アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!

【どこに注意するべき?】女子がキャンプを始めるために必要な5つのこと(3ページ目)

2022/10/06 更新

3. 電車で行けるキャンプ場を探す

電車で行けるキャンプ場

出典:BBQ JAPAN

自然豊かなキャンプ場は、だいたい都心から離れた場所にあります。徒歩で少しでも身軽に行くのであれば、電車で行ける近場のキャンプ場を選ぶのが賢明です。

電車時刻表

出典:PIXTA

徒歩で行ける範囲でもそこそこ遠方の場合は、交通機関の本数が極端に少ないことも。立ち往生してしまわないよう、事前に時間を調べておくと安心。

4. サービスが充実している施設を選ぶ

キャンプ場管理棟

撮影:編集部

万が一トラブルがあった場合にも、頼りになるキャンプ場がおすすめです。具体的には、管理人が常駐している管理棟がある施設。売店を兼ねている所なら、忘れ物を買い足すこともできます。

キャンプインストラクター

なかには有資格者のインストラクターが常駐しているキャンプ場もあります。24時間管理人が在中するかどうか、を予約時に確認しておくと吉。最初は何かとハプニングが付き物なので、バックアップ体制のある環境が安心です!

5. なるべく場内中心のサイトを選ぶ

キャンプ場

キャンプ場内の端っこは人目につかず、夜はさらに真っ暗。防犯上、女性が利用するには危険の多い場所です。

キャンプ場

撮影:編集部

安全を考慮して、なるべくにぎわっている中心のエリアや受付・管理棟に近い場所を選ぶようにしましょう。

キャンプ女子

出典:PIXTA
気兼ねなく行けるソロも良いですが、ちょっと心細ければ友達とのグループキャンプが安心かもしれません!

女子ももっとキャンプへ行こう!

キャンプ女子

出典:Instagram by @maki_camp_

心配なことは事前に把握してしっかり対策をすれば、女子キャンプも十分楽しめます。

一人が不安ならまずは友達を誘って、女子キャンプを始めてみませんか?

アウトドア女子の「欲しいもの」

キャンプに行くなら、女子もアイテムにこだわりたい。欲しいものリストは、こちら!

Girls, Go Camp!

始めてみよう、女子キャンプ

3 / 3ページ