CAMP HACK[キャンプハック]


カモック「ルーハンモック」とカモック「パイソンストラップ」を使用してハンモックに寝る男性

【CAMP HACK編集部員の物欲リスト】最近ホンキで買ってよかったギアたち7選

0

CAMP HACK編集部員たちのお買い物事情をちょこっとチラ見せ!日々色んなキャンプ道具の情報をチェックしている編集部員ですが、毎日物欲を抑えるのにホントに必死……。数ある中でも、本当に買ってよかったおすすめギア7選をご紹介します。お買い物の参考にしてみてくださいね。

CAMP HACK編集部

制作者

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

...続きを読む
CAMP HACK編集部のプロフィール

記事中画像撮影:編集部
※この記事は2018年12月に公開された記事です

編集部員たちが「最近買ってよかったギアたち」をご紹介!

コールマンのフロアシート/320定期的に報告している、編集部員が買ったものシリーズ。これまでも大物ギアからウェアまで幅広くご報告してきました。

ナチュモンとバリスティクスのコラボ商品「NOVITA(ノビタ)」
今回はテントやタープなどの大物はありませんが、「かゆい所に手が届く」&「マンネリ打破できる」そんなキャンプのクオリティを上げてくれるギアたちをご紹介していきます!


編集部員Hの場合 小物の忘れ物が多くて困った…を解決

AS2OV (アッソブ) 「TRAVEL SERIES GADGET POUCH」

AS2OV (アッソブ) トラベルポーチ

防水仕様の収納ケースで快適に

AS2OV (アッソブ) トラベルポーチ

編集部員H(男性、31歳、年20泊)です。自分が購入したのは収納ポーチ。

今までは必携の小物をひとまとめにせずバッグに入れていたので、「持って行くのを忘れた」「持って行ったのにどこにあるかわからない」など自分の管理能力のなさを露呈してしまうことが頻発していました。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

だけどこの収納ケースを買ったことで悩みは解消! 小物を入れるために大小のポケットがかなり多く配置されているので収まりがよく、気に入っています。また、止水ジップはありませんが防水加工されているので、ずぶ濡れにならなければ中身が濡れることもありません。

細かなところでは、ナイロン素材なので経年劣化で剥がれることが多いのですが、このケースはその点もクリア。通常の約6倍もの耐久性を備えているんだとか。気に入ったモノは長く使いたい派なので、こういった細部まで気の届いた作りは嬉しいです。

AS2OV (アッソブ) TRAVEL SERIES GADGET POUCH

●サイズ: W230 × H170 x D100 mm
●ポケット数 - 外装:1 / 内装 : 6
●重量 : 160g


編集部員Sの場合 秋冬はお座敷スタイルでぬくぬくキャンプ

コールマン「リビングフロアシート/320

コールマン「リビングフロアシート/320」
出典:Coleman

ずっと欲しかった人気の再販シート

コールマン「リビングフロアシート/320」

めっぽう寒さに弱い編集部員のS(女性、29歳、年15泊)です。これまでストーブや気合いで寒さを乗り越えてきましたが、やはり寒いものは寒い……! そんな厳しい寒さに対抗する秘密兵器として購入したのがコールマン「リビングフロアシート/320」。

2ルームテントの前室を簡単にお座敷化してくれるこのアイテム。快適なフロアを作るためのシンプルながらも考えられた構造が◎なんです。

コールマン「リビングフロアシート/320」をペグで止める様子

シートは、風が吹いても落ち葉や砂埃の侵入を防げるように4角が立ち上がっています。しっかりハリを持たせてセッティングすると安心感も抜群!

電源サイトを借りて、このシートの上にホットカーペットを敷けばあっという間にぬくぬくリビングの完成です。

コールマン「リビングフロアシート/320」にホットカーペット敷き冬キャンプを楽しむ様子

このお座敷スタイルがこれまた快適! 足先からじんわり暖かく、まるで家にいるかのような過ごしやすさ。あえて言うなら快適すぎてキャンプ感が薄まるので、サイドドアを開けて肌寒さをやんわり感じるのもオススメです!

コールマン リビングフロアシート320

●材質:210Dポリエステルオックス、PVC(コーナー)
●使用時サイズ:約320×320cm
●収納時サイズ:約35cm×45cm
●重量:約2.1kg
●付属品:スチールペグ、収納ケース コールマンのコンパクトインフレーターピロー2



▼実際に使用した様子をレポート! 使い心地について知りたい方はこちらもチェック

編集部員Tの場合 マルチに使える”台”

スロウワー「折りたたみチェア」

スロウワー「折りたたみチェア」
出典:Amazon

シンプル・イズ・ベスト!

テント内で会話を楽しむ様子とスロウワー「折りたたみチェア」

最近は釣りの回数の方が多い編集部員T(男性、27歳、年20泊)です。キャンプ初心者の友人を含めて8人ほどでキャンプに行く機会があり、いろいろと道具を貸す必要がありました。

「チェア」だけがどうしても足りず、どうしようかと思っていたところ、このアイテムを発見!

スロウワー「折りたたみチェア」に座る男性

背もたれはないのでゆっくりはできませんが、耐荷重150kgというスペックは簡易的なチェアとしては十分。そして、なんといってもお値段2,000円以下。それなら買っても後悔しないだろうということで、すぐに購入! かくしてグループキャンプではチェアとしての役割をしっかりと果たしてくれたのです。

スロウワー「折りたたみチェア」にクーラーボックスを乗せた様子

また、チェアとして使わない時は、クーラーボックススタンドやサイドテーブルなどなど、その時のキャンプに合わせて使いまわしています。

シンプルデザインだからこそ使い勝手が広く、さらに設営・撤収も”広げるだけ”という手軽さ。キャンプギアの中でも早々にレギュラーメンバー入りした期待の新ギア。これからの活躍も間違いないでしょう。

スロウワー フォールディングスツール

●材質 POLYPROPYLEN(PP)、THERMO-PLASTIC RUBBER(TPR)、CALCIUM CARBONATE
●使用時サイズ:390×H400×330mm
●折畳時サイズ:390×H540×45mm
●耐荷重(約) 150kg
●カラー:ブルー、グリーン、ブラック、サンド、オリーブ




編集部員Mの場合 ちょっと角度を変えてくれる脚パーツ

NATUNATURAL MOUNTAIN MONKEYS x“BALLISTICSNOVITA(ノビタ)」(NOVITA120

ナチュモンとバリスティクスのコラボ商品「NOVITA(ノビタ)」

これで「腰痛」からも回避!

ナチュモンとバリスティクスのコラボ商品「NOVITA(ノビタ)」

最近、腰痛が気になるようになってきた編集部員M(男性、30歳、年15泊)です。カーミットチェアを使い始めてから、ずっと気になっていたのが「立ち上がりにくさ」でした。

座面が後ろに倒れていてリラックスできるチェアなのは間違いないんですが、せっせと動くキャンプの時にはこのリクライニング角度は不向き。特に自分の身長(178cm)ではちょっと座面も低く感じていました。

ナチュモンとバリスティクスのコラボ商品「NOVITA(ノビタ)」

そんな自分にピッタリなギアが、“NATUNATURAL MOUNTAIN MONKEYS(ナチュモン)”と“BALLISTICS(バリスティクス)”のコラボによって誕生した「NOVITA(ノビタ)」でした。

カーミットチェアの脚に装着することで、座面背面の角度が変わり「姿勢」と「座り心地」を変化させるというもの。

ナチュモンとバリスティクスのコラボ商品「NOVITA(ノビタ)」で椅子の角度調節をした様子

こうして見ると上半身の重心が持ち上がり、極端に言うと背面の角度がV字からL字になったような感覚です。

装着もカンタンで見た目のアクセントにもなりますし、なにより気になっていた「立ち上がりにくさ」はかなりスムーズなものになりました。「NOVITA 120」の価格は8,300円+税とお高めですが、気になっていた腰痛の予防にもなりそうなので間違いなく「買ってよかったギア」ですね。

詳細はこちら

編集部員Fの場合 キャンプで無水鍋料理を満喫したい!

バーミキュラ「オーブンポットラウンド26cm マットブラックSUMI(炭)」

バーミキュラ「オーブンポットラウンド26cm マットブラックSUMI(炭)」で調理した様子
出典:VERMICULAR

水を一切使わなくていい夢のようなお鍋

バーミキュラ「オーブンポットラウンド26cm マットブラックSUMI(炭)」

もっぱらファミリーキャンプを楽しんでいる編集部員F(男性、45歳、年10泊)です。キャンプ場でも家でも、家族や友人とワイワイつつけるイイ感じの鍋ないかな~と探していたところにハマったのがバーミキュラ。念願の無水鍋!

年齢を重ねるにつれ、日増しにカラダにいいものを食べたい欲求が高まってきたので、食材の水分のみで調理できるタイプをひそかに狙っていたのです。大は小を兼ねる、と言い聞かされて育ったので単純に一番でかいやつを選びました。

バーミキュラ「オーブンポットラウンド26cm マットブラックSUMI(炭)」蓋のアップ

「鍋に3万5000円~!?」と最初は鼻で笑っていたものの、実際に使ってみてその実力を実感。とりあえず手始めに無水鍋の定番「ポトフ」を作ってみたのですが、野菜からやさしい甘みがじんわり染み出して絶品です。バーミキュラを製造している愛知の職人さんの心意気が伝わります。

バーミキュラ「オーブンポットラウンド26cm マットブラックSUMI(炭)」で料理をする様子

ジャガイモやレンコンを刻んでソーセージを投入し、塩コショウをふり、フタをして加熱しただけという超カンタン料理がこんなに味わい深くなるとは……。とはいえ重量もヘビー級でまだ野外では使えてないので、なるべく早く無水カレーデビューするつもりです!

バーミキュラ オーブンポットラウンド 26cm マットブラック

●サイズ:幅33.5cm×高さ(フタ含)13cm×深さ8cm
●対応熱源:直火、IH、オーブン、ハロゲン対応※電子レンジ対応不可
●付属品:Vermicular Recipe Book
●生産国:日本


編集部員Oの場合 日々の疲れをこれで回復

カモック「ルーハンモック」・カモック「パイソンストラップ」

カモック「ルーハンモック」とカモック「パイソンストラップ」を使用してハンモックに座る女性
出典:楽天

期待していたハンモックの快適性を体現

カモック「ルーハンモック」とカモック「パイソンストラップ」

編集部員O(男性、30歳、年間30泊)キャンプ歴4年目にして、ついに人生初のハンモックを購入しました!

今回買ったカモックの「ルー ハンモック」は、全長300cmもあるのに収納サイズが直径約12.8×高さ約15.2cmとコンパクト。重量も680gなのでラクに持ち運べます(設営には別売りの「バイソンストラップ」が必要)。

カモック「ルーハンモック」とカモック「パイソンストラップ」を使用してハンモックに寝る男性

乗ってみて改めて思ったのが、「ハンモック、快適だわ〜」ということ。ゆらゆら揺れる心地よさと空を見上げてのんびり過ごせるぜいたくな時間……。コットやベッドでは味わえない感覚です。加えて、このハンモックは肌ざわりもいいのが魅力!

カモック「ルーハンモック」に使用される生地ダイヤモンドリップストップナイロン「LunarWave FABRIC」

使っているのは、生地メーカーと共同で開発したというダイヤモンドリップストップナイロン「LunarWave FABRIC」というもの。ナイロン生地なのに通気性があり、つるっとした滑らかさを持っています。

真冬で使うのは厳しいかもしれませんが、いい陽気の日にはこれでゆっくり過ごしたいです!

カモック ルー ハンモック

●材質:本体/ダイヤモンドリップストップナイロン(LunerWave)
●使用サイズ:全長300×幅170cm
●収納サイズ:直径12.7×高さ15.24cm
●重量:680g(カラビナ含む)
●耐荷重:227kg
●付属品/アルミニウム(カンガクローカラビナ)、ダイニーマ(レーサースリング)
●生産国:中国




編集部員Mの場合 あんまり被らない?武骨でかわいいアイアンテーブル

テントファクトリー「スチールワークス FDテーブル(450)」

テントファクトリー「スチールワークス FDテーブル(450)」
出典:Amazon

ダッチオーブンだってOK!なんでも置ける万能性

テントファクトリー「スチールワークス FDテーブル(450)」

編集部員M(女性、26歳、年5泊)です。熱々のスキレットを置ける頑丈なテーブルが欲しく、こちらを購入。定番のユニフレーム「焚き火テーブル」と迷いましたが、もうちょっと小さめサイズが欲しいと思い、5,000円以下で買えるこちらを購入!

ブラックとレッドの2色ありましたが、家中に置くことも考えてブラックにしました。家では観葉植物の土台としても使っています。

テントファクトリー「スチールワークス FDテーブル(450)」で料理をする様子

耐荷重20kgなので、大き目のスキレットとコンパクト焚火台(B-6君)だって置けちゃいます。持ち手がついているので、移動もらくらく。編み目のテーブルなので、洗い終わったシェラカップなどの食器類も乾かせます。

テントファクトリー「スチールワークス FDテーブル(450)」使用例

出典:TENTFACTORY
画像は600サイズ

この26㎝という高さも、ローチェアに座りながら調理するのにちょうどいいんです。ソロキャンプ用にもオススメですね。

テントファクトリー スチールワークス FDテーブル 600

●材質:鉄(粉体塗装)
●使用時サイズ:幅60×奥行45×高さ26cm
●安全耐荷重20Kg
●重量:3.5kg
●原産国:中国


自分にマッチする、ベストギアを見つけよう!

かなり統一性のないラインナップになってしまいましたが、CAMP HACK編集部員たちが最近買ったもの、いかがでしたか? なにか道具選びのヒントになれば幸いです。

冬のボーナスなど懐の暖かくなるこの時期、ぜひあなたにマッチするベストギアを見つけてみてくださいね!

 

Trying to find the best gear to suit you!

あなたに合うベストギアを見つけよう!


キャンパーの傾向が分かる、こちらのランキング記事もおすすめ



 

関連記事