【朝をスムーズにする方法】11時のチェックアウトまでに慌てない、撤収テクニック集

キャンプの悩みごと「朝のバタバタした時間」を解決するテクニック特集!多くのキャンプ場が設定している朝11時のチェックアウトってけっこう大変。けどキャンプの朝って優雅に過ごしたいですよね…!そのために必要な撤収テクニックを集めてみました。


アイキャッチ出典:楽天

朝って忙しい!チェックアウトまでにバタバタしない方法

From PIXTA
出典:PIXTA
キャンプの朝はとっても忙しい! 朝食の準備から片付け、テントの撤収、積荷など、起きてから休む暇もなく動き回った結果、「チェックアウトに間に合わないかも!」とバタバタする羽目に……。

キーワードは「時短」。段取り良く、スマートに撤収できるテクニックをお教えします。

まずは朝食に工夫を

前日の夕飯を朝食用に残しておく

LODGE/ラタテュイユ
出典:LODEG
夕食の準備と一緒に、朝食の野菜のカットや簡単な調理を済ませてしまえば、翌朝手早く朝食を取ることができます。そして、夕食のメニューをアレンジするのもおススメ!

カレーやミネストローネなど味を変えたり、リゾットにしたりできるメニューや、焼きそばやBBQ、ピザなどホットサンドの具に使えるメニューなど、「1度で2度美味しいメニュー」をチョイス。翌朝のメニューに悩まなくていいので、おススメです。

洗い物を増やさない朝食のメニューを採用する

From PIXTA
出典:PIXTA
朝食の後片付けで、洗い物が多いとそれだけ時間が掛かります。ホットサンド、ホットドッグ(カートンドッグもおすすめ)や、お湯と面つゆだけあれば作れるうどんなど、ワンプレート・ワンボールで済むメニューにすれば、時短に繋がります。

夕飯がカレーなら翌朝はカレーうどんやカレー味のホットサンド、夕飯が焼肉なら肉うどん風にしたり焼肉サンドにできますね。


お皿を使うときはラップをかけて使う

121c0a9e-0290-4807-aa62-dcbd3934761b
提供:Yuko
どうしてもお皿が必要な場合は、ラップをかけて使えばOK! 使い終わったらラップを「ポイッ」と捨てるだけで片付け完了。ただし、かなり熱いものを乗せるときは、アルミホイルを使用してくださいね。

洗い物用にお湯を沸かす

From PIXTA
出典:PIXTA
お湯で洗い物をすると、汚れ落ちが良く、乾きが良いのでおススメ。特に寒い時期は、お湯があるとやる気も違います。

朝食の準備をしている間に、洗い物用のお湯も一緒に沸かすなど、お父さんとお母さんで手分けして、段取りすると更に時短に繋がりますよ。

食器は家でしっかり洗うという手も

マジックウォーター
出典:楽天
そもそも「洗わない」という選択もあります。キッチンペーパーやマジックウォーターを活用してあらかたの汚れを拭き取って、ビニール袋に入れてそのまま持って帰って家で洗う方法です。その方が慣れているし時間的に効率的だったりする場合もあります。

前日、寝る前のひと手間が大切!

寝る前にお湯を沸かして魔法瓶にストックしておく

スタンレー/真空グロウラー1.9L
出典:楽天
翌朝のコーヒーやスープなど、朝食にお湯が必要な場合は、寝る前に沸かして保温性の高い魔法瓶に入れておきます。

目覚ましのコーヒーをすぐに飲むことができ、さっと朝食の準備に取り掛かれます。

BBQグリルやダッチオーブンは寝る前に片付けておく

From PIXTA
出典:PIXTA
夕食後の片付けでは、翌朝使わないものは全部片付けてしまいましょう! 特にBBQグリルやダッチオーブンなどの手間のかかるものは済ましておくのがベター。

朝食では使わないので、ダッチオーブンのオイルを塗るまでの作業を就寝前までに終わらせておくと、安心感が違います。

ここは慎重に!炭や薪の後始末

朝の焚き火はチェックアウトの2~3時間前には終えるようにしよう

From PIXTA
出典:PIXTA
寒い時期なら朝にも焚き火で暖をとりたいところ。しかし、炭や薪の処理は思っている以上にかなり大変……。

なのでチェックアウトが11時なら8~9時には焚き火が燃え尽きるよう逆算しておくことを頭に入れて準備しておきましょう。

熱が残っている炭や薪の処理について

LOGOS/マイティー火消し壷
出典:ロゴス
ここはじっくり大人がやるポジションの仕事。水を一気にかけるという方法は、細かい灰が舞い上がり、隣のサイトに迷惑をかけたり火傷をしたりするので止めましょう。

①火消壺を使用する ②水を入れたバケツに一つずつ炭を入れて消化させる という方法があるので、事前にしっかり予習・準備をして焚き火にトライしましょう。


撤収に役立つアイテム

レジャーシート

レジャーシートに寝転ぶ子ども
出典:楽天
家にある一番ポピュラーなアウトドア用品「レジャーシート」。撤収時の荷物置き場や、濡れた荷物を車内に入れる際の下敷きなど、キャンプでは万能アイテムとして大活躍してくれます。2枚以上持って行って損なしです。

ビニール袋(大・小)

ビニール袋
出典:楽天
汚れ物や濡れたものをサッと入れられるほか、小さいビニール袋は子どもたちにゴミ拾いを分担させるときにも役立ちます。ゴミが持ち帰りのキャンプ場も多いので余分に持って行くと困りません。

ガムテープ

From PIXTA
出典:PIXTA
テント内の細かいゴミ取りや、テントやタープの雨漏りの補強やポールの応急処置にも使える「ガムテープ」。

ゴミ袋を閉じたり、荷物をまとめたりとなんでもサッと使えるので、ぜひ持っていって欲しいアイテムです。

雑巾・ダスター・ウェットティッシュ

雑巾
出典:楽天
ギアはできるだけ、拭き掃除してから撤収した方が傷みもすきなく、車も汚れません。チェアの足拭き、テーブルの拭きとり、炭の汚れ、テントやタープの水滴を拭くなど、数多くあれば綺麗に片付けることができます。

みなさんはどんなテクニックを実行してますか?

From PIXTA
出典:PIXTA
撤収のポイントは、「早く・簡単・綺麗に」です。いかにラクをして、キャンプを楽しむかを考えてみてください。

「後で」「明日」など作業を後回しにすると、朝の撤収はどんどん大変になっていきます。できることは早めに済まして、やることを減らすだけで、余裕で11時のチェックアウトに間に合うようになりますよ。

テントの撤収のコツも覚えておこう

撤収がスムーズにできれば、ゆっくり過ごす時間もその分増えていきます。撤収のコツをチェックしてみては?

Make the graceful morning with full use of withdrawal techniques!

撤収テクニックを駆使して、優雅な朝を!

関連する記事

From PIXTA
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
toto7

アウトドア好きの旦那さんを先頭に、少しずつファミリーキャンプにチャレンジしています。シンプルで機能性の高いアイテムが大好き!子どもの成長に合わせながら、アウトドアを楽しむことがモットーです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!