CAMPHACK

キャプテンスタッグのテント15選!ドームからワンポールまで口コミ好評

0

キャプテンスタッグのテントおすすめ15選!口コミも紹介します。キャプテンスタッグのテントはコスパがいいと話題です。キャプテンスタッグの豊富なラインナップをソロ用・ワンポール型・ドーム型などで分類し、おすすめモデルを15個ピックアップしました!

田中利知

アイキャッチ出典:キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグのテントは口コミサイトでも評判◎

キャプテンスタッグテントと夜キャンプ 買いやすい価格帯にくわえて、幅広い商品ラインナップが持ち味のブランド・キャプテンスタッグ。テントもコスパが高く、初心者から上級者まで幅広く愛用されるモデルが揃っています。その評判は下の口コミのとおり!

キャプテンスタッグの「テント」口コミ

フェス用、4~5人で使用するために購入しました。今までは前室なしのテントのみだったのでこちらの商品の前室はかなり良かったです。雨よけ、日よけ、朝&夜露よけで靴も濡れないし、テント内にあった荷物も置けるし、最悪前室に敷物で寝袋でも全部締めきっておけば寒くないです。

組み立ても普通のテントに慣れていたこともあってかすごく楽でした。(出典:楽天

 

10年ぶりのキャンプのために購入。この値段にしてはクオリティが高いと思います。開封後、自宅内での組合のためペグ打ちは無しで1人で10分。2回目はもっと早くできると思います。

通気性はまだわかりませんが北海道の夜は気温が下がることが多いので寒がりの自分は、むしろ安心感があります。とても良い買い物ができました。ありがとうございました。(出典:楽天

 

寝室部分が広く、寝室に後ろからも出入りOK。リビング部分は左右前、メッシュになり、無視嫌いの娘も喜び解放感もあります。どちらにもランタンを吊るすのもついてて。今のテントは便利なんだなー。と感心しました。(中略)風もなく雨もなかったので、その辺はわかりませんが、値段も安いし、いい買い物したなー、と思いました。(出典:楽天

以上からもわかるように、値段・機能ともに期待できそうです。

キャプテンスタッグのテントを選ぶときのポイント

キャプテンスタッグのテントが並んでいる図 いちブランドだけですべてのギアを網羅できるほど、キャプテンスタッグは幅広い商品を出しているブランドです。デザイン性の高いシリーズから上級者のニーズも満たせる高品質なシリーズまで、あらゆるニーズに対応できます。

特にキャンプの主要ギアであるテントは種類もたくさん! 選び方のポイントをまとめましたので、商品を前にして迷わない・困らないように事前に確認しておきましょう。

人数(大きさ)

キャプテンスタッグのテントの中(寝床4人分)
出典:Instagram by @captainstag
何人で使うかをまずは検討しましょう。テントは使用する人数ごとでカテゴライズされています。そのため使用人数を基準として決めて、選ぶときの軸にすると選びやすいです。

ホームページなどに記載されている使用人数はあくまで最大収容可能人数ため、表示人数からマイナス1〜2人での使用をブランド側は勧めています。もちろん大きい分だけ値段も上がり、重くなって荷物になります。支払いや運搬の負担も加味して決めるのが大事です。

ワンポールとドーム型のテント
出典:Instagram by @captainstag
人数でテントの大きさが絞れたら、形を選びましょう。デザインの好き嫌いで決めるのも悪くはありませんが、テントの形によって長短がわかれます。例えば
ドーム型:デッドスペースが少ないが、比較的設営に時間がかかる

ワンポール型:設営が楽だが、デッドスペースが多い

などが挙げられます。またネットで簡単にテントも買えはしますが、店舗で実物をみると思っていたのと印象が違う場合も多くあるでしょう。天井の高さ・なかの広さ・通気性などは実物をみないとチェックが難しいです。

キャプテンスタッグは取扱店舗も多く、近くにも販売店があるのではないでしょうか。ぜひ一度実物をみてから選ぶ・買うようにしましょう。

設営方法(ポールの数)

インナーの状態のテント
出典:Instagram by @captainstag
設営方法は、テントの形とリンクするチェックポイント。ポールが多くて構造が複雑なタイプだと2人以上での設営が推奨されている場合があり、使用人数で左右されるのを頭に入れておきましょう。

設営の簡単さを優先したい人には、ワンタッチ式でパッと立てられるタイプや、ワンポール式で1人での設営が簡単なタイプがおすすめ。ワンポール式なら、高さがしっかりありながら、ポールの数が少なく荷物が小さい利点があります。こちらも実物を販売店に見に行った際にスタッフに確認してみましょう。

関連記事