最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
折り畳みバケツに食器を入れて持ち運ぶ様子

絶対必要ってわけではないけど……あると『超便利』な小物サポートグッズたち7選

キャンプで使える便利グッズは上級者ほど知っている!絶対マストじゃないけどあると便利なサポートグッズたちを揃えれば、今よりもっとキャンプが快適になるはず。だけど大物が増えるのはちょっとイヤ……という方にオススメの小物たちをご紹介しますよ。

目次

アイキャッチ画像撮影:編集部

キャンプ上級者ほど使っている便利な小物たち

ナルゲンボトルが並んだ様子

撮影:編集部

何度もキャンプに行っていると、道具の善し悪しに気付いてきますよね。慣れているキャンパーさんたちは、その豊富な経験から「これは便利!」「実はこれ使える!」という道具をたくさん知っています。

テント内にあるハンガーラック

そんなベテランキャンパーさんたちが、「絶対必要ではないけど、あったら超便利!」と太鼓判を押しているサポートグッズたちをご紹介。

主役ではないけど、キャンプをより充実させてくれる7つの名脇役たち。よくキャンプに行く人なら、「もう全部持っているよ!」という方も多いかもしれません。

あると便利な7つの「サブ」キャンプ道具

あると便利なキャンプ道具の中から、季節を問わずオールシーズン活躍できるものを集めてみました。一度使ってみたら、便利すぎて手放せなくなるかも?!

その1. スタッフバッグ

スタッフバッグが並んだ様子

出典:PaaGo WORKS

荷物を整理して入れられるスタッフバッグ。着替えなどの衣類はもちろん、ジャンル別にギアをまとめれば探すのも楽々!

スタッフバッグの中身の一例

撮影:編集部

防水性のものなら濡れたタオルや衣類も入れられるので、キャンプ帰りの温泉セットを作っておくのもおすすめです。

パーゴワークス スタッフバッグ 7

●素材:40Dシルナイロン、パワーメッシュ
●容量:7L
●重量:45g

シートゥサミット ウルトラシル ナノ ドライサック4L

●素材:15Dウルトラシルナイロン
●容量: 4L
●重量: 約19g
●サイズ:17×11×33cm

その2. マイクロチェア

マイクロチェア

チェアだからって、椅子にしか使わないのはもったいない! マイクロチェアは、焚き火用のサブチェアとして、板を乗せて簡易テーブルとして、メインチェアに座るときのオットマンとしても活躍してくれるんです。

マイクロチェアが並んだ様子

出典:A&F COUNTRY

中でも、アディロンダックのマイクロチェアは軽量かつ頑丈。生地の色や柄が豊富なので、お気に入りを見つけるのも楽しいですよ。

中にはDIYしてユニフレームの「焚き火テーブル」ミニサイズ”風”を自作している方も。自由度の高い、まさに万能アイテムです!

ペンドルトン×アディロンダック マイクロチェア

●使用時サイズ:300×200×310mm
●収納時サイズ:250×200×45mm
●重量:550g
●耐荷重:80kg

アディロンダック マイクロチェア

●材質 : 蝋引きキャンバス、鉄
●使用時サイズ : 29cm×17cm×29cm
●収納時サイズ : 2.5cm×180cm×20cm
●重量 : 765g

その3. 折りたたみシンク・バケツ

折り畳みバケツに水が入った様子

出典:Amazon

何度もキャンプへ行っていると、必ず欲しくなってくるアイテムと言っても過言ではないのが「シンク」や「バケツ」。

折り畳みバケツに食器を入れて持ち運ぶ様子
出典:編集部

サイトと炊事場の往復は、意外と体力も時間も浪費してしまう面倒な作業。シンクやバケツがあれば、一度に持ち運べる水や食器の量が多くなるので、より効率的に移動することができます!

Freegrace 折りたたみ式 バケツ

●素材:プレミアム500Dターポリン
●容量:10L 16L 23L

折りたたみ バケツ

●素材:シリコン
●重量:540g

その4. ナルゲンボトル

ナルゲンボトルにジェリービーンズが入った様子

用途の広さだとNo.1かもしれない「ナルゲンボトル」。飲み物や食品はもちろん、筒状で口が広いのでカトラリーをまとめたり、湯たんぽとして使用したりする方も。

ナルゲンボトルをランタンにアレンジした様子

アイディア次第でどんな役割もこなしてくれる、キャンプ歴の長いベテランさんほど何本も持っている名品です。

ナルゲン カラーボトル 広口0.5L トライタンボトル

●容量:0.5L
●素材:本体 飽和ポリエステル樹脂、キャップ ポリプロピレン
●耐熱温度:本体:100℃、キャップ:120℃
●耐冷温度:本体:-20℃、キャップ:0℃

ナルゲン カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル

●容量:1.0L
●素材:本体 飽和ポリエステル樹脂、キャップ ポリプロピレン
●耐熱温度:本体:100℃、キャップ:120℃
●耐冷温度:本体:-20℃、キャップ:0℃

その5. 大判タオルブランケット

大きなブランケットを持つ女性

撮影:編集部

タオルブランケットは、ウールやフリースを使ったブランケット(毛布)よりも価格が安く、手に入れやすいのが大きな魅力のひとつ。

水辺でブランケットをひざ掛けにする男性

撮影:編集部

寒い時はひざ掛けや羽織として、テント内ではラグとして敷いたり、チェアにかぶせたりして雰囲気を一気に変えることができる魔法のアイテム!

ペンドルトン ジャガードバスタオル オーバーサイズ

●サイズ:横幅/102cm、縦/178cm
●素材:コットン100%

その6. すのこ

オートキャンプ場の様子とテント入り口にあるすのこ
撮影:編集部

キャンプ上級者になればなるほど、新聞紙や段ボール、牛乳パックなどの消耗品の使い方が上手になっていくもの。すのこも同様に色々な使い方ができるので、うまく活用できれば「コイツ、やるな!」と思わせることができる……かも?!

キャンプの様子とフリーボードで作った自作のラック付きテーブル

出典:楽天

キャプテンスタッグからは、そんなすのこ的に幅広く活用できる「フリーボード」というパーツが販売されています。

ベンチや収納ボックスを”テーブル化”したり、写真のようにラックを連結して拡充したりと、どう使うかはあなた次第!

キャプテンスタッグ フリーボード

●サイズ:幅52×奥行41×高さ3.5cm
●重量:1.7kg
●材質:天然木(表面加工 オイルステイン)

その7. ハンガーラック

テントの横にあるハンガーラック
なくてもいいけど、あったら便利! このジャンルの新顔がハンガーラックです。秋冬シーズンは上着を掛けておけば、床に畳んで置いておくより簡単でスタイリッシュ。

キャンプ場にある帽子のかかったハンガーラック

出典:Instagram by @hiro_petaro

夏場なら水遊びの道具をかける場所として、雨天時の傘置き場、洗った食器をかけても良さそうです。

市販のものでもいいですが、自分のキャンプサイトに合うように是非自作したいDIYアイディアでもありますね。

あったら、絶対便利!

ボトルに詰めたシリアルを器に注ぐ様子

撮影:編集部

今回ご紹介したものは、キャンプでは絶対的マストではないサポートグッズたち。なので優先順位は高いものではありません。

自分のキャンプに足りていないものを見つめなおし、もし必要そうなら加えてみてください。今よりちょっと快適なキャンプが待っているかもしれませんよ。

 

Let’s camp with useful tools

便利グッズでキャンプしよう!

キャンパーたちのアイディアが光る記事はこちら