CAMP HACK[キャンプハック]


電源いらずでお洒落で便利!アウトドアシーンでも大活躍なウッドスピーカーをDIY

0

CAMP HACK×DIYer(s)連携記事企画!ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で紹介されたDIY方法をCAMP HACKでご紹介します。今回は、電源いらずでお洒落で持ち運びが便利なウッドスピーカーをDIY!

DIYer(s)


CAMP HACK × DIYer(s)

ロゴ
この記事は、ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で掲載されたDIY方法をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回は、電源いらずでキャンプやBBQなどでも活躍するウッドスピーカーの作り方をご紹介します!

キャンプでスピーカーを使いたいけど電源が…

ウッドスピーカー DIY 電源不要なウッドスピーカーは配線がなく見た目もすっきり、木製なのでキャンプサイトでもお洒落に溶け込みます。また、コンパクトで持ち運びも便利!

ということで、差込口にiPhoneを入れるだけで使えるウッドスピーカーをDIYしてみました。

材料

ウッドスピーカー DIY ・ラワンランバー15mm 225mm×135mm(表面)
・ラワンランバー18mm 225mm×135mm(裏面)
・ラワンベニヤ9mm 225mm×135mm(中面)

材料となる木材は上記のものを使っていますが、あくまで一例です。もっと木目を生かしたいなら針葉樹合板、表面の表情が豊かなOSB合板など自分好みで選んでください。

道具

 DIY工具 ・ボンド
・ウェス
・鉛筆
・差し金
・ジグソー
・サンダー
・ホールソー

作り方

STEP.01 くり抜く面をマーキング

ウッドスピーカー DIY 表面にホールソーで穴を開けるために円の中心となる部分にマーキングします。今回は横から6cm、縦から7.25cmを中心としています。

STEP.02 ホールソーで穴を開ける

ウッドスピーカー DIY マーキングが終わったら、穴開けです。今回は卓上ボール盤という電動工具を使用し、60Φmmのホールソー(切削工具)を装着して穴を開けていきます。
ウッドスピーカー DIY ホールソーはインパクトドリルドライバーに装着しても使えるのですが、卓上ボール盤だと安定感が高くサクサクと作業を進めることができます。

STEP.03 中面のカット箇所をマーキング

ウッドスピーカー DIY 続いて中面を先ほどのくり抜いた表面の中心と合うようにマーキング、そしてiPhoneの差込口、音が抜ける導線もマーキングします。

この時、実際にiPhoneを置いてサイズを確認しながら作業を進めましょう。また、円のサイズを表面よりも大きい65Φmmにすることで板を貼り合わせた時に内側の構造が見えない仕様になります。

関連記事