編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE
【2024年】車用カーテンおすすめ25選!100均商品や自作方法について解説

【2024年】車用カーテンおすすめ25選!100均商品や自作方法について解説

「車にカーテンを付けたいから、自分の車に合うものが知りたい」「違法になるって聞いたけど、実際はどうなの……?」という方に向けて、車用カーテンを徹底解説!

そのうえで、有名メーカーの製品を中心に、おすすめアイテムを25個紹介します。

各アイテムのサイズや素材なども詳細に紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。自分の車にぴったりのカーテンが、きっと見つかりますよ!

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

車用カーテンとは

車中泊用スペースのカーテンを閉めた様子

出典:PIXTA

車用カーテンとは、車の窓に装着し周囲からの視線や日差しをブロックするためのアイテムです。

ときにドレスアップ目的で使用されることもありますが、実はかなり実用的! 車内で休憩するときや子供へ授乳したいときなど、さまざまな場面で重宝します。

1度使ってみれば、きっと手放せない存在になるはずです。特に、車中泊をする人にとってはマストアイテムといえます!

メリット

車用カーテンには以下のようなメリットがあります。

車用カーテンのメリット

  1. 周囲からの視線をブロックできる
  2. 日差しや紫外線が入り込むのを防ぐ
  3. 冷房・暖房の効率を高めてくれる
  4. 防犯の効果が期待できる

昼間の強烈な日差しと紫外線や、夜に他の車が発するヘッドライトの光、そばを通る人からの視線などを、カーテン1枚で防ぐことができます。

夏場における車内の温度上昇を抑えたり、冬場に窓からくる冷えをブロックしつつ、エアコンの効率を高めてくれたりするのも大きな利点です。

また、車内の荷物を隠せることから、車上荒らしなどを防ぐのにも効果的とされています。

デメリット

車用カーテンには、以下のようなデメリットもあります。

車用カーテンのデメリット

  1. 車との相性が悪いと満足に使えない場合もある
  2. 使い方によっては違反となる可能性がある

車用カーテンは装着する車との相性が重要であり、窓とカーテンの大きさが合わないと、十分な効果が得られない可能性があります。

そのため車用カーテンはのちほど解説する“選び方のポイント”をもとにしっかりと選ぶことが大切です。

また、車用カーテンを使用する際は、道路交通法や車検に関しても注意しなくてはなりません。

違反にならない?車検は大丈夫?

パトカーが市街地を走っている

出典:PIXTA

車用カーテンに関係する法律として「道路交通法第55条2項(乗車又は積載の方法)」があり、取り付け方によっては違反とみなされる可能性があります。

【道路交通法第55条2項(乗車又は積載の方法)】
車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

出典:e-Gov 法令検索「道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)」

条文の内容は少し難しく感じられますが、重要なポイントは、運転席や助手席にカーテンを装着した状態で走ると違反とみなされる可能性が高いという点です。

車中泊などを目的として前席の窓をカーテンで覆いたい場合は、簡単に取り外しできるタイプのものを停車時だけ使うようにしましょう。

違反した場合は、普通車で6,000円大型車で7,000円の反則金が科され、違反点数1点が加点されます。

後部座席については、カーテンを装着しても基本的に違反にはなりません。しかし視界が妨げられたり、運転に支障が出たりしないよう注意する必要があります。

何台もの車が車検を受けている

出典:PIXTA

車検に通るかどうかは、カーテンの取り付け方と車検を委託する業者などによって事情が異なります。

内装に固定するタイプのカーテンは、車検に通りにくくなる可能性も十分にあるため注意が必要です。

車検が心配な場合は、自分で簡単に取り外せるものを選びましょう。

法律・車検に関するポイントのまとめ

  1. 運転席・助手席への装着は違反となる可能性が高い
  2. 後部座席への装着は基本的に違反ではない
  3. いずれの場合も、運転に支障がないことが重要
  4. 車検に通るかどうかは、装着の状態やチェックする業者による
  5. 簡単に取り付け・取り外しできるものだと安心

以上のポイントに注意し、安全運転の妨げにならないように使いましょう。ここからは、車用カーテンの選び方を解説します!

車用カーテンの選び方

カーテンを開けた状態のリヤウィンドウ

出典:PIXTA

車用カーテンを選ぶときは、以下の6つのポイントをチェックしましょう!

それぞれのポイントについて、注目すべき点をわかりやすく解説します。

① まずは自分の車の窓の大きさを知ろう!

車の窓を内側から見ている

出典:PIXTA

車用カーテンはサイズ選びが重要です。どのサイズを購入すべきか把握するために、まずは取り付けたい窓のサイズをメジャーで測りましょう。その際に、必要な枚数も忘れずにチェックしてください。

後部座席の窓だけでいいのか、あるいはリヤウィンドウにも取り付けたいのかなどを、カーテンを使用する目的と一緒に考えましょう。

② 車のタイプに合ったサイズ・形状の製品を選ぼう

キャンプ場に乗り入れている車

出典:PIXTA

コンパクトカー向けやワンボックスカー向けなど、車のタイプごとにサイズと形状が最適化された製品もあります。

自分の車のタイプに合った製品を選べば、フィッティングが上手くいく可能性が高まります。

また、「トヨタ ハイエース用」「スズキ ジムニー用」など専用設計の製品も人気です。汎用品とくらべて価格は高めですが、サイズ選びで失敗することがなく安心して購入できます。

③ 装着方法はこの4種類が一般的!使いやすそうなものを選ぼう

車用カーテンは製品によって取り付け方法に違いがあり、それぞれ異なるメリットを持っています。実際に使いたいシーンをイメージし、理想的なタイプを選びましょう。

【吸盤タイプ】着脱が簡単で最も手軽に使える

吸盤タイプのカーテンを装着している

出典:セイワ

吸盤で窓に直接取り付けるタイプは手軽さが何よりの強みであり、必要なときすぐに使用できます。

その反面、窓全体を完全に覆えない製品も多く、隙間なく遮光したい場合には適しません。

また、吸盤は時間が経つと落ちやすいので、「車中泊をして、朝に起きたら外れていた」ということも起こり得ます。

【マグネットタイプ】手軽に装着でき、隙間なく窓を遮光できる

マグネットタイプのカーテンを取り付けている

出典:アールエル

マグネットタイプの車用カーテンは、窓枠の金属部分にくっつけて固定します。

窓枠に沿って隙間なくカバーできることから、吸盤タイプ以上に周囲からの視線や光の入り込みを防ぐことができ、取り付けも簡単です。

しかし、窓のサイズに合っていないと満足に取り付けできない場合もあるので、サイズ選びは少し慎重に行う必要があります。

【レールタイプ】開け閉めがしやすく、勝手に外れることがない

レールタイプのカーテンを閉めている

出典:楽天市場

レールタイプの製品は、車内に両面テープで固定、あるいはネジ止めによってカーテンレールを取り付けて使います。

最初は少々手間がかかりますが、1度取り付けてしまえば、その後はカーテンをスライドさせるだけで遮光できます。

そのためカーテンの使用頻度が高い方にとっては、大きなメリットがあるタイプです。きれいに装着できれば見た目も良く、吸盤タイプやマグネットタイプのように勝手に外れる心配もありません。

【ピラータイプ】手軽にしっかり遮光できるが、適さない車種も

ピラータイプのカーテンのフックを取り付けた状態

出典:楽天市場

車内のピラー(柱)にフックで装着するピラータイプは、マグネット式のように手軽で、かつ広い範囲をしっかり遮光できます。

レールタイプの車用カーテンと違い取り付けに両面テープやネジを使わないので、装着した跡が残ることもありません。

ただし、ピラーにフックを取り付けられる車にしか使えないので、自分の車に装着できるか購入前にしっかりチェックする必要があります。

④ 遮光・UVカットなどの機能や素材の違いにも注目

遮光性があるカーテン

出典:PIXTA

遮光率が高いカーテンほど日除けとしての機能をよく果たし、UVカット率が高いカーテンは日焼け対策に効果的です。

そのほか、断熱性のあるカーテンは車内の暖房・冷房の効率を高めたり、メッシュタイプのカーテンは風が通りやすかったりと、素材によって機能はさまざま。

夏は通気性の良いメッシュタイプやUVカット率の高いカーテン、冬は断熱性が高いカーテンなどと時期によって使い分けるのも有効です。

⑤ 車内空間を彩るおしゃれなデザインのカーテンも人気

おしゃれなカーテンがある車内

出典:PIXTA

おしゃれな花柄や、可愛らしいアニマル柄などがプリントされた車用カーテンもあります。車内の雰囲気や子供がいる場合は子供の好みに合ったものを選ぶのもおすすめです。

ただしデザインで選ぶ場合は、機能性をある程度妥協することになるかもしれません。

⑥ 100均の商品で試してみるのもアリ!

100均のカーテンを閉じている

出典:PIXTA

「サイズ選びで失敗したくないから、なかなか決められない…」といった場合には、100均の車用カーテンを試してみるのもおすすめ!

簡素な作りのものが多いですが、仮に自分の車に合わなくても、次に車用カーテンを購入するときの参考にもなるでしょう。

さて、以上の6つのポイントを押さえたら、車用カーテン選びに必要な知識は十分です。ここからは信頼できるブランドの製品を中心に、車用カーテンのおすすめモデルを紹介します!

車用カーテンおすすめ25選

リヤウィンドウのカーテンを開けている

出典:PIXTA

車用カーテンのおすすめモデルを、4つのタイプに分けて紹介! ここまで解説したポイントを振り返りながら、自分の車にマッチするカーテンを選びましょう。

吸盤タイプの車用カーテンおすすめ6選

まずは、全タイプ中で最も簡単に取り付けられる吸盤タイプの車用カーテンをピックアップします。「簡易的なカーテンで十分」という方にイチオシのタイプです。

セイワ 楽らくカーテンL

車のタイプコンパクトミニバン ほか
セット内容カーテン×2枚、吸盤×6個
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ80×52cm
収納時サイズ23×18×3cm
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●3つの吸盤でしっかり装着できる大きめのカーテン
●スライドして左右から開け閉めできる
●窓の大きさに合わせてサイズを調節可能

メルテック 遮光吸盤カーテン レギュラーサイズ

車のタイプコンパクトカー、ミニバン ほか
セット内容カーテン×2枚、吸盤
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ70×54cm
収納時サイズ23×18×3cm
機能遮光、UVカット、消臭、抗菌
素材ポリエステル

おすすめポイント

●中型車での使用に適したレギュラーサイズ
●衛生的な状態をキープしやすい消臭・抗菌加工
●使わないときはコンパクトに収納できる

ボンフォーム スヌーピーサーフカーテン

車のタイプ-
セット内容カーテン×1枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ65×50cm
収納時サイズ-
機能遮光
素材ポリエステル

おすすめポイント

●サーフィンをするスヌーピーのキュートなデザイン
●グレーやネイビーから好みのカラーを選べる
●使わないときはベルトで束ねておける仕様

CHUCHUBEBE キッズ サンシェード

車のタイプ-
セット内容カーテン×1枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ65×43cm
収納時サイズ-
機能遮光
素材コットン

おすすめポイント

●ナチュラルな素材感が魅力のコットン製カーテン
●クマ・クジラ・チェリー柄などの多彩なデザインから選べる
●小さな子供がいる方におすすめのアイテム

コメリ クルザード 簡単カーテン 目隠しタイプ 吸盤取付 2枚入り

車のタイプ-
セット内容カーテン×2枚、吸盤×4個、ヒモ×2本、ヒモストッパー×2個
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ70×52cm
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル、PVC

おすすめポイント

●2枚で1,000円以下のロープライス商品
●幅70cmまでのサイドウィンドウに対応
●遮光率・UVカット率ともに約95%を達成

ダイソー 車内用日よけカーテン ワイドサイズ

車のタイプワンボックスカー ほか
セット内容カーテン×1枚、吸盤×2個
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ75×54cm
収納時サイズ-
機能遮光
素材ポリエステル、塩化ビニル樹脂、ポリプロピレン

おすすめポイント

●安価で「とりあえずカーテンを試してみたい」という方に最適な商品
●大きめの車にも使用できるワイドサイズ
●ストッパーを使い、幅を自由に調節できる

マグネットタイプの車用カーテンおすすめ8選

続いて、窓枠にぴったりに装着できるマグネットタイプの車用カーテンを紹介! 気軽に買える、お手頃な製品もたくさんありますよ!

セイワ 楽らくマグネットカーテンM

車のタイプコンパクトカー ほか
セット内容カーテン×2枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ70×52cm
収納時サイズ23×18×3cm
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●コンパクトカーなどにマッチするミディアムサイズ
●5か所にマグネットを内蔵し、隙間なく装着できる
●UVカット率99.8%で日焼け対策に最適

セイワ 楽らくマグネットカーテンメッシュM

車のタイプコンパクトカー ほか
セット内容カーテン×2枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ70×52cm
収納時サイズ23×18×3cm
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●通気性が良く、外の景色が見えるメッシュ生地を採用
●プライバシーガラスなら目隠しの効果は十分
●UVカット率90%で紫外線ケアにも効果的

セイワ 楽らくマグネットリアカーテン

車のタイプミニバン ほか
セット内容カーテン×1枚
装着場所リヤウィンドウ
使用時サイズ135×65cm
収納時サイズ20×18×2.5cm
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●アルファードやハイエースなどに適したビッグサイズ
●マグネットを11個内蔵し、大きな窓でも隙間ができにくい
●内蔵されたマグネットは位置調節が可能

ゴードンミラー コーデュラ マグネットカーテン

車のタイプ-
セット内容カーテン×2枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ80×52cm
収納時サイズ25×17cm
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル

おすすめポイント

●強度と耐久性に優れるコーデュラの素材を使用
●ベージュやオリーブなどカラー展開が豊富
●カーテン本体と同色の収納袋が付属

アウトドアプロダクツ マグネットカーテン

車のタイプミニバン ほか
セット内容カーテン×1枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ80×52cm
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル

おすすめポイント

●アウトドアプロダクツとセイワのコラボ商品
●ブラック・スモークグリーンのリバーシブル仕様
●ミニバンにも使える大きめサイズ

リバロ マグネットUVカットカーテン

車のタイプコンパクトカー ほか
セット内容カーテン×1枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ70×52cm
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル

おすすめポイント

●星型の透かしが浮き上がり、夜空のような空間を演出できる
●コンパクトカーで使いやすいサイズ
●UVカット率99.9%の優れた遮光性

ZATOOTO フロントカーテン

車のタイプ-
セット内容カーテン×1枚、フック、クリップ
装着場所フロントウィンドウ、サイドウィンドウ、リヤウィンドウ
使用時サイズ260×90cm
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル

おすすめポイント

●フロントウィンドウとサイドウィンドウを1枚で覆えるカーテン
●マグネットが付かない場所は付属のクリップで装着できる
●リヤウィンドウにも装着可能

ZATOOTO 車用カーテン 4枚セット

車のタイプ-
セット内容カーテン×4枚
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ72.5×48cm
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材レーヨン

おすすめポイント

●前席・後席の窓をしっかりカバーできる4枚セット
●高級感のあるサテン生地とヒダのあるデザインを採用
●使わないときに束ねるためのベルトを装備

レールタイプの車用カーテンおすすめ6選

カーテンをよく使う方に最適なレールタイプのおすすめモデルを厳選! ハイエース専用のアイテムも要チェックです。

セイワ 楽らくレールカーテンL

車のタイプコンパクトミニバン ほか
セット内容カーテン×2枚、取り付け用パーツ
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ50×47cm
収納時サイズ52.5×11×5.8cm
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●生地にストレッチ性があり、たるまずきれいに装着できる
●工具を必要とせず簡単に取り付けられる
●カーテンを束ねられるベルトが付属

メルテック スタイリッシュカーテン ストレッチタイプL

車のタイプ-
セット内容カーテン×2枚、アルミ製レール×2本、ABS樹脂製レール×2本、ベルトストッパー×2個、レールストッパー×6個
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ50×47cm
収納時サイズ53×12×5.5cm
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル、アルミ、ABS

おすすめポイント

●機能性とともにデザイン性にもこだわったレールタイプカーテン
●カーブに合わせて形を変えられるアルミ製フレームを採用
●使い勝手の良いストレッチ素材

メルテック スタイリッシュカーテン メッシュタイプL

車のタイプ-
セット内容カーテン×2枚、アルミ製レール×2本、ABS樹脂製レール×2本、ベルトストッパー×2個、レールストッパー×6個
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ50×47cm
収納時サイズ53×12×5.5cm
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル、アルミ、ABS

おすすめポイント

●ほどよい透け感があり、外の様子が見えるメッシュカーテン
●カーテンの生地には燃えにくい素材を使用
●刺繍入りのベルトが高級感をもたらすデザイン

レヴォルヴァ 200系ハイエース サイドカーテン / LVC-4N

車のタイプ200系ハイエース(スーパーGL 標準ボディ)専用
セット内容カーテン×8枚、カーテンレール、レール固定補強ネジ ほか
装着場所サイドウィンドウ、リヤウィンドウ
使用時サイズ-
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●200系ハイエース専用の日本製カーテンセット
●純正品のようなフィット感で快適な車中泊空間を作れる
●付属のネジを使えばしっかりと固定できる

ギャルソン D.A.D カーテン コンフォートモデル

車のタイプ-
セット内容カーテン×2枚、アルミ製カーテンレール×2本、ABS製カーテンレール×2本、カーテンフック ほか
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ52×48cm(Lサイズ)、52×38cm(Sサイズ)
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●ドレスアップアイテムとしても人気のアイテム
●ヒダのあるデザインが高級感を高め、束ねたときの収まりも良い
●湾曲した窓枠にも装着できるアルミ製レールを採用

槌屋ヤック サイドカーテン ストレッチ2 BK L

車のタイプミニバン ほか
セット内容カーテン×2枚、取り付け用パーツ
装着場所サイドウィンドウ
使用時サイズ50×47cm
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル、アルミ、ABS

おすすめポイント

●ミニバンやトールタイプのコンパクトカーなどに最適
●アルミ製レールを採用していながらロープライスを実現
●好みを問わず愛用できるシンプルなデザイン

ピラータイプの車用カーテンおすすめ5選

最後に、手軽に取り付けられて目隠しの効果を得られるピラータイプを紹介! 前席と後席の間を仕切る、パーテーションタイプのカーテンも便利です。

ナポレックス パーテーションカーテン 2枚セット

車のタイプミニバン ほか
セット内容カーテン×2枚、フック×2個、両面テープ×2枚
装着場所パーテーション、リヤウィンドウ
使用時サイズ200×70cm
収納時サイズ37.5×26×3cm
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●前席と後席の間で遮光するパーテーションカーテン
●ミニバンをはじめ幅広い車種に対応する汎用サイズ
●手軽なので、授乳スペースを作りたいときなどにも活用しやすい

ナポレックス 車中泊用カーテン リア5枚セット

車のタイプミニバン ほか
セット内容カーテン×5枚、フック×7個、両面テープ×7枚
装着場所サイドウィンドウ、リヤウィンドウ
使用時サイズ140×70cm(サイド)、180×70cm(リヤ)
収納時サイズ37.5×26×5cm
機能遮光、UVカット
素材-

おすすめポイント

●後席のサイドウィンドウとリヤウィンドウを覆える車中泊用アイテム
●パーテーションカーテンとの組み合わせがおすすめ
●背の高い車でも隙間なくカバーできるサイズ

ゼンポー 車用 着脱簡単カーテン

車のタイプ-
セット内容カーテン×2枚、コードストッパー×2個、フック×6個
装着場所フロントウィンドウ、サイドウィンドウ、リヤウィンドウ、パーテーション
使用時サイズ150×80cm
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル

おすすめポイント

●サイドやリヤなどさまざまな場所に使えるカーテン
●常に装着しておける取り付け用フックが6個付属
●中央部をマジックテープで固定できる

ボンフォーム プライバシーカーテン 軽・普通車・SUV用

車のタイプ軽自動車、普通車、SUV
セット内容カーテン×8枚、取り付け用パーツ、収納袋
装着場所フロントウィンドウ、サイドウィンドウ、リヤウィンドウ
使用時サイズ130×70cm(フロント)、80×70cm(前席サイド)、100×70cm(後席サイド前)、70×70cm(後席サイド後)、120×70cm(リヤ)
収納時サイズ-
機能遮光、UVカット
素材ポリエステル

おすすめポイント

●すべての窓を隠せる、車中泊に最適なカーテン8枚セット
●サイズを調節でき、幅広い車種に装着可能
●遮光率99%の幕で日除けや目隠しができ、快適な空間を作れる

Y.WINNER 車用防虫ネット バックドア用

車のタイプミニバン ほか
セット内容カーテン×1枚、取り付け用パーツ
装着場所リヤウィンドウ
使用時サイズ168×158cm
収納時サイズ-
機能防虫
素材-

おすすめポイント

●暑く虫が多い夏の車中泊で重宝するメッシュカーテン
●クリップでの固定により、車の開口部をしっかりカバーできる
●出入り口として使えるファスナーを装備

車用カーテンにおける注意点

車用カーテンを閉めてくつろぐ女性

出典:PIXTA

カーテンの使い方や取り付け方によっては、安全性が損なわれたり、車を損傷させたりする可能性があります。注意すべき点をしっかり押さえ、正しく使うことが大切です。

使用するときに気をつけておきたいポイント

車用カーテンを使用するときは、以下のポイントに注意しましょう!

車用カーテンの使用における注意点

  1. 後部座席のカーテンが、走行中に運転席にかからないようにする
  2. 走行中、車外に飛んでいかないように気をつける
  3. 車体や窓に傷をつけないように配慮する
  4. ドアや窓の開閉に悪影響を与えないように装着する
  5. 取扱説明書を読み、使用方法をしっかり守る

車用カーテンを後部座席に装着するのは問題ありませんが、走行中に風でなびいて運転席にかかることのないように配慮しましょう。

簡単に装着できるカーテンほど勝手に外れるリスクがあり、窓を開けた状態で走行すると車外へ飛んでいく可能性もあります。

装着時はカーテンレールを損傷させないように気を付け、装着後はドアや窓を問題なく開閉できるか、走行する前にチェックしましょう。

車用カーテンのよくある質問

車用カーテンについて、ありがちな質問や疑問について解説します。ぜひ参考にしてください。

車用カーテンは100均の商品などを使って自作できる?

車のリヤハッチにカーテンを装着している

出典:PIXTA

実際に、100均の商品で自作している人もいます。欲しい製品が見つからない場合などには自作するのもひとつの手ですが、その際は安全面にしっかり配慮しなくてはなりません。

自作のメリット・デメリットの両面から、自作が必要かを判断しましょう。

車用カーテンを自作するメリット

  1. 自分の車の窓に最適化できる
  2. 安く済ませられる可能性がある

車用カーテンを自作するデメリット

  1. 不慣れな場合は安全性などに不安がある
  2. 買うほうが手軽で、安く済む場合もある

別の記事で自作の手順を紹介しているので、気になる場合はそちらをチェックしてください。

▼車用カーテンの自作方法について詳しくはこちら!

▼ハイエース用のカーテンの自作方法について詳しくはこちら!

車用カーテンはどのようにして取り付ければいいの?

車用カーテンを取り付けている女性

出典:アールエル

吸盤タイプ・マグネットタイプ・ピラータイプの取り付け方法はシンプルなので、迷わず装着できるでしょう。

レールタイプの場合は、以下のような手順で取り付けます。

車用カーテンの取り付け方法の例
手順内容
1レールを取り付ける場所を決め、ホコリや汚れを除去する
2取り付けたい場所に付属の両面テープを貼る
3レールの上下を確認して両面テープの上に乗せ、全体を押さえつける
4そのまましばらく放置し、しっかり固定させる
5レールにカーテンを取り付ける
6レールストッパーなどの細かなパーツをすべて取り付けたら完了

これはあくまで例であり、製品によって使うパーツや手順は異なります。取扱説明書を読み、正しい手順で取り付けましょう。

カーテンを付けたら車内が暗くなってしまうの?

カーテンにより車内が暗くなっている

出典:PIXTA

遮光率が高く、かつ黒っぽいカーテンほど、車内が暗くなります。なるべく車内を明るくしたい場合は、光を通しやすい明るい色のカーテンを選ぶか、メッシュ生地のカーテンを選ぶと良いでしょう。

ただし光を通しやすいカーテンほど外から車内が見えやすくなるので、どちらを優先させるべきかを考慮する必要があります。

車用カーテンで快適なプライベート空間を手に入れよう!

すべての窓の車用カーテンを閉めている

出典:楽天市場

周囲からの視線をブロックできたり、紫外線による日焼けを防げたりと、たくさんのメリットをもつ車用カーテン。

道路交通法や車検などの注意すべき点もありますが、車内での休憩や車中泊、子供への授乳、着替えなど、さまざまなシーンで役立ちます。

前半で解説した選び方のポイントを振り返り、自分の車にマッチする製品を選びましょう。快適な念願のプライベート空間が手に入りますよ!

車用カーテンの人気売れ筋ランキング

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングにおける車用カーテンの人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認できます!

※記事内で紹介している商品を購入した際、売上の一部がCAMP HACKに還元される場合があります。
※各商品に関する情報は、実際に商品を使用したうえでの見解に加え、ブランド・ECサイトなどの情報を参照して記載しています。
※掲載されている情報は、記事執筆時点でCAMP HACKが独自に調査したもの、または各商品のJANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、自動で生成しているものです。
掲載価格の変動や登録ミスなどの理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細などについては、各ECサイト・販売店・ブランドよりご確認ください。

車用カーテンに関するこちらの記事もおすすめ

▼車中泊グッズを紹介している記事はこちら!

▼車中泊がしやすい車を紹介している記事はこちら!

▼車中泊のテクニックを紹介している記事はこちら!