”真っ暗”な室内で極上の快適性。コールマンの新テント「ダークルーム」の中は○○度も涼しかった!

日陰のない真夏のキャンプサイトでは、朝日が上るとテント内の気温はみるみる上昇し、まぶしくて暑い!汗びっしょりで起きてしまうなんてことありますよね。そんな悩みを解決してくれるテントが、コールマンから新登場しました。編集部員が使ってみた感想とその実力を確認してください。


2018年新作テントの室内がかなり“真っ暗”らしい


日々の忙しさにお疲れモードのお父さん&お母さんに朗報!

「キャンプで快適に眠りたい」という願望に応えるべく、2018年にコールマンから昼間でも室内が真っ暗な「ダークルームテクノロジー」という新機能を採用したテントが発売されたんです。

カタログの数値を見ると、日光を約90%もブロックするって記載してあるけれど、果たしてどれだけ真っ暗なのか? そして本当に涼しいのでしょうか?

ダークルームテクノロジーをじっくりと検証

CAMP HACK編集部は、夏の日差しの下でこの最新テント「タフスクリーン2ルームハウス+(プラス)」を使い、1泊2日のキャンプをしてみました。以下いくつか実施した検証を見てみましょう。

検証その①:まず、テントをよ〜く観察してみた


フライシートの生地は従来モデルに比べてかなり厚め。内側を見てみると真っ黒で完全に遮光する感じです。

フライの外側のカラーは限りなく白に近いシルバーで、視覚的にも涼しく見えます。効果的に光の吸収を防いで室内の温度上昇を抑えてくれるのでしょう。

コールマン ダークルームテクノロジー
コチラは吊り下げ式インナーテントの様子。アウターとインナーの二重で遮光していますね。これが日光を90%以上ブロックするポイントでもあります。

ちなみに手前のリビング側も光の透過を防ぎ温度上昇を抑える遮光PUコーティングコーティングが施されているので、日傘の下にいるような感じになりますよ!

コールマン ダークルームテクノロジー ベンチレーション
もちろん、他のコールマンのテントと同様、効率的に室内の空気循環を促すベンチレーションも装備。

ジッパーを開放してメッシュにすれば、涼しさがさらに期待できます。

検証その②:日中、通常のテントと暗さを比較してみた


こちらは従来モデル「タフドーム/3025」の日中の室内の様子。日差しが強くなると、このくらい明るくなります。


そしてこちらは同時刻の「タフスクリーン2ルームハウス+」のインナーテント室内の様子。ビックリするほど暗い

光が漏れているのはリビング側の明かり、そして下部のベンチレーションあたりから。


実際に入ってみたらこんな感じ。締めきってしまうとランタンがなければ作業は困難なくらい暗い! これなら、早朝からまぶしさで起こされることもなさそう。

光の漏れがないということは、内側→外側にもいえること。着替えの際も、シルエットが外に漏れたりしないのは女性にとって嬉しいですね。

温度も検証!どのくらい涼しいのか試してみた

実際テント内の温度は実際どうなのか? 気になってしょうがないCAMP HACK編集部は「屋外」「タフドーム/3025」「タフドーム/3025+」の3箇所で、朝7時にそれぞれで温度計測を実施しました。

計測の結果は……!?


屋外の温度は23.3度(日陰の東屋にて計測)。太陽はサイトにガンガンに降り注ぎ、湿度も高め。日差しを浴びながら歩いていると汗がジンワリ出てきました。


従来のテント「タフドーム/3205」の室温は25.8度

ベンチレーションを開放しても室温の上昇は防げないですね。これではあと30分も快適に眠れない気がする。だって汗が出てきたし。どんどん暑くなる……うん、蒸し暑い。

まだ初夏ですが、いつもの夏のテント内を思い出します。決してキライじゃないんですけれどね。

とは、コチラに宿泊した女性スタッフ談。


そして注目のダークルームテクノロジーを採用した「タフドーム/3025+」の室内はなんと21度! 同型の従来テントに比べて約5度の違いが生まれました。

こちらには男性スタッフが就寝していました。果たして寝心地はどうだったのか。

暗さを十二分に体感するため、上部のベンチレーションを閉じていたせいか湿度がマックス状態ですが、室内はヒンヤリ快適。起きて時計を見て、室内が暗いじゃないですか。ああ、今日は天気が悪いのかなと心配するような錯覚を覚えました。

で、外に出たら眩しいくらいのピーカン! あれれ? って不思議な空間にいるような感じ。正直、この暗さと涼しさはスゴイですよ。目覚ましをセットしなかったら逆に寝過ぎてしまうかもしれないです。

※条件:テントの頂点から約30cmの位置に温度計をぶら下げ、前日の19時(記録する12時間前)から計測開始。屋外の温度計も、ほぼテントと同じくらいの高さで計測

ここで実力の発揮!ダークルームがキャンプで生かせる場面


真夏(8〜9月上旬)の早朝は、フィールドによっては蒸し暑く、寝づらくなります。このテントなら、そんな蒸し暑さが緩和され、早朝に暑くて起きることがなさそう!


ダークルームテクノロジーの暗さは、こんな遊びとしても使えます。こちらはタフスクリーン2ルームハウス+のインナーテントを外した状態にし、その寝室側の黒い部分にスクリーンを配置して野外映画館にした様子。

※周囲の迷惑ににならないよう、音量は控えめにしましょう


こんな使い方もアリ。クーラーボックスは屋外に置いておくより、テント内に入れておけばクーラーボックス内の温度上昇を防げますね。

目的に合わせて選べる豊富な新商品ラインナップ!

「ダークルームテクノロジー」を採用したテントは、人数やスタイルに応じて4種のラインアップがあります。

それぞれ形状やサイズは異なりますが、インナーテントとフライシートで構成される最新テクノロジーに関わる部分のつくりはほぼ一緒。


「タフドーム/3025+」は設営しやすく、室内空間が広いベーシックなドーム型テントです(4〜5人用)。着替えなどの作業がとても楽に行えるので、小さなお子さんがいるファミリーにピッタリ!

「タフドーム/3025+」の詳細はこちら!


「タフスクリーン2ルームハウス+」は、リビングルームと寝室が一体化したテントです(4〜5人用)。

リビングに配された3面の大開口パネルは天候の状況に応じて“フルクローズ”、“フルメッシュ”、“フルオープン”と、フレキシブルに展開が可能。リビング側にも遮光PUコーティングが施されているためリビング部分もだいぶ涼しく感じられます。

「タフスクリーン2ルームハウス+」の詳細はこちら!


こちらは瞬時に展開ができるポップアップ式の「クイックアップドーム/S」(1人用)。

コンパクトなフォルムながら、室内に明かりを取り入れるクリアウインドウや空気縦貫を促すベンチレーションなど充実の機能を備えています。兄弟モデルで「クイックアップドーム/W」(2人用)もあります。


クイックアップドームは丸型収納。とても持ち歩きしやすいので、まさに夏フェスには大活躍してくれるテントといえますね!
「クイックアップドーム/S+」の詳細はこちら!

ダークルームテクノロジーを使った「タフ+」はキャンプを快適にする!


いまだかつてないテントの登場とあって、ドキドキしながら実証してみた結果、確かに涼しくて快適なことが判明! 「ダークルームテクノロジー」を採用したテントは、従来のキャンプの常識を見事に覆し、すこぶる快適な時間を提供してくれたのでした。

みなさん、2018年夏からテント選びの際には「暗さ」「涼しさ」という新しい基準が増えましたよ!

「ダークルームテクノロジー」をもっと知りたい人はこちら!

撮影協力:青根キャンプ場

Sponsored by コールマン ジャパン株式会社

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!