【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【宿泊レベルのスペックも】本当に使えるポップアップ系テント10種をキャンパー目線でガチ検証!

0

デザイン、価格、機能性など、様々な角度でポップアップテントを、リアルキャンパーが深掘りチェック。 2,000円代の激安モデルから、6人以上泊まれる大型モデルまで豊富なラインナップを揃えてみました。

桑原 将嗣


アイキャッチ・本文画像撮影:宿利泰蔵

ポップアップテント、どれを選ぶのが正解?


ペグダウンが禁止されている公園や広場でも、気軽に設営できるのがポップアップテント。しかも普通のテントよりもリーズナブルなモデルが多いので、お手頃感も満点!

とはいえ、ネットを見れば多種多様なモデルがあり、玉石混交しているのも事実。そこで、実際に使えそうなモデルを厳選して、リアルキャンパーに深堀りチェックをしてもらいました。

これを読めば、今買うべきポップアップテント(およびシェード)が、きっと見つかるはず!

ガチ査定するには、この2人!

左/宿利泰蔵さん(フォトグラファー)、右/岡村朱万里さん(ライター・編集者)
今回、ポップアップテントを深堀してガチ査定してもらうのは、年間300以上のおしゃれサイトを撮影し、自身も20張以上のテントを所有するカメラマンの宿利さんと、2児の母であり子連れキャンプやハイキングを満喫しているライター・編集者の岡村さん。

テント
マスター
宿利さん
機能性はもちろん、デザインやギミックにも満足できるかどうか、ガレージブランドの気の利いたギアを選ぶ感覚で、厳しくチェックさせてもらいます!(キリッ)


ママ
キャンパー
岡村さん
私はママ&女子キャンパー目線で、コスパや実用性を重視していきたいですね。子どもの運動会やピクニックでも使えるモデルとかあると便利かも〜。

ポップアップテントを選ぶポイントって?

・通気性はいいか・重すぎないか
・広さ&高さなど居住性の良さ
・持ち運びのしやすさ
・片付けがしやすいか
・見た目の良さ

……など、さまざまなポイントが挙げられます。これらがどの程度満たされているのか? わかりやすく、登場するテントのチャートも紹介するので参考にしてみてくださいね!

ポップアップの王道! コールマンの定番品

その1. Coleman クイックアップIGシェード


まずはポップアップテントといえば、の定番モデルがこれ・コールマンのクイックアップIGシェード。その名のとおり、厳密にはテントではなくシェードですが、フルクローズできるため簡易テントとして使えます。

耐水性のある生地に加え、防虫効果のあるメッシュを採用しているのもポイント。価格は7,800円(税込)、重量は約2.5kgになりますが、最もベーシックなモデルなので、このスペックをポップアップテントの平均値(基準値)として見てもよさそうです。


こちらが収納した状態。ママさんキャンパーでも気軽に持ち運べる重量とサイズ感になっています。というわけで早速、査定も兼ねて2人に設営してもらいましょう。

ポップアップテントとしては最高のバランス!



ママ
キャンパー
岡村さん
持ち運びだけでなく設営も簡単! ペグを打たなくても形が整うのが楽ですね。公園や海辺で遊ぶときの日除けからべランピングまで、幅広く手軽に使えそう。

テント
マスター
宿利さん
これぞポップアップテントと言うべき逸品。いろんな部分でバランスのとれたモデルだと思います。
ママ
キャンパー
岡村さん
機能性もいいですよね。窓の配置的に、プライベート感を保ちつつ効率よく換気できるようになっていたり。

高さがあるから、着替えやおむつ替えにも使える

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


ママキャンパー
岡村さん
大人2人と子ども1人くらいなら横になれる広さだから、ファミリーで充分に使えると思います。

テント
マスター
宿利さん
さすがに一泊するのは厳しいから、小さいお子さんがいたりして、泊まりキャンプに不安がある家族にオススメですね。



ママ
キャンパー
岡村さん
高さもあるから、着替えやおむつ替えなどの作業もしやすそう。それと、子どもは虫刺されが酷くなりやすいから、虫除け効果のあるメッシュもうれしいかな。

テント
マスター
宿利さん
ガイラインもしっかりしていて安心。大きめのシェルターにインして、カンガルースタイルで使うのもいいかも。それなら一泊できそうな気がする。

【ママキャンパーの総評】

1万円以下で、フルクローズ・メッシュ・フルオープン対応、適度なサイズ感でバランスがいい。設営が簡単で、収納も説明書を読めばすぐにマスターできるので、キャンプ初心者にも優しい。初めてポップアンプテントを買うなら、これを選んでおけば間違いなさそう!(岡村さん)

【テントマスターの総評】

海水浴やフェス、ピクニックなど、日帰りレジャーに特化したモデルかなと思います。設営や撤収も楽だし素早くできるのもいいですね。気楽にアウトドアレジャーを楽しみたい人は、ひとつ持っていると重宝するはず。いろんなブランドから別注モデルも出ているから、そのあたりも注目です。(宿利さん)

<各項目の評価基準> 携行性(持ち運びやすさ)、ポップアップ性(設営&撤収の簡単さ)、デザイン性(シルエットやカラーリングなど)、居住性(広さや使い勝手の良さ、ギミックなど)、コスパ(金額と性能のバランス)

Coleman クイックアップIGシェード

●耐水圧:約500mm(フロア:約1,500mm)
●定員:2~3人
●使用時サイズ:約200×150×125(h)cm
●収納時サイズ:約φ59×8cm
●重量:約2.5kg
●材質:シェードスキン/68Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水) フロアシート/ポリエチレン フレーム/スチール
●仕様:OlytecRメッシュ、バイザートップベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース


日光をブロックするダークルームテクノロジー™️版も

コールマン クイックアップIGシェード+

●サイズ:
使用時/約200×150×125(h)cm
収納時/約Φ59×8cm
●重量:約2.7kg
●素材:
シェードスキン/75Dポリエステルタフタ(ダークルーム(TM) テクノロジー、UVPRO、PU防水)
フロアシート/ポリエチレン(耐水圧/約1.500mm)
フレーム/スチール
●耐水圧:約3.000mm
●定員:約2~3人
●仕様:Olytec(R)メッシュ、バイザートップベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース


紫外線対策の大本命! 遮光率100%を実現

その2. LOGOS ソーラーブロック ポップフルシェルター


こちらもキャンパーには定番となるロゴスのモデル。ソーラーブロックコーティングを施した生地を採用しているため、UVカット率99.9%以上、遮光率100%という脅威のスペックを実現しています。

ちなみに価格は11,990円(税込)で重量は約2kg。オプション的に使える、別売りの断熱防水ソフトマット・110と組み合わせて使うと、さらに快適に。


収納状態はコールマンのモデルのよりも少し大きいけど、こちらのほうが若干軽い。夏らしいホワイトカラーも爽やかです。

サンシェードとして使用なら満点!



テント
マスター
宿利さん
個人的な好みだけど、外側がオールホワイトというルックスがいい。設営しただけで、テンションがアガります(笑)

ママ
キャンパー
岡村さん
真夏の海辺や芝生の公園にピッタリですよね。携行性も抜群だから、暑さがひどいときに広げられるように、車に常備しておくと便利かも。

テント
マスター
宿利さん
実際にサンシェードとして見たら満点! 夏のソロキャンプで設営と撤収に時間をかけたくない人にも最適ですね。

海辺でお昼寝が好きなキャンパーにオススメ

テント
マスター
宿利さん
内側がオールブラックというのも潔い。サンシェードとしての性能を追求している感じがする。

ママ
キャンパー
岡村さん
真夏でも涼しく過ごせそうだけど、締め切ると本当に真っ暗になるのと、天井が低いので中で着替えたりくつろいだりするのにはあまり向かないかも?



テント
マスター
宿利さん
たしかに居住空間はそんなに広くはない。個人的には低地のキャンプ場で、これで一泊してみたいかな。絶対、熟睡できるし。

ママ
キャンパー
岡村さん
いいですね。私は海辺でお昼寝をするのが好きなキャンパーにオススメしたいです。お子さんと一緒に真夏のレジャーを楽しむときの、熱中症対策にもいいと思います。

【ママキャンパーの総評】

コスパの高さと携行性、設営の簡単さという、ポップアップテントの基本を無駄なく備えたモデル。遮光性は抜群でとても涼しいが、暗すぎて逆に使い方を選ぶかもしれません。暑さ対策&昼寝用と割り切って使うのがいいのでは?(岡村さん)

【テントマスターの総評】

最大の売りとなる遮光率100%というのは素晴らしい。真夏でも快適に過ごせると思うし、朝までしっかりと熟睡できそうです。そういう意味でも、一泊したみたいなと。だけど、翌日の朝は間違いなく寝坊する(笑)(宿利さん)

 


LOGOS ソーラーブロック ポップフルシェルター

●総重量:(約)2.0kg
●サイズ:(約)幅235×奥行113×高さ90cm
●収納サイズ:(約)直径70×高さ4cm
●主素材:[フレーム]スチールワイヤー
[フライシート]ポリタフタ(裏面:ソーラーブロックコーティング、耐水圧450mm、UV-CUT加工)


軍幕スタイルで、野営キャンプにも最適

その3. Alpine DESIGN ポップアップシェルターテントII


幅広いギアを展開するアルパインデザインからは、軍幕スタイルのポップアップテントもリリースされています。無骨なコヨーテカラーは野営スタイルのキャンプにもピッタリ。

価格も10,989円(税込)と、ポップアップテントならではのお手頃プライス。それでいて、耐水圧1,500mm、UVカット率90%以上と機能面でも充分なスペックです。


軍幕スタイルといえども収納のシルエットやサイズ感は、一般的なポップアップテントと大差ありません。重量は約2.6kgなので気軽に持ち運べます。収納袋もコヨーテカラーなので、他のモデルよりもギア感は少し高いかも?

林間サイトのソロキャンプで使えば、雰囲気抜群



テント
マスター
宿利さん
一見すると、カラーもサイズ感も軍幕テントですよね。林間サイトのソロキャンプで使ったら、間違いなく雰囲気抜群。

ママ
キャンパー
岡村さん
たしかに色もデザインも武骨な感じで、パパ受けが良さそう。でもフライの設営はポールやペグを使うから、設営に少し手間がかかりましたね。


テント
マスター
宿利さん
それはある。でも軍幕テントの延長として見ると気軽に使えるし、かなりリーズナブル。

コットと組み合わせて使うのもあり!


ママ
キャンパー
岡村さん
大人1人と幼児がギリギリ横になれるくらいだから、ファミリーだと使いどころが難しそう。コットと組み合わせてタープの中に置いたり、暑がりの人用のサブベッドにするとか…。


テント
マスター
宿利さん
あくまでソロ想定のモデルって感じですよね。



テント
マスター
宿利さん
実際、ソロキャンパーには最高ですよ。いろいろ丁度いいサイズ感。でもインナーが床面以外フルメッシュだから、冬はちゃんとした寝袋が必要かな。夏は快適だけど。


ママ
キャンパー
岡村さん
インナーを蚊帳として使うのもアリかも。子どもが大きくなったら、私もソロキャンプで使ってみたい!

【ママキャンパーの総評】

ママとしての使いどころは難しいけれど、ポップアップテントとしてではなく宿泊にも使えるソロテントとして考えると結構優秀。ミリタリーな見た目や、メッシュ使いでタープ泊の雰囲気が楽しめる点など、流行を抑えていてなかなかおもしろい!(岡村さん)

【テントマスターの総評】

ポップアップテントでは珍しいスタイルで、キャンプの幅が広がるテントだと思いました。気軽に軍幕スタイルをやってみたい人にオススメだけど、インナー部分だけコットの上に置くのもあり。これはちょっと欲しいかも。(宿利さん)


Alpine DESIGN ポップアップシェルターテントII

●サイズ:
本体/約253×203×80(h)cm
インナー/約236×78×80(h)cm
収納サイズ/約68×68×10cm
●重量:約2.6kg
●耐水圧:1,500mm
●UVカット:紫外線遮へい率90%以上
●付属品:ペグ12本、ロープ2本、収納ケース

関連記事