CAMPHACK

こんなに違いがあるなんて!知るほどに奥が深い「ファイヤースターター」をガチ分析

2

ライターやマッチって便利だけど、燃料切れや湿気などが原因で使えないときも。そんな“いざというとき”のために、1つは備えておきたいのが「ファイヤースターター」。今回は、本当に使える6アイテムを厳選。ひと目で分かるレーダーチャートや比較一覧表も用いて、徹底比較してみました!

TOMOKO YAMADA

アイキャッチ画像出典:Instagram by@cambiarepelle

いざというとき、1つは備えておきたいファイヤースターター

出典:Instagram by@_ks_works_
キャンプでの調理や焚き火にマストなアイテムといえば、やはり着火のためのツール。多くのキャンパーが、ライターやマッチなどを使って着火するのが一般的ですが、燃料切れや湿気などが原因で着火できないときも。

そんな“いざというとき”のために、1つ備えておきたいのが「ファイヤースターター」。

そもそもファイヤースターターって?

出典:Amazon
「ファイヤースターター」とは、金属製で棒状の「ロッド」と、薄い板状で金属製の「ストライカー」がセットになった、いわば「火打ち石」のようなツール。

使い方はいたってシンプル。まずはストライカーでロッド部分を削り、金属製の粉を火種になる木くずや紙などに振りかけます。あとはストライカーでロッドを勢いよく擦るだけ。火花が散って着火するという仕組みです。

ファイヤースターターの3大メリット

出典:Instagram by@highmount1967
いざというときに備えておくと便利なファイヤースターター。ではなぜ“いざというとき”に便利なのでしょうか? その主な理由=メリットは3つ。

1つ目は、ガスやオイルなどの燃料が不要なため長期間使用が可能な点。ロッドは約1万〜3万回も削れるので繰り返し使えます。

2つ目は、水や湿気に強い点。もし濡れてしまっても、拭き取ってしまえばすぐに使用可能です。

3つ目は環境に左右されない点。低温や低気圧の影響を受けにくいので、寒い時期や高所での着火にも重宝します。

いざというときだけじゃない!そのひと手間は最高の野遊び

出典:Instagram by@takibi_saito
そして、ファイヤースターターをおすすめするもう1つの理由は、ズバリ“楽しさ”。

ナイフで削ったフェザースティックと麻ひもをほぐした火口に、お気に入りのファイヤースターターで着火するアナログなひと手間……。ライターであっさり着火したときとは、比較にならない達成感が味わえますよ!

ファイヤースターター選びの4つのポイント

1つは備えておきたいファイヤースターターですが、選ぶ際におさえておきたい4つのポイントが。しっかりチェックして自分に合ったアイテムを探してみましょう。

関連記事