アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
A-suke流「アウトドア ダンディズム」#07

A-suke流「アウトドア ダンディズム」#07:ナイフの研ぎ方

2022/08/24 更新

東京の水道橋にあるアウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」を営む傍ら、「男前キャンプ」と題したイベント活動も行っているA-sukeさんの連載がスタート。第7回はナイフを持つなら知っておきたいナイフの研ぎ方です。

目次

ナイフには「研ぎ」が必要不可欠

ナイフ

ナイフを使うにあたってみんなが心配することがあると思う。それは、今の切れ味が悪くなってしまうということじゃないかな。いいナイフを買うと箱出し、つまり新品の状態での切れ味はかなりのものだ。しかし永遠に切れ味が持続する刃物は存在しない。だから切れ味が鈍ることを恐れてガンガン使えないってことないかな?

研いで切れ味を戻すっていう技術は、ナイフを躊躇なくナイフを使うためにも必要な技術なんだ。でも「切れ味が余計悪くなったらどうしよう」とか思って初めての研ぎを延期させている人も多いように思える。そこで今回は研ぎについて解説したい。

まず、初めて刃物を研ぐ人は安めの刃物からスタートすること。高い刃物はおそらく硬くて研ぎにくいし、万が一にもミスして大きな傷が入ったら残念だからね。まずは安い刃物で練習しましょう。練習にはオピネルが最適。安いし炭素鋼なら柔らかくて研ぎやすい。あ、オピネルのステンレスでもOKなんだけどね。使って研いで使って研いでを繰り返そう。

1 / 3ページ