内蔵していて、連続点灯時間の目安は7時間~最長で170時間というから驚きです。

環境にもよりますが1日点けっぱなしの状態でも1週間もつ計算になり、災害時にも強力なアシストをしてくれそうです。

充電用のUSBコネクタを装備

撮影:編集部
また充電用のUSBコネクタを装備しているので、ケーブルを接続しなくても内蔵バッテリーを充電することが可能。

車載のUSBポートや、スマートフォン充電器でも充電OK! この汎用性なら何処へでも持って行けます。
撮影:編集部(写真はLighthouse Micro Flashモデル)
しかもバッテリー残量が分かるLEDインジケータを搭載しているので、残量をうかがいながら使用する……なんてことも可。これは付いていると嬉しい機能ですね。

さらにUSB充電時なら約3.5時間でフル充電というのも魅力です。

置いたりぶら下げたりできる設置方法

撮影:編集部
吊り下げ用フックが付いているので、このようにぶら下げて使用できます。またテーブルに立てることもできるので、家ではベッド脇に置く読書灯としても。

眩しすぎない“ちょうどよい明るさ”がこのライトの魅力と言っても過言ではありません。

このスペックで2,854円(Amazon5月31日付け)

GOAL ZERO Lighthouse Micro画像1
撮影:編集部
ご紹介したスペックで3,000円を下回るお値段はお買い得です。さらに「2つの点灯モードの切り替えも可能」というオマケ付きで、文句のつけようがないですね!

上位モデル「Lighthouse Micro Flash」との違いは?

「Lighthouse Micro」でも十分ですが、さらにもう1つ上位モデル「Lighthouse Micro Flash」があるんです。どういった違いがあるのかも含めてご紹介します!

大きな違いはコレ1つ!フラッシュライトがあるかどうか

GOAL ZERO Lighthouse Micro Flash 画像1
撮影:編集部
真横から撮影した画像を見比べると見た目はほぼ一緒。それもそのはずで、本体サイズ、重量、連続点灯時間などの基本スペックは全く一緒です。

ではどこが違うのか……目を凝らすと真横からでもなんとなくわかるかも!?
GOAL ZERO Lighthouse Micro Flash 画像2
撮影:編集部
違いはここ! 本体上部にフラッシュライトが付いているかどうかだけです。ここにフラッシュライトがあることにより懐中電灯のようなピンポイントな使い方もできますね。

価格もスタンダードモデルは2,854円、 Flashは3,991円(共にAmazon5月31日付け)です。

どちらのモデルも魅力的ですね。もう既にその実力を知っているキャンパーたちの間では、複数使いが当たり前な程の製品スペックに対しての信頼を獲得しています。

ITEM
ゴールゼロ Lighthouse Micro
●サイズ:約93×37.75mm
●重量:68g
●明るさ:最大150ルーメン
●連続使用時間の目安:7~170時間
ITEM
ゴールゼロ Lighthouse Micro Flash
●サイズ:約93×37.75mm
●重量:68g
●明るさ:最大150ルーメン
●連続使用時間の目安:7~170時間

ゴールゼロ Lighthouse Microシリーズは実力派!

GOAL ZERO Lighthouse Micro Flash 画像1
出典:GOAL ZERO
いかがでしたか? ゴールゼロ「Lighthouse Micro」シリーズの魅力に迫ってみました。ご紹介しながらスペックの高さやそのコンパクトさ、価格のリーズナブルな点に改めて優秀さを感じました。

これ一つあればアウトドアから、災害のような緊急時もカバーしてくれるので手元に欲しいアイテムですね。

同じく今注目を集めているLEDライトと言えば「ルーメナー」

最近、上位モデルが発売されたばかりの「ルーメナー」は、最大1300ルーメンという脅威の明るさが人気の秘訣。こちらも見逃せません。

GOAL ZERO Lighthouse Micro series has no losses!
ゴールゼロ Lighthouse Microシリーズは持っていて損はなし!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
野口理加

家族でキャンプにハマっている2児の母。今年は念願のリターンライダーを果たし、キャンプツーリングの機会を狙っています。お酒、甘いもの、キャンプ飯が大好物!  instagramアカウント: @mojyacamp

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!