CAMPHACK

メスティンのギザギザ気になりません?使用前にやるべき二大作業「バリ取り」「シーズニング」をおさらい

1

メスティンを使う前にやる二大作業「バリ取り」と「シーズニング」の方法まとめ! 人気のメスティンをやっと手に入れたらすぐに使いたいところですが、ちょっと待った! 多くのメスティンはそのまま使えないんです。安全かつ快適に、そして末永く愛用するためにやっておきたいバリ取りとシーズニングの方法をご紹介します。

vavavavans

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

人気のメスティンを使う前に……

メスティン
様々な調理が楽しめる万能調理器具のメスティン。アウトドアブランドのみならず、100円ショップでも取り扱われるほど人気を集めており、店頭で見かけることも増えてきましたよね。

そんなブームもあって手に入れた方も多いはずですが、ほとんどのメスティンはそのままでは使えないことをご存知でしょうか?

「バリ取り」と「シーズニング」が必要なんです

メスティン
バリ取りとは
本体や蓋のフチにあるザラつきをヤスリで取り除いて滑らかにする作業
購入したばかりのメスティンには、生産時にできたバリ(鋭利な部分)が残っていることがあります。これが残ったまま使ってしまうと調理や食事のとくにケガをしてしまう恐れがあるので、きちんと取り除いておく必要があります。
メスティン
シーズニングとは
焦げ防止の膜を作り、アルミ臭を消すための作業
アルミ製のメスティンは新品の状態だと独特の臭いが。お米の研ぎ汁を煮たり野菜くずを炒めてこのアルミ臭を消す作業がシーズニングで、こうすることで表面に膜を作り焦げや変色もしにくくなります。

バリ取りもシーズニングも絶対に必要というわけではありませんが、メスティンを長く安全に使用するうえで大事な作業。今回は、メスティンを使うなら覚えておきたいバリ取りとシーズニングの方法をまとめていきます!

関連記事