もう2度とくっつかない!スキレットでカリッ!じゅわ~な餃子を作る方法

2020/04/27 更新

スキレットと食材のくっつき問題は、切っても切り離せないやっかいなもの。とくに餃子の皮は繊細で、くっついてしまったのを剥がそうとすれば、破けて具材と肉汁が飛び出てしまうという悲惨な結果に…。今回はそんなくっつき問題を解決する方法をご紹介。


アイキャッチ画像出典:写真AC
記事中画像:撮影 編集部

スキレットで餃子を焼くと旨いっ!ていうけどさ……

餃子サークル
出典:PIXTA
スキレットで餃子を焼くと、フライパンよりも倍美味しくなるという話を小耳に挟みました。スキレットを持っているし、せっかくだから焼いてみようと試みた結果……。
餃子 残骸
写真のようなショッキングな出来栄えとなってしまいました……。皮がスキレットにくっついてしまい、破けて具材と肉汁が漏れてしまっています。フライパンだったら、こんなことにはならなかったのに!

ということで、今回はこのリベンジを果たすため”餃子をくっつかずに焼く方法”を調査、実践してみることにしました。


くっつかない理由は、これだ!

スキレット
調べた結果、どうやら油を注ぐ前にスキレットをプレヒート(空焼き)させることが重要、ということが判明しました。

プレヒートとは、調理する前にスキレットに余熱を与えること。たしかにどのレシピを見ても、最初に「白煙が出るまでスキレットを熱します。」という説明文がありました。

しかし、そこでまた1つの疑問が生まれました。白煙ってどれくらい上がればいいの……? ということ。

さらに調べていくと、250度以上になるまでガンガン熱する必要があるとのこと。とはいえ、250度ってどうやって確認できるの? とまた新しい疑問がどんどん生まれてきます。

揮発させている
調べに調べた結果、スキレットに水滴を垂らしてみるというのが有力な確認手段のようです。

べちゃっと落ちて、広がって蒸発したらそれはまだまだです。水滴が広がらず、丸くなってコロコロ転がるようになったらOK。(最終的にはジュワッ!となって蒸発します。)

理屈がわかってきたところで、いざ再トライ! スキレットで餃子を焼いてみたいと思います。

【80%の成功率】スキレットにくっつかずに、美味しく餃子を焼く方法

① まずはスキレットをガンガン熱します。水滴を落として、すぐ蒸発せずに写真下のように丸くなってコロコロしたら頃合いです。
プレヒートとしたスキレット
② 油(大さじ1)を投入し、表面に広げます。※油返し(回し油)といって、フライパンの温度を下げる役割があります。250度もあるとくっつく以前に餃子が焦げてしまうので……。
スキレットと油
③ 油を馴染ませて煙が出るくらい加熱したら、火を止めて酸化した油を軽くふき取ります。

そして再び加熱し油(大さじ1)を投入。餃子を並べます。お隣同士、少し間隔を開けてください。
スキレットと餃子
④ 餃子を返してみると……くっついていない!!
焼き色のついた餃子
⑤ いい感じで焼き色がついたら、熱湯を投入します。だいたい餃子が3分の1つかるくらいです。※跳ねるので要注意!
餃子と水
⑥ スキレットもしくはアルミホイルで蓋をして、中火で3~4分蒸し焼きにします。
スキレットと鍋蓋
⑦ 完成です! カリッとじゅわ~な餃子が出来上がりました。

焼き色がついた餃子

【豆知識】餃子がくっついた理由とは?

スキレット2枚 作り方を紹介する前に、くっつかないように焼くためにはプレヒートが重要だ、という話をしました。

ではなぜプレヒートさせるのか? その理由はスキレットの表面についている「吸着水」を揮発(きはつ)させるため。

もともと鉄と水はとても仲良し。そのため空気中の水分と結びついて薄い膜を作ってしまいます。

その薄い膜が吸着水。鉄のフライパンの表面には、必ず吸着水があるのです。(出典:暮らしのヒント

餃子
なぜ揮発させるのかというと、吸着水と餃子に含まれている水溶性のたんぱく質や炭水化物が混ざり合ってしまうと、熱したときに糊(のり)のような働きをして、スキレットにぴったりくっついてしまうからだそうです。

食材の成分のほとんどが水分。その水分の中には、タンパク質が溶け出しています。

溶け出したタンパク質を含んだ吸着水は、熱によって糊(のり)のような役目を果たすようになります。この糊(のり)が食材とフライパンをくっつけてしまうのです。

くっついたタンパク質は熱で固まり、焦げ付いてしまいます。(出典:暮らしのヒント

つまり「吸着水」さえしっかり揮発させれば、餃子以外の食材もくっつかずに調理できる、というわけですね!

餃子、もう怖くない

餃子と鉄板
出典:写真AC
無事にくっつくことなく、スキレットで餃子を焼くことができました。焼くだけというシンプルな工程なのに、なかなか難しいですね。

普段からスキレットの手入れをしっかり行っている方は、プレヒートする必要はないようですが……万全を期すなら試してみてくださいね!

ITEM
ロッジ ロジック スキレット 9インチ L6SK3
●素材:キャストアイアン(鋳鉄)
●サイズ:径23cm 深さ4cm
●重量:2kg
ITEM
ユニフレーム スキレット10インチ 661062
【サイズ】鍋径:底面約25.0×深さ5.0(内寸)cm
     全長:約39cm
【材質】本体:黒皮鉄板3.2mm厚・クリアラッカー焼付塗装
    ハンドル:φ9mm黒皮無垢棒、フタ:黒皮鉄板2mm・クリアラッカー焼付塗装
【重量】本体:約1.8kg、蓋:約0.9kg、総重量:約2.7kg

Made delicious bake the gyoza in the skillet

スキレットで餃子を焼くと美味しくなる


紹介されたアイテム

ロッジ ロジック スキレット 9インチ…
ユニフレーム スキレット10インチ 66…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

餃子と鉄板
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

編集部のオススメ

数あるポータブル電源の中で、僕らが「エナーボックス」を選んだ5つの理由AD
【メガネ派に朗報!】これ掛けたら、キャンプ場までの長距離運転がめちゃ快適になりましたAD
「絶景キャンプ」へ行くときに用意したい3つの必需品AD
キャンプギアは「バイ菌」だらけ? 消毒や除菌について、有識者に聞いてみたAD
【大御所キャンパーたちも太鼓判】コスパ抜群!ホームセンターのキャンプギア4選AD
これからアウトドアを始める方必見!お得に揃う7つの「カインズ製品」AD
7、8月はデビューのチャンス! 家族みんなが喜ぶ「おうちキャンプ」のはじめかたAD
ベクター?トラバース?いやいや、今キャンパーにオススメのSuunto (スント)はこれ!AD
刺される前に…「ブヨ」「ハチ」「アブ」対策しよう!2つの救世主グッズを使ってみたAD
ベテランキャンパーが教える「夏キャンプを成功させる5か条」とは?AD
【これは快適!!】1000W超えの“超高出力ポータブル電源”を、キャンプでフル活用してみたAD
食器も野菜も洗顔も、これ1本でOK? とにかく使えると話題の「マジックソープ」をキャンプで試してみたAD
【MAX60%オフ】サマーセール開催中『ペンフィールド』が今、超お買い得です
外遊び好きにリアル調査!キャンプで使える「買ってよかったガジェット」教えて!
シーズニングパウダーで作る、お手軽スパイシーピラフ【ワンバーナーで早うま〜!カノウヒナタ・クッキング#27】
あなたはどっち派?『スタンレー』のNEW保冷保温タンブラーで夏の乾きを潤せ!
ユニフレーム フィールドラック ブラック 画像2
【終了・48時間限定】ユニフレームの名品&新定番ギアもお得に!ポイント還元キャンペーン開催中

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!