CAMPHACK

マイナス5度でも使える!「ハンディガスヒーター ワームII」はこれから重宝しますよ

0

寒さ対策にとても役に立つヒーター類。なかでも、ユニフレームの「ハンディガスヒーターワームII」は、コンパクトでありながら極寒の中でも安定した燃焼ができることで定評があります。なぜ人気があるのか、また使うときの注意点はあるのか、詳しくご紹介します。

小川 迪裕

アイキャッチ画像出典:ユニフレーム

簡単に使えて火力も抜群。これがあれば憂いなし!

8b0ede4ec0e9e128b738629a0031ccca-725x4001 これから一気に寒くなるこの時期。みなさんはどのような寒さ対策をしていますか? 石油ストーブを使う人もいれば、ぬくぬくして楽しめる薪ストーブを使う人もいるでしょう。

でも、コンパクトな道具で手軽に寒さ対策ができる道具って、意外と少ないんですよね。そこで、今回はユニフレームが販売している「ハンディガスヒーター ワームII」をご紹介! 収納に便利なケースも一緒にお伝えします。

ハンディガスヒーター ワームIIが使える理由とは?

“ワームⅡ”がなぜオススメなのか、3つにポイントを絞ってご紹介します。

1.  カセットガス2本で10時間!連続燃焼時間がとても長い

630020_011 各アウトドア用品メーカーからガスヒーターは出ていますが、だいたいにして1本あたり連続燃焼時間は3時間ほどと短いのが現状。キャンプシーンの中ではあっという間に終わってしまいます。

しかし、このワームⅡはレギュラーガスでありながら、2本同時使用で10時間も使用することが可能! 1本単独で使用することもでき、それでも5時間も使うことができるんです。約半日も使えるなんて頼もしいですよね!

マイナス5度の環境でも使える!サーマルコントロール

630020_041 気温が0度以下になると、缶内にあるガスが気化不良を起こし、うまく燃焼ができなくなる現象が起きます。ほかのガスヒーターを使ったことがある人なら、一度は経験したことがあるでしょう。

ワームⅡであれば、0度より寒いマイナス5度の環境下でも、不良を起こすことなく効率的に燃焼して温めてくれます。冬のキャンプでも大活躍すること間違いなしです!

関連記事