キャンプ用ガスコンロの選び方&注意点とタイプ別おすすめ15選

2021/04/09 更新

スイッチ1つで点火できる手軽さが魅力のキャンプ用ガスコンロ。キャンプ料理のハードルをグッと下げてくれるマストな便利ギアだけど、シングルバーナーからカセットコンロまで種類が多くて選ぶのも一苦労。そこで今回は、タイプ別のメリット&デメリットや選び方からおすすめアイテムまでじっくりご紹介していきますよ! 

アイキャッチ画像出典:Instagram by@hiro_saya_camp

スイッチ1つで点火できる手軽さは、やっぱりガスコンロ

出典:Instagram by@tsukihi_camp
キャンプ料理の熱源といえば、ワイルドな焚き火やガソリンバーナーなどいろいろありますが……なんといっても便利なのが「ガスコンロ」。スイッチ1つで点火できる手軽さは、他に替えがたい魅力ですよね。

出典:Instagram by@akunsio1234
けれど、ガスコンロにもシングルバーナーにツーバーナー、カセットコンロタイプなど、実にさまざまなアイテムが。そこで今回は、タイプ別のメリット&デメリットや選び方、おすすめのアイテムまでじっくりご紹介していきますよ!

キャンプ用ガスコンロのタイプ別メリット&デメリット

まずは、キャンプ用ガスコンロのタイプ別のメリットとデメリットから見ていきましょう!

コンパクトさで選ぶなら「シングルバーナー」

出典:Instagram by@outdoorshop_december
やはり、コンパクトさはシングルバーナーがダントツ。軽量で携行しやすいので、ソロキャンプはもちろん、ファミリーキャンプやグループキャンプでのサブコンロとしても1つあると便利です。2〜3個持参してメイン使用するのもアリ。

ただし小さいだけに、大きい鍋や重い鍋を載せたときの安定性を欠く点がデメリットといえます。


自宅感覚で調理したいなら「ツーバーナー」

出典:Instagram by@komima_camp
自宅のガスコンロと同じく2口で使いやすいのがツーバーナー。片方でカレーを煮込みながらもう一方でごはんを炊くなど、複数調理を同時進行できるのが便利です。安定性も高く、大きな鍋も安心して使えます。

ただし、当然ながらシングルバーナーに比べるとかなり大きく重いので、積載や設置場所の確保も必要に。また、製品によってはガス缶のセッティング方法が複雑なものも。


使い勝手最強なのは「カセットコンロ」

出典:Instagram by@camping_und_ich
誰もが一度は使ったことがある身近な存在、カセットコンロ。構造がシンプルで使い方も簡単。ラインナップも豊富で購入しやすく、家庭用ガス缶が使えてコスパが高いのも魅力です。

ただし屋内仕様のタイプが多く、風防がついていないものも。キャンプなど屋外で使う場合は、別途風防を持参する必要があります。

キャンプ用ガスコンロを選ぶときの4つのポイント

タイプ別のメリット・デメリットを踏まえたうえで、キャンプ用ガスコンロを選ぶポイントについておさえておきましょう!

その1. ガス缶にはOD缶とCB缶の2タイプ

先ほどの3つのカテゴライズとは別に、対応するガス缶にも2つのタイプが。対応するガス缶によって、ガスコンロ自体の構造や利便性も変わってくるので、しっかりチェックしましょう。

【 OD缶 】
出典:Instagram by@ishiisports_linksumeda
まずは、シングルバーナーやランタンなどによく使われるOD缶。キャンプ専用に作られたガス缶なので、寒い屋外や冬場も安定した火力を維持できるのがポイントです。

ただし、アウトドアショップなど販路が限られていて入手しづらく、価格も市販のガス缶より割高なのがデメリット。幅があるため携行時もかさばりがち。

【 CB缶 】
出典:Amazon
そして、もう1つが家庭用カセットコンロでよく使われているスリムな形状のCB缶。自宅と併用できるので、まとめ買いしてもムダがなく、価格も安いのでコスパは1番。コンビニでも買える手軽さも魅力です。

ただし、OD缶に比べて寒さに弱く火力もやや劣ります。寒い時期に使うなら、アウトドアメーカーが手がける寒冷地対応のハイパワーCB缶がおすすめ。


その2. 料理やシーンにマッチする最大火力を選ぼう

出典:Instagram by@hrk_8o8
キャンプでどのような料理がしたいか、どのようなシーンで使うかによって必要な火力も異なります。パラパラのチャーハンを作ったり、真冬にも使いたいなら、それなりの火力が必要に。

火力の単位はk/cal。1時間に消費するカロリーを示す値なので、この数値が高いほど火力が強いということです。キャンプ用ガスコンロを選ぶときは、料理やシーンにマッチする最大火力かどうかもチェックしておきましょう。

その3. 使用シーンに応じて耐風性もチェック

出典:Iwatani
キャンプでガスコンロを使うなら、忘れてはいけないのが「風」の存在。いくら火力が強くても、風防がなければ火が風にあおられて消えてしまうことも。風防の有無のチェックはマストです。

風防がなくても、受け皿の部分が火口を囲む構造だったり、何らかの防風策が施されたタイプも。風防もなく、防風性能もない場合は、別途風防を買い足す必要があります。


その4. 収納ケースの有無など携行性にも注意

出典:Instagram by@plywood_official
カセットコンロタイプでよくあるのが、携行用の収納ケースが付属していないパターン。アウトドアメーカーのガスコンロと比べると、そのままでは持ち運びしづらい構造のものが多く、ケースがないと困りもの。

シンデレラフィットする収納ケースが市販されているモノを選ぶ手もありますが、最近は収納ケース付きのタイプも増えているので、購入時によく検討してみましょう。


キャンプ用ガスコンロのおすすめ【 シングルバーナー4選 】

選ぶポイントまでおさえたなら、ここからはいよいよおすすめアイテムを一挙ご紹介していきますよ! まずはソロキャンプにも便利なシングルバーナー4選から。

①【 OD缶 】プリムス「153ウルトラバーナー」

出典:Instagram by@maegawa.farm.camp
X字型五徳により、バーナーヘッドが4つに区切られる設計が魅力のOD缶対応バーナー。一つの区画の火が消えても他の区画は着火を保つので、風防なしでも優れた防風性能を発揮します。

また、五徳部分は折り畳み式で長さ調節も可能。大きめのコッヘルにも対応します。

出典:Instagram by@budpalms_ise
火力も3,600kcal/hとハイパワーで、畳めばこのとおり実にコンパクトで重さはわずか116g。収納袋も付属していて、ソロキャンから高所登山まで頼れるバランスの良いアイテムです。
ITEM
プリムス 153ウルトラバーナー
●ゴトク径:最大148mm/最小90mm
●収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
●本体重量:116g
●出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
●ガス消費量:245g/h
●燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)
●付属品:ナイロンスタッフバッグ

②【 OD缶 】キャプテンスタッグ「オーリック 小型ガスバーナーコンロ」

出典:Amazon
大きめの燃料つまみと点火スイッチで、シングルバーナー初心者でも扱いやすいモデル。ハイコスパが人気のキャプテンスタッグならでは、価格も4選中最も安いのも魅力です。

対応はOD缶で火力は2,700kcal/hと、厳冬期登山などでなければ十分なパワー。

出典:Amazon
五徳部分は折り畳んでコンパクトに収納が可能。スマートに収納できるボックス付きで、パッキングしやすく携行にも便利です。
ITEM
キャプテンスタッグ オーリック 小型ガスバーナーコンロ M-7900
●使用時サイズ:幅125×奥行125×高さ85mm
●収納時サイズ:幅117x奥行105x高さ65mm(ケース収納時)
●重量:300g(ガスバーナーコンロのみ)
●材質:ゴトク/鉄(クロムめっき)、バーナートップ/ステンレス鋼、器具せん/真鍮
●点火方式:圧電点火方式
●出力:約2700キロカロリー/h
●ガス消費量:約225g/h

③【 CB缶 】イワタニ「ジュニアコンパクトバーナー」

出典:楽天
そしてこちらはイワタニの定番モデル。火口にはしっかりと風防を備えたアウトドア仕様なのに、CB缶対応で家庭用コンロと併用できるのがポイント。燃料つまみや点火ボタンも大きめで使いやすく、火力も2300kcal/hと申し分ナシ。

出典:楽天
収納時もスリムかつコンパクトに折り畳めて、ハードケース付きだから携行にも便利。オーリックより価格は若干上がりますが、CB缶対応を考慮するとトータルコスパはこちらが上。
ITEM
イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナー
●使用時サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm
●収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm
●重量:約274g
●材質:本体/アルミニウム 、バーナー・ごとく・脚・風防/ステンレス
●ガス消費量:約194g/h
●連続燃焼時間:約120分(イワタニカセットガス使用時)、約40分(イワタニカセットガスジュニア使用時)
●使用可能な鍋の大きさ(目安):18cmまで(鍋底16cm以下)

④【 CB缶 】ソト「レギュレーターストーブ ST-310」

出典:Instagram by@keio.atman.outdoor
寒冷池や連続使用時も安定した火力を維持する「マイクロレギュレーター」機能を搭載。低温時に火力が低下してしまうCB缶の弱点を克服した、画期的なシングルバーナーです。

また、横置き接続のガス缶や五徳が脚を兼ねた構造で、これまでのシングルバーナーにはない高い安定性を誇ります。ただし、点火スイッチが五徳の内側の奥まった場所にあり、やや押しづらい側面も。

出典:Instagram by@kofu_elk
2500kcal/hと火力も十分。コンパクトに折り畳み収納ができて収納袋も付属。別途風防を用意する必要がありますが、寒冷地でもCB缶が使える手軽さと機能美が光る人気の高いモデルです。
ITEM
ソト レギュレーターストーブ ST-310
●使用時サイズ:幅170×奥行150×高さ110
●収納時サイズ:幅140×奥行70×高さ110mm
●重量:350g(本体のみ)
●発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
●使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時)
●点火方式:圧電点火方式
●材質:バーナー・器具栓つまみ/ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ/樹脂
●付属品:収納ポーチ
●使用可能な鍋:直径19cmまで

キャンプ用ガスコンロのおすすめ【 ツーバーナー6選 】

続いては2口で複数同時調理ができて便利なツーバーナーのおすすめアイテム6選をご紹介! こちらもOD缶・CB缶それぞれ対応タイプが分かれます。

①【 OD缶 】コールマン「パワーハウスLP ツーバーナーストーブ Ⅱ」

出典:Instagram by@yattsan_1128
ツーバーナーガスコンロ、永遠の定番モデルといえばこちら。OD缶対応で約3,500kcal/h×2口と火力もバツグン。

設置方法も簡単。裏側のスタンドを開いて立てたら蓋を開けて風防をセット。そのままの状態で下側にガス缶を取り付けられるので、調理の途中でも本体をひっくり返したりする必要がなくスムーズです。

出典:Coleman
畳めば厚さわずか7cmとスリムで、ハンドル付きで重さも4.2kgと女性でもラクに持ち運べます。カラーバリエーションも豊富で、グリーン・レッドの他、レトロ配色のインディゴレーベルカラーの3色がラインナップ。

出典:Coleman
さらに2021年は、ヴィンテージコールマンを彷彿とさせる「バターナッツ」もリリース予定。今後も目が離せないロングセラーモデルです。
ITEM
コールマン パワーハウス LPツーバーナーストーブII グリーン
●使用時サイズ:約64×32.5×52(h)cm
●収納サイズ:約54×32.5×7(h)cm
●重量:約4.2kg
●火力:最高時約7000kcal/h(約3500kcal×2)(レギュラーガス使用時)
●燃焼時間:約1.6〜3.2時間(470g缶使用時)
●材質:スチール、ステンレス、ブラス
●仕様:汁受け部フッ素樹脂加工
ITEM
コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ レッド
●使用時サイズ:約64×32.5×52(h)cm
●収納サイズ:約54×32.5×7(h)cm
●重量:約4.2kg
●火力:最高時約7000kcal/h(約3500kcal×2)(レギュラーガス使用時)
●燃焼時間:約1.6〜3.2時間(470g缶使用時)
●材質:スチール、ステンレス、ブラス
●仕様:汁受け部フッ素樹脂加工
ITEM
コールマン パワーハウス LP ツーバーナーストーブ II インディゴ
●使用時サイズ:約64×32.5×52(h)cm 
●収納時サイズ :約54×32.5×7(h)cm 
●重量:約4.2kg
●火力:最高時約7,000kcal/h(約3,500kcal/h×2)
●燃焼時間:約1.5~3時間(470g缶使用時)

②【 OD缶 】キャプテンスタッグ「ステイジャー コンパクトガスツーバーナーコンロ」

出典:Instagram by@miita_family
クラシカルなブルー×ゴールドの配色が魅力のこちらも、キャプテンスタッグのロングセラーモデル。ロゴマークの配色など若干リニューアルされていますが、20年モノを愛用するキャンパーも。

OD缶対応で3,000kcal/hと火力もハイパワー。コールマンに比べると、ガス缶の取り付け場所がやや奥にあるので、立てたままの取り付けには若干慣れが必要に。

出典:Amazon
収納時の厚さは10cmとコンパクト。また、ハンドルが折り畳めるので、積載時や自宅での収納時にかさばりません。ブルーがキーカラーのサイトやレトロインテリアのサイトに映える1台です。
ITEM
キャプテンスタッグ ステイジャー コンパクトガスツーバーナーコンロM-8249
●使用時サイズ:約幅640×奥行330×高さ490mm
●収納時サイズ:約幅525×奥行300×高さ100mm
●重量:約4.6kg
●出力:3000kcal/h×2
●ガス消費量:約250g/h×2個
●材質:本体・フタ(フード)/鉄(メラミン焼付塗装)、バーナー/ステンレス

③【 OD缶 】プリムス「オンジャ」

出典:Instagram by@kiiin_camp
ちょっと他にはない斬新かつスタイリッシュなデザインが大人気の「オンジャ」。ルックスだけでなく、OD缶対応で3,500kcal/h×2口という高火力がさすがのプリムス製。

上部に風防はないものの、火口をグルリとウィンドスクリーンが囲む構造で防風性能も◎。

出典:Instagram by@plywood_official
そしてなんとこちらパタンと折りたたみ式だから、設営&撤収もイージー。重さも約3.5kgと6選中2番目の軽さ。そのままショルダーストラップで運べて便利です。

ただし、ガス缶を内包する構造のため、ガス缶を下に出すフレーム型のコンロ台が使えません。買い替え時にはコンロ台との組み合わせを考慮する必要が。

出典:Instagram by@plywood_official
そして、1枚目の画像で手前に置かれていたオーク材のプレートは、収納時に蓋になる仕組み。鍋敷きとしても兼用できる一石二鳥のパーツなんです。

コンパクト&スタイリッシュなデザインも火力も諦めたくない人にイチオシのツーバーナー。

ITEM
プリムス オンジャ
●ゴトクサイズ:410×140mm
●収納時サイズ:43.0×14.0×30.0cm
●重量:3.0kg(+ウッドボード490g)
●出力:4.1kW/3500kcal/h×2(500Tガス使用時)
●ガス消費量:292g/h×2(IP-500ガス使用時)
●付属品:ウッドボード(オーク材)
ITEM
プリムス キャンプファイア ツーバーナーケース
●重量:290g
●サイズ:31.0×50.0×15.0cm
●仕様:トゥピケ、キンジャ、オンジャが収納可能

④【 CB缶 】ユニフレーム「ツインバーナー US1900」

出典:Instagram by@_________hao
そして手軽に入手できるCB缶対応のツーバーナー。なかでもユニフレームの「ツインバーナーUS1900」は、最大火力3,900kcal/hというハイスペック。

美しいステンレスボディは強度も高く、蓋が取り外せるため直径の大きいダッチオーブンでの調理も安心かつスムーズ。

出典:Amazon
さらに、寒さで火力が低下する弱点を独自のガス缶保温システムで解決。ガス缶の背後を熱伝導率の高い銅製ブースターでカバー。燃焼時の熱が伝わってガス缶が温まる効率的な仕組みに。

堅牢な作りながら、重さは約3.9kg。トランク型にコンパクト収納が可能です。ハンドル部分は引き出し式で、調理中にお玉などのツール掛けにも。ダッチオーブンなど幅広く本格調理を楽しみたい人におすすめです。
ITEM
ユニフレーム ツインバーナー US-1900
●使用時サイズ:540×325×290mm(ゴトク面)
●収納時サイズ:540×325×110mm
●重量:約3.9kg
●最大火力:3,900kcal/h×2(プレミアムガス)、3,000kcla/h×2(レギュラーガス)
●燃焼時間:約45分(プレミアムガス)、約55分(レギュラーガス)
ITEM
ユニフレーム アウトドア ツインバーナー US-1900 収納ケース
●サイズ : 約57×12.5×36(高さ)cm
●重量 : 約125g
●材質 : ポリエステルメッシュ

⑤【 CB缶 】ソト「ハイパワー2バーナー ST-525」

出典:Instagram by@outdoor.hcvalor.kakamigahara
続いてSOTOの「ハイパワー2バーナー」は、その名に違わずMAX4,200kcal/h×2口の6選中最も高い火力を誇ります。別売りのパワーブースター使用時には4,800lcal/hにまでUP。もはや家庭用ガスコンロをも上回るハイパワーです。

グレー×ネオンイエローの配色が男前で、サイトを引き締めてくれるクールなデザインも人気のアイテム。

そして、お気付きでしょうか? 他のツーバーナーに比べて2本のガス缶の位置が近いですよね。常に2本のボンベから同時に各バーナーへ供給することでガス缶への負荷を軽減し、低温時でも安定した高火力を実現しているんです。

出典:楽天
さらに注目なのが、アウトドアECサイト「ナチュラム」の別注カラーバージョン。レトロなテイスト漂うサンドベージュは、トレンドにもマッチ。

ただし、6選中最も重い5.1kgなので、少々重くてもハイパワーを求める人向きの1台です。

ITEM
SOTO ハイパワー2バーナー ST-525
●使用時サイズ:幅550×奥行340×高さ550mm
●収納時サイズ:幅550×奥行340×高さ90mm
●重量:5.1kg(本体のみ)
●発熱量:4.9kW×2(4,200kcal)×2 (ST-7602本使用時)
●使用時間:約1.9時間(ST-7602本使用時)
●材質:本体・フタ・風防/カラー鋼板、ゴトク・スタンド/スチール(クロームメッキ)、点火スイッチ・器具栓つまみ/樹脂
ITEM
SOTO ハイパワー2バーナー別注カラー サンドベージュ ST-525SB
●使用時サイズ:幅610×奥行410×高さ580mm
●収納時サイズ:幅580×奥行360×高さ95mm
●発熱量:4.9kW×2(4,200kcal)×2 (ST-7602本使用時)
●使用時間:約1.9時間(ST-7602本使用時)
●重量:5.1kg
●材質:本体・フタ:スチール・樹脂、風防:スチール、ゴトク・スタンド:スチール(クロームメッキ)
●カラー:サンドベージュ

⑥【 CB缶 】ソト「レギュレーターツーバーナー グリッド」

出典:Instagram by@soucamp1005
続いてもSOTOの大人気アイテム。オールステンレスの機能美溢れるデザインがとにかくクール。また、ガス缶が下に突き出さない横置きタイプなので、平らな台への直置きが可能で低重心だから安定感もバツグン。

風防が取り外しできるから、テーブルに置いて鍋物を四方からつつく……なんて使い方もOK。

出典:Instagram by@kimuco_kitchen
画像のように別売りのテーブルで奥のスペースを拡張できるのも便利です。火力は2,500kcal/hと低めながら、マイクロレギュレーター搭載で、低温時の火力低下をカバー。

重さは6選中最軽量の2.25kg。布製の収納バッグが付属していますが、別売りのハードケースもカッコよくて人気です。とにかくコンパクトでシームレスに使えるツーバーナーが欲しい人は、コレ一択。
ITEM
SOTO レギュレーター2バーナー GRID(グリッド) ST-526
●使用時サイズ:幅473×奥行252×高さ145mm
●風防不使用時サイズ:幅468×奥行251×高さ116mm
●ゴトク径:160mm(×2)
●重量:2.25kg(本体のみ)
●発熱量:12.9kW(2,500kcal/h)
●使用時間:約1.5時間X2(ST-760 1本使用時)
●材質:本体/ステンレス、ゴトク/鉄、スタンド・風防(背面左右とも)/アルミニウム、点火スイッチ・器具栓つまみ/樹脂
ITEM
SOTO GRID テーブル ST-526T
●使用時サイズ:幅460X奥行125X高さ85mm
●収納時サイズ:幅460X奥行125X高さ32mm
●重量315g
●材質:天板/アルミニウム、スタンド/ステンレス
●適合機種:レギュレーター2バーナーGRID ST-526
ITEM
SOTO GRID ハードケース ST-5261
●サイズ:幅530X奥行130X高さ290mm
●重量:0.95g
●材質:EVA樹脂、ナイロン
●適合機種:レギュレーター2バーナーGRID ST-52620

キャンプ用ガスコンロのおすすめ【 カセットコンロ5選 】

最後は最も手軽な使い心地が魅力のカセットコンロのおすすめアイテム5選をご紹介! それぞれ個性の光るアイテムを集めて見ましたよ。

①イワタニ「タフまる」&「タフまるJr.」

出典:Instagram by@plywood_official
まずは、カセットコンロといえば……のイワタニの大ヒットアイテム「タフまる」から。スクエア形状に立ち上がった外側風防+内側の火口を囲むリング型風防の「ダブル風防ユニット」が高い防風性能を実現したコンロです。

炎の燃焼に必要な空気は内側風防の下から入る仕組みで、2,800kcal/hの安定した火力をサポート。

出典:Iwatani
さらに耐荷重は驚きの20kg! 10インチのダッチオーブン調理でも余裕の強度も大きな魅力です。そして、イワタニカセットフーシリーズならでは、専用アクセサリー6種が使えるので、これ1台で調理の幅が一気に広がります。

出典:Instagram by@alpen.outdoors.numazu
そしてもう1つ。2020年に登場以来、「タフまる」を上回る大ヒットとなった「タフまるJr.」。タフまるのおよそ2/3サイズで、防風性能や強度も同じく高いレベルで実現。耐荷重10kgで8インチのダッチオーブンが使えます。

小ぶりなだけに火力は2,000kcal/hと下がりますが、「マルチプレート」や「ジュニアたこ焼きプレート」の2種のカセットフー専用アクセサリーにも対応してマルチに活躍。

出典:Instagram by@alpen.outdoors.akashi
そしてこれまでのカセットコンロになかったもう1つの特徴がこちら。タフまる・タフまるJr.ともにしっかりとしたハードケースが付属しているんです。カラーリングもボディーカラーと絶妙にフィット。

ケース込みの重量は、タフまるが約3.6kg、タフまるJr.が約2.5kg。1口コンロとしては軽くはありませんが、タフに携行できるアウトドア仕様はやはり大きな魅力です。
ITEM
イワタニ カセットフー タフまる
●サイズ:幅341×奥行283×高さ129mm
●ケースサイズ:幅372×奥行362×高さ136mm
●重量:約2.4kg(ケース込重量:約3.9kg)
●耐荷重:20kg
●材質:本体/鋼板、トッププレート/ホーロー用鋼板、ごとく/ホーロー用鋼板(ホーロー加工)、バーナー/鋼板(ステンレス)、器具せんつまみ/ABS樹脂
●ガス消費量:約236g/h
●連続燃焼時間:約75分
●対応鍋サイズ:鍋底の直径が24cm以下(小さい鍋は鍋底16cm以上)
●付属品:専用キャリングケース
ITEM
イワタニ カセットフー タフまるJr.
●サイズ:幅286×奥行192.5×高さ122mm
●ケースサイズ:幅320×奥行252×高さ135mm
●重量:約1.6 kg(ケース込重量:約2.5kg)
●耐荷重:10kg
●材質:本体/鋼板、トッププレート/ホーロー用鋼板、ごとく/ホーロー用鋼板、バーナー/ステンレス鋼板、器具せんつまみ/ABS樹脂
●ガス消費量:約169g/h
●連続燃焼時間:イワタニカセットガス、パワーゴールド使用時/約102分、カセットガスジュニア使用時/約45分
●対応鍋サイズ:上面の内径が20cm以下(小さい鍋は鍋底が11cm以上)
● 付属品:専用キャリングケース

②スノーピーク「ホーム&キャンプ バーナー」

出典:Instagram by@nisidak
2019年グッドデザイン賞にて映えあるベスト100に選出された「HOME&CAMPバーナー」。リビングにそのまま置いてもまったく違和感のないスタイリッシュなデザインが斬新で、シルバー・ブラック・カーキの3色が選べます。

このコンパクトさでも2,100kcal/hと十分な火力。重さはわずか1.4kgと、キャンプに2〜3個持って行っても余裕です。

出典:Instagram by@osotoasobi_
展開時はこんな形状に変身。スリムなボトルからトランスフォームするこのギミック感もたまりません。一見華奢なようですが、4つの支点で支えるから、大きめの鍋でもしっかり安定。

ただし、使用可能なガス缶はスノーピークの「ギガパワーガスCBブタンGPC-250CB」のみ。また、風防がないため、キャンプで使う際は別途風防が必要です。家でも外でもシームレスに兼用できるバーナーが欲しい人は、ぜひ。
ITEM
スノーピーク HOME&CAMPバーナー
●使用時サイズ:346×301×120(h)mm
●収納時サイズ:90×120×255(h)mm
●重量:1.4kg
●最大出力:2100kcal/h
● 連続燃焼時間:約110分
● 出力(ガス消費量):2.4kw(2100kcal/h 178g/h)〈気温20〜25℃〉
● 対応鍋径:最小Φ14cm~最大Φ30cm/ダッチオーブン使用不可
● 材質:ステンレス、スチール、アルミニウム合金、ブラス、樹脂、ゴム
ITEM
スノーピーク HOME&CAMPバーナーネオプレーンケース
●サイズ:120×90×270(h)mm
●重量:120g
●材質:発砲クロロプレンゴム(ネオプレン)

③イワタニ「マーベラスⅡ」

出典:Instagram by@shop_niche
もはやキャンプ用カセットコンロの定番といった感のあるイワタニの「マーベラスⅡ」。こちらも2009年のグッドデザイン賞受賞の男前なルックスが魅力のアイテム。

蓋を跳ね上げるとそのまま風防になり、さらに火口の周りの風防リングがWで防風性能を高めた構造がポイントです。火力も3000kcal/hのハイパワー。

出典:Amazon
また専用アタッチメントが付属し、別売りの「焼肉プレート」や「たこ焼きプレート」など6種のアクセサリーシリーズが使えるマルチぶり。約2.8kgと軽く、ハンドル付きだから蓋をすればそのまま携行可能です。

収納時もそのまま縦置きできるから、積載や自宅収納時も省スペース。タフなだけでなくスマートさも求めたい人におすすめのカセットコンロです。
ITEM
イワタニ カセットフー マーベラスII
●収納時サイズ:幅380×奥行329×高さ110mm
●使用時サイズ:幅380×奥行329×高さ324mm
●重量:約2.8kg
●最大発熱量:3.5KW(3,000kcal/h)
●ガス消費量約:254g/h
●連続燃焼時間:約70分
●対応鍋サイズ:目安として9号土鍋(トップカバー使用時は8号)
●材質: 本体、トップカバー/鋼板(粉体塗装)、トッププレート/鋼板(耐熱塗装)、ごとく/ステンレス、バーナー/鋼板(ニッケルメッキ加工+ステンレス)、器具せんつまみ/耐熱ABS樹脂

④KOVEA「CUBE」

出典:Instagram by@sotoasobi0124
そしてこちらはちょっと変わり種。一切のムダを削ぎ落としつつ、コロンとしたキューブ形状がなんとも愛嬌のあるカセットコンロ。このデザインのファンが多く、ソロキャンプのメインにグループキャンプのサブに人気のアイテムです。

出典:Instagram by@mr0618
小さいだけに火力は1,538kcal/hと落ちますが、重さは750gと6選中最軽量かつ最もコンパクト。五徳部分も折り畳めるので携行時はさらに小さく持ち運べます。ただし、別途風防は必要に。

もう1つ人気の理由が、木製の側板や火力調整つまみなどのカスタムアイテムの市販が豊富で、よりインテリア性の高いカスタムが楽しめる点。カセットコンロにも風合いや佇まいを重視したい人はぜひ楽しんでみては? 
ITEM
KOVEA CUBE
●サイズ:252X120X236mm(inner box)
●重量:750g
●出力/消費カロリー:130g/h/1,538kcal

⑤イワタニ「焼き上手さんα」

出典:Instagram by@fujikigyo
そして最後は最も変わり種、ホットプレート型カセットコンロ「焼き上手さんα(アルファ)」。こちら、熱源がガス缶なので当然コードレス。キャンプでも電源いらずでホットプレートの手軽さを楽しめると人気のアイテムなんです。

5cm深型のガラス蓋がついて、厚みのある食材にも早く火が通るし、蒸し料理など調理の幅も広がります。

出典:Instagram by@camping_und_ich
そしてなんと、プレートを外せば下には五徳が。通常のガスコンロとしても使えるから驚きです。火力はホットプレートとしては群を抜く1,800kcal/h。ガスコンロとしては低めですが、兼用できることを考えれば十分な火力。

さらに、ガスコンロ使用時は火口が低い位置にあるため、周りの縁が多少の風なら防いでくれます。

出典:Instagram by@fu_rin_camp
カラーも発売当初ホワイトのみだったのが、現在は(2021年2月2日現在)ブラウンもリリース。サイトインテリアに合わせて選べるのもうれしいところ。

惜しいのが、4.5kgとツーバーナー並の重さなのに収納ケースが付属していない点。無印良品の「ポリプロピレン収納ボックス ワイド 中」がシンデレラフィットするので、キャンプに携行したい人には別途購入をおすすめします。
ITEM
イワタニ カセットガスホットプレート 焼き上手さんα
●本体サイズ:幅471×奥行325×高さ169mm
●プレートサイズ約:縦342×横268×深さ22mm(内寸)
●重量:約4.5kg
●火力:2.1kW (1,800kcal/h)
●ガス消費量:約152g/h
●連続燃焼時間:約120分
●材質:本体・プレート受け/鋼板(粉体塗装)、プレート/アルミニウム(フッ素加工)、ごとく/耐熱アルミニウム、バーナー/ステンレス、器具せんつまみ/ABS樹脂、プレートカバー(フタ)/鋼板・耐熱強化ガラス


ITEM
イワタニ カセットガスホットプレート 焼き上手さんα ブラウン
●本体サイズ:幅471×奥行325×高さ169mm
●プレートサイズ約:縦342×横268×深さ22mm(内寸)
●重量:約4.5kg
●火力:2.1kW (1,800kcal/h)
●ガス消費量:約152g/h
●連続燃焼時間:約120分
●材質:本体・プレート受け/鋼板(粉体塗装)、プレート/アルミニウム(フッ素加工)、ごとく/耐熱アルミニウム、バーナー/ステンレス、器具せんつまみ/ABS樹脂、プレートカバー(フタ)/鋼板・耐熱強化ガラス



キャンプ用ガスコンロと一緒に使いたい便利アイテム5選

キャンプ用ガスコンロをもっと快適に使うために、セットで使うと便利なアイテムもご紹介! これでもっとカセットコンロ調理がスムーズに。

①オプティマス「ウィンドシールド」

1世紀以上の歴史を誇るスウェーデン発調理器具ブランド「オプティマス」の風防。ガス缶とシングルバーナーの接続口を挟み込むように直接取り付けるタイプ。五徳の直径が11cm未満のシングルバーナーに取り付け可能。
ITEM
オプティマス ウインドシールド
●サイズ:103×115×90mm
●重量:87g
●材質:Hard Anodized Aluminum

②キャプテンスタッグ「アルミウィンドスクリーン」

アルミ製で170gと軽く、コンパクトに折り畳めて携行しやすい風防。大きめなので風だけでなく、周囲への油ハネも防ぎます。両サイドのストッパーを地面に差して固定できるので安定感も◎。
ITEM
キャプテンスタッグ アルミ ウインドスクリーン
●使用時サイズ(約):幅39.8×高さ24cm
●収納時サイズ(約):8.3×24×厚さ2cm
●重量(約):170g
●材質:アルミニウム合金

③ロゴス「軽量ワイドスクリーン(カセットコンロ対応)」

パネルを10枚連結した、カセットコンロ対応のワイドな風防。このサイズでもアルミ素材なので220gと軽く、両サイドのストッパーピンを地面に差して固定できるタイプ。
ITEM
ロゴス 軽量ワイドスクリーン(カセットコンロ対応)
●使用時サイズ:(約)幅82.5×高さ22cm
●収納時サイズ:(約)幅8.5×奥行23×高さ1.7cm
●重量:(約)220g
●素材:アルミ

④ユニフレーム「ウィンドスクリーン 450」

ユニフレームの「クッカースタンド 450」にフィットするワイドな54.5cm幅の風防。ステンレス製品で1.1kgと重さがある分安定しやすく、クッカースタンド450に固定できる構造が安心。
ITEM
ユニフレーム ウインドスクリーン ウインドスクリーン450 610558 UNIFLAME
●使用サイズ:約545mm×250mm×高さ190mm
●収納時サイズ:約295mm×190mm×55mm
●重量:約1.1kg
●素材:ステンレス鋼

⑤ユニフレーム「カセットボンベ専用 ガス抜きクリップ」

クリップ式なので、穴を開けずに挟むだけで安全に残ガスを抜くことができるツール。捨てる自治体によって、穴を開ける必要がある場合も穴開けも可能。裏面のマグネットで冷蔵庫などに貼り付けもOK。
ITEM
ユニフレーム カセットボンベ用ガス抜きクリップ
●サイズ:約53×47mm
●材質:ステンレス鋼
●重量:約45g

キャンプ用ガスコンロを安全に使うために知っておきたい注意点

最後に、キャンプ用ガスコンロを安全に使うためにぜひ知っておきたい注意事項をまとめてみました。安全で楽しいキャンプのためにしっかりチェックしてくださいね。

その1. 「PSLPG」マークのついたものを購入すべし

日本国内で販売を許可されているカートリッジガスこんろは、「液化石油ガスの保安の確保および取引の適正化に関する法律(液石法)」にしたがって、適合性検査をクリアしたことを証明するPSLPGマークの表示が義務付けられています。

近年、ネットショップなどを中心にPSLPGマークのない輸入品が増えているので、テキスト必ずPSLPGマークがある製品を購入するようにしましょう。

その2. “一酸化炭素中毒”や“輻射熱”の危険性を知るべし

出典:photoAC
手軽に使えて便利なガスコンロもやはり燃焼器具。テントや車内などの密閉された狭い空間で換気をせずに使うと、不完全燃焼を引き起こし、一酸化炭素が発生しやすくなります。テント内での使用は危険なので絶対にやめましょう。

出典:photoAC
出典:Instagram by@okkk._.outdoor
ダッチオーブンなどの鋳鉄製品や鉄板など、蓄熱性の高い調理器具は、発生する輻射熱もとても高くなる可能性が。ガス缶にかぶさったり覆うような使い方をすると、輻射熱でガス缶の圧力が高まって爆発する危険性があります。

特にシングルバーナーなどガス缶との距離が近い場合は、間に遮熱板を使用するなど十分な注意が必要です。

その3. 「Oリング」の劣化にも要注意!

出典:Instagram by@uzd_official
意外と知らない人が多いのが「Oリング」の劣化の危険性。画像のバーナー中心部の黒いゴム製リング型パッキンが「Oリング」。ガス漏れを防ぐ大事なパーツですが、未使用でも経年劣化するため、ささくれ・切れ目・縮み・ひび割れなどの劣化があれば交換が必要です。

劣化サインがなくても、5〜7年を目安に各メーカーや販売店の指示された方法で交換するのがベスト。

ガスコンロで広がるキャンプ料理の可能性

出典:Instagram by@k.nscamp
スイッチ1つで点火できるガスコンロなら、キャンプ料理のハードルがグッと下がり、火起こしの時間やポンピングの労力を、料理の下ごしらえに回すことも可能に。

あなたも、自分の作りたい料理やシーンにフィットするお気に入りガスコンロを見つけて、キャンプ料理の可能性を、もっともっと広げてくださいね。

紹介されたアイテム

プリムス 153ウルトラバーナー
キャプテンスタッグ オーリック 小型ガス…
イワタニ カセットガス ジュニアコンパク…
ソト レギュレーターストーブ ST-31…
コールマン パワーハウス LPツーバーナ…
コールマン パワーハウスLPツーバーナー…
コールマン パワーハウス LP ツーバー…
サイトを見る
キャプテンスタッグ ステイジャー コンパ…
プリムス オンジャ
プリムス キャンプファイア ツーバーナー…
ユニフレーム ツインバーナー US-19…
ユニフレーム アウトドア ツインバーナー…
SOTO ハイパワー2バーナー ST-5…
SOTO ハイパワー2バーナー別注カラー…
SOTO レギュレーター2バーナー GR…
SOTO GRID テーブル ST-52…
SOTO GRID ハードケース ST-…
イワタニ カセットフー タフまる
イワタニ カセットフー タフまるJr.
スノーピーク HOME&CAMP…
スノーピーク HOME&CAMP…
イワタニ カセットフー マーベラスII
イワタニ カセットガスホットプレート 焼…
イワタニ カセットガスホットプレート 焼…
オプティマス ウインドシールド
キャプテンスタッグ アルミ ウインドスク…
ロゴス 軽量ワイドスクリーン(カセットコ…
ユニフレーム ウインドスクリーン ウイン…
ユニフレーム カセットボンベ用ガス抜きク…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、高1次男、中1長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。 Instagram:@tomo.koyamada

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!