【電源サイトの落とし穴】使用上限は○○W。そのアイテムにちょっと待った!

2020/04/27 更新

電源サイトを使うと、冬のキャンプを快適に過ごせますが、電気容量の上限は大丈夫ですか?あまりに便利だからと言って、あれもこれも使い過ぎると、キャンプ場のブレーカーが落ちてしまうかも!?そうなる前に消費電力をきちんと把握しましょう。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

電源サイトは消費上限があります

電源付きサイト 充電に調理器具、暖確保と電源サイトはとても便利。だからこそ、あれこれ持って行きたくなります。しかし、多くのキャンプ場では、1000Wが使用上限なのをご存知でしたか?

電源サイト利用時には、持ち込みアイテムの選定が必要です。今回は電源サイトで使いたいアイテムを「消費電力別」にご紹介します。

まずは電源サイト利用で準備すべき「延長コード」

コード
撮影:編集部
通常、電源サイトには電源プラグが設置されているだけなので、テント内で電源を使う場合は延長コードが必須。延長コードの長さは10m程度あればGOOD!

ケーブルにつまずかないために、コードの色は明るい色がおすすめです。

ITEM
kowa ソフトタイプ 延長コード 15A・10m 3ツ口 キイロ
●長さ:10m
●電線サイズ:VCT2芯X1.25sq
●コンセント:2PX3ツ口
●定格:15A・125V

冬キャンプでの電源サイトで使います。屋内用となってますが、問題なく使えます。3口の差し込み部はテント内部で使うし、コード自体はコーティングされているので濡れても平気ですからね。色も目立つので、足を引っ掛ける心配もありません。キャンプ場でレンタルしたら、500円~1000円位取られるので、この価格なら断然買いです。


要注意!1000Wぎりぎりアイテム

電源サイトで使いたい定番のアイテムも、物によっては単体で1000W以上になることも!?

要注意アイテムは消費電力を事前に確認しつつ、「小さいサイズ」か「代用アイテム」を使いましょう!

電気ストーブ

From PIXTA
出展:PIXTA
暖を取るアイテムのトップは何と言っても「ストーブ」。家で使っている電気ストーブを持ち込もうと考えている人も多いのでは?

しかし、商品によっては1000W超えの可能性も。事前にしっかりチェック!

小さいサイズはこちら

強弱で暖かさを調整できる電気ストーブは、他アイテムと組み合わせて使うことも可能です。

ITEM
山善(YAMAZEN) 電気ストーブ
●本体サイズ:幅30.5×奥行13.5×高さ36.5cm
●本体重量:1.7kg
●消費電力:強=800W、弱=400W
●運転切替:強/弱
●電源コード長さ:約1.6m

400Wでも割と暖かいです。(室温16℃程度で利用)切り替えできない製品を購入してしまうと、暑すぎたり、電気代が気になってしまいますが、こちらは切り替え可能という事で、省エネにも貢献できそうです。(といっても400Wですが)価格も安く、お勧めです。


代用アイテムはこちら

電気ストーブと比べると、パワーは少し弱いですが、マイナス5度でも使える優れもの。

ITEM
ユニフレーム ハンディガスヒーターワームII
●使用時サイズ:約260×180×255(h)mm
●重量:約2kg
●最大火力:600Kcal/h
●燃焼時間:最大火力時/10時間(2本)
●点火方式:圧電点火 ※燃焼時間は火力調節によって変わります。



ホットプレート

%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e6%96%99%e7%90%86
出典:楽天
ホットプレートは、キャンプでも大活躍してくれるアイテム。でも家で使う大きさのホットプレートは、消費電力が1000Wを超えている物がほとんどです。

小さいサイズはこちら

ファミリーには少し小さいですが、2人までのキャンプなら、充分なサイズ。消費電力は700W。

ITEM
山善 ミニグリルプレート
●本体サイズ:幅29.5×奥行21×高さ8cm
●本体重量:0.95kg
●原産国:中国
●電源:AC100V(50/60Hz)
●消費電力:700W
●電気代目安(1時間あたり):約18.9円

代用アイテムはこちら

ガスボンベを燃料にしているホットプレートなら、ブレーカーが飛ぶ心配をすることもなく、食事の時間を楽しめます。

ITEM
イワタニ 焼き上手さんα
●サイズ:幅471×奥行325×高さ169mm
●重量:約4.1kg
●最大発熱量:2.1kW(1,800kcal/h相当)
●連続燃焼時間:約120分
●ガス消費量:約152g/h

電気ホットプレートは電気代が高く、又、他と併用していたときブレーカーがおちたりしていましたが、これを購入した事で全て問題解決しています。娘が友達の家でパーテイーをするのに持って行ったら大変評判が良かったと喜んでいました。また、使用後の洗いも簡単ですし今1番活躍しています。




他にもこんなアイテムは要注意!

電気ケトル
出典:楽天
その他、サイズ的には小さくても、電気ケトルやドライヤー、掃除機、炊飯器、オーブントースター、アイロンなども、持ち込みには注意が必要です。

組み合わせ注意!気にして使いたいアイテム

単体で1000Wなくても、500W前後のアイテムを2以上組み合わせることで、1000Wを超えてしまうことがあるので要注意です。

持ち込む予定のアイテムの消費電力を事前に確認し、上手に組み合わせて使いましょう。

ホットカーペット

ホットカーペット 電源サイトの定番であるホットカーペットも、サイズによっては500Wを超えることがあるので、他のアイテムと組み合わせる時には注意が必要です。

キャンプでは荷物がかさばらないよう、小さく折りたたんでコンパクトになるタイプを選ぶのがコツですよ!

ITEM
山善 ホットカーペット本体(3畳タイプ)
●サイズ:タテ235×ヨコ195cm
●素材:ポリエステル
●消費電力:740W
●電源コート長:約1.5m
●重量:約4.0kg

キャンプで使用した後、自宅でもと考え購入。空気をきれいにしているかは分かりませんが、キャンプの荷物撤収時、無理なく箱にも収まりリビングで快適に使っています。


たこ焼き器

From PIXTA
出展:PIXTA
キャンプで、たこ焼き器を囲んでの「たこ焼きパーティー」は楽しいですよね。たこ焼き器は、ホットプレートと比べると消費電力は少ないですが、それでも消費電力は500W〜800W程度。

他アイテムと併用する時には充分に考えて使いましょう!

ITEM
アイリスオーヤマ たこ焼き器
●サイズ:約幅27.5×奥行28.5×高さ7.5cm
●重量:約1.0kg
●素材:本体 ポリプロピレン、たこ焼きプレート アルミニウム
●電源:AC 100V(50/60Hz共用)
●消費電力:650W
●たこ焼き穴サイズ:約直径40mm
●たこ焼き穴数:18穴
●コード長:約1.4m

熱ムラ少なく割とまんべんなくきれいに焼けます。脱着式を選んでよかったです。何度か使用しましたが毎回お水でサッと流せていつまでも新品のようにきれいです。




消費電力をあまり気にせず使えるアイテム

最後に、消費電力をほとんど気にせずに使えるアイテムをご紹介します。まるで自宅にいるような感覚で使うことができますよ!

電気毛布

電気毛布も暖を取るアイテムとして使いたい物のうちのひとつ。消費電力が多く思われがちですが、実は、50W-90Wと少な目。冬キャンプの寒い日、寝る時に活用したいアイテム。

ITEM
コイズミ 電気毛布
●サイズ:130×80c
●電源:AC100 50/60H
●消費電力:40W
●重量:0.7kg
●素材:アクリル、ポリエステル


ノートパソコン・プロジェクター

ラップトップ(ノートパソコン)やプロジェクターを使ってのシアター。ラップトップの消費電力は少なめで、50-150W位。

プロジェクターは、内臓バッテリーの物を使うことで電源の必要は無くなります。

ITEM
ASUS ZenBeam E1 ポケット LED プロジェクター(小型ミニ)
●サイズ:幅8.3×縦11×高さ2.9cm
●重量:308g
●バッテリー:内臓型
●投影距離:0.5~3.7
●スピーカー:内蔵型(2W x 1)
●コントラスト比:3,500:1
●アスペクト比:16:9/4:3
●自動台形補正:搭載

バッテリー内蔵でコレと三脚にスクリーンさえあれば何処でも上映会が出来るのは非常に良いですね、バッテリーも映画2本くらい流せ明るさも夜なら充分ありキャンプの夜を盛り上げてくれます。


充電

USBポート型充電器
出典:Amazon
電源付きサイトだったら、スマホやパソコンの充電も安心。充電する時は、個々でコンセントを使うより、USBポートが複数付いている充電器を使う方が便利。

ITEM
Anker PowerPort 6 Lite
●サイズ:約99x70x27mm
●重量:約155g
●入力:AC100-240V
●出力:5V/6A

24時間付け放しのUSB照明や、iPhoneやiPadの充電にも使ってますが、安心して使えてます。機能も見た目もシンプルで、買ってよかったです。


電源サイトを上手に使ってみよう!

電源サイトで快適快適空間 電源サイトは、寒い季節のキャンプで暖を取れるだけでなく、炭や火を起こしたりする手間が省けるアイテムを使えるメリットがあるので、活用したくなりますよね。

消費電力に上限はあるものの、上手に使うことで快適なキャンプ時間を過ごすことができるので、事前チェックを怠らず、工夫して使ってみましょう!

冬キャンプは魅力がいっぱい!

でも何を準備すればいいか分からない! という方はコチラの特集をチェックしてみて!

Let’s become a power supply site masters!

電源サイトの達人になろう!

紹介されたアイテム

kowa ソフトタイプ 延長コード 15…
サイトを見る
山善(YAMAZEN) 電気ストーブ
サイトを見る
ユニフレーム ハンディガスヒーターワーム…
サイトを見る
山善 ミニグリルプレート
サイトを見る
イワタニ 焼き上手さんα
サイトを見る
山善 ホットカーペット本体(3畳タイプ)
サイトを見る
アイリスオーヤマ たこ焼き器
サイトを見る
コイズミ 電気毛布
サイトを見る
ASUS ZenBeam E1 ポケット…
サイトを見る
Anker PowerPort 6 Li…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

電源
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Lilli Y. Sugaya

キャンプ三昧の日を夢見るファミリーキャンパーです。プライベート感たっぷりのこじんまりしたキャンプ場を探しては訪れて、充電をしています。焚き火を囲んで、まったり過ごす時間は至極の時間です。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!