【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【2020年総決算】CAMP HACK編集部が選んだ「マジで買ってよかったモノ」発表!

0

2020年もあと僅か……。ということで年末恒例の、CAMP HACK編集部員が「今年、買ったよかったモノ」を発表します。忖度ナシで本気で選ぶ、心のベストテン第1位は、こんなギアだった!

桑原 将嗣


編集部の5人に聞いた!「マイベストギア2020」


今年も取材や撮影(という体裁)で様々なキャンプ場に足を運んできたCAMP HACK編集部のスタッフたち。しかもみんな、プライベートでも大の外遊び好き。

だからこそ新しいギアは気になるし、評判のいい定番モノがあれば、自ら試してみたくなります。単純に、「物欲が止まらないッ!」って噂もありますが……。

なんにせよ、編集部員は今年も様々なアイテムを(仕事を言い訳にして)購入し、実際にフィールドで使ってきました。ということで、そのなかで各自が本気で選んだ「買ってよかったモノ」2020年ランキング1位を、発表します!

「自宅でも重宝するメンテフリーのダッチオーブン」

撮影:烏頭尾 拓磨
CAMP HACK元編集長・のりさん 
2020年のキャンプは20泊ほど。なかでもお気に入りのスポットは西湖湖畔キャンプ場。「それなりに都内から近く、水量次第ですが湖畔ギリギリまでサイトが作れます。それと、トイレが綺麗」。今年から本格的にSUPも満喫中。

TSBBQ(村の鍛冶屋)のライトステンレスダッチオーブン6

出展:TSBBQ 
「今年はキャンプでも自宅でも、自分で料理をすることが増えました」というのりさんが選んだギアは、新潟県の燕三条を拠点としたブランド、TSBBQのダッチオーブン。人気ガレージブランド、村の鍛冶屋が携わるだけに、多くのキャンパーも注目する逸品です。こちらは6インチ(全幅 約218mm)のモデル。


ということで、まずは購入の決め手から聞いてみましょう。

のりさん
YouTubeのCAMP HACKチャンネルで紹介されていたのを見て入手しました(笑)。丁度、小さめのちょっといい調理器具が欲しいなと思っていたので。500mlのペットボトルと比べると、コンパクトなサイズ感がわかると思います。



確かに小さい。キャンプではどんな料理で活躍していますか?

のりさん
ソロキャンプや少人数でのキャンプでは肉や野菜をグリルしたり、人数が複数人いる場合はスープを作る鍋としても活躍しています。ちなみに先日はビーフシチューを作ってみました。


おお、これは美味しそう! やっぱりダッチオーブンで作ると味も変わりますか?


のりさん
もちろん! 実は今までは登山でも使えるアルミのクッカーでを使っていたんですよ。でもこれで野菜や肉をグリルしたら、味が段違いにアップして感動しました。しかも家でも使いやすいスペックを備えているんですよ。



ほうほう。どんなところが自宅向きなんですか?

のりさん
ステンレス製だからメンテフリーなんです。家庭用洗剤で洗うだけでシーズニングの必要がなく、気楽に使えるってのいうのは最大のポイントかと。だから自宅でも頻繁に炊飯やスープ作ってます。むしろメンテが必要なら買っていなかったかも。

なるほど。気軽に使える素材、そしてコンパクトなサイズ感がちょうどいいのですね!

今後はどう使っていく予定でしょうか?
のりさん
今後はキャンプでも定番になりそうですね。まだやったことがないけど、ハンガーにかけて焚き火料理にも挑戦したいです。ちなみにアイテムの詳細は、CAMP HACKチャンネルで詳しく説明されているので、チェックしてみてください!

詳細はこちら

TSBBQ ライトステンレスダッチオーブン6

本体材質:ステンレス三層鋼
(SUS304+アルミ+SUS430)
蓋材質:SUS430
ツル金具材質:SUS430
重量:約1.67kg
(本体:0.75kg、蓋0.79kg、ツル0.13kg)
サイズ:本体厚さ/底3.5mm、フタ厚さ/底4mm
本体内径:約148mm
深さ:(本体内面より)約83.5mm
高さ(蓋付き):約112mm(ツマミの高さも含む)
外形寸法:幅/約218mm(ハンドル含む)
容量:約1.0L


関連記事