CAMP HACK[キャンプハック]


【電源サイトの落とし穴】使用上限は○○W。そのアイテムにちょっと待った!

0

電源サイトを使うと、冬のキャンプを快適に過ごせますが、電気容量の上限は大丈夫ですか?あまりに便利だからと言って、あれもこれも使い過ぎると、キャンプ場のブレーカーが落ちてしまうかも!?そうなる前に消費電力をきちんと把握しましょう。

Lilli Y. Sugaya


アイキャッチ画像出典:PIXTA

電源サイトは消費上限があります

霧島高原国民的休養地 充電に調理器具、暖確保と電源サイトはとても便利。だからこそ、あれこれ持って行きたくなります。しかし、多くのキャンプ場では、1000Wが使用上限なのをご存知でしたか?

電源サイト利用時には、持ち込みアイテムの選定が必要です。今回は電源サイトで使いたいアイテムを「消費電力別」にご紹介します。

まずは電源サイト利用で準備すべき「延長コード」

電源サイト 必需品は延長コード
撮影:編集部
通常、電源サイトには電源プラグが設置されているだけなので、テント内で電源を使う場合は延長コードが必須。延長コードの長さは10m程度あればGOOD!

ケーブルにつまずかないために、コードの色は明るい色がおすすめです。

kowa ソフトタイプ 延長コード 15A・10m 3ツ口 キイロ

●長さ:10m
●電線サイズ:VCT2芯X1.25sq
●コンセント:2PX3ツ口
●定格:15A・125V


要注意!1000Wぎりぎりアイテム

電源サイトで使いたい定番のアイテムも、物によっては単体で1000W以上になることも!?

要注意アイテムは消費電力を事前に確認しつつ、「小さいサイズ」か「代用アイテム」を使いましょう!

関連記事