「メスティン」のこと、知ってるつもり? 定番アイテムのあれやこれやを復習

2021/07/26 更新

ダイソー、ニトリなど話題の2021年最新おすすめメスティンから、シーズニング・炊飯方法・レシピなどまるっとメスティン関連情報をお届け! すでに愛用者の方にも知って欲しい「メスティン折り」や「鏡面磨き」の方法もご紹介します。

アイキャッチ画像撮影:AKT

アウトドア飯を作るなら、メスティンを入手せよ!

メスティン 今やアウトドアシーンでの調理では定番アイテムとなったメスティン。スウェーデンのアルコールバーナーメーカーであるトランギアのもので名を馳せましたが、昨今では様々なメーカーからがメスティンを開発し、個性豊かなラインナップが展開されているんです。

メスティン料理 ということで本記事はメスティンにグッとフォーカスを当てます。おすすめモデルをはじめ、シーズニングやバリ取り方法、炊飯やおすすめのレシピまで、メスティンに関するすべてのことをまるっと紹介していますので、最後までチェックをお忘れなく。

この記事で分かること

・【購入前】メスティンの選び方
・【使用前に知っておきたい】シーズニング、バリ取り、メスティン折について
・【料理】炊飯方法、おすすめレシピ
・【メスティンをアレンジ】メスティン鏡面磨き、ロゴを入れる方法
・【+αの調理道具】相性抜群!メスティンと一緒に持っておきたいギア


【購入前】メスティンの選び方:トランギア、ダイソーなど豊富なラインナップをチェック

メスティン
撮影:AKT
メスティンと言えば、先ほど説明したようにトランギアのものが一般的でした。その普及と共に今では、100円ショップのダイソーや他のアウトドアメーカーからも続々とメスティンを発売。そうなると実際どれを選んだらいいのか悩んでしまいますよね。
メスティン選びで見るべき3つのポイント
1. サイズ容量
2. バリ取りの有無
3.本体素材・表面加工について
まずメスティンの相場価格としては、ダイソーの550円のものから4,000円ほどのものまで開きがあります。この値段の違いは大きく上記の3つが関係しており、比較的高価なものは焦げ付かないテフロン加工が施されていたりと、使い勝手にも配慮されています。

この3つをポイントに、求めているスペックのものを選ぶようにしましょう。


安心安定のど定番!トランギア「メスティン」

Made in Swedenでお馴染みのトランギア。熱伝導率の高いアルミ製で、アルコールバーナーでもご飯が美味しく炊くことができます。1品1品ドイツの検査機関TUVの安全基準をクリアしているので安心して使えるのも嬉しいポイント。

ITEM
トランギア メスティン
●サイズ:(約)幅17×奥行9.5×高さ6.2cm
●重量:(約)150g
●素材:アルミ
●バリ取り:必要
●シーズニング:必要

売り切れ続出!圧倒的なコスパを誇るダイソー「メスティン(ハンドル付)」

ダイソー製メスティン
入門編としてオススメしたいのが、ご飯を1合炊ける550円のダイソーメスティン。発売後たちまち話題となり、あまりの人気っぷりから新サイズも仲間入り!

1.5合炊き(880円)と3合炊き(1,100円)の大きいサイズが加わり、バリエーションも充実しています。


お米2合が炊ける大容量!キャプテンスタッグ「メスティン」

お馴染みの鹿ロゴが蓋に大きく配されたモデル。こちらは1Lの容量でお米2合でもしっかりと炊けるサイズです。その大容量を支えるべく、ハンドルが2本付いている点が他にはない個性! 安定感も抜群です。

ITEM
キャプテンスタッグ メスティン
●サイズ:(約)幅17×奥行11.5×高さ6.5cm
●重量:(約)185g
●素材:アルミ、ステンレス
●バリ取り:一部必要
●シーズニング:不要(表面アルマイト加工)

ハードアルマイト加工で頑丈かつ傷に強い!ロゴス「メスキット」

メスキットは、ハードアルマイト加工を施したことによりキズや腐食に強いのが特徴。加えて、メスティンを使う前のシーズニングも必要もなし。放置したときの変色を気にせず使うことができるので、細かいお手入れが苦手な人にオススメです。

ITEM
ロゴス メスキット
●サイズ:(約)31.5×奥行11.5×高さ5.5cm
●重量:(約)230g
●素材:アルミ、ステンレス
●バリ取り:不要
●シーズニング:不要(表面アルマイト加工)

使う人に優しいバリ取り仕様!キャンパーズコレクション「メスティン」

リーズナブルで使い勝手のいいキャンプギアが揃う山善のオリジナルブランド・キャンパーズコレクション。こちらはしっかりバリ取りしてあるので、口縁で手を切る心配もなし。お子さんにも優しい仕上げになっています。

ITEM
キャンパーズコレクション メスティン
●サイズ:(約)幅17×奥行9.5×高さ6cm
●重量:(約)160g
●素材:アルミ
●バリ取り:不要
●シーズニング:必要

充実のオプションでお得感あり!ミリキャンプ「メスティン」

こちらは単品の購入もできますが、ポケットストーブ、バット網とハンドルカバーのセット販売も行っているんです。そのため固形燃料さえ用意してしまえば、すぐに炊飯できるというお得なセットになっています。

ITEM
ミリキャンプ メスティン
●サイズ:(約)幅16×奥行9.5×高さ6cm
●重量:(約)165g
●素材:アルミ
●バリ取り:不要
●シーズニング:必要

アルマイト加工ながら1,290円と破格!ニトリ「メスティン750」

ニトリメスティン 今人気急上昇中なのが、あの家具・インテリアを扱っているニトリのもの。焦げ付きにくいアルマイト加工を施していながら、驚きの1,290円というコスパの良さで話題を呼んでいます。


【使用前に知っておきたい】シーズニング・バリ取り・メスティン折について

お気に入りのメスティンをゲットしたら、次は使用する前の儀式と言える3つの準備をしましょう!

バリ取り

メスティンのバリ取り
撮影:vavavavans
バリ取りとは、本体や蓋のフチにあるギザギザとした鋭利なザラつきを、紙やすりで取り除く作業のこと。ギザギザの状態で使っていると指などを切ってしまう恐れがあるため、購入したメスティンにバリのある場合は実施するといいでしょう。
バリ取りのやり方
1. ケガ防止のために「軍手」を着用する
2. 紙やすり(1000番推奨)でザラついている部分を削る
3.削り終えたら、水洗いしてバリ取り完了
▼必要な道具、詳細な工程は下記記事を参考に


シーズニング

米のとぎ汁でシーズニング
撮影:vavavavans
シーズニングとは、端的に言うと、油にならして金属の臭みを抜きながら酸化皮膜を作ること。購入するメスティンによっては、「シーズニング不要」のモデルもあるため必要に応じて実施しましょう!
シーズニングのやり方
1. ハンドルを外す
2. 中性洗剤で洗う
3.メスティンが浸かるほどの米の研ぎ汁を用意する
4.鍋にメスティンと研ぎ汁を入れ熱し、沸騰したら弱火で15〜20分ほど煮込む
5.水洗いしてシーズニング完了
▼必要な道具、詳細な工程は下記記事を参考に


超便利!焦げ付き防止の「メスティン折」を作っておこう

メスティン折
先ほど紹介したシーズニングの膜が剥がれてしまうと、メスティンは焦付いてしまうこともしばしば。そんな心配を払拭するためにオススメしたいのがメスティン折りです。

メスティン折りとは、クッキングシートをメスティンに入るサイズに折ったボックス状のもの。これを調理時に敷き込んでおくだけで焦げ付き知らず! 水洗いの手間が削減されるため作ることをオススメします。

▼必要な道具、詳細な工程は下記記事を参考に


【メスティンを使って料理に挑戦!】初心者でも失敗しない炊飯・おすすめレシピ

お米のプロ直伝!メスティンでの炊飯方法

メスティン炊飯
撮影:八代目儀兵衛
準備が整ったところで気になるのが、やはり上手な炊飯方法。メスティンのボディに一般的に使われているアルミは、熱伝導率が高く、全体に火が回りやすいのが特徴。しかしその反面、蓄熱しづらく、すぐに冷めてしまうという特徴も。

だからこそ、蒸らしに頼り過ぎず、継続して最適な加減で火を入れ続けることがポイントです!

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

ご飯の炊き方
1. 水に浸したお米1合と水をメスティンに入れる
2. 蓋を開けた状態にして、弱火~中火で沸騰まで優しくかき混ぜる
3. 水気がなくなり、とろみが出ておかゆ状になったところで蓋をする
4. 極弱火で25分火にかける
5.シャリ切りを行った後に蓋を少しずらし空け、5分間は余分な水分を飛ばして完成
この炊飯方法は、江戸時代から続く米の老舗「八代目儀兵衛」のマツバラさん直伝! より詳しい解説は下記記事をチェック。


メスティンを使ったおすすめレシピ

画像を見ただけで思わずヨダレが出てしまいますが、メスティンはもちろんご飯を炊くだけじゃないんです。

キャンプ飯研究家のベランダ飯さんが劇的メスティン飯と題して、よりどりみどりなレシピをご紹介! ぜひ参考にして、キャンプでも自宅でも食卓に彩りを加えてみてください。


【オプション】スタッキングできる!メスティンと相性抜群のギア

メスティンのストーブ
撮影:編集部
メスティン収納
出典:Amazon
メスティンは箱型だから、調理で使用しないとき以外は、調理ギアの収納として活躍してくれるんです。しかも、各メーカーからはメスティンに入れて携行することを想定して作られたギアも多数リリースされています。

ここからは、コンパクトかつ多機能なメスティンの相棒たちをご紹介します。


コンパクトながら確かな風防設計!マルペイネット「デルタストーブ オープンパネル セット」

このデルタストーブはオープンパネルとセットになったことにより、ゴトク兼風防として活躍してくれる優れもの。重量164g、収納時の厚みは2.5mmと極薄! メスティンに入れ携行するのに打ってつけのサイズ感です。

ITEM
マルペイネット デルタストーブ オープンパネル セット
●サイズ:152mm×133mm×80mm
●収納サイズ:152mm×83mm×2.5mm
●重量:164g
●材質:18-8ステンレス

半世紀以上のロングセラー!トランギア「アルコールバーナー」

1951年から販売されているアルコールバーナーはタンク、消火用&火力調整用蓋、タンク用蓋のシンプル構造で、コンパクかつ軽く、持ち運びも便利。使用燃料はエチルアルコールかメチルアルコールで、本体のアルコールタンクの2/3の注入量で約25分燃焼します。

ITEM
トランギア アルコールバーナー
●サイズ:直径7.5×高さ4.5cm
●重量:110g

パッケージに負けない機能性!男爆鉄板「メスティン専用 3.2mm厚」

存在感抜群の男爆鉄板。こちらは鉄板・ヘラ・鉄板つかみ・専用収納袋・耐油紙のセットアイテム。メインドインジャパンにこだわった高品質な鉄板はキャンプ場でステーキを楽しみたい人に持ってこい。サイズもちゃんとメスティンに収まる仕様になっています。

ITEM
男爆鉄板 メスティン専用 3.2mm厚
●サイズ:90mm×150mm×厚さ3.2mm
●重量:約350g



炒めものに使える有能ギア!キャプテンスタッグ 「ダブルエンボス ミニしゃもじ16cm」

こちらのしゃもじはダブルエンボス加工を施したことにより、ご飯ばなれ良好。その加工のおかげで炒めものの調理でも活躍するというユーティリティプレイヤー。328円(2021年7月7日付Amazon価格)とコスパもいいので持っておいて損はなし!

ITEM
キャプテンスタッグ  ダブルエンボス ミニしゃもじ16cm
●サイズ(約):45×160×10mm
●材質:ナイロン(耐熱温度:180℃、耐冷温度:-20℃)

【メスティンをアレンジ】メスティン鏡面磨き、ロゴを入れる方法

メスティン鏡面磨き
出典:Instagram by @akubida19
最後は、愛用中のメスティンをオリジナルデザインに格上げする、裏技とも言えるアレンジ方法「鏡面磨き」をご紹介します。

全体を耐水ペーパーで軽く擦ったあとに水洗いし、あとはポリッシャークリームのブルーマジックをひたすらに塗り込んで磨くだけ。30分程度の作業で高級感のあるピカピカのメスティンへと生まれ変わるんです。


ロゴ入り鏡面磨き

メスティン鏡面磨き
撮影:GGGC
そしてこの鏡面磨きにはロゴ入れもできちゃいます! 自分の好きなカッティングシートのステッカーをメスティンの蓋に張り、先ほどの方法を行い、最後にステッカーを剥がすだけ。世界にひとつだけのメスティンを作ってみませんか?

▼詳しい工程はこちらを参考に!


便利だけど奥深いメスティンの世界

メスティン
撮影:vavavavans
ここまで一気にお送りしてきたメスティンの決定版ガイドはいかがだったでしょうか。コンパクトながら、炊飯から調理に至るまで幅広く活躍してくれるメスティン。

お手入れをちゃんとすることによって長く愛用もでき、キャンプ飯の強い味方となってくれます。ぜひ自分なりの1品をゲットして上手なお付き合いを楽しんでください。

紹介されたアイテム

トランギア メスティン
キャプテンスタッグ メスティン
ロゴス メスキット
キャンパーズコレクション メスティン
ミリキャンプ メスティン
サイトを見る
マルペイネット デルタストーブ オープン…
トランギア アルコールバーナー
男爆鉄板 メスティン専用 3.2mm厚
キャプテンスタッグ  ダブルエンボス ミ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

ファッション誌やWEBマガジンの編集部、フリーライターを経て、国内外のブランドのPRを行うTEENY RANCHに所属。並行して、ファッションやアウトドアメディアのライターとしても活動中。