キャンプデビューするならここ!初心者におすすめの設備が充実したキャンプ場15選

2019/04/30 更新

キャンプデビューしたいけど衛生面が気になる、テントもないし……。っていう人多いんではないでしょうか?そこで今回は初心者におすすめできる5つの基準をクリアしたキャンプ場をご紹介!ぜひ、今年こそはキャンプデビューして楽しい思い出を残しましょう!


アイキャッチ画像出典:なっぷ

はじめてのキャンプって場所が重要!

撮影:編集部
「今年こそキャンプデビューをしてみたい!」そう意気込んで場所を探し始めてみたものの、どこがいいのかなんて初心者の方にはピンとこないものですよね。でも、初キャンプを成功させるには場所選びが最も重要です。

初心者におすすめのキャンプ場を選びました!

そこで今回は、初心者にオススメしたい便利な設備が揃ったキャンプ場を厳選しました! 選定基準は以下の5項目です。

①水洗洋式トイレがある
②電源付きサイトがある
③大きなテントが張れる
④お風呂やシャワーがある
⑤レンタル品がある


全国より選び抜かれたキャンプ場を、さっそく紹介していきましょう。

北海道エリア

【帯広】スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド
出典:なっぷ
キャンパー御用達のアウトドアブランド「スノーピーク」の直営キャンプ場。北海道十勝の大自然を優雅に満喫できます。ここにしかないトレーラーハウス「住箱JYUBAKO~」や北海道唯一の直営店が併設されているので、素敵なキャンプデビューが叶うこと間違いなし!

【基本情報】
所在地:北海道帯広市拓成町第2基線2-7
営業期間:通年営業(台風・降雪など天候による臨時休業の可能性も有)
定休日:毎週水曜日 (※火曜日の宿泊も不可、繁忙期などを除く)

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

【函館】白石公園 はこだてオートキャンプ場

函館市街から30分の立地で、キャンプの帰りに観光もできます。広々としているのでファミリーやグループでのキャンプデビューに最適。アスレチックや売店、多目的ホールまである高規格なオートキャンプ場です。

【基本情報】
所在地:北海道函館市白石町208番地
営業期間:4月下旬~10月末
定休日:定休日なし

詳細はこちら
口コミはこちら

東北エリア

【秋田県】なまはげオートキャンプ場

なまはげオートキャンプ場
出典:なっぷ
きれいな芝生で開放感抜群のキャンプをしたいなら、ここがオススメ。温泉施設「温浴ランドおが」が併設されているので、キャンプの合間に入浴もできます。特にオススメなのは夜の星空! ぜひ、晴れた日を見計らって行きましょう。

【基本情報】
所在地:男鹿市北浦北浦字平岱山地内
営業期間:コテージ:通年営業 /テントサイト:4月~11月
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

【福島県】ふくしま県民の森フォレストパークあだたら

ふくしま県民の森フォレストパークあだたら
出典:なっぷ
標高600mに位置しているので、とにかく森林浴を楽しみたい人にはもってこいです。ナイトハイクや木の枝クラフトなど体験プログラムが充実していて、自然に触れる楽しみがあります。こちらのキャンプ場も施設内に温泉や売店があるので初心者の方には安心ですね。

【基本情報】
所在地:福島県安達郡大玉村玉井字長久保68
営業期間:通年営業/グループサイト・フリーサイト・個別サイトの一部は冬季クローズ
定休日:定休日あり/施設点検のための休業あり(繁忙期や連休を除く第1・3火曜など)

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

関東エリア

【千葉県】THE FARM(ザ ファーム)

「THE FARM」は、農園リゾートがコンセプトのキャンプ場。グランピングからブッシュクラフト、貸し農園に温泉などありとあらゆるアウトドア体験を手ぶらでも楽しめる複合施設です。

もちろん都心からのアクセスも良好で、事前に申し込めば最寄りのバス停から無料送迎もしてくれます。女子会やカップルで行っても楽しめるオシャレなキャンプ場です!

【基本情報】
所在地:千葉県香取市西田部1309-29
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

【神奈川県】芦ノ湖キャンプ村 レイクサイドヴィラ

芦ノ湖キャンプ村 レイクサイドヴィラ
出典:なっぷ
箱根の芦ノ湖畔にある唯一のキャンプ場! 目の前に広がる絶景は日頃の喧騒から離れ、心安らぐ時間を過ごしたい人にピッタリです。自然が多いながらもきちんと整備されており、手ぶらでBBQや冬にはお鍋も楽しめるなど、アクティビティが充実しています。

【基本情報】
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

中部エリア

【長野県】斑尾高原キャンピングパーク

斑尾高原キャンピングパーク
出典:なっぷ
キャンプ場の周辺にはバスフィッシング、ジップラインアドベンチャー、ラフティングなど、ありとあらゆるアクティビティが揃っています! しかも、室内遊戯施設があるので雨でもへっちゃらです。とことん身体を動かして日頃のストレスを発散させちゃいましょう。

【基本情報】
所在地:長野県飯山市斑尾高原
営業期間:シーズン営業/4月27日~11月4日
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

【福井県】ガラガラ山キャンプ場 SPA&CAMP

ガラガラ山キャンプ場 SPA&CAMP
出典:なっぷ
北陸自動車道・鯖江ICから車で約50分。眼下に広がる四季折々の日本海や、サンセットビューを楽しめるキャンプ場です。小型犬から大型犬までOKのドッグランを完備しているので、愛犬と一緒に自然を満喫できますよ。

【基本情報】
所在地:福井県福井市赤坂町66-84
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

関西エリア

【和歌山県】ACN南紀串本リゾート大島

ACN南紀串本リゾート大島
出典:なっぷ
全国でも有数の「星空が綺麗に観察できる」場所として知られているため、満天の星空の下でキャンプができます。手作りトルコランプ体験やシーカヤック体験、さらにはダイビングまで! 海を眺める絶景露天風呂を目的に行く方も多いようです。

【基本情報】
所在地:和歌山県東牟婁郡串本町樫野1035‐6
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

【奈良県】『きなりの郷』下北山スポーツ公園キャンプ場

出典:なっぷ
池原ダム湖の堰(えんてい)真下に建設された珍しいキャンプ場です。児童公園や人工芝生のグラウンドでのびのび遊んだ後は、併設されている温泉で疲れを癒せると大好評! スポーツ少年団や部活での利用もできますよ。

【基本情報】
所在地:奈良県吉野郡下北山村上池原1026
営業期間:通年営業(12月~3月中旬の間は冬期料金にて営業)
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

中国・四国エリア

【広島県】国営備北丘陵公園 備北オートビレッジ

こちらは日本オートキャンプ協会が、最高峰の五つ星として認定したキャンプ場です。広大な敷地の公園内にあり、カヌーやツリークライミングの体験、夜にはホタルの鑑賞など一日いても飽きることがないほどアクティビティが充実しています。

【基本情報】
所在地:広島県庄原市上原町1300
営業期間:3月~12月
定休日:月曜日 ※日曜日の宿泊は可能。

詳細はこちら
口コミはこちら

【高知県】四万十 山みず木

四万十 山みず木(キャンプ&グランピング)
出典:なっぷ
日本最後の清流「四万十川」の河口にある、手つかずの自然を味わえるキャンプ場です。オシャレなカフェがありグランピングができるので、女性にもオススメ! 小さなお子さんが居て設営や撤収が難しいファミリーは、グランピングを選べば気軽にキャンプに行けますよ。

【基本情報】
所在地:高知県四万十市名鹿432-10
営業期間:通年営業(毎年2月休み)
定休日:定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

九州・沖縄エリア

【大分県】久住高原オートビレッジ

西日本最大級のサイト数を誇り、清潔な炊事場、水洗トイレを完備したオートキャンプ場。目の前に広がる久住高原のパノラマがアウトドア気分を盛り上げてくれます。

しかも、隣接している温泉は夜になると満点の星空を眺めることができるんです。キャンプとセットで楽しんでみてはいかがでしょう。

【基本情報】
所在地:大分県久住高原820「天空の丘」
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし

詳細はこちら
口コミはこちら

【長崎県】長崎県民の森キャンプ場

とにかく広い森の中では、季節ごとに楽しめるアクティビティが満載です。タケノコ堀りや天体観測など、面白い体験ができますよ。売店やレンタル用品が揃っているため、もし忘れ物をしても安心です。

【基本情報】
所在地:長崎県長崎市神浦北大中尾町691-7
営業期間:通年営業
定休日:定休日あり(12月29日~翌1月3日休)

詳細はこちら
口コミはこちら

【沖縄県】やんばるBBQキャンプ場

沖縄を肌で感じるならキャンプが一番! テントからタオルまで無料でレンタルできるので、旅行中でも手軽にキャンプができます。地元のおばあが出迎えてくれる、まるで第二のふるさとのようなキャンプ場です。

【基本情報】
所在地:沖縄県今帰仁村天底474
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし

詳細・予約・口コミはこちら

最初のキャンプは楽しい思い出にしよう!

出典:PIXTA
キャンプは楽しいものなのに、道具を揃えたり設営や準備に手間取ったりすると途端に「めんどうなイベント」になってしまいます。でも実は、ハマれば大変なことも楽しくなっちゃうのが魅力!

まずは初心者でも手軽に行けるキャンプ場で、良いとこどりなアウトドア体験を楽しんじゃいましょう。

キャンプ場はまだまだある!


Let’s start with having fun!

楽しむ事から始めよう


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
toto7

アウトドア好きの旦那さんを先頭に、少しずつファミリーキャンプにチャレンジしています。シンプルで機能性の高いアイテムが大好き!子どもの成長に合わせながら、アウトドアを楽しむことがモットーです!

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!