アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
点灯中のヴァストランド「オイルランタンM」

【使用レビュー】ヴァストランド「オイルランタン M」を実際に使った評価は?

2022/10/13 更新

ヴァストランド「オイルランタン M」を使用レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

パーツの動かし方が具体的に分かる動画や、ほかの人気オイルランタンと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:筆者

ヴァストランド「オイルランタン M」をレビュー!

ヴァストランド オイルランタン M

総合評価

★★★★★★★★★★ 3.67

  • 明るさ ★2
  • 使いやすさ ★4
  • コストパフォーマンス ★5
サイズ24.2×15.6×11.6cm
重量350g
種類非加圧式
燃料パラフィンオイル・灯油
容量180ml
燃焼時間約10時間
火力調節あり
ヴァストランド(VASTLAND)は、老舗が多いランタンメーカーのなかではかなり新しく、2018年に兵庫で創業したアウトドアブランドです。

ランタン以外にも大物のテントやタープから小物のキッチン用品まで、さまざまなアウトドアギアを展開しており、強みはなんといってもコスパの高さ

今回検証に使用したMサイズは定価1,980円、Sサイズは定価1,780円と、安い値段で買えるのはうれしいポイントです。

ヴァストランド「オイルランタン M」の評価は?

評価
明るさ★★☆☆☆
使いやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ヴァストランドオイルランタンMの光量を測定

照度は4.8ルクスと控えめな数値。雰囲気を演出するテーブルランタンとしては良いのですが、明るさを目的にするともの足りないかもしれません。

ランタンポールに吊るされたヴァストランドオイルランタンM

ランタンポールに吊るしても、やはりもの足りなさを感じてしまいます。

ヴァストランドオイルランタンMの火力調整部分

しかし、使いやすさは抜群でした。火力調整をする部分は丸い形状で、引っかかりもなくスムーズに回ってくれます。

 

上の部分も簡単に外すことができる一方、使っているうちに外れないくらいの強度はあるので安心です。

 

バーナー部分も外しやすく、芯交換やお手入れがしやすいこともメリット。

爪が深く設計されているため、つけやすく外れづらく「ちゃんとついているのかな?」と心配になることもありません。

ヴァストランドオイルランタンMのホヤ

こちらは個体差だと思いますが、ややホヤの上部が斜めになっています。

ヴァストランドオイルランタンMの全体

また、見た目では分かりづらいですが、タンク容量は180mlと小さめであるため、燃焼時間も短くなっています。

メリット&デメリット
メリット●定価1,000円台というコスパの高さ
●パーツが動かしやすく初心者でも簡単に扱える
デメリット●明るさは控えめなのでテーブルランタン向け
●タンク容量が小さいぶん燃焼時間が短め
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ヴァストランド オイルランタン M

総合評価

★★★★★★★★★★ 3.67

  • 明るさ ★2
  • 使いやすさ ★4
  • コストパフォーマンス ★5
サイズ24.2×15.6×11.6cm
重量350g
種類非加圧式
燃料パラフィンオイル・灯油
容量180ml
燃焼時間約10時間
火力調節あり

ほかの人気オイルランタンと比較したランキングは?

人気のオイルランタン7製品

ヴァストランド「オイルランタン M」を含め、人気のオイルランタン7製品を実際に使用し、明るさや使いやすさ、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングのほか、使い方や選び方のポイントを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ