もう迷わない!憧れのワンポールテント初心者入門

憧れのワンポールテントでキャンプを始めたい方必見!実は簡単そうに見えて癖のあるワンポールテント。特性を理解することから始め、初心者さんがつまずきやすい設営ポイントを解り易くおさらいします。種類別おすすめテント情報もあり!


  • アイキャッチ画像出典:North Eagle
  • 初めてのワンポールテントってどう?

ワンポールテント画像 ワンポールテントとは、1本のポールで立ち上がる三角錐の形のテントのことを言います。その見た目の可愛さから憧れている人も多いワンポールテント。サイトでの存在感は抜群で、キャンプを楽しむ気持ちを盛り上げてくれるようなテントです。

ただ初心者さんが初めてのテントに選ぶには、ちょっと難しいポイントがあるということをご存知ですか? ワンポールテントの特徴を理解し、テント選びの参考にどうぞ!

ワンポールテントの特徴は?

ポールを入れただけでは立ち上がらない!非自立式

ペグ打ち画像 一般的なドーム型テントはポールを通し、テントの生地とポールを固定することによって立ち上がる「自立式」テントです。

しかしワンポールテントは、地面と生地をペグでしっかり固定し、ポールを立ち上げ、地面と引っ張る力を利用した「非自立式」テントです。ドーム型テントに比べると設営する場所も選ぶので、注意が必要です。

メリットとしては、回数をこなし設営に慣れてしまえば短時間での一人設営が可能です! 収納サイズもポールが1本でコンパクトな点も◎。

インナーテントの使い方でアレンジが自由自在

ワンポールテントのインナー取り外し画像
出典:North Eagle
ワンポールテントの特徴として、インナーテントの使用の仕方でサイトアレンジが可能だということ。画像のように、インナーテントを外してシェルターとして使うもよし! また、インナーテントだけで設営ができるものもあり蚊帳のような使い方が可能です。

インナーテントだけでの設営画像
ノルディスク画像
出典:amazon
モデルによっては、テント内の半分を寝室にできるハーフインナーの用意もあるので、テントアクセサリーを見て、自分のスタイルに合ったテント選びをするのもいいですね。使い方の幅の広さはワンポールテントの魅力のひとつ!

ワンポールテントの設営ポイント

地面との固定が必須なワンポールテントは、テントを設置する場所選びが大切。まずテントが傷まないように、石や岩の少ない場所を選んでください。

傾斜のきつい場所では地面との固定が均等に行えないため、上手くテントが張れません。また、設営した後のレイアウト変更が難しいのが初心者泣かせなポイントです。しっかりとサイト全体をイメージし、テントの配置を決めてから設営に入って下さい。

関連する記事

ワンポールテントのインナー取り外し画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!