編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE
【2024年】キャンプ用フライパンのおすすめ35選!素材別の特徴や選び方も解説

【2024年】キャンプ用フライパンのおすすめ35選!素材別の特徴や選び方も解説

フライパンはキャンプでも役立つアイテムですが、鉄製のスキレットやグリルパンをはじめさまざまな種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、キャンプ向けフライパンの選び方とおすすめをご紹介。目的や重視したいポイントにマッチするアイテムが選べるよう、素材ごとに計35選をピックアップしました。また、フライパンを使った料理におすすめのレシピもご紹介していますよ!

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

キャンプ用のフライパンとは?

キャンプラックにかけられた調理器具

出典:PIXTA

キャンプ用のフライパン は、キャンプでの楽しみのひとつである食事を快適にしてくれる調理器具。朝食に目玉焼きやホットケーキを焼いたり、おつまみとして一品を作ったりとひとつあると何かと便利なアイテムです。

キャンプ用フライパンの特徴

アイアンテーブルに置かれたフライパン

出典:PIXTA

キャンプで使うことを目的として作られたフライパンは、家庭用とは違った特徴があります。具体的にはどのような違いがあるのか、メリットとデメリットの面から見てみましょう。

メリット

アウトドアでステーキを焼く

出典:PIXTA

キャンプ用フライパンは、厚みのある鋳鉄製であれば蓄熱性が高く、定番の肉や魚などもシンプルに焼くだけでふっくら美味しく仕上げられるのが特徴。

また、基本的には煮込み料理に適している鍋だけを使うより料理のバリエーションも増やせます。

調理してそのままテーブルに置けるような、おしゃれなフライパンが多いのも魅力。焚き火をするなら、焚き火対応のフライパンを選んでおくとキャンプの雰囲気をより楽しめます。

デメリット

ケトルと鍋とホットサンドメーカー

出典:PIXTA

キャンプ用フライパンは商品によっては重い物もあり、取っ手がかさばることもあるので持ち運び面がデメリットになることも。また、焦げ付かないためのコーティングが施されていないものもあり、アイテムによっては使用前後にシーズニングなどのメンテナンスが必要になることもあります。

浅いフライパンだと煮込みなど汁物系の料理には適しておらず、鍋を持って行った方がいいこともあるでしょう。

キャンプ用フライパンの種類

キャンプ用の取手がたためる鍋類

出典:PIXTA

キャンプに持って行けるフライパンは、主にスキレット・焚き火用・家庭用の3種類。それぞれ使いやすさや料理のしやすさなどが異なるので、スタイルに合わせて選びましょう。

スキレット

スキレットにチーズをかける

出典:PIXTA

スキレットとは、厚みのある鋳鉄製のフライパンのこと。熱伝導率や蓄熱性に優れているので、キャンプでも簡単に美味しい料理が作れるとして人気があり、キャンプでステーキを味わいたい方にとくにおすすめのアイテム!

そのままテーブルに置けるので見栄えがよく、おしゃれな写真を撮りたい人にもぴったりです。ただし、使用前後にシーズニングなどの手入れが必要になるアイテムが多く、メンテナンスにはやや手間がかかります。

▼おすすめのスキレットを詳しく紹介した記事はこちら!

焚き火用

焚き火用のフライパン

出典:Amazon

焚き火調理で使われるフライパンの中には、取っ手がなく現地で調達した木を差し込み口に入れて柄として使うタイプも。“焚き火フライパン”と呼ばれ、ブッシュクラフトスタイルの料理を楽しみたい人におすすめのアイテムです。

このタイプは取っ手がない分コンパクトで持ち運びやすいのが特徴。オリジナルのフライパンでアウトドア気分をより楽しめるのも醍醐味です。

▼ブッシュクラフトについて詳しく解説した記事はこちら!

家庭用のフライパン

フライパンで炒め物をする 手元

出典:PIXTA

キャンプに行く頻度がそう高くない場合は、キャンプ用のフライパンを購入せず家で普段使っているフライパンを活用することもできます。

ただし、持ち運びを想定して作られていないためサイズが大きくかさばりやすいことが難点。また、ハンドルや蓋の一部に樹脂が使われているものは焚き火の熱で溶けてしまう可能性もあるので、使用は避けた方が良いでしょう。

キャンプ用フライパンの選び方

目玉焼きとベーコンを乗せた2つのスキレット

出典:PIXTA

次に、キャンプ用フライパンの選び方を解説します。材質やサイズ・加工など、キャンプで調理するにあたって重視したいポイントをチェックしてみてください。

  1. 材質は、用途や重視するポイント次第
  2. サイズは使用人数や利便性で選ぼう
  3. 取っ手が折りたためるタイプだと持ち運びやすい
  4. テフロン加工が施されたタイプなら、焦げ付きにくくお手入れも楽

材質は、用途や重視するポイント次第

スペアリブや野菜をフライパンで焼く

出典:Amazon

まずはフライパンの材質から注目してみましょう。キャンプ用フライパンの材質は、大きく分けて鉄製・ステンレス製・アルミ製・チタン製の4種類。それぞれの特徴を見ていきましょう。

鉄製は丈夫で長く使える

焚き火の上でフライパンを使って調理する

出典:Amazon

鉄製のフライパンは耐久性が高く、長く愛用できるのが特徴で、焚き火などの高温調理にも適しています。

ただし、サビやすいため使用後はシーズニングなど適切な手入れが必要で、他の材質のフライパンに比べると手間がかかることも。こまめなメンテナンスも含めて愛用できるキャンパーにおすすめです。

ステンレス製は錆びにくく、価格も比較的手ごろ

石コンロに置いたフライパンで目玉焼きを作る

出典:Amazon

ステンレス製のフライパンは、サビにくく丈夫である点が最大の魅力。鉄製のフライパンより軽いものが多いので、持ち運びもしやすいでしょう。

また、比較的低価格の商品が多いので、キャンプ道具にあまりコストをかけたくない方にもおすすめ。家庭用のフライパンや鍋にもよく用いられている材質なので、製品によっては家兼アウトドア用のフライパンとしても活用できます。

軽さを重視するならアルミ製

フライパンでパエリアを作った

出典:Amazon

持ち運びしやすいよう、軽さを重視したいなら断然アルミ製! 熱伝導率が高く早く温まるのでスピーディに料理ができます。
その一方、アルミは柔らかい材質のため持ち運びや積載時の衝撃によって変形することもあるので、取り扱いや保管には注意が必要です。

チタン製は軽量かつサビにくい

チタン製のサイズ違いのフライパン

出典:Amazon

軽くて耐久性があり、サビにくいのがチタン製のフライパン。熱伝導率が低いため料理に時間がかかる反面、冷めにくいというメリットもあります。また、熱を加えると「チタンブルー」に変色するため、自分だけのキャンプフライパンを育てる楽しみがあるのもポイント。

持ち運びやすさが重視された小さめのタイプが多いため、ソロや少人数でのキャンプにオススメです。

サイズは使用人数や利便性で選ぼう

目玉焼きとベーコンを焼いたスキレット

出典:PIXTA

一度にできあがる料理の量を左右するのが、フライパンのサイズ。ファミリーキャンプなら人数分の食事が一度に作れるよう大きめのフライパンがオススメですが、ソロなら持ち運びのことも考えてコンパクトサイズを選んでおくと良いでしょう。

ファミリー向けは直径24~26cmが目安

フライパンで野菜を炒める

出典:PIXTA

3~4人のグループやファミリー用の料理に適しているのは、直径24~26cmほどのサイズ。焼きそばや人数分の目玉焼き、パンケーキなどが一度に作れるサイズで使い勝手が良いでしょう。

ソロ向けは直径15~20cmが目安

キャンプでフライパンを使って調理する女性

出典:PIXTA

そこまで大きなフライパンは必要なく、荷物も自分ひとりで持ち運ぶソロキャンプなら直径15~20cmが目安。スキレットなど1人用のフライパンなら、そのまま食器としても使えて洗い物も減らせます。

取っ手が折りたためるタイプだと持ち運びやすい

取手がたためるフライパン

出典:Amazon

キャンプ用のフライパンには取っ手が折りたためるタイプも多く、持ち運びに便利。とくにファミリー用のフライパンは大きいためかさばりやすく、携行面が気になる方は折りたたみタイプを探してみると良いでしょう。

折りたたみ式だけでなく取っ手が完全に外れるモデルもあり、このようなタイプはコンパクトに持ち運べるだけでなく洗いやすいというメリットもあります。

テフロン加工が施されたタイプなら、焦げ付きにくくお手入れも楽

フライパンを洗う

出典:PIXTA

テフロン加工されたフライパンは、食材がくっつきにくいので汚れが落としやすく手入れも楽。キャンプ場によっては洗い場が整備されておらず汚れを落としきって帰れないケースもあるので、加工タイプのフライパンならある程度の汚れを現地でサッと拭き取り、後は帰宅後にしっかり洗うということも可能です。

ただし、テフロン加工は使っていくうちにだんだんと効果が落ちていくことも。また、強火で使うことも加工の効果を落とす原因になりかねないため、基本的に火力の強い焚き火料理には適していません。

キャンプ用フライパンのおすすめ35選

ここからは、おすすめのキャンプ用フライパンを材質別にご紹介! 「フライパン」「スキレット」「クッカー」の種類ごとに大きいサイズから小さいサイズの順に並べているので、ファミリーやソロなどスタイルに合わせて選びましょう。

鉄製のおすすめ14選

フライパン

ファミリー

ライクイット オーブンでも使える鉄フライパン

材質
サイズ26.4×46.3×8.2cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量1100g

おすすめポイント

●直火だけでなくIHコンロでも調理可能で、家庭用と併用しやすい
●取っ手を外せばオーブン調理も可能なのでメニューの幅が広がる
●スタンド付きでおしゃれかつスマートに収納できる

ファミリー/ソロ

ブッシュクラフト  たき火フライパン深め

材質
サイズ24×5.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量705g

おすすめポイント

●取っ手は枝で代用するのでアウトドア感がより楽しめる
●深めなので炒め物以外に煮込み料理も作りやすい
●リネン製の収納ケース付きで、持ち運びや収納に便利

▼焚き火フライパンを詳しく紹介している記事はこちら!

ファミリー/ソロ

キングキャンプ グリルパン

材質鋳鉄
サイズ24×24×2cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量1700g

おすすめポイント

●鋳鉄製で、直火だけでなくガスやIHにも対応している
●波型のデザインは余分な脂を切りながら調理できるのでヘルシーでおいしく肉が焼ける
●ハンドルは折りたたみ可能で持ち運びや収納がしやすい

ファミリー/ソロ

ペトロマックス シュミーデアイゼンフライパン

材質錬鉄
サイズ24cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量1165g

おすすめポイント

●取っ手が長く、焚き火や薪ストーブなど高温の熱源でも使いやすい
●表面の溝が余分な脂を流して焦げつきにくくするのでヘルシーでお手入れも楽
●複数人の食事が一度に作れるのでファミリーキャンプにおすすめ

ファミリー/ソロ

LAUGH WRINKLES 使いこむほどに育つ鉄フライパン

材質
サイズ24cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●表面に微細な凹凸加工がされていることで、焦げつきにくい
●シーズニング処理が施されているので、すぐに使える
●取っ手にフックが付いているので、引っかけて収納できる

ファミリー/ソロ

パール金属 鉄フライパン

材質
サイズ24cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●鉄製で蓄熱性が高く、肉が美味しく焼ける
●直径24cmで3人ほどのファミリーやグループに最適
●安心して使用できる日本製

ファミリー/ソロ

ターク クラシックフライパン

材質銑鉄
サイズ22×41×11.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量1200g

おすすめポイント

●無骨でワイルドなデザインがキャンプシーンによく映える
●熱伝導率が高く蓄熱性も高いので、安定した温度でスピーディーな調理が可能
●取っ手の先がカーブしているため、引っかけて収納もできる

▼タークのフライパンについて詳しく紹介している記事はこちら!

ファミリー/ソロ

ココパン モーニング COCOpan

材質
サイズ21×2.3cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
×
テフロン加工
×
重量450g

おすすめポイント

●取っ手がないので、調理後そのままお皿としてテーブルに出せる
●直火だけでなくガスやIHにも対応しているので、家庭でも使える
●ソロから少人数でのキャンプ調理に向いている

▼COCOpanを詳しく紹介している記事はこちら!

ファミリー/ソロ

ターク 鉄製フライパン ロースト用

材質
サイズ21cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
×
テフロン加工
×
重量870g

おすすめポイント

●焼く・炒める・揚げるがこれ1つで完結
●表面の細かい凹凸で油が流れるのでヘルシーに調理できる
●TURKの専用ブラシ付きでお手入れに便利

ファミリー/ソロ

ゴエン フライパンいたぱん

材質
サイズ20×4cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
×
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●ヘリが高いので食材がこぼれにくく炒めやすい
●ガスやIHにも対応しているので、普段使いもできる
●焦げつきにくくサビにくい「ハードテンパー加工」でお手入れ楽々

ソロ

藤田金属 鉄フライパン

材質
サイズ13×23×6.5m
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量230g

おすすめポイント

●職人技のヘラ絞りによる板厚1.4mmで丈夫なつくり
●鋳物に比べて軽量ながら熱伝導率は◎
●食材をひっくり返しやすい浅型設計

スキレット

ファミリー

コールマン クラシックアイアンスキレット

材質鋳鉄
サイズ27.5×41.5×10cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量4400g

おすすめポイント

●蓋がついているのでキャンプでも蒸し料理ができる
●オイルで仕上げてあるので、手間のかかるシーズニングが不要
●ファミリーサイズの10インチでも専用ポーチ付きで持ち運びしやすい

ファミリー

ロッジ シーズンスチール スキレット

材質シーズンスチール
サイズ26×3.4cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量1420g

おすすめポイント

●内径が10インチあり、大きいステーキも余裕で焼ける
●取っ手の先に穴が空いているので、引っかけて収納できる
●直火OKなので焚き火でガシガシ使える

▼ロッジのスキレットについて詳しく解説した記事はこちら!

ファミリー

ニトリ IH・ガス火 スキレット鍋

材質鋳鉄
サイズ25.5×15.7×3.3cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工×
重量720g

おすすめポイント

●調理後にそのままテーブルに置ける、おしゃれでコンパクトなデザイン
●IHやオーブンにも対応しているので料理の幅が広がる
●適度な深さがあるので煮込み料理もできる

ステンレス製のおすすめ8選

フライパン

ファミリー

ツヴィリング バイタリティフライパン

材質ステンレス
サイズ27.3×46.5××5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工×
重量‎1300g

おすすめポイント

●幅26cm深さ4.5cmと大型で煮込み料理に最適
●スタイリッシュでおしゃれなオールシルバーカラー
●食洗機に対応していてキャンプ後のお手入れも楽々

ファミリー/ソロ

キャプテンスタッグ ワイルドウェイ18-8ステンレスフライパン

材質ステンレス鋼
サイズ22.1×3.6cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●ソロでもファミリーでも使いやすい程よいサイズ
●キャンプシーンになじむシンプルでスタイリッシュなデザイン
●取っ手がループになっているので引っかけて収納しやすい

ファミリー/ソロ

MSR アルパインフライパン

材質ステンレス鋼
サイズ19×4.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量323g

おすすめポイント

●深さがあるのでスープやたくさんの具材を入れてもこぼれにくい
●幅19cmとソロならメイン、ファミリーならサブのフライパンにおすすめ
●ハンドルは取り外せるので持ち運びや収納時にかさばりにくい

ソロ

ダイソー アウトドア用フライパン

材質ステンレス鋼
サイズ18.5×16×1cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●アルコールバーナーに乗せて調理ができるソロに最適なサイズ
●ハンドルは取り外し可能で持ち運びやすい
●そのままお皿としてテーブルに並べられるデザイン

ソロ

ツヴィリング ピコフライパン ステンレス66658-160

材質ステンレス
サイズ17.3×32.3×7.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●総シルバーのカラーリングがスタイリッシュ
●1人前の料理が作りやすいコンパクトなサイズ
●食洗機で洗えるので、お手入れが簡単

スキレット

ファミリー/ソロ

パスファインダー フォールディングスキレット&リッドセット

材質ステンレス鋼
サイズ21×5.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量560g

おすすめポイント

●蓋付きなので、蒸し料理などのメニューの幅が広がる
●取っ手は折りたたみ仕様なので、持ち運ぶときにかさばりにくい
●深さがあるので煮込みや湯煎などの調理も可能

クッカー

ファミリー/ソロ

キャプテンスタッグ クッカーセット 3点セット

材質ステンレス鋼
サイズ20×3.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●鍋2つと20cmのフライパンがセットでファミリーでも使いやすい
●取っ手を取り外してすべてを鍋の中にコンパクトに収納可能
●持ち運びや収納に便利な専用バッグ付き

ソロ

ダイソー クッカー3点セット

材質ステンレス鋼
サイズ15×15×2.7cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●3点セットで700円というコストパフォーマンスの良さで、初心者にもおすすめ
●取っ手は折りたたみ可能で、3点すべてをまとめて収納できる
●衛生かつ安全に持ち運べる収納バッグ付き

アルミ製のおすすめ7選

フライパン

ファミリー/ソロ

Fire-Maple テフロンアルミフライパン FEAST FP Non-stick

材質アルミニウム
サイズ19.4×4.45cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
重量262g

おすすめポイント

●取っ手が鮮やかなオレンジ色でおしゃれなデザイン
●深さが4cm以上あるので煮込み料理もしやすい
●取っ手が折りたためて、専用ポーチもあるので持ち運びに便利

ファミリー/ソロ

エバニュー アルミフライパン#18用マーブルECA195

材質アルミニウム
サイズ18.4×4.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
重量255g

おすすめポイント

●フッ素樹脂加工が施してあり、食材がくっつきにくくお手入れも楽
●取っ手は握りやすいだけでなく折りたためるので、持ち運びや収納がしやすい
●ソロキャンプでの調理に最適なコンパクトなサイズ

ファミリー/ソロ

ジージーエヌ ミニフライパン アルミGN12CM003

材質アルミニウム
サイズ17.5×32.5×4cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量190g

おすすめポイント

●超軽量タイプで取っ手も折りたたみできるので持ち運びやすさ抜群
●ハンドルはラバー素材になっていて、調理中もすべりにくく安全
●直径17.5cmとソロキャンプや登山にぴったり

ファミリー/ソロ

キャプテンスタッグ ふっ素樹脂加工フライパン

材質アルミニウム
サイズ17×26.5×3.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
重量-

おすすめポイント

●アルミ製で軽く、取っ手は折りたためるので持ち運びやすい
●テフロン加工で焦げつきにくくお手入れが簡単
●自宅で使うなら取っ手を引っかけて収納できる

ファミリー/ソロ

ユニフレーム 山フライパン

材質アルミニウム
サイズ17×4cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
重量175g

おすすめポイント

●食材が焦げつきにくいテフロン加工でお手入れが楽々
●取っ手は折りたためるので、かさばらず持ち運びや収納ができる
●深さが4cmあり、焼くだけでなく煮込み料理や湯煎もしやすい

スキレット

ファミリー/ソロ

ジェットボイル サミットスキレット

材質‎アルミ
サイズ-
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
×
重量-

おすすめポイント

●セラミックコーティングで焦げつきにくく、お手入れもしやすい
●付属のフライ返しは、折りたたんだハンドルにはめ込んで収納できる
●ファミリーでの食事にも対応できる20cmサイズ

クッカー

ファミリー

コールマン アルミクッカーセット 3点セット

材質アルミニウム
サイズ24×4.5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
重量-

おすすめポイント

●キャンプでのメニューの幅がグッと広がる3点セット
●焦げつきを軽減するノンスティック加工でお手入れも楽々
●まとめてすっぽり入れられる専用バッグ付きで持ち運びやすい

チタン製のおすすめ6選

フライパン

ファミリー/ソロ

イワタニプリムス CFフライパンS P-C738003

材質ステンレス鋼
サイズ20×5cm
ハンドルの着脱・折りたたみ×
テフロン加工×
重量420g

おすすめポイント

●光沢が美しく、無骨なデザインがキャンプシーンにぴったり
●深さが5cmあるので、煮込み料理や湯煎料理もしやすい
●取っ手は折りたためるのでかさばらずに持ち運べる

ファミリー/ソロ

Boundless Voyage チタンフライパン折りたたみハンドル

材質チタン
サイズ19×5.2cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工×
重量233g

おすすめポイント

●蓋付きなので、焼くだけでなく燻製や蒸し調理もできる
●フチは滑らかに磨かれているので、手を怪我することなく安全に使用できる
●深さが5cmほどあり鍋としても使え、揚げ物や茹で調理などもできる

ファミリー/ソロ

エバニュー チタンフライパン16セラミックECA441

材質チタン
サイズ16.5×3.7cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工
重量120g

おすすめポイント

●セラミックコーティングにより耐久性が高く、焦げつきにくい
●取っ手は折りたためるので、コンパクトに持ち運びや収納が可能
●重量わずか120gと超軽量なので、登山にも持っていきやすい

ファミリー/ソロ

ベルモント BM-033 チタンフライパン

材質チタン
サイズ16.5×3cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工×
重量-

おすすめポイント

●シンプルで無骨なデザインがキャンプシーンで映える
●取っ手は持ち運びや収納がしやすい折りたたみ式
●薄くて軽いので、調理中も扱いやすい

ソロ

YINYUE チタンフライパン

材質チタン
サイズ13.4×4.2cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工×
重量80g

おすすめポイント

●ソロキャンプにちょうどいいコンパクトサイズ
●取っ手を折りたたんで、コンパクトに持ち運び・収納できる
●軽くてサビにくいので、扱いやすくお手入れも簡単

ソロ

SWAG GEAR Keith チタン製ポケットフライパン

材質チタン
サイズ10.8×2.1cm
ハンドルの着脱・折りたたみ
テフロン加工×
重量120g

おすすめポイント

●取っ手は取り外しができ、コンパクトになるだけでなくそのままテーブルに置ける
●ソロにぴったりのサイズでファミリーキャンプでのサブフライパンとしてもおすすめ
●金属臭が食材に移りにくいので、食事をおいしく楽しめる

キャンプ向けフライパン料理のおすすめレシピ

キャンプで料理している笑顔の女性

出典:PIXTA

ここからは、キャンプ用のフライパンで作れる簡単レシピをご紹介! シンプルなステーキから煮込み系まで幅広く網羅しているので、メニュー決めの参考にしてみてくださいね。

ステーキ

スキレットに乗ったステーキを切る

出典:PIXTA

お肉を焼くだけのシンプルなステーキは、簡単なのにワイルドでキャンプにぴったりのメニュー。あらかじめ玉ねぎで漬け込んでおくとお肉が柔らかくなりますよ。

材料(2枚分)
ステーキ肉……2枚(200~300g)
玉ねぎ……1/2
塩胡椒……適量
にんにく……1片
サラダ油……大さじ1
 
★酒……大さじ3
★しょうゆ……大さじ3
★酢……大さじ1
★砂糖……小さじ1
<作り方>
① ステーキ肉の筋を切り、フォークで数か所穴をあける。
② 玉ねぎとにんにくをすりおろし、玉ねぎのみをステーキ肉にまぶしてチャック付きの保存袋に入れ、冷蔵庫で1時間以上漬け込む。
③ 焼く前に常温に戻し、玉ねぎを取り除いてステーキ肉に塩胡椒をまぶす。
④ 油を熱したスキレットやフライパンで片面1~2分ずつ強火で焼く。
⑤ 表面に焼き色が付いたらアルミホイルに包んで5分ほど休ませる。
⑥ ★の調味料をスキレットなどに熱し、ひと煮立ちしたら漬け込みに使った玉ねぎとすりおろしておいたにんにくを加えてさらに加熱する。
⑦ アルミホイルから皿に取り出したステーキ肉にソースをかけて出来上がり。

ビッグつくね

ビッグつくね
出典:キッコーマン

食べ盛りのお子さんがいるファミリーキャンプや大人数のグループキャンプで盛り上がること間違いなしの、ビッグつくね! スキレットやフライパンで焼いてそのままダイナミックにテーブルに出して、シェアしましょう。蒸し野菜も加えれば栄養もばっちりです。

材料(2人分)
豚ひき肉……300g
ブロッコリー……1株
サラダ油……小さじ1
マヨネーズ……適量
 
☆卵……1個
☆片栗粉……小さじ1
☆すりおろししょうが……小さじ1
☆塩胡椒……適量
 
★水……50ml
★みりん……大さじ4
★しょうゆ……大さじ1
★酒……大さじ1
 
<作り方>
① ブロッコリーを子房に分け、さらに食べやすい大きさにカットする。
② ボウルに豚ひき肉と☆を入れ、粘り気が出るまでよく練って混ぜ合わせる。
③ 油を熱したフライパンに肉だねを大きな円盤のように広げて焼く。蓋をして4分焼いたあと、ひっくり返してさらに2分焼く。
④ ★を混ぜ合わせたものを入れ、スプーンですくってかけながら煮詰める。
⑤フライパンにブロッコリーを投入し、蓋をして2~3分蒸し焼きにする。
⑥ 焼きあがったら、マヨネーズをかけて出来上がり。

アヒージョ

えびやブロッコリーのアヒージョ

出典:PIXTA

オリーブオイルとにんにくの香りが広がるアヒージョは、キャンプ場でも簡単に作れる人気メニュー。おかずとしてもおつまみとしてもおすすめで、具だくさんにすれば見た目も豪華で栄養も満点です!

材料(2人分)
オリーブオイル……100ml
にんにく……2片
鷹の爪……1本
塩……適量
むきえび……50g
ブロッコリー……50g
ミニトマト……5個
マッシュルーム……20g
バケット……お好みで
<作り方>
① ブロッコリーとマッシュルームを食べやすい大きさに、にんにくを薄切りにする。
② ブロッコリーを下茹でし、水気を切っておく。
③ 深めのフライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて熱する。
④ にんにくの香りが広がってきたら、むきえびとマッシュルームを加えて弱火で15分ほど加熱する。
⑤ ブロッコリーとミニトマトを加えて軽く加熱する。
⑥ 塩を入れて味を調えたら出来上がり。

フライパンタコライス

フライパンタコス
出典:サーモス

タコライスとは、メキシコ料理のタコスの具材をご飯にのせた沖縄発祥の料理。ご飯・お肉・野菜が一度に摂れるので、手早く作りたいキャンプ飯にも最適です。

フライパンで彩りよく作ってそのままテーブルに置けば、見た目もおしゃれで洗い物も減らせます。

材料(2人分)
ご飯……400g
合いびき肉……150g
卵……2個
玉ねぎ……1/2個
にんにく……1片
オリーブオイル……大さじ1/2
塩胡椒……適量
 
★ケチャップ……大さじ2
★ウスターソース……大さじ1/2
★しょうゆ……小さじ2
★砂糖……小さじ2
★チリパウダー……小さじ1/2
 
☆レタス……1枚
☆トマト……1/2個
☆アボカド……1/2個
☆細切りチーズ(生食用)……適量
<作り方>
① 玉ねぎとにんにくをみじん切りに、トマトとアボカドは1cm角に切り、レタスは食べやすい大きさにちぎる。
② フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、香りが出てきたら玉ねぎを加えて炒める。
③ さらにひき肉を追加して塩胡椒で味を調えたら★の調味料を入れ、汁けがなくなるまで炒めたら皿に取り出す。
④ フライパンにご飯をしきつめ、真ん中に③を乗せ、少しくぼみを作って卵を割り入れ、蓋をして弱火で5分ほど加熱する。
⑤ ☆の具材をトッピングして出来上がり。

ジャーマンポテト

ジャーマンポテト
出典:S&B

ゴロッとした大きめの具材で食べ応え抜群のジャーマンポテト。お酒のおつまみにもぴったりですが、子供向けに作るなら胡椒を減らし、辛さを抑えると食べやすいですよ。

材料(2人分)
じゃがいも……2個
玉ねぎ……1/4個
ウインナー……4本
にんにく……1/2片
オリーブオイル……大さじ1/2
塩胡椒……適量
マスタード……大さじ1/2
パセリ……適量
<作り方>
① じゃがいもは皮をむいて食べやすい大きさに切り、耐熱皿に入れてふんわりラップをし、500Wで7~8分加熱する。(キャンプで調理する場合は、レンチンしたものを持参するか、現地でゆでる)
② 玉ねぎは薄切りに、ウインナーは斜めに切る。
③ スキレットやフライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、香りが出てきたら①と②を入れて炒める。
④ 玉ねぎが透明になってきたら火をとめて、塩胡椒とマスタードで味を調え、パセリを散らして出来上がり。

お手入れや保管方法……キャンプ用フライパンQ&A

焚き火台で熱されるスキレット

出典:PIXTA

家庭用のフライパンとは取り扱い方が異なることもあるキャンプ用フライパン。使い方やお手入れ方法、保管方法など使う上で知っておくと良いこともまとめました。

キャンプ用フライパンの収納方法は?

スキレットフライパンとグローブ

出典:PIXTA

キャンプ用のフライパンは、衛生的に使うため収納袋やケースに入れて保管しておくのがおすすめです。商品によっては専用ポーチが付属しているものもありますが、そうでない場合はフライパンの大きさを測り、すっぽり収まる袋を別で購入しましょう。

おすすめポイント

●フライパンにフィットする円形のポーチ
●大きさで選べる、SサイズとLサイズの2サイズ展開

おすすめポイント

●肩掛けできるので両手が空き、ほかの荷物も持ち運びやすい
●外ポケットには小物を収納できるので、調理器具を整理できる

おすすめポイント

●取っ手が固定されているタイプのフライパンもすっぽりカバーできる形状
●カモフラタイプのカラーバリエーションが豊富で好みに合わせて選びやすい

おすすめポイント

●持ち手や引っかけられるループがついていて、持ち運びやすさ抜群
●外ポケットはアジャスターで口が調整できるので、収納物がこぼれ落ちにくい

キャンプ用のフライパンは100均でも売ってる?

ダイソーの店舗

出典:PIXTA

キャンプ用のフライパンには高額なアイテムもありますが、人によっては必ずしも必要なアイテムではないため、あまり高価なものを買うのは躊躇してしまうこともありますよね。そこでおすすめなのが、100均のフライパン。

ダイソーのスキレット
撮影:sachi matsuda

たとえばダイソーであれば、サイズや形状違いの鋳鉄製のスキレットが大充実! 100円ではなく200円~500円と価格帯は商品によって異なるので、店頭やネットストアでチェックしてみましょう。

▼ダイソーのスキレットについて詳しく紹介している記事はこちら!

▶ダイソーのネットストアはこちら

キャンプ用のフライパンの手入れはどうすればいい?

溜め水でフライパンを洗う

出典:PIXTA

汚れがこびりつくと落ちにくくなる鉄製フライパンの場合は、使用後に放置せずすぐに洗うのがおすすめです。調理が終わったら皿に盛り付け、まだ若干熱が残っているうちにたわしやスポンジで擦ります。洗い終わったら再び火にかけて水を蒸発させ、完全に乾いたら油を内側に塗り込んでコーティングしておきましょう。

ただし、フライパンの材質ごとに適したお手入れ方法が異なるので、購入後に説明書をよく読んでおくことが大切です。

キャンプ用フライパンは、買ったらすぐに使えるの?

充分に熱したフライパン

出典:PIXTA

キャンプ用のフライパンのうち、鋳鉄製のスキレットなどは使用前にシーズニングという作業が必要なものが主流です。これは出荷時に塗られたワックスなどを取り除き、かつ食材が焦げつきにくくするための大切な作業になります。

やり方は、フライパンにお湯を入れて温め、洗剤でしっかり洗って表面のワックスを落とします。次に空焚きしてオイルを塗ってさらに加熱した後、鉄独特の風味を落とすためにくず野菜を炒めます。仕上げにオイルを塗り、通気性の良い場所で保管しましょう。

▼シーズニング方法を詳しく紹介している記事はこちら!

中には鋳鉄製のスキレットでもシーズニングが不要なタイプもあるので、手間をかけずすぐに使いたい方はそのようなタイプをチェックしてみると良いでしょう。

キャンプ用フライパンでアウトドア料理を楽しもう!

ガスバーナーとフライパンで調理した目玉焼き

出典:PIXTA

キャンプ用のフライパンは、スタイルに合わせて素材やサイズを選びましょう。キャンプに持って行くのであれば、かさばりにくさや持ち運びやすさも重要なポイントです。

お気に入りのフライパンを見つけて、キャンプ飯をもっと楽しんじゃいましょう!

キャンプ用フライパンに関するおすすめの記事はこちら!

▼フライパンひとつでできるワンパン料理を詳しく紹介している記事はこちら!

▼ソロキャンプ向けのフライパンを詳しく紹介している記事はこちら!

▼ファミリーキャンプ向けの調理器具セットを詳しく紹介している記事はこちら!