CAMP HACK[キャンプハック]


軽量テントでのキャンプ

【小型×軽量テント】おすすめ20選!タイプ別特長と軽量順まとめ

5

持ち運びが楽でサクッと設営、好きな場所で気ままにキャンプを楽しめるソロ・バックパック・ツーリングに最適な軽量・小型テント。よりミニマムなスタイルに憧れる人や初心者にもおすすめです。

軽量・小型テントを厳選し、選ぶときのポイントと合わせて、重さ別に20選。2022年春に発売され話題のワークマンテントも比較し、おすすめモデルを一挙ご紹介しちゃいます!

やんちゃまんけんたい

制作者

やんちゃまんけんたい

アウトドア好き平凡系サラリーマン。 2016年から妻と息子2人の家族4人でファミリーキャンプを始めて6年。 キャンプブログ「ファミキャン始めますた。」を通じて知り合った、全国の友人とのコミュニケーションやグループキャンプを楽しみに生きています。 SUPやウィンタースポーツ始めアウトドア好きなお父さん目線の親しみやすい情報を心掛けています。

...続きを読む
やんちゃまんけんたいのプロフィール

アイキャッチ画像出典:Instagram by @ytmkt_camp

軽量・小型テントでのミニマムなキャンプに憧れる……。

ミニマムキャンプ
出典:Instagram by@outdoor_photo_toshi
軽量・小型なテントで、ミニマムで身軽なキャンプ……憧れますよね。持ち運びも楽で設営場所も選ばないから、好きな場所でサクッと設営できて、より気ままにキャンプを楽しめます。

ソロキャンプテント
出典:Instagram by@naturehike_jp
シンプル構造で設営しやすいタイプが多く、ビギナーにもおすすめ。そこで今回は、ソロ・バックパック・ツーリングキャンプなどにおすすめの軽量・小型テントを厳選! 選ぶときのポイントも合わせて、重さ別にど〜んと20選ご紹介していきます。

軽量・小型テントを選ぶときのポイントは?

おすすめ軽量・小型テント20選をご紹介する前に、まずは選ぶときのポイントをしっかりチェックしておきましょう!
軽量・小型テントを選ぶポイント
① 設営方法: 自立式 or 非自立式
② 構造:シングルウォール or ダブルウォール
③ サイズ:使用人数+荷物スペースに注意!
④ 重量。にプラスして収納サイズも要チェック
 

① 設営方式をチェック!ビギナーには自立式がおすすめ

テントの設営方式は大きく分けると「自立式」と「非自立式」の2つのタイプがあります。

「自立式」と「非自立式」の違いについてチェックしておきましょう。

【 自立式 】
自立式ソロテント
出典:Instagram by@nemoequipmentjp
自立式テントは、ポールのテンションだけで設営できて、ペグダウンしてない状態でも自立するテントです。設営がより簡単なので、ビギナーにはこちらがおすすめ

【 非自立式 】
非自立式ソロテント
出典:Instagram by@koujitusansoubasecamp
非自立式はトレッキングポールやペグダウンによって設営していくテント。自立式に比べて設営に手間がかかったりコツが必要なタイプが多いのが特徴です。ただし、その分軽量でコンパクトなアイテムや耐久性の高いアイテムが多いのがメリット。

② 構造をチェック!より軽量なシングルウォールは結露がデメリット

テントには壁の構造の違いにより、「シングルウォール」と「ダブルウォール」の2つのタイプがあります。

「シングルウォール」と「ダブルウォール」の違いについてチェックしておきましょう。

【 シングルウォールテント 】
シングルウォールテント
出典:Amazon
その名のとおり壁1枚で構成されているタイプ。より軽量かつコンパクトで、設営も簡単なアイテムが多いのが特徴です。また、1枚の生地なので、外部からの水分は通さず内部の湿度は外へ逃す透湿防水性のある生地が使われています。

ただし、外気との間に空気の層を作れないため、結露しやすいというデメリットがあります。

【 ダブルウォールテント 】
ダブルウォールテント
出典:Instagram by@nemoequipmentjp
ダブルウォールテントは、通気性のあるインナーテントと防水性のあるフライシートの2枚壁構造のテント。2枚の壁の間に空気の層ができるため、結露しにくい特徴があります。

ただし、シングルウォールに比べるとやや重く、収納サイズも大きいというデメリットも。しかし、フライとインナーの間に前室があるタイプが多いなど居住性もより高く、ビギナーにはこちらがおすすめです。

③ ソロ?ツーリング?登山?使用人数に荷物も含めたサイズを選ぼう!

2人用シェルター
出典:Instagram by@paagoworks.official
軽量・小型テントといえど快適なスペースが欲しいもの、使用目的や人数にプラスして荷物を置くスペースも考慮しましょう。ダブルウォールテントには前室がありますが、シングルウォールのテントは実際の使用人数プラス荷物を置くスペースが必要です。

④ 重さ・収納サイズをチェック!移動手段とマッチしてる?

ソロ・ツーリング向きテントの重さ・収納サイズ
出典:Instagram by@brompton_japan
次に、重さやサイズをチェック。徒歩でバックパックなのか、バイクツーリングなのか、車なのかなど、移動手段に応じてマッチする重さや収納サイズが異なります。重さだけでなく、収納時のサイズもしっかりチェックしましょう。

【ビギナー向け】<1人用>おすすめ自立式ダブルウォールテント

ワークマンミシックドームでのキャンプ風景
出典:Instagram by @workman_plus
初心者にもやさしい自立式で快適なダブルウォールテントのおすすめモデルを紹介します。
ワークマンから出た話題の商品もラインナップ!お手軽にチャレンジできる点でも◎です。
自立式
×
ダブルウォール
ニーモ
ホーネット
ストーム
ニーモの軽量テント
MSR
ハバNX
MSRの軽量テント
モンベル
ムーンライトテント
モンベルの軽量テント
バンドック
ソロドーム
バンドックの軽量テント
ワークマン
ミシックドームテントAG
ワークマンの軽量テントミシック
ワークマン
BASICドームテント
ワークマンの軽量テントBasic
コールマン
クイックアップドーム/S+
コールマンの軽量テント
重量 760g 1,290g 1,710g 1,880g 2,000g 2,500g 3,500g
使用サイズ 221×140cm 216×152cm 265×110cm 200×150cm 213×93cm 215×104cm 210×100cm
収納サイズ 12×42cm 15×46cm
16×30cm
9×56cm
16×41cm 13×54cm 13×55cm 60×6cm
室内最大高さ 98cm 91cm 97cm 100cm 95cm 98cm 100cm
※横にスクロールできます

【760g】ニーモ「ホーネットストーム 1P」

ニーモ ホーネットストーム 1P
出典:Instagram by@heimatberg_outdoorshop
快適性・居住性を確保しつつ、760gという驚異の軽さを実現したULバックパッキング向けテント。インナーテント上部には特許出願中のフライバー™ボリューマイジングポールクリップを設置。頭上空間が大幅に拡大されたモデルです。

ニーモ ホーネット ストーム1P

●人数:1人
●最小重量:760g
●本体素材:メッシュ/10D ナイロン
●フライ素材:10D Sil/PeUナイロン
●フロア素材:15D Sil/PeUナイロン
●フロア面積:2.0㎡
●前室面積:0.7㎡


【1.29kg】MSR「ハバNX」

MSR ハバNX
出典:楽天
軽さと居住性を両立したベストセラーテント。天井部で交差したポールでサイドウォールが垂直に立ちあがり、圧迫感の少ない室内空間を確保しつつ前室も備えます。航空機グレードのポール素材で、強風時にも安心のクオリティ。

MSR ハバ NX

●最小重量(フライ/本体/ポール):1120g
●総重量:1290g
●定員:1
●ドアの数:1
●収納サイズ46×15cm


【1.71kg】モンベル「ムーンライトテント 1」

モンベル ムーンライトテント 1
出典:mont-bell
40年のロングセラーモデルがフルモデルチェンジ。月明かり(ムーンライト)の下でも簡単に設営可能なコンセプトはそのまに、側面がより立ちあがって内部空間にゆとりが。前室も備えつつ約30%の軽量化も実現し、収納サイズもコンパクトに。

モンベル公式サイト:ムーンライトテント1販売ページ
ムーンライトテント1
価格  ¥30,580(税込)
サイズ 使用時:260cm×110cm×105cm

収納時:Φ16cm×30cm(本体)、Φ9cm×56cm(ポール)
カラー タン(LTN)、グリーン(SPGN)
重量 1.49kg(1.71kg)

※ポール、レインフライを含む。( )はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量。
素材 本体:20デニール・ポリエステル・リップストップ
フロア:40デニール・ナイロン・リップストップ
レインフライ:20デニール・ポリエステル・リップストップ

【1.88kg】バンドック「ソロドーム 1 」

バンドック ソロドーム 1
出典:カワセ
パップテントが人気のバンドックの軽量ソロ用ドームテント。16,500円とリーズナブルながら耐水圧は3,000mm。ポールには柔軟で強度の高い7001アルミ合金を使用。画像のサンドベージュほか全4色のカラバリも魅力です。

バンドック公式サイト:ソロドーム1サンドベージュ販売ページ

バンドック ソロドーム1

●サイズ:約2000×1500×1100mm
●インナーサイズ:約2000×900×1000mm
●収納時サイズ:約380×150×150mm
●重量:約1.88kg
●耐水圧:約3000mm
●材質:フライ・フロア/ポリエステル、インナー・入口&窓/ポリエステルメッシュ、フレーム/ジュラルミン
●付属品:ペグ、ロープ、ギアハンモック、補修ポール


【2.0kg】ワークマン「ミシックドームテントAG」

ワークマンのミシックテント
出典:Instagram by @workman_plus
前方へ入り口があり奥行きは213cmと成人男性がゆったり足を伸ばして寝られる広さ。幅は100cm未満とコンパクトで、側面に入り口がないデザインのため、場所の制限を受けず設営できます。高撥水生地やインナーテントのメッシュ部分に虫が寄りつきにくくなる加工を施すなど、機能性も申し分のないテントです。

ワークマン公式サイト:ミシックドームテントAG販売ページ
ミシックドームテントAG
価格  ¥7,800(税込)
サイズ 使用時:長さ213×幅93×高さ95cm

収納時:直径13×長さ54cm
カラー カーキ、バーガンディ、カフェオレ
重量 2kg
素材 アウターテント:ナイロン100%
インナーテント:ポリエステル100%ロープ:ポリプロピレン100%
ポール:グラスファイバー
ペグ:鉄

【2.5kg】ワークマン「BASICドームテント」

ワークマンのbasicドーム
出典:Instagram by @workman_plus
驚きの低価格で5千円以下。構造がシンプルなドーム型で、生地の撥水性も十分。背面には換気にちょうどいいベンチレーションを備え、内部には収納ポケットやランタンなどを吊るせるフックまで。設営も簡単でエントリーモデルにうってつけです。
ワークマン公式サイト:BASICドームテント販売ページ
BASICドームテント
価格  ¥4,900(税込)
サイズ 使用時:長さ215×幅104×高さ98cm

収納時:直径13×長さ55cm
カラー グリーン、レッド、キャメル、コヨーテ×ブラウン、ネイビー、迷彩
重量 2.5kg
素材 アウターテント:ポリエステル100%
インナーテント:ポリエステル100%
ロープ:ポリプロピレン100%
ペグ:鉄・亜鉛
✔️ワークマンテントの詳しい情報はこちらの記事もチェック!

【3.5kg】コールマン「クイックアップドームS+」

コールマン クイックアップドームS+
出典:Instagram by@a_chan47a.n.c
本記事中の1人用テントのなかではやや重めの3.5kgですが、圧倒的に設営が簡単なポップアップ式。サッと開くだけで立ちあがり、あっという間に設営完了。日光を90%カットするダークルームテクノロジーで暑い季節も快適です。

コールマン クイックアップドーム S+

●定員:1人用
●インナーサイズ:約210×120×100(h)cm
●収納時サイズ:約φ60×6cm
●重量:約3.5kg
●耐水圧:約3,000mm(フロア/約1,500mm)
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(ダークルーム テクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール) 、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)、フレーム/スチール


【スペース広々2人用】おすすめ軽量・小型ダブルウォールテント

2人用小型テントでのキャンプ
2人で使うのも良いですが、ソロで使えばスペースがより広く使えます。荷物の多いオートキャンプやキャンプツーリングにおすすめの2人用モデルを紹介します。
2人用
×
ダブルウォール
ニーモ
ドラゴンフライ
バイクパック2P
ニーモの2人用小型テント
ムラコ
ラピッド X1-2P
ムラコの2人用小型テント
テンマクデザイン
ホーボーズネスト2
テンマクデザインの2人用小型テント
ダンロップ
コンパクトアルパイン
テント
ダンロップの2人用小型テント
ビッグアグネス
ブラックテイル2
ホテル
ビッグアグネスの2人用小型テント
スノーピーク
ミニッツドーム
Pro.air1
スノーピークの2人用小型テント
重量 1.3kg 1.85kg 2.1kg 2.1kg 2.78kg 2.95g
使用サイズ 224×127cm 225×220cm 238×223cm 205×120cm 360×229cm 235×230cm
収納サイズ 20×40cm 19×46cm 16×43cm
15×25cm
9.5×43cm
18×53cm 20×59cm
室内最大高さ 104cm 115cm 105cm 100cm 107cm 100cm
※横にスクロールできます

【1.3kg】ニーモ「ドラゴンフライバイクパック2P」

ニーモ ドラゴンフライバイクパック2P
出典:Instagram by@nemoequipmentjp
バイクパッカーでもあるNEMOのテントデザイナーが開発したテント。防水ロールトップ式スタッフサックとコンパクトなポールセットを組み合わせ、バイクのハンドルバーやフロントフォークなどにテントを固定できる仕様が画期的です。

ニーモ・イクイップメント ドラゴンフライバイクパック 2P

●就寝人数:2人
●最小重量:1.3㎏
●本体素材:15Dナイロン/メッシュ(FRフリー)
●フライ/前室部素材:15D Sil/PeUナイロン
●フロア素材:30D PeUナイロン
●フロア面積:2.7㎡
●前室面積:0.9㎡×2


【1.85kg】ムラコ「ラピッド X1-2P」

ムラコ ラピッド X1-2P インターナショナル
出典:Instagram by@muraco_designs
居住性と耐風性のバランスが良い山岳用テント。クロスフレームの交点部分にセンターハブを組み込んで、風による歪みを強力に抑えた構造がポイント。フルファブリックとハーフメッシュ、2種のインナーテントが選べます。

ムラコ ラピッドX1-2P インターナショナル

●設営時サイズ:W255×D220×H120 cm
●収納時サイズ:W49×D16×H19 cm
●重量 1,535g
●素材:フライシート/15Dリップストップナイロン、撥水UV & PUコーティング/耐水圧2500mm、インナーテント/15Dリップストップナイロン、フレームポール/YUNAN Ultra light / A7001超々ジュラルミン/Φ8.3 mm


【2.1kg】テンマクデザイン「ホーボーズネスト2」

テンマクデザイン ホーボーズネスト2
出典:Instagram by@tentmark2011
2020年グッドデザイン賞を受賞。出入り口と前室が2つずつ設けられた斬新な発想のテント。フライとインナー一体型で設営&撤収が簡単なのも魅力です。

テンマクデザイン ホーボーズネスト 2

●インナー:210×118×1050(H)cm
●フライ:223×238×1150(H)cm
●収納時サイズ(約):Φ16×43cm
●ポール:#7001アルミニウム合金
●フライ:30D ナイロンリップストップPU/SIL、耐水圧/1,500mm
●ボトム:40DナイロンリップストップPU/撥水加工、耐水圧1,500mm
●本体重量(約):1.94kg(フライ、インナー、ポール)
●総重量(約):2.1kg (ペグ、張綱、収納ケース含む)
●付属品:ペグ×12本、自在付き張綱×4本、収納ケース


【2.1kg】ダンロップ「コンパクトアルパインテント」

ダンロップ コンパクトアルパインテント VS-21A
出典:Instagram by@koujitusansou_yokohama
フック間をメッシュパネルでつないだ構造により、吊り下げ式テントながら風に対する強度が飛躍的にUP。吸湿性が低く乾きやすいポリエステル素材にこだわり、両側入り口により高い通気性も確保したモデルです。

ダンロップ コンパクトアルパインテント

●人数:2人
●使用時サイズ:間口205×奥行120×高さ100cm
●収納時サイズ:本体/25×Φ15cm、ポール/43×9.5cm
●重量:約1800g(総重量約2100g)
●素材:フライシート/30Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)、インナーテント/30Dポリエステルリップ(通気撥水加工)、グランドシート/75Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)、ポール/NSL9mm×NSL9.6mm


【2.78kg】ビッグアグネス「ブラックテイル2 ホテル」

ビッグアグネス ブラックテイル2 ホテル
出典:Instagram by@bigagnes_japan
ホテルという名に違わず、高い居住性を誇る巨大な前室が魅力のテント。大切なアウトドアギアもしっかりテント内にしまえる広さを確保しながら、3kgを切る軽さも実現。雨天時にタープなしでも安心です。

ビッグアグネス ブラックテイル2 ホテル

●人数:2名
●面積:3.1m2、前室/2.6㎡/0.8㎡
●収納サイズ:53×18cm
●重量:2.78kg
●素材:フライシート/PU加工ポリエステル(1,500mm)、フロア/PU加工ポリエステル(1,500mm)、本体/通気加工ポリエステル・ポリエステルメッシュ、ポール/曲げ加工済軽量アルミポール、ガイライン/自在付リフレクティブ(反射)ガイライン


【2.95kg】スノーピーク「ミニッツドームPro.air1」

スノーピーク ミニッツドームPro.air1
出典:Instagram by@snowpeak_hq
雨の日でも、成人男性が濡れずに靴の脱ぎ履きができる広さの前室が魅力のテント。左右に備えたメッシュ窓で通気性も抜群。吊り下げ式で素早く設営できる構造もポイントです。

スノーピーク ミニッツドーム Pro.Air 1

●対応人数:1〜2名
●サイズ:20×20×59(h)cm
●重量:2.95kg
●材質: フライシート/20Dシリコンポリエステルミニリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、インナーウォール/ 20Dポリエステルミニリップストップ、ボトム/30Dナイロンリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9.5mm)


【軽量優先!バックパック向き】おすすめシングルウォールテント

登山のキャンプ風景
出典:PIXTA
本格的な登山でのキャンプなど、軽量×小型にこだわるならシングルウォールテントがおすすめ。
テント付属のポールに加えて、トレッキングポールを組合わせて快適さを上げられるモデルもあります。
軽量優先
×
シングルウォール
モンベル
U.Lドームシェルター1
モンベルのシングルウォール
ファイントラック
カミナモノポール1
ファイントラックのシングルウォール
ネイチャーハイク
VIK ウルトラライト
ネイチャーハイクのシングルウォール
プロモンテ
アルパインテント VB-11
プロモンテのシングルウォール
重量 775g 890g 1.06kg 1.19kg
使用サイズ 210×90cm 205×80cm 210×195cm 205×90cm
収納サイズ
10×25cm
5×43cm
16×24cm
39cm(ポール)
16×46cm
18×28cm
95×43cm
室内最大高さ 95cm 100cm 95cm 100cm

【775g】モンベル「U.Lドームシェルター1」

モンベル U.Lドームシェルター1
出典:mont-bell
世界最高レベルの軽量コンパクト性を実現したツェルト。シングルウォール構造ながら3シーズン対応、かつインナーポール方式で設営も非常に簡単。ポールを差し入れて一気に持ちあげるだけで立体化します。

モンベル公式サイト:U.L.ドームシェルター1販売ページ
U.Lドームシェルター1
価格  ¥39,600(税込)
サイズ 使用時:210cm×90cm×95cm

収納時:Φ10cm×25cm(本体)、Φ5cm×43cm(ポール)
カラー イエロー (CYL)
重量 742g(775g)

※ポールを含む重量。( )内はスタッフバッグを含む総重量。
素材 本体:15デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ
フロア:30デニール・ナイロン・リップストップ
フレーム・本体ポール:アルミニウム合金(ポール径)∅8.5mm

【890g】ファイントラック「カミナモノポール1」

ファイントラック カミナモノポール1
出典:Instagram by@raliguras
最低2本のペグダウンが必要な非自立ですが、オールシーズン使える強度と軽量コンパクトさを両立。一本のポールを対角線上に配置することで、クロスポールテント並の室内空間と前室も備え、高い居住性も誇ります。

ファイントラック カミナモノポール1

●展開時サイズ:間口205×奥行80×高さ100cm
●収納時サイズ:本体5×16×24cm、ポール39cm
●総重量:890g※最小重量770g
●素材:本体/30d66ナイロンリップストップPU防水透湿コーティング耐水圧1,000mm、透湿性6,000g/m2・24h A-1法(初期値)、ボトム/30d66ナイロンリップストップPU防水透湿コーティング耐水圧1,800mm(初期値)、ポール/ジュラルミン


【1.1kg】ネイチャーハイク「VIK ウルトラライト シングルテント」

ネイチャーハイク VIK ウルトラライト シングルテント
出典:Naturehike
フロア面積は小さめですが、天井部で交差したポールでサイドウォールが立ちあがって快適な居住スペースを実現。前室をトレッキングポールなどで跳ねあげて、リビングスペースを作れるのが便利です。

ネイチャーハイク VIK ウルトラライト シングルテント

●定員:1人用
●使用時サイズ:210×(65+80+50)×95cm
●収納時サイズ:46×Φ16cm
●総重量:1.1kg(ミニマム:0.97kg)
●フライ耐水圧:PU 2,000mm
●フロア耐水圧:PU 4,000mm
●フライ材質:15D Silicone Nylon
●フロア材質:20D Silicone Nylon
●ポール材質:7001高強度アルミニウム


【1.19kg】プロモンテ「超軽量シングルウォールアルパインテント VB-11

プロモンテ 超軽量シングルウォールアルパインテント VB-11
出典:楽天
本体パネルに、20Dナイロン、防水・透湿・通気性を備えたメンブレム、7Dトリコットをラミネートした3レイヤー生地を使用。結露を抑えつつ、強度も軽量化も実現しています。完全自立式の吊り下げ式で、設営&撤収もイージー。

プロモンテ 超軽量シングルウォールアルパインテント VB-11

●サイズ:間口205×奥行90×高さ100cm
●収納サイズ:本体30×Φ24cm、ポール/43×9.5cm
●重量:約1050g(総重量1190g)
●素材:テント本体表地/20Dナイロンリップストップ、裏地/7Dナイロントリコット、ラミネート/高通気エントラント3レイヤー、本体グランド部/30Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)、ポール/DAC/NFLΦ9.3mm


【注目度UP】個性派軽量・小型テント!

ブラックオルカでの雪中キャンプ
出典:instagram by @mrn__39
これまではフロア一体のドーム型のテントを紹介しましたが、ワンポールやフロアレスでシェルタータイプの軽量テントも紹介します。フロアレスだと就寝のためにはコットなど荷物が必要になりますが、テントが軽量・小型な分、設営・撤収が楽になります。
 
軽量優先
×
シングルウォール
ローカスギア
クフHB
ローカスギアのクフHB
パーゴワークス
ニンジャシェルター
パーゴワークスのニンジャシェルター
ワンティグリス
ブラックオルカ
ワンティグリスのブラックオルカ
重量 750g 1.15kg 1.06kg
使用サイズ 265×160cm 380×220cm 直径320cm
収納サイズ
12×25cm
12×28cm
12×45cm 17×50cm
室内最大高さ 130cm 120~140cm 160cm

【750g】ローカスギア「クフHB」

ローカスギア クフHB
出典:Instagram by@stk111
メッシュ主体のインナーに、一般のテントではフライシートに当たるシェルター本体を組み合わせたテント。ワンポール式ながら、しっかりペグダウンすることで強風にも対応。スタイリッシュで美しい佇まいも人気のテントです。

ローカスギア公式サイト:クフHB販売ページ
クフHB
価格  ¥58,000
サイズ 使用時:L 265cm x W 160cm x H 130cm

収納時:L 25cm x 直径 12cm(本体)、L 28cm x 直径12cm(インナー)
カラー タン
重量 本体:390g

インナー:360g
素材 本体:10D シリコン/PU ハイブリッド・コーティング リップストップナイロン
フロア:10D シリコン/PU ハイブリッド・コーティング リップストップナイロン

1.15kg】パーゴワークス「ニンジャシェルター」

パーゴワークス ニンジャシェルター
出典:Instagram by@brompton_japan
超軽量&コンパクトなフロアレスシェルター。サイド2箇所のファスナーで前室のバリエーションが豊富で、天井高も120〜140cmまで調整が可能。別売りのインナーテントと組み合わせてダブルウォールテントとしても使えます。

パーゴワークス ニンジャシェルター

●定員:3名
●サイズ:380X220X140cm
●最小重量:1150g (本体とポール2本)
●最大重量:1600g
●素材:20Dポリエステル (シリコン/PUコーティング)


【1.45kg】ワンティグリス「ブラックオルカ」

ワンティグリス ブラックオルカ
出典:Amazon
床面が八角形のフロアレスシェルター。ワンポール式だから初めてでも素早く設営が可能。直径320cmとコット2台並べても余裕の室内空間で耐水圧も3,000mm。煙突穴まで付いて15,600円とコスパも高いテントです。

ワンティグリス ブラックオルカ

●人数:2人
●使用時サイズ(約):直径320×高さ160cm
●収納時サイズ(約):50×17cm
●重量(約):1.45kg
●耐水圧/フライシート:約3000mm
●材質:フライ/20Dシリコンコーティングナイロン生地、フレーム/アルミ合金、YKK防水ファスナー


軽量・小型テントでより自由で身軽なキャンプを!

ソロキャンプ風景
出典:Instagram by@side_mountain_studio
シングルウォールにダブルウォール、自立式に非自立式、はたまた前室が広いタイプにシェルタータイプ……などなど、軽量・小型テントとひとえにいっても、その種類は実にさまざま。

ソロ・バックパック・ツーリングなど、自分のキャンプスタイルに合った軽量・小型テントを手に入れて、より自由で身軽なキャンプを楽しんでくださいね!

こちらの記事もおすすめ

紹介されたアイテム

関連記事