CAMPHACK

初心者キャンパー必見!タフスクリーン2ルームハウスはテント候補に入れるべし

0

求めやすい価格で、3~4人のファミリーに人気の「タフスクリーン2ルームハウス」について解説します。また同じコールマンの2ルームテントとの比較も紹介。タープいらずで設営も簡単な優秀テント。キャンプデビューを目論んでいる方は要チェックです!

midori

アイキャッチ画像出典:Coleman

2ルームテントは初心者キャンパーにオススメ!

タフスクリーン2ルームテント
 出典:Coleman
商品名にある「2ルームテント」とは、リビングと寝室が一体化したテントのこと。タープいらずで過ごせるので設営の手間も省けますし、フラップを下ろせば雨ざらしになることもありません。

もちろんタープほどの開放感はありませんが、メッシュを閉めれば虫の侵入を防げるので、夏キャンプも気兼ねなく楽しめます(ただし虫の侵入を100%防げるわけではありません)。

コールマンの初心者向け2ルームテントはこの3モデル

ロゴ
出典:Coleman
そんな2ルームハウスですが、コールマンには以下のラインナップがあります。
・タフスクリーン2ルームハウス
コールマン2ルームハウス 今回の主役「タフスクリーン2ルームハウス」のベースモデル。定番のグリーン×ベージュ以外にも、別注カラーや2018年の新作カラーなど、カラーリングも豊富です。

・タフスクリーン2ルームハウス+
タフスクリーン2ルームハウス+ こちらは2018年新作「タフスクリーン2ルームハウス+」です。ベースは「タフスクリーン2ルームハウス」とほぼ同じ。コールマンの新テクノロジーを採用しており、室内は真っ暗! 詳しくは後述します。
・ラウンドスクリーン2ルームハウス
ラウンドスクリーン2ルームハウス
出典:Amazon
こちら2ルームテントの定番「ラウンドスクリーン2ルームハウス」。最大の特徴は、出入口と両サイドの3面をキャノピー(屋根)にできるのこと。アレンジしにくい2ルームテントの中でも、かなり自由度の高いモデルと言えます。

他にもハイクラスな「ウェザーマスターシリーズ」がありますが、今回は価格も手頃な通常ラインに絞りました。

その中でも、「タフスクリーン2ルームハウス」にスポットを当ててご紹介! まずはこのモデルの特徴を見ていきましょう。

関連記事