1万8000人に聞いたランキング「クーラーボックス人気メーカー」ベスト6発表!

2021/03/29 更新

CAMP HACKのキャンペーンにご応募いただいた1万8000人に「今一番気になるクーラーボックスのメーカー」を聞いてみました! 食品の鮮度をキープし、ビールをおいしくする保冷は四季を問わず大事。はたしてどこのクーラーが1位なのか、発表します!

アイキャッチ画像出典:スノーピーク

実際、どこのクーラーボックスが人気なの?

イグルー クーラーボックス
出典:igloo
あらゆるシーズンにおいて、飲み物や食べ物を保存しておくクーラーボックスはキャンプにマスト。保冷力のある新しいクーラーボックスが欲しいな〜。なんて考えてしまいますよね。

でも、どこのクーラーボックスを選べばいいのか分からない……という悩みが多いのもまた事実。

ということで、一体どこのメーカーのクーラーボックスがCAMP HACK読者に支持されているのか、単刀直入に聞いてみました!

読者1万8000人にアンケート実施

スノーピーク ハードクーラーボックス クーラーボックスの人気どころを知るために、『CAMP HACK』LINE@のお友達にアンケートで聞いてみたところ、応募総数は1万8000通にものぼりました。

これでどこのクーラーの支持率がリアルに高いのかが浮き彫りになりそうです。

“買う基準”のトップは「保冷力」!

イグルー マックスコールド
出典:Amazon
今回は、同時に「クーラーボックスを選ぶ基準」についても聞いてみました。結果はというと……。

3位 値段 5862票
2位 大きさ 5883票
1位 保冷力 8612票

ということで「保冷力」がダントツ。やっぱり「クーラーたるもの、しっかり冷えてくれないと!」ということですね。

では、お待たせしました、ランキング発表です!

イグルー クーラーボックス 出典:楽天
果たして持っているクーラーボックスはランクインしているでしょうか。はたまた憧れのクーラーボックスは?

それでは、気になるランキングの発表に移りましょう!


6位から4位はツウ好み

オルカ クーラーボックス グリーン まずは6位から4位の発表です。勢いあるあのブランドもランクイン! 保冷力はもちろんのこと、見た目も魅力的なクーラーボックスが並びました。

こだわりを持つキャンパーに支持されているだけに、それぞれ独自の個性がヒシヒシ伝わってきます。

6位は抜群の保冷力がウリの「オルカ」493票

オルカ クーラーボックス オルカは赤丸急上昇中のメーカー。シャチの尾っぽをかたどったバックル、豊富なカスタムパーツなど、遊び心にあふれています。もちろんメイド・イン・U.S.A.。

そして、気になる保冷力は最大10日という素晴らしさ! すでに本場アメリカでは、日本で抜群の人気を誇るイエティと肩を並べるほど支持されている逸品なんです。

ITEM
ORCA クーラーボックス 26
●サイズ:外寸 60×45×37.5cm
●容量:24L
●重量:8.6kg

5位はトータルで強い「スノーピーク」880票

スノーピーク クーラーボックス やはり強い! オールラウンドに高い支持を集めるのがスノーピークのすごいところ。ライバルの多いクーラー界でも高い人気を誇ります。

ハードロッククーラーは保冷力では定評のあるグリズリーとのコラボ。スノーピーク特有のシックな色合いは惚れ惚れさせてくれます。

ITEM
スノーピーク クーラーボックス ハードロッククーラー 40QT
●サイズ:外寸 64.8×40.6×39.1cm /内寸 46.4×24.1×27.9cm
●容量:38L
●重量:11kg

4位はクーラーの定番「イグルー」1075票

出典:楽天市場
BBQ大国アメリカで高い人気を誇るイグルー社のクーラーボックスは、独自技術の高密度ウレタンフォームで驚異の保冷力を誇ります。

なかでも定番人気は「マリンウルトラ」。

容量51Lとファミリーキャンプの食材や飲み物もたっぷり入り、価格も一万円前後というコストパフォーマンスが魅力です。
ITEM
イグルー マリンウルトラ
●サイズ:約高さ46 × 幅65 × 奥行39cm(2Lペットボトルを14本まで収容可能)
●重量:4.5kg
●容量:51L(54QT)
●素材ポリエチレン、ABS樹脂、ウレタンフォーム


ランキングはさらに上位へと続きます!


3位と2位は実力派

YETI クーラーボックス
出典:A&F
では、いよいよベスト3の発表です。日本とアメリカを代表するメーカーが堂々の上位獲得です!

3位は使い勝手のいい「ロゴス」1226票

LOGOS ソフトクーラー
出典:LOGOS
ロゴスのハイパー氷点下クーラーは多くのキャンパーたちから絶大な信頼を集めています。理由は、不使用時にはコンパクトになるという利便性と、保冷が長持ちするその実力です。

氷点下クーラーの陰に隠れがちですが、もちろんハードクーラーもしっかりした作りです。メインのフタを開けることなく中の物を取り出せる小窓付きなのはかなりGOOD!

ITEM
LOGOS ハイパー氷点下クーラーM
●サイズ:外寸 約幅30×奥行24×高さ24cm、内寸 約幅26×奥行21×高さ22cm
●収納時サイズ:約幅30.5×奥行11×高さ24.5cm
●容量:約12L
●重量:約900g


ITEM
LOGOS アクションクーラー50
●サイズ:約幅70.6×奥行38.4×高さ37.6cm
●容量:50L
●重量:5.0kg

2位はクーラー界の雄「イエティ」2185票

YETI クーラーボックス
出典:A&F
やはりクーラーといえばコレ、といった感すらあるイエティのタンドラ。高い保冷力とタフさで人気を博しています。

性能とデザインでは1位にも引けをとってはいないのですが、ちょっとお値段の面が影響したのか、惜しくも2位という結果に。

クーラーボックスにどこまでお金をかけられるかは人それぞれですが、イエティのこちらは経年のキズもアジとなり、長く使うほどに愛着が湧いてきます。まさに一生モノのクーラーボックスといえるでしょう。

ITEM
YETI タンドラ 35 タン
●サイズ:外寸 53.3×40.6×39.4cm、内寸 37.1×26.7×28.6cm
●容量:28.3L
●重量:7.7kg


それでは、栄えある1位の発表です!


堂々の1位はココだ!

コールマン スチールベルトクーラー(ブルー)
出典:Amazon
さて、ついに栄光の1位の発表です。やはりといえばやはり、知名度、クオリティともに強かったのがココ!

記念すべき1位は横綱「コールマン」2979票

出典:Amazon
ランタンと並んでコールマンの代表アイテムの一つに数えられるクーラーボックス。とりわけ「スチールベルトクーラー」はステンレスの見た目はもちろん保冷力も素晴らしい、まさに1位にふさわしい逸品です。

スチールベルトの初代モデル発売が1954年。以来ずっと世界中の人々から愛され続けているコールマンのクーラーボックスの魅力は堅牢な作りとクラシックな見た目にあるのは言うまでもありません。

ステンレスらしいシルバーが代表格ですが、ブルーやストロベリーといった淡いカラーもマイルドでイイ感じです。

ITEM
コールマン スチールベルトクーラー 54QT
●サイズ:約86×44×45cm
●容量:51L
●重量:約7.5kg


ITEM
コールマン 60thアニバーサリー スチールベルトクーラー (ターコイズ)
●サイズ:約60×42×41(h)cm
●容量:約51L
●重量:約7.5kg
ITEM
コールマン(Coleman) クーラーボックス 54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラーストロベリー
●サイズ:約60×42×41(h)cm
●重量:約7.5kg 容量:約51L
●材質:スチール、ステンレス、他

最強クーラーボックスを相棒に!

コールマン アニバーサリー
出典:coleman
1万8000人が選んだクーラーボックスの人気ランキングはいかがでしたか? 今やキャンプにおけるクーラーボックスは、飲食物の保存のためだけでなく、テントサイトを彩る重要なキーアイテムにもなりつつあります。

今回のランキングを参考に、ぜひ、あなたにとってのベストクーラーをゲットしてください!

 

You can get the happy time, if you can have the best cooloer box!

あなたにとって最高のクーラーボックスをゲットできたら、これ以上の幸せはない!

紹介されたアイテム

ORCA クーラーボックス 26
スノーピーク クーラーボックス ハードロ…
イグルー マリンウルトラ
LOGOS ハイパー氷点下クーラーM
LOGOS アクションクーラー50
YETI タンドラ 35 タン
コールマン スチールベルトクーラー 54…
コールマン 60thアニバーサリー スチ…
コールマン(Coleman) クーラーボ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

» コールマンの高価買取なら買うトドア

スノーピーク クーラーボックス
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

キャンプ三昧の日を夢見るファミリーキャンパーです。プライベート感たっぷりのこじんまりしたキャンプ場を探しては訪れて、充電をしています。焚き火を囲んで、まったり過ごす時間は至極の時間です。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!