最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ポップアップテントとチェア

ポップアップテントの簡単なたたみ方!メーカー別にコツを紹介します

ポップアップテントは設営がすぐに終わるけど、たたむのに苦労した経験のある方はいるのではないでしょうか?

今回は、ポップアップテントの簡単なたたみ方をコールマンやチャムスなどのメーカー別やサイズ別に紹介します。最後にたたみやすいポップアップテントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ポップアップテントは設営がとっても簡単!

オレンジ色のテント

出典:PIXTA

設営のしやすさから、公園やバーベキュー、デイキャンプといったシーンでポップアップテントを導入しようと検討している人も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、ポップアップテントの魅力とワンタッチテントとの違いを紹介します。

魅力は設営が短時間で簡単にできること

ポップアップテントは、設営が短時間で簡単にできるテントです。

通常のテントのようにポールを差してペグを打ち込む必要はないため、初心者にもおすすめのアイテムになります。

ワンタッチテントとの違いは設営方法

ポップアップテントはワンタッチテントと混同されやすいですが、設営方法が異なります。

ワンタッチテントはテントを広げてから天井部分を引っ張る必要があります。

ポップアップテントは、袋から取り出し自動で立ち上がるため、設営しやすいテントを選びたい方はポップアップテントがおすすめです。

【基本編】簡単!ポップアップテントのたたみ方

テントの出入り口を丸める

出典:楽天市場

ここでは、ポップアップテントのたたみ方の基本をCAMP HACK Channelの動画で説明します。

初心者にも参考になる内容なので、チェックしてみてください。

たたむ前にやっておきたいこと

ポップアップテントをたたむときは、次回使用することも考えて片付けをしていきたいところです。

たたむ前にやっておきたいことは以下です。詳しく見ていきましょう。

・テント内の掃除をおこなう
・フライシートやインナーテントの裏面も乾かす
・ジッパーを開けて空気を逃す

 

テント内の掃除をおこなう

まず最初にテント内の荷物をすべて片づけたら、テント内の掃除を行います。

ゴミを取るときは、小さいほうきやちり取り、ハンディタイプの掃除機を用意しておくのがおすすめです。

フライシートやインナーテントの裏面も乾かす

一晩寝たり、雨が降っていたらテントが濡れていると思います。そのため、出入り口や窓を開けて風を通し、自然乾燥させておきましょう。

テントが濡れたままたたんでしまうと、カビの原因になる場合があります。

雨が降っていたり日が出ていなかったりして、自然乾燥させるのが難しい場合は、雑巾やタオルなどを使って水気を拭き取るだけでもしておくと良いでしょう。

ジッパーを開けて空気を逃す

ポップアップテントをたたむときに、テントの内側に空気が入っているとたたみにくく、収納袋に入れるのが難しくなります。

そのため、テントをたたむときは、ファスナーやマジックテープを全部閉じずに、下側を開けておくと良いでしょう。

ビーチや公園でも使える!小型ポップアップテントのたたみ方

たたみ方の手順

1. テントの天井と底の真ん中を掴んで合わせる

小型ポップアップテントのたたみ方①:おいなりさんの真ん中を掴んで合わせる2. 4つの端を真ん中の1箇所に集める

小型ポップアップテントのたたみ方②:真ん中を掴んで合わせる3. 左手で1箇所に集めた箇所を持つ

小型ポップアップテントのたたみ方③:左手で真ん中を掴む4. 右手は底の真ん中を持つ

小型ポップアップテントのたたみ方④:右手で真ん中を持つ5. ゴムベルトが下にくるようにテントを立たせる

小型ポップアップテントのたたみ方⑤:ゴムベルトを下にする6. 上下に1つずつ輪っかができる

小型ポップアップテントのたたみ方⑥:2つの輪っかを作る7. 右手で持っている部分をテントの真ん中部分に潜り込ませる

小型ポップアップテントのたたみ方⑦:右手をおいなりさんのお腹に添える8. 画像のとおりテントにボディブローするイメージ

小型ポップアップテントのたたみ方⑧:右手をおいなりさんのお腹にボディブロー9. ボディブローさせたら3つの輪っかができあがる

小型ポップアップテントのたたみ方⑨:3つの輪を重ねる10. 3つの輪っかを1つに重ねる

小型ポップアップテントのたたみ方⑩:3つの輪重ねる11. 一番下にゴムベルトがあるので、輪っかを留めて完了

小型ポップアップテントのたたみ方11:ゴムベルトで留める
ワンタッチテントのたたみ方のポイント

小型ポップアップテントのたたみ方:基本のポイント

このたたみ方は、各メーカーのアイテムでも応用の効く方法なので、ぜひおぼえてみてください。

使用したアイテムはこちら

XINQIU ワンタッチテント

サイズ78×78×7 cm
重量1.93 kg
素材ポリエステル
耐水圧

たたみ方の解説動画はこちら

2人から使える!大型ポップアップテントのたたみ方

たたみ方の手順

1. 先にインナーテントやグランドシートを外してたたむ

大型ポップアップテントのたたみ方①:グランドシートをたたむ2. ロープやペグを外す

大型ポップアップテントのたたみ方②:ロープを外す3. ポールも外す

大型ポップアップテントのたたみ方③:ポールを外す4. テントを折りたたんで3つの輪っかを作る

大型ポップアップテントのたたみ方④:テントを折りたたんで3つの輪を作る5. 真ん中の輪っかを1つねじる

大型ポップアップテントのたたみ方⑤:輪っかを一つねじる6. ねじったら輪っかを重ねる

大型ポップアップテントのたたみ方⑥:輪っかを重ねる7. 3つの輪っかを1つに重ねる

大型ポップアップテントのたたみ方⑦:輪っかを1つに重ねる8. 重ねたら輪っかの頂点と底辺の真ん中を合わせる

大型ポップアップテントのたたみ方⑧:頂点と底辺の真ん中を合わせる9. 合わせた真ん中を右手で持ち、左手で片方の輪っかを持ってねじる

大型ポップアップテントのたたみ方⑨:フィンガルの輪を2つ合わせる10. 2つの輪っかを1つに重ねる

大型ポップアップテントのたたみ方10:2つの輪っかを1つに重ねる11. ゴムベルトを輪っかに通す

大型ポップアップテントのたたみ方11:ゴムベルトを輪っかにとおす12. 輪っかに通したら完了

大型ポップアップテントのたたみ方12:輪っかに通して完了
使用したアイテムはこちら

ハイランダー ポップワンポールテントフィンガル

サイズ使用サイズ:500×400×240cm
収納サイズ:直径約80×8cm(円盤状)
重量約4.8kg
素材本体生地:68Dポリエステル(190T)
フレーム素材:スチール、グラスファイバー
耐水圧2500mm

たたみ方の解説動画はこちら

 

【メーカー別】ポップアップテントのたたみ方

ハイランダーのポップアップテント

出典:楽天市場

ここでは、人気メーカーのポップアップテントのたたみ方を動画で紹介します。

購入を検討している方や、購入したけどたたみ方がわからない方は参考にしてみてください。

コールマン

コールマン ポップアップテント 4P / 2P

サイズ使用時サイズ:高さ約101cm × 幅280cm × 奥行198cm
収納時サイズ:直径約95cm × 厚さ7cm
重量約3.5kg
素材レインカバー:ポリエステルタフタ68D
インナーテント・床部分:ポリエステルタフタ68D
ポール:ファイバーグラス
耐水圧2000mm
おすすめポイント

●コンパクト収納で、軽々持ち運べる

●10秒で設営することができ、キャンプはもちろんビーチや野外フェスなど大活躍

●濡れた地面でも素材が濡ることを防ぎ、快適にテント内でくつろぐことが可能

 

チャムス

チャムス ポップアップサンシェード2人用

サイズ使用時サイズ:高さ127cm × 横幅198cm 深さ147cm(+89cm)
収納サイズ:直径約64cm
重量1.4kg
素材190Tポリエステル
耐水圧3000mm
おすすめポイント

●フロントパネルはフルクローズでき、プライベート空間の確保も可能

●ひとつあると公園やビーチ、野外イベントなどで活躍
●UVカット機能、一面がメッシュ仕様で通気や虫よけにも◎

 

ロゴス

ロゴス ポップフルシェルター

サイズ使用時サイズ:(約)235×113×90cm
収納サイズ:(約)70×4cm
重量(約)1.9kg
素材フレーム:スチールワイヤー
シート:68Dポリエステルタフタ UV-CUT加工
フロアシート:68Dポリエステルタフタ
メッシュ:ポリエステル
耐水圧シート:耐水圧450mm
フロアシート:耐水圧450mm 
おすすめポイント

●組立て一瞬! 着替えができるフルクローズ仕様
●UV-CUT率99.9%以上・遮光率100%
●フルクローズタイプなので、着替えや荷物を置く際にも便利

 

たたみやすいポップアップテント3選!

犬とポップアップテント

出典:PIXTA

ポップアップテントを買いたいけど、やっぱりたたみ方が難しそう……。

そんな方に人気メーカーより販売されているたたみやすいポップアップテントをピックアップしてみました。

コスパ抜群!ニトリのポップアップテント

ニトリのポップアップテント

価格3,493円(税込)
サイズ梱包サイズ :幅63×奥行6×高さ63cm
重量約1kg
素材ポリエステル、グラスファイバー

※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

おすすめポイント

●圧迫感のないフレーム構造
●女性でも力を使わず簡単収納できるジョイント式
●重量従来比60%の軽量モデル

 

たたみ方

ニトリのポップアップテントのたたみ方

アイテムの詳細はこちら

おしゃれで安い!ロウヤのポップアップテント

ロウヤのポップアップテント

価格6,290円(税込)
サイズ奥行き最小サイズ:幅200×奥行180×高さ125cm
奥行き最大サイズ:幅200×奥行275×高さ125cm
重量約3kg
素材フレーム:ステンレス鋼
張地:ポリエステル100%
出典:ロウヤ

※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

おすすめポイント

●前後がフルオープンできるうえにフロントシートもついている
●通気性が良いサイド窓と網戸になるメッシュ素材
●ハンディファンも取り付けられて夏場でも活躍

 

たたみ方

ロウヤのポップアップテントのたたみ方

出典:ロウヤ

アイテムの詳細はこちら

風通しの良い素材で快適!トイザらスのポップアップテント

トイザらスのポップアップテント

価格3,999円(税込)
サイズ組み立てサイズ(約):高さ110×幅148×奥行き155cm

パッケージサイズ:幅45×高さ3.1×奥行き45cm

重量
素材

※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

おすすめポイント

●風通しの良い素材!
●テントを閉めて、プライベート空間にできます。
●コンパクトに収納可能!持ち運べるバッグ付き

 

アイテムの詳細はこちら

ポップアップテントで気軽にキャンプを楽しむ!

海の前に設営したポップアップテント

出典:PIXTA

ポップアップテントは瞬時に設営ができるし、たたみ方はコツを掴めば簡単にできることがわかりました。

ポップアップテントのたたみ方で悩んでいた方は、ぜひこの記事を参考にトライしてみてください!

こちらの記事もおすすめ