CAMPHACK

ランタン|おすすめランタン30選&選び方ガイド紹介

1

おすすめランタン特集!ガスランタン、ガソリンランタン、LEDランタンを中心に、明るさ別にランタンをご紹介。 キャンプの必需品の1つ、明るさや機能性・デザインなど豊富なラインナップが揃う「ランタン」。意外と知らない選び方をチェックしてみよう!

CAMP HACK編集部

アイキャッチ画像出典:PIXTA

キャンプの必需品「ランタン」

コールマン キャンプ 自然の中で行うキャンプにとって、ランタンは唯一の灯り。3~4人家族くらいのファミリーキャンプの場合、以下にある3つのランタンを用意しておけば、灯りに不自由することなく過ごせます。

●メインランタン……サイト全体の灯り
●テーブルランタン……テーブル周辺の灯り
●テント内ランタン……テント(寝室)の灯り

これはランタンの種類ではなく、配置すべき「3つのポジション」のこと。この各ポジションに適したランタンを選ぶことが大切です。
ジェントス ランタン まずランタンの「3つのポジション」と、各ポジションに適しているランタンの種類について解説していきます。

ランタンの選び方「3つのポジション」

① メインランタン

コールマン メインランタン キャンプサイト全体を照らすのが、メインランタンの役割。タープのポールやランタンポールに吊り下げて、高い位置に配置します。

ランタンの種類は、光量が大きい「ガソリンランタン」や「ガスランタン」がおすすめ。主力のランタンですので、なるべく燃焼時間が長いモデルを選びましょう。

数値の基準として、200W前後のものを選ぶと十分な灯りを確保できます。光量の低いランタンでも、2台使いをして挟むように照らせば、手元の影が生まれづらく細かな作業もしやすいですよ。
ルーメナー
撮影:編集部
また最近では、安全面から「LEDランタン」を選ぶキャンパーも増えてきています。ガス、ガソリンランタンに引けを取らない光量を発揮してくれますし、加減の調節もしやすいです。

またUSB充電できるモデルがほとんどなので、ガスやガソリンといった燃料を用意する必要もありません。

② テーブルランタン

テーブル ランタン 卓上に配置して料理や身の回りのものを照らすのが、テーブルランタンの役割。「LEDランタン」「ガスランタン」などが向いています。

テーブル全体を照らしてくれるランタンを1つ配置したり、小さな明るさのランタンを複数配置したり、使い勝手さやレイアウトに合わせてランタンを置きましょう。スノーピーク ランタン
出典:snow peak
ただし注意したいのは、明るさ。メインランタンよりも明るいランタンだと、虫が寄ってきてしまうので要注意。テーブルランタンは、数値は高すぎない50~100Wぐらいモデルを選ぶのが無難です。

③ テント内ランタン

テント内ランタン
出典:coleman
寝室となるテント内にもランタンがあると便利。ここで選ぶのは電気、電池、太陽光などで動く「LEDランタン」。ガソリン・ガスランタンの燃料系ランタンは、火事や一酸化中毒の危険性があるので使用しないようにしましょう。

テントと明かり
撮影:編集部
メイン、テーブル、テント、この「3つのポジション」にランタンが1つずつあれば、3~4人家族のファミリーキャンプなら十分な明かるさを確保できます。

続いては、ポジション別におすすめランタンたちをご紹介していきます。

ランタンの売れ筋人気ランキングはこちら

メインランタンにおすすめの10選

関連記事