軽量・小型テントの人気ブランド別20選!選び方3項目をチェック!

2019/06/18 更新

小型・軽量・コンパクトテント特集!ソロキャンパーやキャンプ初心者におすすめな、コンパクトで設営が簡単な テントをご紹介します。気になる選び方を3項目でチェックして、ベストな軽量・小型テントを!小さなキャンプ用品で、大きな思い出を作りましょう!


アイキャッチ画像出典:snowpeak

軽量・小型テントの「選び方」3つのポイント

持ち運びが簡単にできる軽量・小型テント、好きなところでサッと気楽に設営できるのは重量級テントにはできない芸当です。なにより小型テントはまさに野営といったかっこよさを感じますよね。

そんなかっこいい軽量・小型テントたちを今回はブランド別におすすめアイテムをご紹介!まずは選び方「3つのポイント」を知って、失敗しないテント選びをしましょう!

1. 目的に合ったテントを選ぶ
出典:snowpeak
「軽量・小型のテントを選ぶ際には、まず目的に合ったテントを選ぶのが必須ポイント。キャンプ、ツーリング、登山、など何に使うのか目的を明確に定めましょう。

また、テントの広さはどのくらいのスペースを確保したいのかを考えておくと、スムーズに最適なテントを選べます。「1~2人用」や「2~3人用」という表示の場合は、最大人数よりマイナス1人の余裕をもつと快適に過ごすことができますよ。

2. 専門用語「シングルウォール」と「ダブルウォール」ってなに?
出典:montbell
インナーテントとフライシートが1枚のテントが「シングルウォールテント」。外部の雨から守りながらも、内部の湿度は外に出す透湿防水性のある生地が使われています。空気の層を作れないので結露が起きやすいデメリットがありますが、ダブルウォールと比べて軽量かつ設営が楽なものが多いです。

そして、「ダブルウォールテント」とは通気性能を持つインナーテントと防水性能を持つフライシートの2枚セットで内部を守るテントのこと。2枚セットですのでシングルより重くなりがちですが、2枚の層で結露は起きにくく防水性が高いのが特徴です。フライシートのおかげで前室があるタイプのテントが多く、天候の怪しい日なんかはこれが非常に便利!初心者の方にはまずダブルウォールをおすすめします。

3. 軽量さとコンパクトさ
出典:finetrack
テントを持った状態での基本的な移動手段は車なのか、徒歩なのか、バイクなのか、どんなスタイルで持ち歩くか想像してみましょう。それによって収納サイズや重量がとても重要なスペックになってきます。ザックに入れて持ち歩くのであれば、やはり収納サイズはコンパクトの方が他のギアを入れるスペースが生まれるので便利です。

収納のコンパクトさを重視したテントを購入して、いざ設営してみたらテント室内が狭過ぎて寝辛かった、なんてこともありますのでテントの中にいる時間が長いのか短いのか、自分のスタイルに合ったサイズを選びましょう。

それでは人気ブランド別におすすめの軽量・小型テントたちをご紹介します!

こちらの記事では主にファミリー向けのテントを紹介しています。

Coleman コールマン

ITEM
コールマン ツーリングドーム[1~2人用]
【重量】約4400g
【サイズ】使用時/約210×120×100cm、収納時/約直径23×54cm
【用途】ツーリング、キャンプ

ツーリング用のために作られているので1人でも設営しやすいテントです。4.4kgは登山には重いですがツーリングにはちょうどいいサイズ。もちろん普通のソロキャンプやカップルキャンプにも最適。

ソロツーリング用に定番ですね! 使いやすく安心のテントです。



ITEM
コールマン エッグドーム フェスウェーブ[1~2人用]
【重量】約5800g
【サイズ】使用時/約220×120×105cm(インナーテント)、収納時/約直径20×55cm
【用途】ツーリング、キャンプ

使い勝手とベンチレーション機能を高めた2人用ドーム。ロースタイルで前室を有効利用できる。収納に便利なメッシュポケット付です。

snow peak スノーピーク

ITEM
スノーピーク ファル[1~2人用]
【重量】1705g
【サイズ】17×33cm(本体ケース)、11×50cm(フレームケース)
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

今は廃盤となったラゴシリーズに続いて開発されたスノーピークが提案する新しいスタイルの山岳用テントがこの「ファル」シリーズです。サイズは1〜4人を想定した3モデルが用意されています。設営が簡単というのは、天候が変わりやすい登山中ではとてもありがたい機能です。

雨の日で撤収する時にどうしても大変な思いが嫌でインナーテントで立てるのが簡単で撤収が楽なテント探していました。外ではまだ立ててませんが室内ではしっかり立て、インナーテントをつり下げているので、外に行っても簡単設営♪



ITEM
スノーピーク ファル[2~3人用]
【重量】1920g
【サイズ】φ17×35cm(本体ケース)、11×51cm(フレームケース)
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

フライシートにフレームをセットする構造を採用することで、インナーテントを外せば小型シェルターとしても機能します。インナーをフライにセットした状態から、設営時間約20秒を実現した新提案のスピード設営テントです。

期待通りで買ってよかったです。女性ですが、組み立て簡単で大人2人でも荷物置ける余裕もあります。これからもっとたくさん使っていきます。



ITEM
スノーピーク カマエルドーム2[1~2人用]
【重量】約3500g
【サイズ】本体収納サイズ:φ22×60cm フレームケース収納サイズ:10×5×56cm
【用途】ツーリング、キャンプ

最高の一瞬を求めて開発されたフォトグラファーのために勢作されたドームテント。瞬間を逃さないスピード設営構造や、三脚をセットできる余裕の前室など、フォトグラファーがグッとくる機能が随所に装備されています。もちろんその快適性は通常のツーリングやキャンプに最適!



MSR エムエスアール

ITEM
MSR ハバNX [1人用]
【重量】1290g
【サイズ】収納:46×15cm
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

超軽量かつ3シーズン対応モデルのMSRの1人用テント。出入口も従来モデルより大きく、独自のポールシステムにより設営もしやすく、全体的な使いやすさを考えられたモデルです。なにより見た目がかっこいいテントです。

雪の降る中、使用しました。風が強かったけどフライシートを張れば問題も無く、コンパクトなのでバックパックに括り付けて、移動可能です。



ITEM
MSR エリクサー2[1~2人用]
【重量】約2660g
【サイズ】収納:51×17cm
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

驚くべき軽量さと設営の簡単さで、初めてバックパッキングに挑戦する方や予算が限られた方に理想的な「エリクサー」。室内が白いので少しの光量のLEDランタンでも明るく感じられます。

まず、見た目、非常に目立ちカッコイイです。特に夜、MSRのマークがフライの裏側にプリントされていて、明るい間は目立ちませんが、夜、LEDランタンやヘッデン等を持ち込むと、本当に美しく自己主張するテントに変身します。



ITEM
MSR FURY[1~2人用]
【重量】約2780g
【サイズ】収納:51×17cm
【用途】登山

4シーズン使用可能、どんな環境でも耐えられるテントです。MSRテントシリーズ「ALL-SEASON TENTS」の中で最も耐風性があり、過酷な条件下でも快適な居住性を提供できる2人用テントが「FURY」。効率的な2人用のフロア配置で狭い場所にも設営可能。広い前室でスペースは装備品を収納できます。

NEMO ニーモ

ITEM
ニーモ ブレイズ 1P NM-BLZ-1P [1人用]
【重量】最小:約790g
【フロア面積】1.7m2
【用途】登山

独自のポール構造で超軽量ながら驚くほど広い居住スペースを確保したミニマリスト向けモデルです。もう軽さを追求するために狭い空間で我慢する必要はありません。一般的な非自立式テントよりも簡単かつ確実に設営でき、しかも十分な強度と広さを確保しています。


ITEM
ニーモ タニLS 2P[1~2人用]
【重量】約1230g
【サイズ】220×130×104cm
【用途】登山

2012年に登場し、NEMOの山岳用テントのベストセラーモデルとなったタニ2Pが生まれ変わりました。最先端の生地とパーツを採用することで、優れたベンチレーション機能や広い内部空間を保ちながら十分な強度と設営時間の短縮、本体重量の軽量化を図りました。

何と言っても軽量です。また,設営も非常に簡単で,女性一人でも可能です(ポールを固定するときに,とても力の必要な製品がありますからね)。


mont-bell モンベル

mont bell アウトドア ステラリッジ テント2
mont bell アウトドア ステラリッジ テント2

Quechea ケシュア

ITEM
ケシュア Arpenaz FRESH&BLACK 3人用
【重量】3200g
【サイズ】 幅 190 cm x 長さ 200 cm。最大上部空間: 121cm。収納時: 直径 26cm / 長さ 65cm。
【用途】登山、ツーリング、キャンプ


 

finetrack ファイントラック

ITEM
ファイントラック カミナドーム1[1人用]
【重量】1270g
【サイズ】間口205×奥行90×高さ100cm 収納時:本体8×15×25cm、ポール39cm
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

なんと1270gという軽量さで4シーズン対応の超軽量ハイスペックテントです。優れた強度と耐久性、広く快適な居住空間を兼ね備えたストレスフリー仕様でありながら、群を抜くコンパクト性と最高レベルの軽量性を実現しています。

テントとしてはオーソドックスなスリーブ式のダブルウォールテント。他の国産テントと比較しても高い強気な値段設定。せめて4万円代なら。。。100グラムの軽さをお金で買うかどうか。


ARAI TENT アライテント

ITEM
アライテント トレックライズ 1[1人用]
【重量】1460g
【サイズ】設営時 間口210×奥行110×高さ105cm(前室張出45cm) 収納時 30×φ1
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

トレックライズはテントの広いパネルに解放感のある大きな半月型の入り口を持った3シーズン用テントです。その重量はわずか1250g!(1人用、付属品を含まず)

ザックを背負って行くキャンプでは、かならずこのテントを使っています。収納サイズ、重量ともに文句なしです。フレームの収まりも、片側が鳩目でもう一方は袋になっているので1人での設営も楽ですし、さすが山岳テントの専門メーカーで、よく考えられていると思います。



ITEM
アライテント トレックライズ2[2~3人用]
【重量】1680g
【サイズ】設営時 間口210×奥行150×高さ110cm(前室張出50cm) 収納時 32×φ16cm(49×φ16) 
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

ツーリングやトレッキングでの使いやすさを徹底的に検討して作られたトレックライズは、3人用なので2人で余裕のある使い方ができます。グランドシートは別売りなので注意。

もともと二人用に購入しましたが、今回ソロキャンプ&ツーリング&登山のために持って行きました。設営の容易さや雨風への耐久性はもちろんですが居室が広いのがとても居心地が良いです。多めの荷物をどさっと入れておいても寝るスペースが十分確保できます。



ITEM
アライテント オニドーム2[1~2人用]
【重量】1480g
【サイズ】設営時 間口166(最大240)×奥行157(就寝部115)×高さ98cm 収納時:本体31×14φcm
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

オニドームはペグダウンできない場合でも使える前室付で、居住性と使いやすさを最優先して作られた軽量モデルのテントです。 オニドームの名前の由来となった、前室を作るための2つの「つの」状の張り出し部分と、ユニークな台形のフォルムは従来のテントにはない余裕のユーティリティスペースをもたらします。

軽くてツノの部分が良いスペースになり余裕が感じられます。デザインも良いですね。窓のメッシュの範囲が少なく換気がもう少しよかったらと思います。


DOD

ITEM
DOD 2人用 ライダーズワンタッチテント
【重量】約3200g
【サイズ】(約)W2200×D1780×H1200mm
【用途】ツーリング、キャンプ




UNIFLAME ユニフレーム

ITEM
ユニフレーム Sora Tour[1~2人用]
【重量】約3400g
【サイズ】収納:21×39cm
【用途】キャンプ

簡易設営で女性やお子様に優しい前室付きテント。鮮やかなカラーと充実の装備が快適なキャンプをサポートする二人用テントです。

まだ2回しか使用してません。
車でのソロキャンプ用に購入。
設営も最初は手間取りましたが、2回目は楽に設営できました。
前室が広く、1人では十分過ぎるくらいです。
他の人ともかぶる事ないのも良いです。
使い倒したいと思います。


HILLEBERG ヒルバーグ

ITEM
ヒルバーグ アクト レッド[1人用]
【重量】約1300g
【サイズ】収納:16.5φ×52cm
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

4シーズンを通じて使えるソロ用ダブルウォールテントで、快適、軽量を徹底的に追及して作られた結論がこのモデルです。収納に限りがあるカヤック、バックパックの旅に最適です。


ITEM
ヒルバーグ ウナ[1人用]
【重量】約2000g
【サイズ】収納:15φ×50cm
【用途】登山、ツーリング、キャンプ

高所の山岳、岩場等ペグが打てない場所でも、使用できる一人用ドームテントで、 自立型なので使用できるシーンも多くなりそうです。 ヒルバーグ独自のインナー、フライシートの一体型設計のために設営が簡単という特徴があります。

SMALL IS THE BEST !

小さいは、自由だ!


関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!