CAMP HACK[キャンプハック]


古材・廃材の魅力を生かす“アップサイクル”なコーヒーギアをDIY!

0

CAMP HACK×DIYer(s)連携記事企画!ライフスタイルメディ「DIYer(s)」で紹介されたDIY方法をCAMP HACKでご紹介します。今回は、古くなったものや捨てられてしまうものを材料と捉え、廃材に再び価値を与える新しいもの作り“アップサイクル”で、コーヒーギアを作ります!

DIYer(s)


CAMP HACK × DIYer(s)

DIYer(s) ロゴ

この記事は、ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で掲載されたDIY方法をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回は、そのままでは捨てられてしまう古材や廃材に新たな価値を見出す“アップサイクル”な、コーヒードリッパースタンドの作り方をダイジェストで紹介します!

“アップサイクル”とは?

古材にしか出せない独特な魅力に建築資材の無骨さを融合

“アップサイクル”という言葉を知っていますか? 古くなったものや捨てられてしまうものを材料と捉え、廃材に再び価値を与える新しいもの作りのことです。

とはいえ、作品の材料すべてを廃材や古材で揃えるのは、なかなか難しいもの。そこで、手に入りやすいホームセンターの資材と、独特の風合いを持つ古材を組み合わせた、オンリーワンのコーヒーギア作りを紹介します!

用意するもの

道具

DIY 道具 写真左上から時計回り

・インパクトドライバー
・ディスクグラインダー(金属切断用ディスク)
・ランダムサンダー
・丸ノコ
・丸ノコ用平行定規
・三角定規
・カナヅチ
・メジャー
・サシガネ
・多用途接着剤
※写真に接着剤は含まれていません
※塗装道具は除く

材料

・ガラス製ロート
・足場板
・エルボ(90°)
・チーズ
・銅管

作り方のポイント

ドリッパースタンド DIY
台座に本物の足場板、ドリッパーにガラス製のろうと、それを支えるL字の支柱に銅管を使用し、アンティークかつインダストリアルな雰囲気に仕上げたスタンド。

足場板には水性のウレタンニスを塗装することで、古い雰囲気を活かしながらも光沢感のある仕上がりに。なお、ろうとのサイズは他にも展開しているので、大きなろうととサーバーをセットすれば2〜4人分の抽出にも対応可能です。

今回の製作のポイントはズバリ、足場板の正確な直線カットと、台座への垂直な穴あけ。この2点を念頭におき、さっそく取り掛かっていきましょう!

関連記事