最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ ランタン

【2022年】おすすめランタン40選!用途別の選び方完全ガイド

キャンプ用ランタン(ライト)特集!LEDにガスにガソリンに灯油と様々な種類がありますが、どう選んだら良いのでしょうか? この記事では選び方のポイントと、メイン・テーブル・テント内の常夜灯などシーン別におすすめのランタンをご紹介します!

目次

アイキャッチ画像出典:Instagram by @kazumoshere_sky

ー夜のキャンプサイトを照らす光源「ランタン」

ランタン

出典:Instagram by @ryo2142

キャンプでの夜を照らす唯一の光源・ランタン。キャンプサイト全体を照らしたり、トイレに行くときに使ったりとまさに必須アイテムです。

サイズや明るさまで豊富なランタンが展開されており、最近ではインテリアや災害用品としても使われることも多く、おしゃれなデザインのものも増えていきています。

ランタンは大きく分けて4種類

ランタン

出典:Instagram by @kazumoshere_sky

ランタンは使用燃料によって、

・ガソリンランタン
・ガスランタン
・灯油ランタン
・LEDランタン

の4種類に分かれます。

それぞれに特徴や魅力があるので、ひとつずつ見ていきましょう。

①ガソリンランタン

ランタン

出典:Instagram by @d1_camp05

ガソリンランタンは、ホワイトガソリンという煤(すす)の出にくい燃料を使用するランタンです。1番の特徴はタンク部にあるノブを押し引きして内圧をかけるポンピングという作業が必要な点。

この作業が慣れるまで大変である反面、光量が非常に高く、寒冷地でも安心して使用できるのが魅力です。

②ガスランタン

ランタン

出典:Instagram by @outdoor_photo_toshi

ガスランタンはOD缶やCB缶を取り付けて発光させるランタンです。キャンプでは使用率の高いOD缶・CB缶を使用するので、使い回ししやすく、ポンピングが不要なため初心者でも扱いやすい設計になっています。

ガソリンランタンに比べて光量は多少劣るものの、大光量から中光量まで幅広いのが魅力ですが、寒冷地ではガス缶が冷えて、灯りが消えてしまうこともあるので注意が必要です。

③LEDランタン

ランタン

出典:Instagram by @aoi_campal

LEDランタンは乾電池式や充電式といった、電気をエネルギーとして使用するランタンです。他のランタンと比べてボタンひとつで灯りがつき、火を使わないので屋内での使用や、子供でも不安なく使用することができます。

最近ではUSBポートやスピーカー、手動発電など多機能なものも販売されており、デザイン性も高いことからインテリアや、災害対策としても使用されることが多い人気のある種類です。

④灯油ランタン

ランタン

出典:Instagram by @sg_8809

灯油ランタンはその名のとおり、灯油を燃料として使うランタンです。ガソリン・ガスと比べて灯油は値段が最も安く長持ちするため、夕方から就寝前まで長時間使用することができます。

小さく温かみのある光は雰囲気作りに最適で、消音も少なく軽量性にも優れているのもポイントですが、灯油は煤が出やすいため、こまめな手入れが必要にもなる種類です。

使用シーン別・ランタンの選び方

ランタン

出典:Instagram by @mayura0705

ランタンは大きく分けて

・メインランタン
・テーブルランタン
・テントランタン

と3つの使用シーンに分けられます。

それぞれのランタンによって、ワット数やルーメン値など明るさが異なるので、どのような用途で使用するのかを想定するのが、選びやすくなるコツです。

ワット(w)とは

ランタンには明るさを表す単位として「ワット(w)」と「ルーメン(lm)」が使われます。

「ワット(w)」はガソリンや灯油などを燃料とする消費電力を表し、「ルーメン(lm)」はLED照明の明るさを表す単位です。

 

ワット(W)相当ルーメン(lm)値
20w170ルーメン以上
30w325ルーメン以上
40w485ルーメン以上
50w640ルーメン以上
60w810ルーメン以上
80w1160ルーメン以上
100w1520ルーメン以上

LEDランタンでも「〜ワット相当」という表記で記されてもいるので、ランタン選びの際はぜひこの表を参考にしてみてください。

①メインランタン

ランタン

出典:Instagram by @kc13.camphotography

メインランタンはポールに吊り下げて、足元やテント周りが見やすいようにサイト全体を照らすのが役割です。そのため、100W/1500lmほどの大光量で、燃焼時間の長いモデルを選びましょう。

光量が高すぎることで他キャンパーの迷惑になることもあるので、リフレクターなどを併用するのがおすすめです。

②テーブルランタン

テーブルランタン

出典:Instagram by @gaku_c

テーブルランタンは文字とおり、卓上に置いて食事や身の回りのものを照らす役割があります。60W/800lmの明るすぎないモデルがおすすめで、雰囲気作りにも長けています。

テーブルには食事や調理器具も置くことも多いので、比較的小さめなランタンを選ぶと持ち運びもしやすいですよ。

✔︎さらに詳しく!

③テントランタン

ランタン

出典:Instagram by @shinsukekageyama

テントランタンは、着替えや就寝準備をするときにテント内を照らす役割があります。30W/300lmほどの小光量で、テント内を淡く照らすくらいのものを選ぶと眩しすぎないのでおすすめです。

また、テント内でガソリン・ガス・灯油のランタンを使用すると一酸化炭素中毒のリスクがあるため、LEDランタンを使用しましょう

連続使用時間を見ると選びやすい!

ランタン

出典:Instagram by @pegus_home

ランタンを選ぶときは、どの程度の連続使用時間なのかも確認することが大切です。

1泊のキャンプであれば、7〜8時間程度のモデルであれば夜通し使用することができます。

2泊以上する場合は、ガソリン・ガス・灯油ランタンなら予備燃料を、LEDランタンならモバイルバッテリーやポータブル電源などを用意しておくと安心です。

メインランタンのおすすめモデル14選

コールマン ワンマントルランタン

ワンマントルランタン

出典:Instagram by @tsuchipon

初めにご紹介するのは、ランタンを販売するなかでも代表的なメーカー・コールマンの定番アイテム、ワンマントルランタン

ガソリンやガスランタンの光源となる袋、マントルをひとつ使用することから付けられたシンプルなネーミングで、メインランタンとしては十分な130Wという明るさを誇ります。

構造がシンプルであるため、メンテナンス性と堅牢性を兼ね備えるガソリンランタンです。

コールマン ワンマントルランタン

サイズ:横幅16×高さ31(cm)
重量:約1.4kg
最大光量:130W相当
使用燃料:ホワイトガソリン
連続燃焼時間:約7.5~15時間

コールマン ノーススター チューブマントルランタン

ノーススター

出典:Instagram by @kiq_in_the_sky

230Wと非常に高い明るさを持つ、ノーススターチューブマントルランタン。先述したランタンと比べて自動着火装置がついているため、チャッカマンなどを用意せずとも簡単かつ安全に明かりをつけることができます。

ガラス素材で割れやすいグローブを衝撃から守るメタルガードや、ポンピングしやすいノブなど、初心者でも扱いやすいのが魅力的です。

コールマン ノーススター チューブマントルランタン

サイズ:約横幅17.3×高さ34.3(cm) 
重量:約1.8kg 
最大光量:230W相当
使用燃料:ホワイトガソリン
連続燃焼時間:約7~14時間

コールマン ノーススター LPガスランタン

ノーススター

出典:Instagram by @aosora_camp

先ほどのノーススターがLPガス仕様になった、「Coleman」のノーススターLPガスランタン。ガスを装填して、自動着火装置のついたスイッチを押すだけで点火できるので、初めてガスランタンを使用する方でも安心して使うことができます。

グリーン・レッド・バターナッツと3タイプあり、他のアイテムと合わせやすいカラーリングが展開されているのもうれしいですね。

コールマン 2500ノーススターLPガスランタン

サイズ:約横幅14.5×高さ26(cm)
重量:約1.3kg
最大光量:200W相当
使用燃料:LPガス
連続燃焼時間:約4~8時間

コールマン ノーザンノバ

ノーザンノバ
出典:Instagram by @zubora_mom

機械的で男心をくすぐるデザインが特徴的な、コールマンのノーザンノバ。コールマン史上最大の明るさである3000lmを実現し、テント全体を満遍なく照らします。

上部に取り付けられたチェーンでポールにぶら下げるのはもちろん、折り畳み可能な下部の脚で地面に直置きすることができる、収納性も高いハイブリットランタンです。

コールマン ガスランタン ノーザンノバ

サイズ:約横幅38×奥行33×高さ45(cm)
重量:1.9kg
最大光量:3000lm
使用燃料:LPガス
連続燃焼時間:約2~4時間(470gレギュラー缶使用時)

✔︎ノーザンノバについてもっと詳しく!

ペトロマックス HK500

HK500

出典:Instagram by @pecopeco.tom

灯油ランタンの中でも高い人気と心強い光量で多くの愛好家がいる、ペトロマックスのHK500。ガソリンランタンに比べて、ランニングコストが安く済むうえ、光量は今回紹介するランタンの中でも随一の明るさを誇ります。

レトロかつ無骨なデザインはキャンプサイトでも目を引くこと間違いなしです!

ペトロマックス HK500

サイズ:横幅17×高さ40(cm)
重量:2.4kg
最大光量:約400W
使用燃料:灯油、スターケロシン
連続燃焼時間:約8時間

スノーピーク ギガパワーBFランタン

ギガパワーBFランタン

出典:Instagram by @camp.happy_k

スタイリッシュなデザインと高い堅牢性、安心のアフターサービスで高い人気を誇るスノーピークのギガパワーBFランタン。同メーカーの中で最も明るい170Wで、周りのキャンパーにも迷惑になりにくいほどよい明るさが特徴です。

ガラス素材のグローブは左右半分に外すことができるので、メンテナンスやマントルの交換が簡単にできるのもうれしいですね。

スノーピーク ギガパワーBFランタン

サイズ:横幅13×高さ23.5(cm)
重量:1,025g
最大光量:170W
使用燃料:LPガス

ユニフレーム フォールディングガスランタン

ユニフレーム フォールディングランタン

出典:Instagram by @take_bokkuri

ユニークで機能的なファイアーアイテムを多数販売するユニフレームの大光量ランタン。名前のとおり、グローブがボディ内部に収納することができ、安全かつコンパクトに持ち運ぶことができるだけでなく、使用燃料であるCB缶は押し込むだけの簡単取付を実現。

低温時に火がつきにくいことを想定し、自動着火システムとライターでの直接着火の両方ができるようになっているのもポイントです。

ユニフレーム フォールディングガスランタンUL-X

サイズ:約横幅13.5×奥行12×高さ35.5(cm)
重量:約1.4kg
最大光量:210W相当~240W相当
使用燃料:CB缶
連続燃焼時間:4~5時間

キャプテンスタッグ フィールドガスランタン

キャプテンスタッグ ランタン

出典:Instagram by @tsuyoshi8291

コストパフォーマンスの高さで定評のあるキャプテンスタッグ の大型ガスランタン。サイズがテーブルランタンにも使えるM・メインランタン特化なLの2サイズが展開され、自分に合ったサイズを選ぶことができます。

手下げ紐がついたハードタイプの収納ケースが付属しており、安心して持ち運びができるのもうれしいですね。

キャプテンスタッグ ランタン フィールド ガス ランタン L

サイズ:幅13×奥行12×高さ21.5(cm)
重量:約720g
最大光量:150W相当
使用燃料:LPガス
連続燃焼時間:4時間ほど

SOTO 虫の寄りにくいランタン

SOTO 虫の寄りにくいランタン

出典:Instagram by @funky_camping_crew

レギュレーターバーナーやスライドトーチなど多くの人気バーナーを販売するSOTOの虫が寄りにくいランタン。その名のとおり対虫に特化しており、グローブ部の半分を締めるハーフオレンジホヤは、虫がよりにくい光を発し、残り半面のほうに虫が集中するような仕組みになっています。

オプションとして、市販の蚊取りマットが装着できる蚊トリフレクターを使用することで、虫を寄せ付けません。

SOTO 虫の寄りにくいランタン

サイズ:横幅13.6×高さ37.5(cm)
重量:1.3kg
最大光量:230W相当
使用燃料:CB缶
連続燃焼時間:約3.0~3.5時間

ジェントス EX-000R

EX-000R

出典:Instagram by @ken4_ko4_ko10

LEDランタンでも、メインランタンを任せられるモデルは複数あります。

こちらはLEDランタンでも人気の高い、1978年創業の日本の懐中電灯メーカー・ジェントスのEX-000R。白色・昼白色・暖色の3色に光の色を変更できる充電式ランタンで、USBコードを接続すれば携帯も充電が可能。

ろうそくの炎のような揺れをLEDで再現するキャンドルモードや、防塵・2m防水・10m耐衝撃と堅牢性も高いのが魅力的です。

GENTOS EX-000R

サイズ:横幅10.2×高さ18.9(cm)
重量:680g
最大光量:1000lm
使用電源:充電池式
連続点灯時間:3~300時間
光量調節機能:3色6段階

ジェントス EX-1300D

ジェントス EX-1300D

出典:Instagram by @2020camp0919

先述したEX-000Rとは違い、単一電池を使用電源として使用する「GENTOS」のEX-1300D

光量を弱~強まで無段階に調整できるだけでなく、ろうそくのような揺れを再現するキャンドルモード、急な光の点消灯で目がチカチカとしにくいスローライティング機能などの多機能性が特徴。

さらに装填している電池の残量が表示されるバッテリーインジケーターがあるおかげで、キャンプ前に電池の追加用意が必要か確認できるものポイントです。

ジェントス EX-1300D

サイズ:横幅12.9×高さ24.6(cm)
重量:1220g
最大光量:600~1300lm
使用電源:単1形アルカリ電池×4本
連続点灯時間:7~350時間
光量調節機能:3色無段階調整

ルーメナー ルーメナープラス

ルーメナー ルーメナープラス

出典:Instagram by @nara_no_moyasi

LEDランタンとして圧倒的な光量と機能性で一世を風靡した「LUMENA」のルーメナープラス。持ち運びしやすいコンパクト性があるにも関わらず、ロウソク約1800本分とテントサイトを十分照らせる大光量・100時間以上もの継続性を持ち合わせています。

モバイルバッテリー機能も採用されており、スマートフォンが4回以上もフル充電できることからキャンプだけでなく、災害用としても使えるハイスペックランタンです。

ルーメナー ルーメナープラス

サイズ:横幅9.6×奥行2.8×高さ14.6(cm)
重量:440g
最大光量:150~1800lm
使用電源:充電池式
連続点灯時間:約12~160時間
光量調節機能:3色4段階

コールマン ミレニアLED

コールマン ミレニアLED

出典:Instagram by @mako1091tsuriceptor

コールマンの、メインランタンを担えるLEDランタン・ミレニアLED。青色LEDに黄色の蛍光体をかぶせて白い光を作り出す、リモートフォスファーテクノロジー採用し、光量の底上げを実現。

付属のリフレクターを使用することで、一方向へ光が集中し、最大光量が5倍にもなるコールマン最大光量といっても過言ではないランタンです。

コールマン ランタン ミレニアLEDキャンプサイトランタン

サイズ:約横幅15×奥行15×高さ29(cm)
重量:約980g
最大光量:約1000lm
使用電源:単1形乾電池×6
連続点灯時間:8~148時間
光量調節機能:3段階

クレイモア ウルトラ3.0

クレイモア ウルトラ3.0

出典:Instagram by @standard_point

LEDライトから充電式扇風機サーキュレーターなど、次々とアイテムが話題になる「CLAYMORE」のウルトラ3.0。薄くコンパクトなデザインとは裏腹に、最大の明るさ3,200lmとかなりパワフルな明るさを持ち合わせており、スマートフォンの充電もできる多機能性が特徴。

3つの光色に切り替えることができ、メイン・テーブル・テントランタンとしても使えるのもポイントです。

クレイモア ULTRA 3.0

サイズ:横幅20×奥行き9×高さ34(cm)
重量:約540g
最大光量:2700lm
使用電源:充電池式
連続点灯時間:11〜100時間
光量調節機能:3段階

テーブルランタンおすすめ13選

コールマン ルミエールランタン

コールマン ルミエールランタン

出典:Instagram by @baba_camp11

アニメ「ゆるキャン△」で不屈の人気に拍車をかけているコールマンのルミエールランタン。OD缶を装填したあとにライターで着火するだけの簡単点灯で、ろうそくのような淡く、揺らめく炎を生み出します。

大きく、先端に向かってカーブを描くホヤは存在感がありつつも、おしゃれでレトロな雰囲気を演出する大人気ランタンです。

コールマン ルミエールランタン

サイズ:約横幅7.3×奥行6×高さ18.3(cm)
重量:約210g
使用燃料:LPガス
連続燃焼時間:約28~38時間

スノーピーク リトルランプノクターン

スノーピーク リトルランプノクターン

出典:Instagram by @_______life_

先ほどのルミエールランタンと似た揺らめく炎で周囲を照らす、スノーピークのリトルノクターン。円柱形のスタイリッシュなフォルムと、アルミ合金を使用した高級感のあるデザインが特徴的で、てのひらサイズというコンパクト性も持ち合わせています。

炎が風で小さく揺らぎ、ゆったりとした時間を過ごすときに使いたいですね。

スノーピーク リトルランプ ノクターン

サイズ:横幅4.2×奥行4×高さ10.5(cm)
重量:102g
使用燃料:LPガス
連続燃焼時間:35時間

✔︎さらに詳しく!

スノーピーク ギガパワーランタン 天オート

スノーピーク ギガパワーランタン 天オート

出典:Instagram by @campapa_yossy
スノーピークが最初に販売したOD缶ガスランタン、ギガパワーランタン 天オートデザインの美しさはさることながら高い収納性・明るさまで揃っており、ソロキャンプであればメインランタンとしても使用できます。

本体部分にワイヤーを取り付けるとポールに吊り下げることもできる、小さくとも頼りになる高性能さが特徴です。

スノーピーク ギガパワー ランタン “天" オート

サイズ:横幅5.9×高さ9.5(cm)
重量:125g
最大光量:80W
使用燃料:LPガス
連続燃焼時間:約4時間45分~18時間 (ギガパワーガスのプロイソにより変動)

SOTO ひのと

SOTO ひのと

出典:Instagram by @ytmkt_camp

発売直後から人気が沸騰し、品薄になる店舗が続出しているSOTOのひのと。ランタンとしてはコールマンのルミエールランタンや、スノーピークのリトルランプ ノクターンと似たキャンドル風ランタンですが、何よりも人気の理由は使用燃料の幅に広さにあります。

CB缶・OD缶だけでなくライターガス缶まで使用することができ、いざというときに充填したガスが切れても他の使用燃料を使用できるなど、高い汎用性が特徴です。

コンパクトな上、火力調整も非常に簡単でソロからファミリーまで引っ張りだこ間違いなし!

SOTO ひのと

サイズ:幅3.8×奥行3.8×高さ15.6(cm)
重量:232g
使用燃料:CB缶・OD缶どちらもOK
連続燃焼時間:1〜2時間

✔︎さらに詳しく!

SOTO レギュレーターランタン

SOTO レギュレーターランタン

出典:Instagram by @bosco0425

SOTOの大人気バーナー、レギュレーターストーブがランタン化したレギュレーターランタン。CB缶の弱点である外気温の低さや連続使用が原因で起きる光量低下を、独自のマイクロレギュレーターを採用することで克服し、ガス缶が切れるまで安定した光量の発揮を実現。

脚部も安定性の高いデザインで、キャンプだけでなく登山での使用にも適している点もポイントです。

SOTO レギュレーターランタン

サイズ:幅10×奥行13×高さ15(cm)
重量:247g
最大光量:80W相当
使用燃料:CB缶
連続燃焼時間:約4.5時間

プリムス 2245ランタン

プリムス 2245ランタン

出典:Instagram by @basta_redskapet
コンパクト性の高いバーナーでキャンプだけでなく、登山でも引っ張りだこなプリムスの2245ランタン 。アップデートを重ねながら長年愛されるガスランタンで、直置きはもちろん吊り下げが簡単に行えるワイヤーサスペンダーを採用しています。

光量とされる370ルクスはおおよそ100W相当であるため、テーブルランタンとしてだけでなく、ソロキャンプであればメインランタンとしても使えるのも特徴です。

イワタニプリムス 2245ランタン

サイズ:横幅8.3×奥行8.3×高さ12.7(cm)
重量:200g
最大光量:370ルクス
使用燃料:LPガス
連続燃焼時間:約8時間(IP-250タイプガス使用時)

デイツ ハリケーンランタン78

デイツ ハリケーンランタン78

出典:Instagram by @workability240

灯油ランタンの中でも人気の高いのが、
デイツのハリケーンランタン
78。同メーカーの中で最も人気のあるモデルで、取り回し安い軽量性と炎が風の影響を受けにくい設計が特徴です。

カラーリングは一部のみ真鍮という斬新なものから、配色が1色のものなど、計5種でいかにもキャンプ感が漂うカラーリングが揃っているのがうれしいポイント。

デイツ ハリケーンランタン78

サイズ:横幅17.4×26.5(cm)
重量:500g
最大光量:23W相当
使用燃料:灯油・スターパラフィンオイル
連続燃焼時間:約25時間

フュアーハンド ベイビースペシャル276

フェアーハンド ベイビースペシャル276

出典:Instagram by @hummingbird_camp

先ほど紹介したデイツと肩を並べるほど人気の高いハリケーンランタンの代名詞メーカー、フュアーハンドのベイビースペシャル276

このランタンの特筆すべき点は他のランタンにはないカラーリングの多さで、イエローやオリーブ、ホワイトやグリーンなどあらゆるキャンプスタイルでもマッチします。

使用燃料は灯油だけでなく、煤がつきにくくメンテナンスもしやすいパラフィンオイルが使用でき、ランニングコストが非常に安いのも◎!

フュアーハンド ベイビースペシャル276

サイズ:横幅15×高さ26(cm)
重量:480g
最大光量:5w
使用燃料:灯油・スターパラフィンオイル
連続燃焼時間:20時間以上

コールマン クアッドマルチランタン

コールマン クアッドマルチランタン

出典:Instagram by @delicamrun

「Coleman」が販売するLEDランタンの代名詞といっても過言ではない大人気多機能ランタン、クアッドマルチランタン

驚くべきは側面についた4つのパネルが磁石によって着脱式であるという点で、取り外せばさまざまなところにくっつけて照らすことができます。

パネルそれぞれが光度を変えるられるうえ、モバイルバッテリーとしての機能も兼ね備えています。

コールマン クアッドマルチパネルランタン

サイズ:横幅14.5×高さ23.5(cm) 
重量:約1.2kg 
最大光量:約60lm~約800lm
使用燃料:アルカリ単一形乾電池×4本または8本
連続点灯時間:3時間~400時間
光量調節機能:9段階

スノーピーク ほおづき

スノーピーク ほおづき

出典:Instagram by @s_n_r.m.k

国内でも高い人気を誇るスノーピークの代表的LEDランタン、ほおずき。コロンとした丸みのあるデザインが可愛らしく、モードは通常モード・周囲の静けさで光量が下がるおやすみモード・風の音で光量が強弱するキャンドル風なゆらぎモードの3タイプがあります。

グローブの代わりにシリコンが使われているので、子供でも怪我することなく安心して使えるのも安心です。

スノーピーク ほおずき

サイズ:横幅107x高さ87(mm)
重量:165g
最大光量:100lm
使用電源::単3型アルカリ乾電池3本
連続点灯時間:10時間
光量調節機能:通常点灯モード/おやすみモード/ゆらぎモード(各モードで無段階調光可)

ベアボーンズ レイルロードランタン

レイルロードランタン

出典:Instagram by @ebisu337

おしゃれLEDランタンとして人気の高いベアボーンズのレイルロードランタン。戦前の北米鉄道会社で使われてきたオイルランタンであるレイルロードランタンを模したランタンで、無骨な見た目で自然と目がいくと存在感があります。

グローブには細かな気泡を入れることで、電源をつけるとよりアンティークな雰囲気を放つ大人気おしゃれランタンです。

ベアボーンズリビング レイルロードランタン

サイズ:横幅14.6×高さ32.5cm
重量:
最大光量:35~200lm
使用電源:リチウムイオン電池
連続点灯時間:3.5~100時間
光量調節機能:無段階

ベアボーンズ ビーコンランタン

ベアボーンズ ビーコンランタン

出典:Instagram by @ararky0106

小型LEDランタンとしてテーブルランタンやテントランタンとしても人気のあるベアボーンズのビーコンランタン。持ち運びやすい小ぶりなデザインで、置くとテーブル上に花柄のような模様が浮き出るので雰囲気作りにもぴったりな作りになっています。

上部のカラビナが取り付けられているので吊るして使うこともでき、5色のおしゃれなカラーリングが展開されているのもポイントです。

ベアボーンズ リビング ビーコンライト

サイズ:縦7.6×横7.6×高さ15.2cm
重量:0.126kg
最大光量:30~220ルーメン
使用電源:充電池式
連続点灯時間:3~200時間
光量調節機能:あり(無段階調節)

バルミューダ ザ ・ランタン

バルミューダ ザ ・ランタン

出典:Instagram by @yukapiko_camp

スタイリッシュなデザインとアンティークな光で話題になっているバルミューダのザ ・ランタン。光量はつまみ一つで簡単に調節でき、周囲の明るさに応じて揺らぐキャンドルモードで夜のキャンプを彩ります。

本体は非常に軽く、機械的ではない自然な灯りが魅力なランタンです。

バルミューダ ザ ランタン

サイズ:横幅11×奥行10.3×高さ24.8(cm)
重量:約630g
最大光量:6W
使用電源:充電池式
連続点灯時間:3~50時間
光量調節機能:無段階

テントランタンおすすめ13選

コールマン リバーシブルLED III

コールマン リバーシブルLED III

出典:Instagram by @sportsauthority_outdoorstage

デザインがどこかガソリンランタンを模しているコールマンのLEDランタン、リバーシブルLED III。上下どちらからも吊るすことができ、天面が透けているため逆さに吊るすとランタンの真下もしっかりと照らすことができます。

何度もモデルチェンジを繰り返し、IIIでは350lmとテント全体をしっかりと照らすことができるウォームカラーランタンです。

コールマン リバーシブルLEDランタンIII

サイズ:横幅13×高さ29.5(cm)
重量:約775g
最大光量:約350lm
使用燃料:アルカリ単一形乾電池×4本・充電式カートリッジ
連続燃焼時間:4~270時間
光量調節機能:3段階

ロゴス バンブーゆらめき かぐやランタン

ロゴス バンブーゆらめき かぐやランタン

出典:LOGOS

ボディに竹素材を使用したロゴスのバンブーゆらめき かぐやランタン。その名のとおり光がキャンドルのように揺れるゆらめきモードを搭載し、お洒落で可愛いデザインをさらに引き立てます。

さらにスマートフォン約3台分の充電が可能で、柔らかな竹の香りと手ざわりを楽しめるため、キャンプだけでなくインテリアにもおすすめです。

ロゴス Bamboo ゆらめき・かぐやランタン

サイズ:横幅16.8×奥行12×高さ32(cm)
重量:1.1kg
最大光量:270lm
使用電源:充電池式
連続点灯時間:8~21時間
光量調節機能:無段階

ロゴス フルコンソフトランタン

ロゴス フルコンソフトランタン

出典:LOGOS

シリコン素材を使用し、携帯性にも優れたソフトランタン。暖色・白色の2パターンの切り替えができ、明るい反面で眩しさが目立つ白色はシリコンを使用することで柔らかく、目に優しい明るさが魅力的。

電池も単4電池が3本で点灯するため、非常に軽量で持ち運びやすく、ソロキャンパーにも人気のあるモデルです。

ロゴス ロゴス フルコンソフトランタン

サイズ:10×10×7.5cm
重量:140g
最大光量:112lm
使用電源:単四アルカリ乾電池×3
連続点灯時間:5~30時間
光量調節機能:2色無段階

キャプテンスタッグ ツインライトLED

キャプテンスタッグ ツインライトLED

手に取りやすい価格帯と機能的なアイテムで根強い人気があるキャプテンスタッグ のツインライトLED。ヘッド部分と胴体部分は切り離すことができ、それぞれをランタンとして使用することができるので、これ1つでテーブル・テントランタンとしての2役を担うことができます。

付属のステンドグラス風シートは、取り付けるだけで他のランタンにはないアンティークな雰囲気を醸し出せるのもポイント。

キャプテンスタッグ ツインライト LEDランタン

サイズ:横幅16.5×奥行16.5×高さ33(cm)
重量:770g
最大光量:11~172lm
使用電源:単1形乾電池3個
連続点灯時間:約72~500時間
光量調節機能:無段階

DOD ソーラーポップアップ

DOD ソーラーポップアップ

出典:DOD

高いコスパと独創的なアイテムを多数販売するDODのコンパクトランタン、ソーラーポップアップ。使用電源は電池だけでなく、ソーラー充電が可能なため日当たりのいい場所に置いておくだけで充電され、電池が切れても心配なくキャンプを過ごすことができます。

シリコン素材のポップアップ式で未使用時は、さらにコンパクトに収納できる点も魅力的ですね。

ディーオーディー ソーラーポップアップランタン

サイズ:横幅8.5×高さ11(cm)
重量:161g
最大光量:20~200lm
使用電源:単三アルカリ電池×3
連続点灯時間:10~80時間
光量調節機能:2色4段階

フィールドア LEDキャンピングランタン

フィールドア LEDキャンピングランタン

出典:FIELDOOR

リーズナブルな価格帯で初心者キャンパーの強い味方として人気な、フィールドアのLEDキャンピングランタン。ランタンと取り外し可能な懐中電灯2個で構成されており、夜の散策やトイレなど移動の際にも使うことができる2WAY仕様。

この機能性で驚きなのが、3,000円台を下回るコスパの良さで、キャンプはもちろん、防災用としてもオススメのアイテムです。

フィールドア LEDキャンピングランタン

サイズ:(約)横幅11.5×高さ20.5(cm)
重量:610g
最大光量:150~600lm
使用電源:充電池式・もしくは単1乾電池×3本
連続点灯時間:3~66時間
光量調節機能:4段階

UCO クラルス

UCO クラルス

出典:Instagram by @maikot007

キャンドルランタンで人気のあるメーカー、UCOのクラルス。4段階の切り替えが可能な軽量ランタンで、キャンプはもちろん登山でも持ち運びが簡単なモデル。

さらにフォールディング式な上、閉まっている状態でも点灯可能なため、状況に応じて好きなサイズで使用できるのは大きな魅力ですね。

ユーコ クラルス

サイズ:横幅5.1×高さ16.5(cm)
重量:104g
最大光量:118lm
使用電源:単4アルカリ電池×3本
連続点灯時間:5~230時間
光量調節機能:4段階

ゴールゼロ ライトハウス マイクロフラッシュ

ゴールゼロ ライトハウス マイクロフラッシュ

出典:Instagram by @hiyoshun2

コンパクト性と機能性で一躍話題になり、入荷と在庫切れを繰り返すほどの人気を博すゴールゼロのライトハウス マイクロフラッシュ。手のひらサイズという小ささにも関わらず、最大170時間も点灯できるパワフルさを兼ね備え、ハンディライトモードも搭載しています。

カスタマイズも話題になり、自分なりのデザインに変える楽しさも持ち合わせるハイスペックランタンです。

ゴールゼロ ライトハウス マイクロ フラッシュ

サイズ:約9.3×3.7(cm)
重量:約68g
最大光量:75~150lm
使用電源:充電池式
連続点灯時間:7~170時間
光量調節機能:3段階

レッドレンザー ML4

レッドレンザー ML4

出典:Instagram by @urban.coyote.camp

ゴールゼロと対をなすコンパクトLEDランタンの筆頭、レッドレンザーのML4。手のひらに2つ収まるほどのコンパクト性と軽量性を実現し、上部には吊り下げのしやすいカラビナを搭載。

充電式だけでなく単3電池での使用もでき、防水防塵機能まで兼ね備えているため、どのような状況下でも対応できる点も人気のアイテムです。

レッドレンザー ML4

サイズ:2.9×9.7(cm)
重量:71g
最大光量:5~300lm
使用電源:充電池式・もしくは乾電池
連続点灯時間:2.2~45時間
光量調節機能:2色8段階

50/50ワークショップ ミニマライト

50/50ワークショップ ミニマライト

出典:Instagram by @manami1.8

使い勝手の良さとおしゃれなデザインを両立した50/50WORKSHOPのコンパクトLEDランタン、ミニマライト。ランタンとしてはもちろん、ハンディライトとしても使うことができる上、この小ささでスマートフォンの充電までできることに驚きます。

キャンプの雰囲気に合うブラックとグリーンの二色を展開し、それぞれ下部についたおしゃれな模様が違うのも、どちらを買おうか迷いながら楽しめるポイントですね。

50/50WORKSHOP MINIMALIGHT

サイズ:横幅2.65×奥行2.65×高さ12.3(cm)
重量:約107g
最大光量:80~250lm
使用電源:充電池式
連続点灯時間:6~10時間
光量調節機能:3色6段階

ベアボーンズ ミニエジソンランタン

ベアボーンズ ミニエジソンランタン

出典:Instagram by @otamu_camp0526

テーブルランタンでも紹介したベアボーンズのミニエジソンランタン。小さく、可愛らしい見た目がある反面で、無骨な存在感はテントの中でも男心をくすぐります。

5色のカラーリングを展開し、1つだけでなくいくつ並べても足りなく感じるほどの所有欲を満たすLEDランタンです。

ベアボーンズ ミニエジソンランタン

サイズ:約横幅11×高さ12(cm)
重量:150g
最大光量:35~100lm
使用電源:単三アルカリ電池×2、もしくはUSBを接続すれば点灯可能
連続点灯時間: 5~20時間
光量調節機能:2段階

キャリー・ザ・サン ミディアムシリーズ

キャリーザサン

出典:CARRY THE SUN

おしゃれキャンパーからの多大な人気があるCARRY THE SUNのミディアムシリーズ 。ソーラー充電に特化しており、充電器や乾電池などの持ち物が必要なく、本体も薄く折り畳めるミニマルキャンプには最適な収納性が特徴です。

素材には丈夫なヨットのセイル生地を使用し、防水防塵仕様とあらゆる状況に対応するので災害用品としても優秀なのも魅力的。

キャリー・ザ・サン ミディアム

サイズ:横幅11x奥行11x高さ11(cm)
重量:86g
最大光量:10~100lm
使用電源:ソーラー充電
連続点灯時間:10~72時間
光量調節機能:4段階

ブラックダイヤモンド リモジ

ブラックダイヤモンド リモジ

出典:Instagram by @gamakabe

こちらもさまざまなLEDランタンを販売しているメーカー、ブラックダイヤモンドのリモジ 。置いてよし、吊るしてよしの小さく丸みを帯びた可愛らしいデザインが特徴で、艶消しされたホヤが自然な明かりを演出します。

フックがある箇所以外にも取り付けられるよう、トップには磁石が内蔵されおり、車のポディやポールなどあらゆる場所に取り付けられるのもポイントです。

ブラックダイヤモンド リモジ

サイズ:約横幅8x奥行12×高さ12(cm)
重量:122g
最大光量:100lm
使用電源:USB充電
連続点灯時間:10~100時間
光量調節機能:2段階

✔︎さらに詳しく!

自分に合ったランタンで、夜のキャンプを照らそう!

ランタン

出典:Instagram by @d5_cmpsince2014

いかがだったでしょうか。今回はランタンの種類からおすすめまで、自分に合ったランタンを見つけるための選び方とおすすめアイテムをご紹介しました!

ランタンはさまざまな使用燃料や機能性、デザインがあるので特に悩んでしまうアイテムですよね。必要なもので決めるもよし、好きなデザインで決めるもよし。自分に合ったランタンをぜひ探してみてください。

こちらの記事もおすすめ